2017年4月号目次

-覚者より
自由と正義の未来
■ベンジャミン・クレー一ム筆記

視点
気候科学者同僚諸君:人間的であろう、勇気を持とう、真実を語ろう
ピーター・カルマス

マイトレーヤの優先順位
イスラエルのテレビ司会者は自国のパレスチナ人の扱いを非難する
人道的危機:何十年もの「自由奔放なグローバリゼーション」の結果/アムネスティ:『世界の人権の状態」

S.O.P.(Save Our Planet)-われわれの惑星を救え!
プラネット・アース・ファースト
国連が海洋ブラスチックと闘うことを宣言する

世界的な再生可能工ネルギーブームをリードする6力国
ジェイク・シュミット
インドは非常に大きな再生可能発電目標の実現に向けて着実に進んでいる/中国の再生可能エネルギーの記録更新が継続している/新たな市場の出現により、クリ一ンエネルギーが中南米で急成長している

ノルウェーでの難民の統合
アナ・ズヴィーストラ・ビエ

自然的発達に基づく教育
ジャンタル・ピガノー

時代の激
世界中に見られる徴
マハー・シヴァラートリーの祭り最中のリンガムの奇跡/国際宇宙ステーション近くで目撃された母船

ウィンストン・チャーチルとUFO
フィリス・バワー

正しい関係一選集
Right relationship – a compilation

「私たちは受け入れたい」
国際女性デー (International Women’s Day)

私たちは大勢いる
スザンヌ・フィリッブスによるフィルム・レピュー

フランシスコ教皇が人類の「歴史的転換点」における人間性の喪矢を非難する

編集長への手紙
特別推薦 他

読者質問欄
回答ベンジヤミン・クレーム

 

自由と正義の未来

-覚者より

ベンジャミン・クレーム筆記

世界がこれほどまでに様々な問題に悩まされたことはこれまでほとんどなかった。地球全体にわたって、ほとんどすべての国において、あらゆる均衡と安全を妨げるフォース(力)が働いている。無秩序と暴力の規模はますます大きくなり、恐怖は増大する。何百万の人間がもっとも悲惨な苦難に喘ぐかたわら、国全体が変化の激痛の中で痙攣する。

この激しい動揺の中に、キリストはやって来られた。認知されようとされまいと、キリストの御手が外的な混乱の背後に見られ、フォース(エネルギー)を良い方向に導き固めておられ、最終的な勝利を確実にする。まったくそのようには見えないかもしれないが、新しい秩序がこれらの相争うフォースからつくり出されている。死滅する形態の灰から新しいいのちが生まれる。

商業至上主義がその癌を世界中に広げて、人間の生命線である商業と政府を毒するにつれて、ますます多くの人々がその危険に目覚め、新しい関係と貿易の様式を探し求める。

残酷な野心的な人間が自分たちの祖国に破壊をまきちらし、国民の心の中に長い間眠っていた憎悪の火を焚きつける一方、その犠牲者たちを助け、その攻撃に対抗しようとする新しい意図が国々のフォーラム(公開討論の場)の中に頭を持ち上げつつある。

キリストの手は決して舵から離れることはない。法の成就のみが、キリストの行動範囲を規制する。キリストのフォース(勢力)はいつも目ざとく、あまりにも重過ぎる荷が人類の大義を打ち砕きそうなときには、介入する用意がある。

であるから、これらの火と恐怖の日々は終わることを知って、勇気を出しなさい。人間の長い間の苦難と苦痛は間もなく終わるだろう。人類は孤立していないことを、人類の兄たちが、この痛々しい変遷の過程を一つ一つ知っており、そして見守っていることを知って、勇気を抱きなさい。

今、未来を見、そして築く用意をしなさい。それがあなたの最高の志向の中に包まれるのを、心に描きなさい。現在の混沌の直中で、無執着になることを学びなさい。そしてあなたの恐怖を差し迫ってくる闇にさらに加えないようにしなさい。あなたが思うよりもずっと近くに歓びの日がある。憎悪もまた、そのコースを走り終えるだろう。

もうすぐ、その新しい日に目覚めなさい。各々の明るい志向をまた新たに磨きなさい。新しい光、「世界の光」が今、再びあなたたちの中にある。いま生きとし生けるもの一つ一つの中に入る増大する光を明示しなさい。そして古い不均衡を正しなさい。

わたしたちは見守り、待ち、あなた方と共にいる。日ごとにわたしたちの存在をあなた方の視界により近づける。あなた方がわたしたちを見るとき、人類種族の護衛のために共に働くときがやって来たことを知るだろう。もはや「市場主義のフォース」が人間の上昇への道に破壊をもたらしてはならない。もはや残酷な野心が国民の生活を左右するようであってはならない。大勢の人間が豊かな世界の直中で飢えることが、再びあってはならない。若者たちの未来が彼らの頭上で売られてはならない。自由と正義の未来が招く。それを受け入れなさい、受け入れなさい。 (1993年5月号)

 

世界中に見られる徴

「“奇跡の時代”が終わっていないことに、逆に世界中に奇跡はいっそう増大していることに、人々はますます気づき始めている。最近の(奇跡の)顕現は、何百万の人々の独りよがりの確信をその中核から揺さぶった。……奇跡はあふれ、驚かせ続けるだろう。いわゆる科学者や専門家たちの絶望的な望みは、人間の目がとらえる証拠を否定するのには役に立たないことが証明されるだろう。これらの顕現が引き起こす希望に心(マインド)を向けることで、人々はそれらをマイトレーヤの賢明な言葉に関連づけるだろう。そして彼の導きに従うだろう。」

