2018年7月号目次

 

覚者より
繰り返し起こる選択
ベンジャミン・クレーム筆記

視点
世界海の日を前に:
アッテンボロー卿は重大なしかし希望に満ちたメッセージを伝える

宗教間に橋を架ける
マクネア・エザードによるウィリアム・スウィング司教へのインタビュー

われわれの新しい幸福な生活? 開発のイデオロギー
チャールズ・アイゼンシュタイン

時代の徴
ニューメキシコの涙を流す聖母像
セルビアの火事で焼け残った宗教的イコン/他

世界情勢
「愛を示すことを忘れないで」
ルワンダでドローン(無人飛行機)が命を救う医薬品を配送する

賢者の言葉
賢者の言葉ー愛と正義と平和への呼びかけ
「愛のカ」/ヨルダンにおける抗議行動の拡大

読書の勧め
ナオミ・クライン著『NOと言うだけでは十分でない』

汚染を終わらせるには生活様式の劇的な変化を必要とする
グラハム・ピーブルズ

「見取り図と計画」:緑の牧草地が炎暑の砂漠になるとき
ムボム・シクストゥス

編集長への手紙
路上の出会い 他

読者質問欄
回答ベンジャミン・クレーム

繰り返し起こる選択

シェア・インターナショナル誌の創刊以来、ベンジャミン・クレームの師である覚者は毎月記事を提供してくださった。それは、それらが書かれた時のみならず、世界の状況に応じて適切と思われるときにはいつでも掲載してよいようにである。実際これらの記事の多くはそれらが最初に掲載された時よりも今の方がより関連性があるように思われる。この記事は、最初1996年7・8月号に掲載され、そして今、これまで以上に、われわれは万民のためにより安全で、正気の世界への選択をするように求められている。われわれには将来の出現に関するマイトレーヤの判断に関係するすべてのことを知ることができないので、彼の行動の熟達を信頼するのが賢明であろう。

繰り返し起こる選択

──覚者より
ベンジャミン・クレーム筆記

人類の大いなる決断の時は近い。大主たち自身が、期待のうちに、その決定的な瞬間を待つ。大衆の中に、今のこの時の重要性を、人間のための大選択を知る者はまさに非常に少ない。不注意に、大災難に向かって頭からまっ逆さまに突っ込んでいくか、あるいはすべての人間の生活を立て直して、正義と自由で人生を神聖なものにするか。

それはもちろん、絶えず繰り返される選択であるが、今それがかつてなく集中されているのである。人間の決断の正しさにこれほど多くのことがかかっていたことはかつてなかった。なぜなら今日、人間の掌中に抑制しがたい破壊力を持つ武器があるからである。したがって、落ち着いた注意深い思慮が非常に必要である。

人間に彼らの行動の結果を理解させるために、マイトレーヤは公の場に入っていこうとしている。彼は、正気さと平和を呼びかける声に、彼の説得力のある知恵を加えるだろう。彼は鼓舞し、教えるだろう。人々は、その数を増しながら、彼の行動と態度を熱心に見習い、そしてやがて世界は彼の賢明な勧告に従い、人間の生得の権利である平和を復興させるだろう。そのようになるだろう。かくして、マイトレーヤは人類への彼の約束と義務を全うされるだろう。

多くの者がこの時を待ちかねている。彼らは、法を成就するためにマイトレーヤがバランスをとらなければならない多くの宇宙的な要素やその他の要素についてほとんど知らない。人間の自由意志を侵害することは何もなされてはならない。法のみが、そしていまの時についての理解が、公の出現の日を定める彼の判断に影響を与える。一つだけあなたがたに保証しよう。マイトレーヤが公に奉仕の使命を始めることを可能にする瞬間が来るときは、一瞬たりとも遅延することを彼は許さないだろう。マイトレーヤのみがその瞬間の審判者である。待ちなさい。そして彼の判断を信頼しなさい。

その判断は人間の知らない知識に基づく。宇宙的(レベルについての認識の)把握のみがその正しい評価を可能にする。そうではあるが、マイトレーヤは重大な決断を心もとない──しかも変化する──データに基づいて行わなければならない。必要なことと、可能なことを分ける線は、実に微妙である。

であるから、「愛の主」の、行動における巧みな技を信頼しなさい。彼の出現が遅れているように見えることにいらいらしてはならない。すべてを包含する「今」にそのような遅延は存在しない。

間もなく「人の子」は人類の教師としての彼の正当な位置につくだろう。大多数の人間は喜んで、心から彼の勧告に従い、彼の教えを真剣に受け入れるだろう。一歩一歩感謝を込めながら、彼らは未来の機構を創っていくだろう。そして古い過ちは加速度的に消滅し、許され、そして忘れられていくだろう。そのようになるだろう。かくして、偉大なる主であり人類のリーダーである方は、彼のさだめを全うされるだろう。かくして人類は真の歓びを知るだろう。
(1996年7月号)

