カテゴリー別アーカイブ: 選集

簡素さと持続可能性――選集

Simplicity and sustainability ──a compilation

この引用文の選集は、マイトレーヤのメッセージ(『いのちの水を運ぶ者』と『いのちの法則』)、ベンジャミン・クレームの師の言葉(『覚者は語る』第Ⅰ巻と第Ⅱ巻)、およびベンジャミン・クレームの著書から抜粋したものである。

 民衆は恐れることなく、はっきりとした目で将来をのぞき、公平で、平和な世界を求める彼らの志向の実現の可能性を見た。これはひとりでに起こらないことを、兄弟姉妹たちと共に、実現するための力(パワー)を自分たちの手に握らなければならないことを、彼らは知っている。また彼らは、その道が困難であり、危険なことも知っているが、それを不成功に終わらせるにはあまりにも貴重な褒美である。なぜなら、それは同胞愛という褒美、正義、平和という褒美、そしてすべての人間にとって、より良い、より簡素な、より真の人生という褒美であるから。
(『覚者は語る(Ⅱ)』─民衆の声が将来を先導する─より)

 わたしの教えは単純である、わたしの言も同様である。わたしの言うことはすべて、速やかに理解される。神の真理について、むずかしいものは何もない。神の真理は、我が友よ、すべての人の心の中に宿る。あの単純そのものをあなたがたがひもとくのである。あなたがたの案内者としてわたしが、その道を教えよう。
(『いのちの水を運ぶ者』第95信より)

 簡素化とは、実際に、最も充実した人生を楽しむための必要最低限のものを用いることです。最も充実した人生は、術として生きることができます。しかしそれは簡素化を必要とします。そのようにして、私たちは新しい時代に正しく入っていくのです──生きる術が人類によって真剣に考慮され、認知され、発展させられるとき、無害と犠牲の法則がそれをコントロールするとき、より一層の質の簡素化が現れるでしょう。‘荒野の体験’が簡素化の必要性を人類に示すでしょう。おそらく今日のアメリカのように生活が複雑になればなるほど、未来の簡素化を受け入れるのが困難でしょう。しかし、簡素化の中には大きな幸福があるため、未来はより幸福な時代になるでしょう。
(『生きる術(すべ)』)

 簡素さと正直な努力が、今日人間生活のすべての面を汚す現在の腐敗に取って代わるだろう。人々はマイトレーヤと彼のグループの覚者たちを熱心に見習おうとし、そうして彼らの機構や規範を浄化するだろう。
 マイトレーヤと彼のグループの導きを得て、人々は新しい機構の単純さを好むようになり、そしてその中に深い満足感と結合力を見いだすだろう。
(『覚者は語る(Ⅱ)』─運命の歯車の回転─より)

 私たちがめざすべきものは、必要に基づいたより簡素でより持続可能な経済です。今日、経済は商業主義の、市場のフォースの圧力に基づいています。すべての先進諸国は、売れない製品を生産──過剰生産──しています。というのは、各々の国が同じものを持ち、同じものを生産しているからです。今日存在する先進諸国の製品を買うことのできる唯一の人々は第三世界の人々ですが、彼らは実際に買うことができません。なぜなら、私たちが彼らの産物に正当な価格を支払っておらず、市場を彼らに不利になるように操作しているためです。世界の資源を持続可能な方法で使用しながら十分で豊かで、しかしもっと簡素なレベルで満足のいく創造的な人生を送ることができることを、覚者方は示されるでしょう。
(『マイトレーヤの使命 第Ⅲ巻』)

 多くの愛されてきたものが捨て去られねばならない。古い形にしがみついていてはならない。役に立たなくなった機構を放棄し、新しい、より単純な世界を創造していく人間の能力に、多くのことがかかっている。これをよく記憶しておきなさい。忘れてはならない──わたしは、すべてのものを変えるためにやってくるのだということを。
(『いのちの水を運ぶ者』第74信より)

 先進諸国の私たちはもはや世界の資源を破壊し続けることはできません──資源は有限です。もし私たちが子供たちにまあまあの生活を送らせたいと思うならば、私たちはこれらの資源を保護しなければなりません。これは、私たちが持続可能な経済──それは完全に可能です──を創造しなければならないことを意味します。長年、世界中のグループがそのような経済を提唱してきました。これを行うことのできる様々な方法がありますが──主に私たちの生活習慣と様式の簡素化です。
(『マイトレーヤの使命 第Ⅲ巻』)