(『覚者は語る』1995 5月号)

 

マハー・シヴァラートリーの祭り最中の

リンガムの奇跡

 

2011年に亡くなったスワミ・プレマナンダは、インド、マタミルナドゥのトリッチーの彼のアシュラムで奇跡を現し続けた。2017224日、信者たちがマハー・シヴァラートリーを祝福していると、午後8時30分に3個のリンガムが寺院の彼の像の前に奇跡のように現れた。アシュラムのメンバーたちはのちに何が起こったかを話した。「マハー・シヴァラートリーの夜、午前3時半ごろに私たちはさらに3個のリンガムが具現化しているのを見つけました。また2個が2月25日午前11 時半に見つかり、私たちが同じ日の午後4時に寺院を開けると、さらに新しい4個のリンガムが見つかりました」

「今朝、私たちが寺院を開けると、スワミジの像が聖灰で覆われていたので私たちには嬉しい驚きでした。午前5時20分ごろにスワミジの前のお皿に新しい花を散らしておくと、鼻の下に2個の新しいリンガムを見つけました」。祭りの最中に今年は14個のリンガムが現されました。

Swami Premananda official website.

【ベンジャミン・クレームの師は、2016 4月、この2016年の同じ祭りに現れたリンガムがスワミ・プレマナンダによるものであったことを確認した】

 

どのようにスワミ・プレマナンダが彼の存命時にリンガムを創造したかについての以下の記述は、1997年のシェアインターナショナル誌でベンジャミン・クレーム氏が述べているものである。「リンガムは楕円の石で、シヴァのシンボル──創造の力である。それはエネルギーセンターの『炎』として螺旋コードの下層に始まる。3カ月後にこのエーテルのエネルギーは固体の写しとなる。マハー・シヴァラートリー、シヴァの夜の間、リンガムはスワミの口から『生まれる』。マハー・シヴァラートリーの1週間から1カ月後に、スワミは何時間も口から聖灰を噴き出す。聖灰をこのようにつくり出すことができるということは、彼の身体がすでに次のリンガムを具現化する用意ができているという徴になる」

    


 

 
カナダ、エドモントン──2017126日のまだ早い夕暮れにバンス・ヒルトン氏は大きな星型の物体が北西の空に形を変えながら近づいてくるのを撮影した。

【ベンジャミン・クレームの師は、以前に同じ場所でマイトレーヤの『星』の目撃を確認している】



 
 
メキシコ、コリマ──2016 12 2日、1台のウェブカメラがコリマ火山の上に輝く巨大な物体を撮影した。

ufosightingsdaily.com

 
 
スペイン、ネルハ──これらの非常に巨大な『雲型UFO』はネルハ上空で 2017110日、シェア・インターナショナルの協働者であるローラ・フェルナンデス・モレノさん、ダナ・ジョルダンカさん、アルムネカー・アントニオ・マーティン・ルイスさんによって撮影された。

編集者 記:ベンジャミン・クレームと彼の師はスペイン、ネルハの洞窟下にUFO基地があることを確認した。

 

 

ウィンストン・チャーチルとUFO

フィリス・パワー

1939 年にウィンストン・チャーチルによって書かれ、1950年代に改訂されたが、出版されなかった記事が、最近アメリカのチャーチル博物館で発見された。「われわれは宇宙で独りなのか(Are we alone in the Universe)?」という記事である。第二次世界大戦前夜に書かれ、重大な政治的事件が彼の頭を占領していたが、チャーチルの関心は『宇宙戦争War of the Worlds』(H.G.ウェルズの小説をオーソン・ウェルズが翻案)のアメリカのラジオ番組版に刺激されていた。それは、「異星人の侵略」が実際に起こっているというパニックを引き起こしたというものである。その記事自体は、主に1950年代の、多くのUFO報告があり、大衆の関心がその現象に集まっていた時期の前に書かれている。

天体物理学者マリオ・リヴィオ氏は、今回新たに発見された原稿を見せられた最初の人物であるが、1990年代に太陽系外の惑星が実際に発見される何十年も前に、惑星を持つ多くの他の恒星が存在することをチャーチルが指摘していたと述べる。チャーチルの記事についてリヴィオ氏が感銘を受けたのは、彼が異星生命の問題に「科学者の精神」でアプローチしていたことであった。「この記事の驚くべき点は、20世紀最大の政治家であるこの人物が、1939年に純粋に科学的問題に関心を持っていただけでなく、それについて記事を書く時間があったということです」(2017年2月15日、『ネイチャー』誌)。実際、チャーチルは常に社会における科学の重要性に関心があり、そのために行動していた。英国首相として彼は政府の科学顧問を任命したが、その役割は今日さらに重要になっている。