宗教間に橋を架ける

マクネア・エザードによるウィリアム・スウィング司教へのインタビュー

ウィリアム・スウィング司教は「宗教連合イニシアチブ(URI)」の会長であり設立者である。これは、異なった宗教や土着の伝統を持つ人々に正義と平和のために協力して働くよう促す異教徒間の世界的ネットワークである。スウィング司教は元カリフォルニア聖公会主教であり、1980年から2006年までその立場にあった。20年近く全米エイズ研究財団の理事であったため、主教のときに、エイズ危機対応のために国内外で指導者として奉仕した。スウィング司教は『ある司教の追求──宗教連合の設立(A Bishop’s Quest: Founding a United Religions)』(2015年)の著者である。マクネア・エザードが本誌のために彼にインタビューを行った。

シェア・インターナショナル(以下SI):宗教連合イニシアチブ(URI)の使命はどのようなものでしょうか。
スウィング司教:URIは、世界中のおよそ270の地域出身の草の根の人々と75から85の部族集団で構成されており、地域社会で問題に取り組んだり地球規模の問題に対処したりするために団結しています。
人々は「協力の輪」により団結し、それぞれの輪が独自の路線を決めます。URIの前提や目的、原則に沿う限り、希望するどのような問題にも目を向けることができます。一つの協力の輪には、三つの異なった伝統出身の少なくとも7人がいなければなりません。
URIは橋を架ける組織です。世界には十分な数の宗教がありますが、それらの間には十分な意思疎通や橋渡しがありません。ですから、もし私たちが絶えず殺し合ったり競争し合ったりすることをやめれば、神の名のもとに幾つかのことを一緒に行うことができるでしょう。

インスピレーションと始まり

SI:URI設立の背後にはどのようなインスピレーション(鼓舞)がありましたか。
スウィング司教:カリフォルニアの主教として、1993年に国際連合から電話をもらいました。彼らは50周年を祝うためにカリフォルニアに来たがっていました。国連憲章はサンフランシスコですべての国によって起草され署名されたからです。
ですから、国連は故郷に帰り、大きな祝賀行事を行いたいと思っていました。彼らはグレース大聖堂〔カリフォルニアの聖公会聖堂〕に来て、祝い事を行えるかどうか、そして私がそれを主催できるかどうか尋ねました。「主催できればうれしく思います」と私は答えました。その儀式について彼らが考えていたことは、すべての国をそこに集め、すべての宗教を一緒にして、1時間の和合の儀式を行うというものでした。「私たちが世界のすべての国の外交官を招きますから、あなたにすべての宗教を招いていただきたいのです」と彼らは言いました。
はい、と言ったものの、その夜ベッドに入ってこう考えました。「何てこった!  何というものに首を突っ込んでしまったんだ。イスラム教やヒンドゥー教のことは何も知らない。こうした宗教関係者をどうやって大聖堂に招くというのか」
諸国家は50年の間、日毎に歩み寄り、全世界の利益のために苦闘してきました。同じ50年の間、世界の宗教は話し合ってきませんでした。しかし、国家間の平和は宗教間の平和がなければ決して実現しないでしょう。そして、一堂に会することのできる冷静な祈りの場を誰かが設けない限り、宗教間の平和は生まれないでしょう。
その夜、宗教連合の創設の旗振り役になることに残りの人生を捧げることを誓いました。国際連合(United Nations)があるのなら、宗教連合(United Religions)もできると考えたのです。それがどのようなものになるかは分かりませんでした。何を行うのか分かりませんでしたし、どうやってそこにたどり着くのか、どうやって経費を賄うのかも分かりませんでした。私はただ、こうしたアイディアを思いついた一人の人間でした。

草の根の人々に働きかける

SI:それを始動させ、人々をその気にさせるにあたっての次の段階は何でしたか。
スウィング司教:世界の国々のリーダーシップが国連で代表されているのであれば、世界の宗教のリーダーのところに行って話をし、宗教連合を創設するにあたって協力してもらえるかどうか聞くべきだと考えました。1995年に、妻のメアリーと私は飛行機に乗りました。私たちはマザー・テレサと話をしました。ローマに行って、法王と話をしました。ロンドンのカンタベリー大主教、インドのシャンカラチャリアの信者、エルサレムのユダヤ教宗教指導者、イスラム教の大法学者、カイロのアル=アズハルのグランドシェイク、韓国の仏教徒と話をしました。思いつくことのできるあらゆる宗教指導者と話をしました。彼らに一つの質問をしました。宗教間の平和を追求するために他の宗教の代理人と会うことになるあなたの宗教の誰かを代理人として派遣する用意があるかどうか、という質問です。宗教間でもっと平和があれば、世界の歴史が変わるでしょう。彼らすべてに同じ質問をしました。「そうする用意がありますか」と。彼らは皆、「とんでもない」と答えました。
私は多くのことを学びました。世界の宗教はお互いに会おうとしないし、接触を保とうともしません。しかし私は、草の根の人々がお互いに会い、地方の問題に対処することを可能にする枠組みを見つけることができれば、世界をより平和で、より健全にすることができるだろうと考えました。あらゆる宗教の人々の間には多くの善意があります。宗教指導者に関してはあきらめ、草の根の人々から始めることにしました。それは転機となりました。

