世界中に溢れる徴

ここに掲載されている「時代の徴」は、過去にベンジャミン・クレームによって確認されたものであるか、または確認されたものに似たもの、あるいはそれ自体が物語っている「徴」として掲載した。それらは多くの人に目撃され、彼らの希望と信の証しとなっている。判断は読者のみなさまにお任せしたい。

世界中にあふれる徴

2019年5月22日、NASAの太陽圏観測衛星がとらえた太陽近くに写る巨大な円盤型の物体。(myunhauzen74)

2019年4月8日、NASAの太陽圏観測衛星がとらえた太陽近くに写る巨大な羽を持つ物体。(myunhauzen74)

  

フランス、ヴァル=ドワーズ県のグリーンクロスの交差路近く、ヴァイエの小麦畑に現れたミステリーサークルの模様。
この模様は2019年6月1日土曜日に飛行クラブのパイロット、フレデリック・ブラッシャー氏によって初めて目撃された。「それは私たちの航路内であったので、見逃すはずがありませんでした」と彼は言った。模様は円形を連続で描き、北を指している形をしている。
この模様が現れた近くにはノートルダム聖堂があり、ここは礼拝堂や教会のある聖母像の建物である。守衛は「誰がやったものなのか、われわれには分かりません。自分は彼らが人間とは思えないのです。小麦は潰されたのではなく、横に倒されているのですから」(actu.fr)

  

白檀の奇跡

2019年3月のマハー・シヴァラートリーの祭りの間、インド、タミルナドゥ、トリチーにあるスワミ・プレマナンダのアシュラム内の寺院で、スワミ像の上に白檀が奇跡のように現れた。この特別な白檀はアシュラムの皆にプラサード(聖なる食べ物)として配られ、また他のセンターやグループへも送られた。2018年7月にはビブーティ(聖灰)がグル・プルニマ(弟子が師匠を敬う日)の時にこの像を覆った。
(Ashram News. シェア・インターナショナル2018年9月号参照)