その記事は生命が存在するのに必要な条件──生命とは生殖能力を持つものと定義される──を探求し、そして「居住可能な地域(ゴルディロックス地帯)」、暑過ぎもせず寒過ぎもせず、生命を維持するのにちょうど良い狭い軌道にある地帯を検討している。これは宇宙に生命を見いだすための最新の研究と同じ方法である。チャーチルの正確な推定に基づく結論は、今では常識のように思われるが、時代の先を行くものであった。「何十万もの星雲が、それぞれに何十億もの恒星を含むことからすれば、生命が不可能ではない環境を持つ惑星の数は多数存在する可能性が非常に高い」

しかしながら、興味深いことにチャーチルは火星と金星に生命の可能性があると考えているが、エーテル物質の可能性は全く考慮していない。だが、それはこの太陽系における生命の存在を説明し、(無数の目撃と他の証拠に裏付けられた)ベンジャミン・クレームとジョージ・アダムスキーの書物における宇宙人の存在を実証するものである。それでも、彼がその記事を書いたということ自体が、第三段階のイニシエートであったチャーチルが、地球外に生命が存在する可能性があり、彼自身が言うように、存在するに違いないという直観を持っていたことを示しているのかもしれない。

第三段階のイニシエートとして、チャーチルの知識と才能は巨大なものであった──彼は著名な歴史家であり、偉大な演説家であり、政治家でありながら1953年にはノーベル文学賞を受賞している。最も重要なことに、英国首相として彼は同盟国を第二次世界大戦での勝利に導いている。第一光線タイプの(パーソナリティー、メンタル体、肉体)の彼は肉体的な恐怖心がなく、不屈の精神を持ち、初期の経歴において危険な軍事紛争に飛び込み、軍隊の一員としてではなく従軍記者としてボーア戦争に参加した。彼はいわば反骨者でもあり、学校では劣等生で、大半は独学だった。1902 年にはフリーメーソンのメンバーになっているが、これは彼の関心が物質的なもの以上のところにあったことを示している。新たに発見された彼の記事は、彼が同時代の因習的な考え方を超える用意があったことを示している。しかし、彼個人の地球外生命の可能性についての見解が何であったとしても、首相として戦争中は彼はUFOの目撃情報を「大衆のパニック」を防ぐために秘密にすることを命じている。

1950 年代後半、チャーチルはその記事を少し改訂し、タイトルを「Are we alone in space ?」からより具体的に「Are we alone in the Universe ?」に変えている。それまでにはUFOや宇宙人との遭遇に関する出版物が多く出ており、ジョージ・アダムスキーは有名な「空飛ぶ円盤が着陸した」を 1953年に、「宇宙船の内部で」を 1955 年に出版していた。チャーチルは彼の記事を予言的にこう結んでいる。「私は、個人として、われわれの星がこの広大な宇宙の中で生きて思考する被造物を持つ唯一のものであると考えたり、広大な時間と空間の中でわれわれがかつて出現した最高度の精神と肉体の発達を遂げた存在であると考えたりするほどには、この文明の成功に感銘を受けているわけではない」。ベンジャミン・クレームが 2014年の講演で述べたとおり、「宇宙人は生きており、私たちは彼らに巨大な借りがあります。彼らは皆同じ惑星系の一部です。宇宙船の人々は私たちの兄弟姉妹です……私たちが人間と呼ぶものは宇宙の至るところに存在します」。

ウィンストン・チャーチルの光線構造は、魂:2、パーソナリティー:1(副光線4)、メンタル体:1(6)、アストラル体:4(6)、肉体:1(3)。

彼は第三段階のイニシエートだった。

(『マイトレーヤの使命 第3巻』のイニシエートのリストより)

 

正しい関係——選集

「正しい関係」というテーマに関する引用文の選集を掲載する。これはマイトレーヤのメッセージ(『いのちの水を運ぶ者』と『いのちの法則』)、ベンジャミン・クレームの師の言葉(『覚者は語る』と『シェア・インターナショナル』)、およびベンジャミン・クレームの著書から抜粋したものである。

 

次の質問に対するベンジャミン・クレームの回答(2012年8月号)は、毎月ここで提示される選集の価値を説明している。

 

Q 選集のコーナーを愛読する読者もいますが、すでに掲載された記事の繰り返しにすぎないという声も聞きます。編集者としての意見をお聞かせください。

A それはすでに掲載された記事の再掲載ですが、こうした選集は人々に教えを思い出させます。テーマ別の内容は異なった観点と注目を与えます。私の師は、これはこの雑誌の最も重要な部分の一つであり、選集は累積効果を及ぼすと述べておられます。

 

あなたがたがわたしを見るとき、我が友よ、まさに新しい時が始まったことを知るだろう──未来への新しい道標を建てる時が、すべての人の間に正しい関係と信頼を築く時が、従いてくる者たちのために道を照らしながら、調和と分かち合いのうちに共に前進する時が、始まったのである。あなたがたがわたしを見るとき、このことを知るであろう。わたしが絶対なる神として支配するためにやってくるのではなく、兄として、単にあなたがたに道を示すためにやってくることを知るだろう。

(『いのちの水を運ぶ者』第63 信、p.187)

 

マイトレーヤと覚者たちの一団のインスピレーション(鼓舞)と導きのもとで、人間は、正しい決断を行う能力、大計画との関係の中で正しく行動する能力が増大することを知るだろう。これが必然的に同胞愛についての感覚の増大につながり、人間は共に行動することによってのみ前進があるという理解につながるだろう。