SI:何もしたくないという宗教指導者の態度の背後には何があったのでしょうか。
スウィング司教:宗教を見てみると、宗教は三角形のようです。頂点には、自分の下にいる人々の信仰を擁護することを第一の責務とする誰かがいます。もし彼らが他の信仰の宗教指導者と対等に会っているところを目撃されると、神との彼らの関係が、神との他の人の関係と同等であることを意味することになります。宗教指導者として、他の人々と会い、彼らを対等と見なす自由がありません。「私たちの信仰が最高の信仰だ。すべての信仰のうちで最も大きな真理を含んでいる」ということを前提として他の人々に接しなければなりません。したがって、民主的で冷静な祈りの場というものは宗教の頂点にいる人々にとって不可能なのです。
私は自分が会った人々を愛しています。素晴らしい人々ですが、ほんのわずかな自由しか持っておりません。エルサレムにいた時のことを覚えています。ダライ・ラマと私は会議を開催していました。彼と私はアルメニア正教会総主教に会いに行きました。彼は上の王座におり、ダライ・ラマと私は下の床にいました。私はこう言いました。「諸宗教が世界の利益のために一緒に働くことができれば、あらゆる可能性が生まれますよね。私たちを助けていただけませんか」。総主教はこう言いました。「ご覧のとおり、私は自分の王座で囚われの身になっています。この王座を離れることはできません。あなたたちは世界中を回ることができますが、私にはできません。私の仕事は、この王座に座って私の民を気づかうことです」。これは、私がいま話していることの良い例でした。

SI:宗教指導者によって拒絶されたことで、あなたは実際に、世界に本当に変化を起こす人々を見つけることになったのですね。
スウィング司教:はい。平凡な人を動員することができます。そうすると、世界における真の力を得ることになります。とても勇気づけられることです。

世界規模の協力の輪

SI:協力の輪について話してください。
スウィング司教:2000年に〔URIの〕憲章に署名しました。ある国で最初の協力の輪を始めました。私たちが行った最後の国はサウジアラビアでした。そこに行くことになるとは思ってもみませんでしたが、今ではサウジアラビアでスンニ派、シーア派、キリスト教の人々が一緒に活動しています。これは奇跡的なことです。先程も言いましたが、協力の輪には三つの異なった伝統の出身の少なくとも7人がいなければなりません。人々は自己組織化し、取り組みを始めます。

SI:「自己組織化」とは何を意味するのですか。
スウィング司教:もし協力の輪が環境の仕事を一緒に行いたいのであれば、そうすることができることを意味します。紛争の解決に取り組みたいのであれば、そうすることができます。女性の問題に取り組みたいのであれば、そうすることができます。核軍縮に取り組む協力の輪もあれば、芸術などに取り組む輪もあります。

SI:協力の輪はどのようにして形成されるのですか。
スウィング司教:2種類の協力の輪があります。一つは、既存の団体や、すでに異教徒間の活動を行っている人々のグループがURIのネットワークに加わり、URIの一部になる場合です。もう一つは、異なった宗教や部族の出身で、今まで一度も会ったことのない人々が自分たちで協力の輪を立ち上げる場合です。

異教徒間の英雄的行為

SI:特に啓発的だと思った協力の輪はありますか。
スウィング司教:最近印象に残ったものはスリランカにあります。その協力の輪はサルボダヤと呼ばれています。それは社会の底辺の安全網として機能しています。エイズを扱っているのであれば、それに取り組みます。貧困を扱っているのであれば、それに取り組みます。識字であれば、それに取り組みます。
最近、仏教徒のトラック運転手が3人のイスラム教徒の少年に殴り殺されました。ここは仏教徒の国です。仏教徒は怒り狂い、村々を焼き払い始めました。モスクを焼き、人々を殺し、家から追い出しました。突然、立ち退きと破壊が生じたのです。これについて誰が何をすればよいのでしょうか。
私たちのグループは、人々に水と食料をどうやって届けるか、家やモスクをどうやって再建するか思案し始めました。この状況は、タミル・イーラム解放の虎〔主としてヒンドゥー教徒の少数派〕とシンハリー人〔主として仏教徒の多数派〕との内戦を受けてのものでした。その内戦では多くの人が死にました。協力の輪は国を癒し、断片を元通りにつなぎ合わせるために活動します。
この前、エボラ・ウィルスが発生した西アフリカでは、キリスト教徒はイスラム教徒に血液を提供したくありませんでした。イスラム教徒はキリスト教徒に血液を提供したくありませんでした。そのため、URIの協力の輪は無条件の信頼に基づく血液バンクを始めました。地域の誰もが血液を受け取り、血液を提供することができました。異教徒間で血液の寄付を実施することによって、地域が安定するのに役立ちました。

SI:ヨルダン川を回復させるために、イスラエル人、ヨルダン人、パレスチナ人が活動している中東には協力の輪はないのですか。
スウィング司教:素晴らしい協力の輪があります。イスラエル政府やヨルダン政府、そしてパレスチナ人を相手にするのは、ご想像どおり、本当に大変な仕事です。ヨルダン川はたいていの場所でチョロチョロとしか流れていません。上流で皆が水を吸い上げているからです。下流に届く水からは悪臭がします。あそこでは水が生存への鍵を握っているのです。すべての人が恩恵を被ることのできるように、異なった政治、文化、宗教のグループを水問題に一緒に取り組ませることは大変なことです。

