光のショー

時代の徴

空中に浮かぶ天使の姿

2017年5月14日、ワシントンD.C.からテキサス州ヒューストンへ向かうフライトで、ダウン症のA・アシェー・リリス君7歳が母親の携帯カメラで窓越しに写真を撮った。のちに母親がその写真を見てみると、そこには「とても信じ難い画像」があった。A・アシェー君の母親、ケリーさんはヒューストン・クロニクルに語った。「私はその日、離陸を怖がらずにできるよう慰めにやって来た大天使を彼が見つけたのだと信じます」。A・アシェー君の名は「Aを1つ多く名付けました。それは1つ多めの染色体を反映して付けました」。母親はそれによって彼が「祝福されている」と感じている。
「A・アシェーは他人の必要を感じ取る第六感を持ち合わせています。彼は必要としている見知らぬ人を引き付けるようです」とケリーさんは語った。「彼は指さしや腕を羽のようにパタパタさせて何かを見つけると私たちに知らせるのです。私たちは、彼が自分の周りにいる天使たちを見ることができるのだと思っています」
(chron.com)
写真:photo: Anisa Gannon


 

 
グアダルーペの聖母が再び泣いている。これまで過去に繰り返し報じられてきたメキシコのカソリック教会の聖母像である(シェア・インターナショナル誌 2018年7/8月号参照)。礼拝者たちは聖母像が9月1日に再び涙を流し出したと言っている。奇跡が報じられて以来、神父たちが教会へ感謝と祈りのために訪れている。「私にとって現実です」とテキサス州カーミットのビリー・ルナ氏は語った。「私は彼女を見た時、ここで(自分のハートを指しながら)何かを感じました。それを考えるだけでも鳥肌が立ちます」
(hobbsnews.com)


 

 
2000年11月、横浜での石川道子講演会での写真。ベンジャミン・クレームの師は、光の柱がイエス覚者からの光の祝福であることを確認した。


 

 
ローズマリー・マルミヨンの庭の小さなトマト。ハート型とピエロの頭部(本誌編集長への手紙を参照)
 

 
ワルシャワ、ポーランド──2018年8月8日、通行人がパレス・オブ・カルチャーの建物前を通過した時に撮った写真。写真を見返すと、そのうち数枚に建物上空で大きな円盤型で縁にライトをつけた物体が雲間に見える様子が写っている。
(mufon.com)