妨げとなるものは政治的意志のみである。至るところで、国民は同胞愛の時代を迎え入れるために人生のやり方を調整する用意があり、リーダーシップとマイトレーヤの助言のみを待つ。そうして、人々は自分たち自身のために正しい関係を確立し、世界を管理するにあたって参加者としての役割を受け入れるだろう。

同胞愛の夢が荒唐無稽のものでも無意味な憧れでもなく、ここに今確立されるべき現実であるという新たな希望が人間の心(ハート)の中に沸き上がるのは、そう遠い未来ではない。

(『覚者は語る』─同胞愛の夢─ p.284〜285)

 

世界の大衆は彼らの必要を知らせ始めています。ベルリンの壁を、すべての先進開発国との間にある「ベルリンの壁」を壊しつつあります。そして食べる権利、働く権利、平和で落ち着いた環境で子供たちを育てる権利を要求し始めています。これらの要求は高まるでしょう。マイトレーヤは出現してこれらの人々の要求を刺激し、強力なものとし、地上のどの政府もこの自由と正義と正しい関係への要求に逆らうことはできなくなるでしょう。人類にとって次の運命づけられたステップが正しい人間関係ならば、それは実現されねばなりません。人々がそれを実際に行うときにのみ実現されます。

(『大いなる接近』p.44)

 

人間がマイトレーヤの語る言葉を聞くとき、正しい関係こそが彼らが求める真の現実(リアリティ)であることを認識するだろう。そして励まされ、浄化されて、彼らは分かち合いと正義の過程を始動させるだろう。かくして彼らは、切望しつつ長い間手にすることのできなかった平和を確実にするだろう。

人が心(ハート)から行動するとき、(神の)大計画に沿って行動していることをマイトレーヤは示すだろう。大計画は、彼らが知らないだけであって、それはすべての生命を支配する。人間がこれを知るとき、喜んで以前の愚行と間違った方向への行動をやめるだろう。そしてお互いの間の新しい、より良い関係を始めるだろう──それが来るべき時代を特徴づけるだろう。

(『覚者は語る』─新しい自由─ p. 526)

 

大計画は単に偉大な宇宙的存在者のマインドの中にある何か曖昧な宇宙的概念ではなく、私たちの生活に厳密に関連性を持つものです。それは正しい人間関係に関わりがあり、従って政治、経済、宗教、科学、教育、それから貧しい人たちに食べ物が十分あるかとか、貧困者が多過ぎはしないか、富裕者が多過ぎはしないか、貧富の格差が大き過ぎはしないかに関係するものです。

これらのすべてが神の大計画の一部です。神の計画は従わなければならない一定の規則ではなく、私たちの生活の霊的基盤の中心にあるものなので、それ自体に内的美、つまり内的関連性を持つアイディアなのです。私たちが正しい関係を実施するとき、私たちは自動的に機構──政治、経済、社会──を創造します。それが計画を実施することを可能にするのです。

(『大いなる接近』p. 223〜224)

 

忘れるでない、我が友よ、あなたがたは一つであることを、すべての者の御父が、あなたがたを聖なるイメージに似せて創られたのであることを。あなたがたを通して同じ聖なる愛と真の光が輝いていることを。時は近づけり、我が友よ。真理の光があなたがたの周りすべてに輝き、人が兄弟を己の心に迎え入れ、己自身としてお互いを知るようになる時がやってくる。

(『いのちの水を運ぶ者』第51信、p.155)

 

人類の生活の転換点にあって大きな仕事が彼らを待つ。往古からの間違った思考と生活の習慣をこの世から払拭すること。恐怖心──欠乏や戦争や病気や死の恐怖──からの解放を可能にするように、社会生活の方法を完全に変えること。これらはまさに巨大な仕事だが、あらゆる努力を費やすに値するものである。なぜならそれは、新しい生き生きとした生活、新しいより甘美な人間関係につながり、正義と同胞愛、分かち合いと愛の法則によって支配される世界につながるだろう。そのような世界を創造する仕事よりもすばらしい目標が人類にあり得ようか。

(『覚者は語る』─健康と治療(2)─   p.45)

 

われわれが贅沢と浪費の中で生活しているのに、他方、第三世界の何百万もの兄弟姉妹たちは飢え死にしている。そのような状態の中で、われわれは彼らと正しい関係にあるとは言えない。

解決法は明らかである。この豊かな世界の資源を分かち合うことが正しい関係への欠くべからざる最初のステップである。マイトレーヤはこのことを明らかにされ、この目標に向かって人類が行動することを鼓舞されるであろう。分かち合いと正義を、真の平和への(したがって人類の存続と世界の救済のための)唯一の道として、呼びかけられる。それは、本質的には、正しい人間関係の確立と今日の世界にある明らかに悪い関係を廃棄することへの呼びかけである。個人的、国家的、国際的競争と貪欲、かつてないほど強烈な世界的な憎悪と暴力、分離主義と排他性、自分自身の理想に対する狂信的執着、われわれを自己破壊の淵までもたらしたすべての痛恨と不信を廃棄することである。