SI:パキスタンには、「パキスタン全体にとってのより良い地域社会」という協力の輪もあります。彼らは世界でも特に不安定な地域にいます。彼らの仕事はどのように進んでいますか。
スウィング司教:信教の自由のあるアメリカのような国に住んでいれば、宗教連合イニシアチブはたくさんの良いことの中の一つの良いことです。神について信じていることのせいで明日殺されるかもしれないような国に住んでいれば、宗教連合イニシアチブは人々にとってすべてを意味します。私たちの若いリーダーの一人はそこで3年前に吹き飛ばされました。クウェッタで死亡した聡明な若者です。私たちが行っている仕事を行うときには大きな危険があります。命を危険にさらす人々もいます。
パキスタンには50の協力の輪があります。私は個人的に何度かそこで働き、最高裁判所や弁護士、草の根の人々と知り合いになりました。私たちの仕事にとっては大いなる国です。

SI:あなたは協力の輪に入っていますか。
スウィング司教:はい。輪に参加している人々の中には、〔アメリカの〕国務長官であったジョージ・シュルツ、〔アメリカの〕国防長官であったビル・ペリー、〔アメリカ軍縮担当外交官であった〕トム・グラハム大使がいます。私たちは電話やズーム〔視聴覚インターネット・コミュニケーション・プログラムのこと〕で毎月連絡を取り、核廃絶に向けて何ができるかを検討します。彼らは核兵器に直面してきた人々です。彼らは私たちが取り扱っているものの恐ろしさを知っています。
私たちはこの惑星を破壊することによって、神が創造したすべてのものを破滅させる可能性があります。瀬戸際まで来てしまったのです。こうした兵器に長らく固執していれば、この世界を破壊してしまう可能性があります。私たちには直ちにそのようにしてしまう力があります。
兵器を近代化しなければならないと言われています。それは兵器をより強力にすることを意味しますが、他の核保有国も同じことをします。そうすると、100年後、200年後には、この世界を破壊するどれほどの力を持つことになるでしょうか。そこから身を引かなければなりません。
そのようなわけで、大勢の人が月に1回、1時間集まります。なお、私たちはいつも、話し合いを始める前に祈りを捧げます。誰かがこう言いました。「祈りを捧げているユーチューブのビデオを作りませんか」と。実際に作り、それは「核の祈り」と呼ばれています。ジョージ・シュルツやビル・ペリーのような人々が信仰や核兵器、そして神とこの地球への深い敬意について話すのを聞くと、心がとても動かされます。

SI:最近、アメリカで銃に関する法律を変えようとする若者の運動が勢いを増しています。若者はURIの仕事に関与していますか。
スウィング司教:宗教連合イニシアチブのおそらく80%が35歳前後かもっと若い人々、宗教に縛られているという感覚をあまり持たない人々です。寛容さや融通性を持っているのは若い人々です。同行するとき、私たちはこう言います。「あなたの宗教だけがあるのではありません。他の宗教のことも考慮しなければなりません。私たちはここで、もっと大きな世界をつくり上げなければなりません」。若い人々はこのことを理解します。彼らは現在、私たちの重荷を背負っている人々です。

SI:URIの将来についてどのようなビジョンを抱いていますか。
スウィング司教:URIは適応し変化し続けなければなりません。私は自分のビジョンの終点へと到達したような感じがします。私たちはそれを開始させました。世界と聖霊は、私たちが次に何をすべきかを明らかにするでしょう。「未来を知っており、どこに行かなければならないかを知っている」と言ったりする、創設会長のようなものにはなりたくありません。私はいつも神秘の中を歩いており、自分が主のお仕事をしていること、聖霊が私を導いてくれることを望んでいます。創設者は未来を知っているというような、自我が行うものにはしたくないのです。私は過去に関して謙虚であるのと同じくらい未来に関しても謙虚です。すべて奇跡的なことなのです。それは神の手のうちにあると究極的には信じていますが、私は冒険しようと意気込んでいます。要はこういうことです──冒険しようと意気込んでいるということです。

より詳しい情報についてはuri.orgを参照してください。

時代の徴

ニューメキシコの涙を流す聖母像

2018年年5月20日の日曜礼拝の最中、ニューメキシコ州にあるカトリック教会内の聖母の銅像が涙を流し始めた。
教区民のラウラ・シスネロスさんは、彼女の家族とグアダルーペの聖母教会での昼のミサに参加した時、何かいつもと違うことに気がついた。「私は夫に向かって『あのマリア像は涙を流しているのかしら?』と尋ねました」
最初、彼女の夫はそれが光の反射だと思ったが、のちにそれが涙であることを彼自身が目撃した。彼は銅像のそばに歩み寄り、「奇跡が起こっている」ことを確信した。
多くの人々がグアダルーペの聖母に起こった現象を見ようと訪れたため、地元の教会役員たちは24時間教会を開放することに決めた。
目撃した人々は聖母の涙からはバラの香りがし、またオイルのようなものだったと話している。当初、聖母像は「大泣き」していたため、像の下には水たまりができていた。
教会の神父ジョゼ・セグーラ氏は、人々は聖母の顔を2度拭くがそれでも涙は溢れてくると話し、「それは聖母像が大泣きしていた時の状態だったのですが、そのことがわれわれにもっと神に近づきなさいと、そして暴力的にならずにつながることを思い出させてくれていると思います」と語った。
(currentargus.com)

 

 