マイトレーヤの愛のエネルギー ──「裂開の刀」──の効力が現在の世界にある極化をつくり出したのであり、それは人類に前進への道をはっきりと示すであろう。包括性と愛、正義と人間の精神の自由のために闘う者はすべて、彼の周りに集うであろう。分離主義と搾取、競争と貪欲に味方する者は、同じく明らかになるだろう。そして人類の前にある選択は非常に明瞭になるだろう──愛と憎しみ、分かち合いと貪欲、平和と戦争、生と死との間の選択である。マイトレーヤは(メッセージ第11信の中で)言われた。「わたしの心は、あなたがたの答えを、選択を知っている。そして喜んでいる」と。彼の愛のエネルギーに応えて、人々はすべての国々において、様々なグループをつくり、正義と平和と正しい関係を要求するだろう(それはもう既に始まっている)。間もなくこれらのグループは世界で最も大きな、最も強力な勢力となり、平和と善意の新しい時代を招じ入れるだろう。

(『マイトレーヤの使命 第1巻』p.60〜61)

 

わたしの覚者たちはいのちの規律を、あなたがたに教えるであろう。わたし自身は人類を招くあのより高度な光を、あなたがたに見せるであろう。わたしの教えは二重である。一つは、人間の物質面に関わることであり、人生の必要事項である。もう一つは、われわれが神と呼ぶあの聖なる存在と人間との関係についてである。わたしの言語の中では、これらは同じものである。なぜなら人間同士が正しい関係を築いてこそ、神との正しい関係を築くことができるのであるから。わたしの計画は、これをあなたがたに示し、人が己自身の裡に、分かち合い、愛し、信頼する能力を見いだす時、その瞬間から神へ向かう登り道が始まることを教えることである。

(『いのちの水を運ぶ者』第29信、p.99)

 

あなた方の兄たちであるわたしたちには人間の前方に広がる輝かしい未来の輪郭がますますはっきりと見える。今日の最も創造力に富む洗練されたマインドを持つ人々を驚嘆させるだろう科学の青写真が見える。また人間がいまだかつて見たことのない美と創造的パワーを備える芸術が見える。

とりわけ、規模において人間の歴史に前例のないこの創造力の放出は、人類が通っている大いなる内的変化──「いのちの法則」のうちで生きることを学ぶこと──の必然的結果であることを、わたしたちは認知する。人間がこのことを人生の事実として意識的に知り、理解するとき、彼らは「平和と正義」「自由と正しい関係」に直接つながるステップを喜んでとるだろう。その最初のステップは分かち合いと呼ばれる。

愛の大主マイトレーヤと彼のグループの覚者たちの助けと案内があるとき、人間は分かち合いと正しい関係は同じであることを、同じ衝動であることを見損ないようがない。すなわち現在われわれの分離の底に横たわる和合へ駆りたてる力を人間が示現し、神としての人間の本当の特性を明らかにするのである。

(『シェア・インターナショナル』2008年6月号、

「覚者より」─人間が振り返ってみるとき─)

 

何にも増して、分かち合いの原理と地球資源の再分配が優先されなければならない。世界の福祉に関心を持つ人々すべての心の中に、この中心的な必要が先行されなければならない。分かち合いなしに、達成し得るものはほとんどない。分かち合いなしに、人間は平和を知ることはないだろう。この原理が支配するとき、人間は同胞愛と正しい関係への最も大切な一歩を歩むことになるだろう。

人類が分かち合いの原理を受け入れることは確かである。まだ不確かなのは、如何なる方法によって、そしてどのくらいの速度で、人間がこの基本的な法則を実施するかということである。人間がこの緊急の必要に応えるのを助けるために、マイトレーヤと彼のグループは再び人間の生活と営みの中に戻って来たのである。彼らの勧告は、もしそれが聞かれるならば、人類と正義と平和への最も確実な道を示すだろう。彼らの臨在が何百万の人間の眠っている志向を活気づけ、行動へと駆り立てるだろう。そして彼らを通して、歴史のコースを変えるだろう。

(『覚者は語る』─変化の必要条件─ p.394〜395)

 

自分中心から意識を他へ向けるのに奉仕ほど効果的な方法はない。それほどわれわれに釣り合いの取れた見方をさせ霊的に成長させるものはない。われわれは奉仕するにつれて、われわれが仕える「他の人々」と自分をますます同一認するようになり、徐々にわれわれの注目を小さな分離した自己から転移させる。われわれはより広い包括的な世界のビジョンを得、われわれが部分をなしているところの総体とのより正しい関係に入っていく。

(『マイトレーヤの使命 第1巻』p.307)

 

わたしの計画は、真理の単純な教えを世界に放つことである──人間は一つであり、すべてが兄弟同胞である。神はすべての人間を平等に愛する、自然は、すべての者が分かち合うように、その食物を提供する。わたし自身、人類の体験を経てきた者であるから、人間が窮地を切り抜けていくための答えを知っている。変化し、人間同士が正しく交わり、神の意志を正しく顕していくための単純な方法を教えよう。

(『いのちの水を運ぶ者』第55信、p.164)

 

人類は、私たちが人類という一つのグループであり、宇宙全体の中に分離しているものは何もないことを、すべてが他のすべてに関連していることを完全に理解するようになるでしょう。そして人類を結合させる法則は、宇宙全体を通じて全く何の分離も存在しないということからつくり出された法則です。私たちはアクエリアス(宝瓶宮)から流れ込んでいる統合のエネルギーの影響の下で、融合し、混合し合っているという感覚を発達させていくでしょう。そのエネルギーは集団を通してのみ働き、個人を通しては働きません。個人性は消え、それはグループの奉仕のために提供されるでしょう。

今日、人々は自分の個人性を主張したがります。だから非常に破壊的なのです。なぜならそれは、しばしば権力の地位にあって、そのパワー(権力)を扱うのに十分なだけ進化していない人々の手中にあるからです。彼らは他国に侵入したり、戦争を起こしたり、何千万の人々の生活を地獄のような状況に陥れます。私たちが誇らしく思っている非常に尊ばれてきたこの個人性というものは、グループの奉仕のために提供されなければなりません。

アクエリアス(宝瓶宮)の時代はグループについてです。和合、統合を最大数の部分(個人)にもたらさなければなりません。それは個人性を抹消することではありません。部分、または違いを取り除くことではありません。逆に、異なった個々の部分の最大の数を完全な和合に統合・合成させていくことです。それが多様性の中の和合です。それが将来のすべての仕事のスローガンになるべきです。

(『光の勢力は集合する』p.207〜208)

 

世界はキリストの宣言を待つ。歴史上先例のないこのユニークで偉大な出来事が、新しい時代の始まりを布告するだろう。それは人間の苦悩を終わらせ、新しい勝利の始まりを可能にするだろう。人類がキリストに従うとき、そして人類は必ずそうするであろうが、彼らを待つあの生得の権利を受け継ぎ、キリストから喜びと平安の栄誉を授かるだろう。

そして人間は地上での生活の目的を知り、その目的を遂行することを願うだろう。彼らの魂の意図を知り、いかにしてそれを遂行するかを知るだろう。神との間に、そして彼らの兄弟同胞との間に正しい関係を築く方法を知り、人類同胞愛の概念を現実のものにするだろう。

(『覚者は語る』─光輝く時代が前途に─   p.191)

編集長への手紙

シェア・インターナショナル誌には、『編集長への手紙』の保留分が非常に多数あり、それらは何年にもわたって処理され、本物であると確認されたが、いまだ掲載されていない。

覚者方、特にマイトレーヤとイエス覚者がベンジャミン・クレームの講演会や伝導瞑想会に現れてきた。彼らはまた異なった外見でも現れている。そのような体験が、ベンジャミン・クレームの師によって本物であると認められた場合、手紙は掲載される。これらの体験は、鼓舞し、導きあるいは教えるため、またしばしば治癒や精神の高揚をもたらすために与えられる。彼らはさらに、例えば喫煙や飲酒に対する幾分凝り固まった不寛容に注意を引き付けたりもする。時に覚者方は、事故や戦時、地震や他の災害において救いの『天使』として働く。彼らは「ファミリア(似姿)」つまり想念でつくった形態を使用し、それらは全くリアルに見え、それを通して覚者の考えが表現される。彼らは男性、女性、子供として意のままに現れることができる。

しばしば彼らは実在の人物の『青写真』を利用するが、たいていの場合、「ファミリア」は完全に新しく創造されたものである。この号では、最初の手紙以外はすべて確認されている。

特別推薦

編集長殿

2017 年 1月21日土曜日に、女性の権利のためのロンドンのデモ行進に参加しました。グロブナー・スクエアにある米国大使館までの道路はすべて、手作りの旗を持った人々に埋め尽くされ、ほとんどの旗は厚紙をテープでつなぎ合わせたもので、ドナルド・トランプ氏に関するスローガンが書かれていました。家族連れや数千人もの圧倒的に若い人たちが集まっていました。雰囲気は素晴らしいものでした。後で聞いたところによると、60カ国で600もの行進に、300万人近い人たちが参加したそうです。

私がやっとグロブナー・スクエアにたどり着いた時には、ややスペースがあり、歩道にいくつかのブースが出ていました。突然、若々しい女性が、戦争停止連合のブースから署名嘆願書の付いたクリップボードを抱えて、私の方へやって来ました。私はこれまでこのような形で、戦争停止連合の活動家からアプローチされたことはありませんでした。前日同じ活動のグループからの署名にサインしていたので、もう一度サインする必要はないと思っていました。彼女は寒さに備えた服装をしていました。とてもきれいなハシバミ色の瞳に、丸縁のメガネをかけていて、明るい茶色のふわふわの巻き毛が魅力的な顔を縁取っていました。彼女はそれが新しい署名嘆願書で、2016年に起こったトライデント・ミサイル実験の失敗について、真実を語るように保守政権に働きかけるものだと説明しました。私はそれにサインしていないとわかったので、サインしていると、彼女が不思議なことを言っていて、しばしば同じ家族のメンバーは、似た筆跡になることがよくあるらしく、それは私の妹たちや弟にも当てはまっていることでした。それから私たちは何人かの抗議をする人たちについて話していて、その間、人々はパーク・レーンから1時間前に行進し始めましたが、まだグロブナー・スクエアは待っている人たちでいっぱいでした。これは長い間私が参加した中で最も大規模なデモ行進でしたが、彼女は賛同してくれて、たくさんの変化が起こるだろうと言って、アミール・アミラニ監督の『ウィ・アー・メニー(私たちは大勢いる)』というとても良い映画があって、見る価値があると言っていました。私がお礼を言って、映画を見てみると言うと、彼女はとても美しく温かな笑みを私に向けてくれました。私は歩きながら気持ちが高揚していました。(34ページの映画のレビュー参照)