セルビアの火事で焼け残った宗教的イコン

セルビア、ブチニャ近郊の聖エリヤの古い修道院の寮で起こった火事で三つの宗教的なイコンが焼け残った。2018年5月、消防士たちが消火作業を終えると、火事で焼け落ちた建物内でイエス、バプテスマのヨハネ、そして聖ペテロの顔の絵がそのまま残っているのを見つけた。

報道で教会は「消火作業中、消防士たちは屋根裏でこのイコンを見つけました。主イエス・キリスト、聖ヨハネ、聖ペデロの顔だけが残ったのです」と確認した。

 

 

 

編集長への手紙

シェア・インターナショナル誌には、手紙の保留分が多数あり、ベンジャミン・クレームの師によって、覚者方あるいは『代弁者』との本物の出会いであると確認されたが、いまだ『編集長への手紙』に掲載されていない。
ここで掲載された他の手紙は新しいものである。覚者が関わっていたかどうかを確認すること、もしくは示唆することもできないが、その体験が希望、鼓舞、慰めを提供することで『それ自体が語る』ということがあり得る。

路上の出会い

編集長殿
2018年5月初めのある日、グループメンバーと私はアムステルダムで、交差点の歩道を渡るのを待っていました。モロッコ人の風貌の男性がすでに道路を渡って、私たちの方へ近づいていたのですが、彼が通り過ぎる時に突然振り返り、私たちに話しかけてきたのです。私は少し驚きました。彼は陽気で上機嫌な様子でした。私たちは彼が言ったことを正確には覚えていませんが、大体の意味は、彼が寂しいと感じたことがないのは、人々に話しかけているからだということ、そして彼はどこにいる人たちでも、何が必要であっても助けるのは、私たちが皆ひとつであり、兄弟姉妹だからということでした。それから彼はそのまま歩き続けて、私たちは心が軽くなるのを感じながら、信号が青に変わってから道路を渡りました。
シェア・オランダ・
インフォメーションセンターのメンバー
オランダ、アムステルダム

光のスピード

編集長殿
2018年5月10日に、私たちはアムステルダムのスピリチュアルなセンターである、ザ・ローズ(デ・ルー)で、『存在の美と生命の法則』と題した講演会を催しました。
私たちが(急な階段を上った)3階にある講演会場に到着した直後のことですが、驚いたことに松葉杖の女性が入ってきたのです。私たちがなぜ驚いたかというと、彼女は私たちと同じ停留所でトラムを降りた人で、センターまで歩く距離もあり、その後階段まで上ってきていたからでした。彼女はセンターまでの道のりも階段も、ものすごいスピードでやって来たに違いありませんでした。
講演の終わりに私たちは大宣言の日について話し、マイトレーヤが人類に一体性の体験を与えてくださることを伝えました。その時にあの女性が霊的な体験について私たちに話してくれて、彼女自身と同じく画家であるモスクワの友人が描いた、美しいマイトレーヤの絵を見ていた時に、その瞳が美しく光のようで、まさに輝く光だったそうです。私たちが弟子を通して働く覚者方についても話をすると、覚者方が例えばベンジャミン・クレーム氏やレンブラントを通して働くのを知るのは、すばらしいことだと彼女は言いました。それから彼女は他の催しに参加したいので、帰らなければならないと言いました。
伝導瞑想グループメンバー
オランダ、アムステルダム

 

読者質問欄

Q 私たちがマイトレーヤをまだ見ていないのは、私たちの活動不足や、十分に一生懸命働いていないためでしょうか。(2008年5月、日本の講演会)

A 私はずっと、マイトレーヤ出現のタイミングは大衆の期待の状態に関係していると言ってきました。それはもちろん彼の存在を信じるグループの責任です。しかし、それは単にマイトレーヤの実際の出現の道を準備しているグループの「落ち度」ではなく、政治、経済、社会、科学の分野で働いているすべてのグループの責任です。知ろうが知るまいが、すべてのグループがこの出来事を準備する自らの役割を持っています。
ジュワル・クール覚者は、大衆への準備的なアプローチという任務を担う、これらの少数の人々、大勢の人々ではなく、十分な規模のグループは、政治的なグループを除いて、最も困難な任務を持つだろうと書いています。
政治的グループの任務は、平和が有効であるような状況を生み出すことです。国際主義が創造され、明らかになるべきです。国際連合の創設はこの仕事の一側面でした。最もそれはあまり機能していませんが。
現在の世界の経済制度は、分かち合いの原則の支配にはほど遠い状況です。私たちのマインドがその方向に動いているとさえ言い難いです。ですからそれは準備的な仕事の一部です。
世界に善意はどれほど存在するでしょうか。善意の原則、善意のエネルギーは、人々がマイトレーヤの助言に正しく反応するために顕現されなければなりません。私たちは善意の人々を知っていますが、私たちはそのような人々と接触すべきです。善意を持たない人は世界に何百万人もいます。
人々は世界の状態を彼ら自身の狭い関係性に基づいて判断する傾向があります。マイトレーヤが世界に現れるにあたって、これらすべての要素を考慮しなければなりません。私たちの任務は非常に特別ですが、それは私たちだけの任務ではありません。それは様々なグループの任務であり、彼が語る時にはすでに人々がその方向で考えているように状況を変化させるのは、特に経済的グループの仕事です。
ですから、私たちのようなグループが、十分に働いていないのではないかと自分たちを責める必要はありません。私たちはもっと大きな視点から、私たちの仕事が他のグループ(政治、経済の分野で働くグループ)の仕事と関係していることを見る必要があります。理想的な方法は、緊急性の感覚を持ちながら、期待せずに着実に働くことです。私たちが行うことの結果を毎日気にしすぎないことです。そのうち雨だれが石を穿つということになります。毎日石に空く穴の大きさを調べていたら、惨めになるだけでしょう。