その後、これが並外れた女性との稀な出会いであり、大規模なデモの間に世界中の人々が声を上げるための、またとないような機会だったことを思ったのです。

スザンヌ・フィリップス

英国、ウェストサセックス州

 

次の2通は同じ人物からのものです。

 

編集長殿

(1)2004年の新年の午前中、ちょうど真夜中を回った時、私は教会から戻っているところで、テゼ(平和のための祈り)を終えて、バス・ステーションへと歩いていました。店のウインドウ前の歩道で横になっている物乞いを通り過ぎて、お金を渡すこともしませんでした。彼に「ハッピー・ニューイヤー」と声をかけて、そのまま歩きましたが、「それは平和の祈りにそぐわない」と思っていました。

バス・ステーションでは待たなければなりませんでした。やがて他にも数人の人たちが集まってきて、やはりバスを待っていました。待っている間、私は花火を見ていました。

突然、一人の男性が私に話しかけてきました。彼は私にいくらか小銭をもらえるか尋ねてきたのです。最初私がムッとしたのは、彼が他の人ではなく私に頼んできたからでした(他の誰かに頼んでいる姿は見ていませんでした)。けれどもその時、新年はこのような、助けを拒絶するようなことで始まるべきではないと思ったのです。私は彼に片手いっぱいの小銭を渡しました。彼はお礼を言い、私に幸せな素敵な新年を祈ってくれて去っていきました。他の人にはお金を求めませんでした。私の経験では、物乞いの人たちは常に会う人全員に求めるものです。もらったお金はポケットに入れて、物乞いを続けるのです。彼は違っていました。

【ベンジャミン・クレームの師は、両方の『物乞い』がイエス覚者であったことを確認した】

 

不意をつく人

 

編集長殿

(2)2004 年 1月25日の日曜日に、私は教会へ向かっていて、ラトハウスマルクト行きのバスに乗りました。私のハンドバッグの中には10 ユーロ札があり、教会に寄付しようと思っていたもので、ポケットにはコインが数枚入っていました。バスを降りると、少し離れた所で、地面にバッグを二つ置いて彫像のように立っている人を見かけました。その人物は非常に年老いた男性のように見えて、修道士の着るガウンのようなコートを着て、頭巾を頭にすっぽりと被っていました。その人は脊柱後弯症でした。私の方を見てはいませんでした。

私は彼が物乞いなのか、ただ風変わりな人物なのかよくわかりませんでした。けれどもそのことについてはあまり考えず、ポケットにあったコイン全部を差し出しました。彼はまるでそれを待っていたかのように腕を伸ばして、(おそらく20歳くらいの)非常に若い顔で私に微笑みかけてきて、非常にはっきりと「本当にありがとう」と言いました。彼の笑みを浮かべた若い顔と、それらの力強い二つの言葉を、私は忘れることができません。

メヒティルト・ヴィーンカー

ドイツ、ハンブルグ

【ベンジャミン・クレームの師は、その男性がマイトレーヤであったことを確認した

 

『親指立て』

 

編集長殿

病院で気力を失わせるような診断を受けてから、私たちは軽いショック状態で、スーパーマーケットからハリファックスの町へと歩いていました。

私には亡くなった父が、二つのペンスコインの形で励ましのメッセージを残してくれたという、確信がありましたので、古いサンドイッチの容器の中に二つのコインを見つけた時、驚きませんでした。私は心の内で「ありがとう」と言って、それらを拾い上げました。

驚いたことに、若い物乞いが壁の向こうから飛び出してきて、身振り手振りで、二言三言の言葉を使いながら、私が彼のお金を取ったと言ってきたのです。私はとてもおどおどしながら戻り、謝ってから二つのペンスコインが、父からのメッセージだと本当に思っていたことを説明しました。驚いたことに、彼は理解してくれたようで、私が二つのコインを持っていく代わりに、少しお金をもらいたいと提案してくれて、そのようにしました。話をしている時、彼は私の瞳の奥までじっと見つめていました。

歩いて夫の元に戻っている時、その物乞いは「親指立て」の仕草をし続けてくれて(私も仕返して)、そうしているうちに、心配事があるにもかかわらず、私たちは二人共笑い出していました。私はこれが特別な出会いだったのではないかと思う(と望む)のですが。

リンダ・ロッジ

英国、ウェストヨークシャー州ブリッグハウス

【ベンジャミン・クレームの師は、その『物乞い』がマイトレーヤであったことを確認した】

 

 

読者質問

ベンジャミン・クレームは彼自身を他のグループの活動や通信の裁定者とは考えてはいない。シェア・インターナショナル誌はこれからも同じ方針に従う。

世界のどこで行われた講演会でも、クレームは広範囲のテーマに関する多くの質問を受けた。その録音は膨大な量に上る。ここに掲載されるのは、それらに対するクレームと彼の師である覚者の答を書き起こしたもので、これまで本誌に発表されていないものである。

国連、ニューヨークでの講演、2006年7月28

Q 覚者方は私たち人類すべてをオーバーシャドウして、私たちの心を新しい考え方に向けることができるのですか。

A そのために彼らは来たのです! もちろんできます。これは希望のメッセージですが、私たち自身が行動しなければなりません。私たちはマイトレーヤが助言されることを欲しなければなりません。私たちは分かち合いの原則を欲しなければなりません。戦争を取り除くために一つになろうと欲しなければなりません。私たちの意図はそれを行うことでなければなりません。マイトレーヤは私たちの自由意志を侵害しません。しかし彼のエネルギー、鼓舞する彼の能力が、アメリカの魂を鼓舞し、アメリカの人々の態度に変容をもたらし、分かち合いの原則を受け入れるでしょう。しかし、彼は私たちにその用意がなければそれを行うことができません。そのために彼はまだ世界教師マイトレーヤと認知されておらず、外的に働いていないのです。私の仕事は道を整えることであり、希望と期待の風潮をつくり、彼が私たちの自由意志を侵害することなしに私たちの生活に入ってくることができるようにすることです。

 Q このこと(マイトレーヤの公の出現)のためにクリティカル・マス(臨界点)に達するにはあとどれだけの人々が必要ですか。

A これ以上必要ありません。マイトレーヤは十分な人々を持っています。クリティカル・マスは十分以上でありますが、私たちは行動しなければなりません。私たちは自分でできることは自分でしなければなりません。大規模な戦争が不可避な困難に突入すれば、彼は来て介入するでしょう。彼は一瞬一瞬、世界の状況をご覧になります。毎瞬間彼は世界で起こっていることを見て、私たちの自由意志と危険の関係を判断されます。私たちは危険のみを見ます。世界を見るとき、危険や戦争などを見ます。それは一面的な世界の見方であり、世界は多元です。覚者方ももちろん危険を見ます。彼らは変化、変化の力を見て、それを知り、一定の時に、善のための力を築き、変容的な発達が起こりますが、世界にはこのことはほとんど知られていません。

例えば、平和と平衡の霊と呼ばれる偉大な宇宙的存在がおり、彼はマイトレーヤがイエスをオーバーシャドウして働いたのと同じやり方でマイトレーヤを通して働いています。このエネルギーは作用と反作用の法則と共に働いており、それは反対物に等しく働きます。このアバターの仕事の効果は、暴力と憎しみと不調和の広がりをその正反対である調和、平和、正義へと、現在の暴力と憎しみと全く同じ度合いで変容させることです。これが今日世界で最も強力なエネルギーです。それ自体としては最も強力なエネルギーではありませんが、マイトレーヤを通して働いている他の強力なエネルギーよりも世界でこのエネルギーがより大量に存在しています。統合のアバターと呼ばれるもう一人の偉大なアバターがおり、アクエリアスのエネルギー、統合のエネルギーを、途方もない強さで世界にもたらしています。マイトレーヤ御自身が仏陀のエネルギーである宇宙的智恵のエネルギーと、彼自身の愛のエネルギー、宇宙的愛のエネルギーをもたらしています。そしてこれらはエネルギーの虹です。これらすべては、破壊、暴力、憎しみと同時に働きます。この否定的な物事は克服されることは確実です。しかし、私たちは座り込んで「マイトレーヤがすべてをやってくださるだろう」と言うことはできません。私たちがそれをしなければなりません。責任を持って、責任ある大人として見られたいのならば、憎しみと不正に反対し、世界の善のために行動しなければなりません。

名古屋、2008

Q 災害で亡くなる人々がたくさんいるのはなぜですか。

A 人々が自然災害で亡くなるのは自然なことです。なぜなら地球は動いており、地震や台風などがあるからです。つい最近も二つの巨大な災害(津波と中国の大地震)がありました。問題は、それらが自然災害なのかどうかです。その答えは、いわゆる自然災害ではないということです。人類は法則を理解していません──それは無害の法則と原因と結果の法則です。私たちが世界に緊張をつくり出すならば──イラク戦争のために途方もない緊張が生まれています。完全に不法な、不必要なおぞましい戦争であり、人命を犠牲にしています。アメリカとイギリスや他の国々による侵略が行われています。アフガニスタンで行ったこと、イランへの脅迫、アメリカがイランに圧力をかけ続け、世界の緊張を高めています。世界中の人々は、現在世界にある巨大な宇宙的エネルギーのために緊張状態の中で生きていますが、強力な個人や国家のためにも緊張状態にあります。そして人々は沈黙しています。この国(日本)は、同盟国だからという理由でアメリカの行動に沈黙していますが、国家は世界の他の国々の狼藉に反対して声を上げなければなりません。アメリカは巨大な国家であり、ますます巨大になるでしょうが、哀しいことにその運命の道を踏み外しています。それは自分でも理解できない力を弄んでいます。アメリカは若く、強力な国家です。若者、特に強い若者のような傲慢さがあります。より年長の賢い国々がアメリカの行動に反対する声を上げるべき時です。

さて、私たちが今のように均衡を失えば、台風や地震、地球の力自体を管理しているサブ・ヒューマン・エレメンタルも均衡を失います。ですから通常、台風や地震の起こる地域ではそれが巨大になります。元々人類がつくり出し、それにエレメンタル・フォースが反応する緊張のために、すべてが誇張されます。均衡を失います。私たちが均衡を取り戻せば、彼らも均衡状態に戻ります。人類はすべての力(フォース)と地球のすべての側面に存在する関連を理解する必要があります。そしてこれをする最良の方法は、分かち合いの受け入れを提唱し促進することです。分かち合いと正義は世界に静けさと均衡さえもたらすでしょう。