2018年6月号目次

 

――覚者より
戦争の冒涜
ベンジャミン・クレーム筆記

アフリカの角で命を救い勇気づける
ジェイソン・フランシスによるエドナ・アダン・イスマイル氏へのインタビュー

7名の環境ヒーローたちがゴールドマン環境賞を受賞

民衆の声
米国における「抗議の黄金時代」
アルメニアの「ビロード革命」が政府に変化を促す

ガザの子供たちは、暴力の矛先に耐えている

世界情勢
韓国の人々が支援物資をペットボトルに詰めて北朝鮮に送る
「誰も窮乏することのない」一資本主義体制の次に来るものとは
フィリス・パワー

時代の徴
メキシコの涙を流す聖母像
メキシコシティーの空港上空のUFO/マイトレーヤの「星」/他

歩いて行くのをやめる
マイケル・テイレス

グループ - アクエリアス時代の前方への道
「どのくらい神聖でありたいのか、ということです」
破壊のフォースを建設的に用いる方法を学ぶ (第1部)
フエリシティ・エリオット

気候変動は浪費と貪欲の終わりを要求する
グラハム・ピーブルス

編集長への手紙
素早い答え 他

読者質問欄
回答 ベンジャミン・クレーム

 

 

戦争の冒涜

シェア・インターナショナル誌の創刊以来、ベンジャミン・クレームの師である覚者は毎月記事を提供してくださったが、それはそれらが書かれた時のみならず、世界の状況に応じて適切と思われる時にはいつでも掲載してもよいようにである。実際これらの記事の多くは、それらが最初に掲載された時よりも今の方がより関連性があるように思われる。2009年9月に掲載されたこの記事は人類に対して、恐ろしい破壊力を持つ武器をもちいて今でも「戦争をたくらみ計画している」者たちがいることを警告している。「人間が戦争は何も解決しないことを、何も証明しないことを、そして地球上の人々に苦痛と損失をもたらすだけだということを理解するのにどれだけ長くかかるのか、とわれわれは問わなければならない」。ベンジャミン・クレームの師はまた、分かち合いがカギであり、民衆の力が政府にそれを実行させる方法であることをわれわれに思い出させてくれている。

戦争の冒涜

──覚者より
ベンジャミン・クレーム筆記

 前世紀に、世界は二度、全面戦争に、すなわち一つの戦争の二つの恐ろしい局面〔訳注=第一次と第二次世界大戦〕によって震撼させられ、何千何百万人もの犠牲者を出した。それぞれが「戦争を終わらせるための戦争」となるはずであった。しかし、いまだに、さらに強力な破壊力を持つ兵器で、もう一度、力比べをすることを企み、計画する者たちがいる。戦争は何事も解決せず、何も証明せず、地球の住民に苦痛と喪失を加えるだけにすぎないということに人間が気づくまで、一体どのくらいかかるのか問わねばならない。
 覚者たちが日常世界に戻る大きな理由は、まさに人々にこのことを思い出させ、戦争に永久に背を向けるように人間の思考に影響を与えるためである。
今日、非常に多くの国が、人間がかつて考えつくり出した最も破壊的な武器である核兵器を保持しており、将来の大きな戦争は最大の惨事となるだろう──すなわち地球という惑星上のいのちの完全な破壊である。何百万年もの間、地球は死んだ惑星、有毒廃棄物となるだろう。人間自身はどこかの暗い、遠くの世界に転生しなければならず、再び光の中に入るための、長い長い旅路を歩まねばならないだろう。
 マイトレーヤが今にも彼の公の使命を始めるとき、彼はこの問題とその結果に人間を直面させ、そして彼の解決法と助言を提供するだろうことを確信してよい。戦争は冒涜であり、それに関わるかどうかに関係なく、それはすべての人間に対する犯罪であり、嫌悪されるべきことであることを、彼は人々に思い出させるだろう。もし人類と低位王国が生き延びようとするならば、戦争をそのように見なさなければならないと彼は言われるだろう。
 分かち合いと正義のみが人間の未来を保証するだろうと、彼は言われるだろう。和合と力に励みなさい、地球上の人間はひとつであるのだから。「あなたの兄弟をあなた自身として見なしなさい」、そして神聖への最初の一歩を踏み出しなさい。「あなたの兄弟の必要をあなたの行動の尺度となして、世界の問題を解決しなさい。それ以外の道はない」
 マイトレーヤはそのように地球の人間に語るだろう。そのようにして、彼は人々の思考の方向を変えようとされるだろう。
 人々は彼の助言に耳を傾け、行動するだろうか? 恐怖と不吉な予感が人間の心(マインド)を満たす。古くからの思考習慣はなかなか死なず、変化をひどく嫌う。
 しかしながら、今日の経済崩壊に伴う問題と喪失がますます人々に新しい生き方を求めることを奨励し、彼らの思考を分かち合いへ、より公正で、物惜しみしない世界の創造へと向けさせる。かくして多くの人々がマイトレーヤのことばに応える用意がある。もちろん多くの人々は変化への準備がない。多くの人々は現在の状況に満足しており、近いうちに市場が‘上向きに’なり、再び会社や自分たちのために空中から金をつくりだすことを期待している。
 さらに、宗教界の多くの者たちはマイトレーヤの出現を歓迎しないだろう。知識を奪われ、人間のつくった彼らの独断的教義にしがみつきながら、彼らは愛の主であるマイトレーヤの裡に彼らが恐れる忌まわしい「悪」を見いだすだろう。しかし、すべてではない。世界中の多くの宗教団体は以前に、扮装した形ではあるが、マイトレーヤを見、彼のことばを聞いたことがある。彼らは、彼らの前に現れて、彼らの土地にアクエリアス(宝瓶宮)からのいのちの水を授けてくださり、分かち合いと正義の種を彼らの心(マインド)に植え付けた教師のことを思い出すだろう。
 やがて、より良い、より公平な、より安全な世界を求める圧力は非常に大きくなるので、最も偏狭頑迷な者でさえ彼らの声を変化への叫びに加えるだろう。そのようになるだろう。

 

「誰も窮乏することのない」──資本主義体制の次に来るものとは

フィリス・パワー

今日の資本主義は、確実に死の間際にある。貪欲と搾取が極度に増加している。世界の富裕層の1%が世界全体の富の半分以上を所有している社会、私たちが生活しているまさにこの惑星を破壊している社会、それは持続可能ではない。多くの人々が取り残されており、彼らはこの状況にずっと甘んじることはないであろう。人々の声は大きくなりつつあり、そして聞かれるだろう。
今月(2018年5月)は、共産主義の父であるカール・マルクスの生誕200年である。共産主義は、良い社会関係のモデル、そして現在は失敗した、残酷な全体主義の統治モデルと考えられている。人民による人民のための統治は、偽物であることが判明した。革命派は支配者となり、人々に立ち向かい始めた。その当時、自由は存在しなかった。しかし現在の資本主義の状況下でも、豊かな国においてさえも、まさに多数のための見せかけの自由が存在するだけであり、人々はどうにか生活していくのに四苦八苦している。世界で最も豊かな国の一つである英国では、フードバンクや路上生活者が、ほぼ社会的に容認されるようになっており、非常に身近なものとなっている。また金持ちにも真の自由はなく、常に自身の富の消失を恐れている。そして、保守的なこの国においてさえも、暴力が増大している。
カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスによる共産党宣言は1848年に出版されたが、現在ギリシャの経済学者であり政治家のヤニス・バルファキス氏によって、興味深い序文が加えられたものが再刊されている。彼はこの宣言を、不必要な多くの苦しみを終わらせる未来の代理人となること、そして本当の自由が持つ可能性を人類が認識するように鼓舞する未来の仲介者となることを私たちに求める、より良い未来のための集団的行動のインスピレーションとして称賛している。
バルファキス氏は、この宣言は国家権威主義を呼び掛けるものではなく、共産主義を実践させるためのものではなく、また永続的に続く困難な階級闘争の分析書でもなく、むしろ「リベラルテキスト」であると解釈しており、その宣言が書かれた当時よりも、現代の方が、より意味があると考えている。彼は次のように書いている。「共産党が政治的舞台からほとんど完全に消滅しているとしても、共産主義の原動力としてのこの宣言の精神は、沈黙することが難しいことを証明している。・・・・」
「自由、幸福、自立、個性、霊性、自己発達は、マルクスとエンゲルスが何よりも重要視した理念である。彼らがブルジョア階級に対して怒りを覚えたとしても、それはブルジョア階級が、大多数が自由になる機会を否定しようとしているからである。人間は鎖に繋がれている限り、自由ではないというヘーゲルの素晴らしい思想に対するマルクスとエンゲルスの強い支持を前提として、彼らのブルジョア階級に対する論点は、彼らはすべての人々の自由と個人性を資本主義の蓄財の祭壇に捧げているというものである」
ベンジャミン・クレームの覚者は、それを次のように表現している。「商業主義が人類の喉元をつかみ、あらゆる寛大な思考や意思表示を彼らの人生から奪い取っている。人間の魂は、この抑圧をもはやこれ以上耐えることはできず、苦悶とフラストレーションで声高に叫んでいる」
2.2段階のイニシエートであったカール・マルクスは、知られてはいないが、イエス覚者の弟子であったこと覚えておくことは、価値のあることである。彼はその生涯で、貧しい人々の味方となり、固定化した特権と権力の自己中心的な行動に反対した。マイトレーヤの優先順位は明らかに単純である。すべての人々への食料、住居、保健医療、教育の提供である。これらすべては基本的人権となるべきであり、それ無しには真の人類の解放は不可能である。それらはマルクスの時代やイエスの時代と同様に、さらに現在でも強く主張する必要がある。ベンジャミン・クレームは「人類は、資本主義と共産主義(社会主義もしくは民主社会主義)の最良の部分を組み合わせることによって、自由を達成するでしょう。そしてハイアラキーは、健全な社会の結合と正義のための理想的な関係は、70%の社会主義と30%の資本主義であるという見解を持っています」と語っていた。
物質的価値観に基づいた物欲社会の中に、自由はない。私たちすべては、思考しない動き回る歩兵であり、自分たちのコントロールを超えた力によって、無意味な存在に向かって速足で進んでいる、とバルファキス氏は表現している。この共産党宣言は、現代の不正義に反対する行動を常に取るようにと、人々を奮起させる呼びかけを行っている。彼は「最終的に、何が勝利するかは私たち次第である」と述べている。

参照文献:
ヤニス・バルファキス氏による共産党宣言の紹介、Vintage Classics、2018年(Guardian.com)
「教師としてのキリスト」、ベンジャミン・クレームの覚者『覚者は語る(・)』石川道子訳、シェア・ジャパン出版、2017年
ベンジャミン・クレーム『マイトレーヤの使命 第一巻』石川道子訳、シェア・ジャパン出版、再改訂版、1998年
ベンジャミン・クレーム『多様性の中の和合』石川道子訳、シェア・ジャパン出版、2012年

カール・マルクス(1818-1883)
光線構造:魂6;パーソナリティー2(3);メンタル体5(7);アストラル体6(6);肉体3(7)。進化段階2.2

 

メキシコの涙を流す聖母像

メキシコの涙を流す聖母像2018年2月以来、メキシコの個人宅にある聖母像からオイルが染み出し続けている。「1日中、彼女はオイルまみれです」とロザ・ラミレスさんは、シウダー・フアレスにある彼女の簡素な自宅で涙を流し続ける像について語った。ラミレスさんは奇跡が2018年2月のある日に始まったと考えている。「その日、私は非常に具合が悪かったのです。痛みでとても気が滅入っていました。……私は何かを感じ、聖母像のところへ来たのです」ラミレスさんは癌と診断され、彼女の病が消えてくれるように祈った。「私は像のあごにオイルのしずくが一つあるのに気が付きました。触ってみるとそれはバラのような芳香がしました」。最初は一つのしずくだったが、そのうち聖母は涙を流し始めた。今では像の顔と全身からオイルが染み出している。ラミレスさんは癌が治癒したと言う。何千もの人々がラミレスさんの自宅へ聖母に祈りを捧げにやって来ている。多くの訪問者たちがその後の癌や他の病の治癒を彼女へ報告している。「私は多くの人が信仰を失っていると思います。聖母が『私はここにいるのよ。信じなさい』と言っているように思うのです」(ktsm.com)

 
 
メキシコシティーの空港上空のUFO
2018年4月14日の晩、4人の航空整備士が メキシコ国際空港の上空を飛ぶレンズ型の光 る物体を目撃し1枚の写真に撮った。「強い 白光を放っていました」とアルフォンソ・サ ラザー整備士は語った。「UFOの光が弱くな り空を横切る影になるまで、15秒ほど見るこ とができました。5分後にはまた白い光を放 つ他の物体が横切りました。……これらは疑 いもなくUFOでした」
(inexplicata.blogspot.tw)

 
 
マイトレーヤの「星」
2018年3月5日の夜、ほぼ真夜中に、マチ ルダ・ロンドナーさんと彼女の娘デヴィさ んはスペイン、バルセロナのサンタマリ ア・デ・パラウトラーダにいた。空にはお かしな動きをして瞬き、色を変化させなが ら動き回っている光があった。その物体の 数枚を写真に撮った。マチルダ・ロンドナ ーさん提供。

 
 
編集長様 2002年頃、私はビクトリアのデイジー・ヒルで の光の十字架の写真をベンジャミン・クレーム氏 に送りました。クレーム氏は「それは活気づけら れていない」との返事を下さり、私はがっかりし てその写真を放っていました。 数年経ったある日、私はそのガラスを取り出す とそのガラスに変化があることを感じました。そ してベンジャン・クレーム氏にそのことについて電 話をしました。彼は思い出すことができないよう でしたが、話の中で、その時ちょうど私が光の十 字架を見ているかと尋ねました。「はい、見ていま す」と答えると、彼は「それでは、見続けなさい」 との返事でした。すると同時に私は頭頂に、ある プレッシャーを感じました。まるで誰かが私の両 目を通して見ているようでした。その時、ガラス の右上の角に光が瞬きました。それは非常に速く 起こったのであやうく見落とすところでした。そ してクレーム氏は「はい! いま活気づけられてい ますよ」と言いました。私はこの素晴らしいニュ ースについて彼に感謝し、彼は他の奇跡について も話し始めました。
このあとに何が起きたかというと、私はそのガラ ス上にエーテル波の色の縁取りを見ることができた のです。それは今ではもう見えません。私はその電 話の13時間前に目を覚まし、その後、眠ることが できるまで33時間かかりました。全く疲れなかった のです。とても興味深い体験でした。
アントニオ・パレナ 南オーストラリア、メルローズ・パーク在住
【2011年12月号のシェア・インターナショナル誌の 同氏の2枚の写真を参照。ベンジャミン・クレー ムの師はこれがマイトレーヤによって磁化されたこ とを確認したが、背景の話は今回掲載された】

 

シェア・インターナショナル誌は、新しい時代の思考の二つの主な方向――政治的と霊的――を統合する。