 お金によって増幅したお金が近代生活のストレスを助長している。お金は優先されるべきものではない。充足ということが優先されるべきである。充足が優先されるときに、それは社会を異なった秩序に整え、安定をつくり出す。これに関連して、分かち合いは道徳的価値でもあり、実施方法でもある。これがより平和な環境をつくり、人々は巨額の富をつくるために苦闘することはないだろう。自分たちの義務を果たし、家族の面倒を見、そして子供たちは進化することができるだろう。
(『いのちの法則』)

 マイトレーヤは、より簡素な生活を、惑星の状況の現実により見合った生活を提唱するだろう。これが必要であることを十分に多くの人々が確信するとき、簡素化への運動が惑星全体を通じてますます大きく広まるだろう。何千万の人間が変化の必要に鼓舞されて、それは極めて異常な速さで進むだろう。このようにして、地球という惑星が直面する最も深刻な危険は、いくらか押し止められるだろう。これが多くの人々を勇気づけて、彼らはさらなる変化への用意を進めるだろう。
 必要な変化のジレンマに直面して、人間は分かち合いの原則を受け入れることの必然性に気づくことになるだろう。分かち合いのみが、これらの変化を実際的で可能なものにするだろう。分かち合いを通してのみ、この惑星の賜物はうまく利用される。分かち合いを通してのみ、この賜物は正しく管理されるだろう。このようにしてのみ、惑星自体はその環境およびその住民と調和して生きることができる。
(『覚者は語る(Ⅱ)』─惑星の救済─より)

 わたしの計画は、真理の単純な教えを世界に放つことである──人間は一つであり、すべてが兄弟同胞である、神はすべての人間を平等に愛する、自然は、すべての者が分かち合うように、その食物を提供する。わたし自身、人類の体験を経てきた者であるから、人間が窮地を切り抜けていくための答えを知っている。変化し、人間同士が正しく交わり、神の意志を正しく顕していくための単純な方法を教えよう。
 わたしの計画は、あなたがたにこのことを教え、自らを縛る囲いからあなたがたを解放することである。前方の道は容易ではない、我が友よ、しかしあなたがたの助力があれば、すべては人類のために良くなるであろう。
(『いのちの水を運ぶ者』第55信より)

 製造に対する私たちの現在の態度を貪欲や浪費や競争に基づくものから充足に基づくものに変えなければなりません。「どれだけ多くの量を、そしていかに早く製造できるか」と言う代わりに、「必要とされるのはどれくらいか。この商品をどれだけ使わずに済むか。すべての個人が豊かで満ち足りる生活を分かち合うための最小限の量はどのくらいか」という思考をするようにならなければなりません。
(『マイトレーヤの使命 第Ⅱ巻』)

 わたしに手伝わせてください。道を示させてください──誰も窮乏することのない、より簡素な生活に至る道を。そこでは、同じ日が二度と繰り返されることなく、同胞愛の喜びがすべての人間を通して顕されるのである。わたしの仕事は、導き、案内することである。しかし、あなたがたは喜んで従いてこなければならない。そうでなければ、わたしは何をすることもできない。わたしの両手は「法」によってしばられている。それを決めるのは人類なのだ。
(『いのちの水を運ぶ者』第3信より)

 人間と自然と神は一つであり、惑星(とその中のすべての王国)の適切な保護は全体の福利のために欠くことができないことを、我々は理解するようになるでしょう。実際的に言えば、我々(西側先進国)は、今日やっているような(競争を通じての)巨大な過剰生産や資源の浪費をせずに、より簡素な生活の様式を期待することができます。近代産業政策に密着した構造的廃退は原料や環境の保存を選ぶ態度に代わるでしょう。
(『マイトレーヤの使命 第Ⅰ巻』)

 地球の未来を恐れることはない。新しい、より良い管理が現在の無知に取って代わり、より安定した状態が広く生じるだろう。より純然たる、より真なる歓びが人間の心(ハート)をつかみ、現在の不安感を追い出すだろう。人間は皆兄弟であることを自分たち自身で知るようになるだろう。そして、公平に分かち合いながら、生活を変容させていくだろう。
(『覚者は語る(Ⅰ)』─運命の時─より)

 わたしの覚者たちは、苦境から抜け出す最初の歩みをあなたがたに示すだろう。愛と兄弟たちへの奉仕とを通して神性が顕されて、満ち足りた幸せのうちに、より簡素な生活を送ることができることを、あなたがたに示すだろう。これがいにしえの道であり、永久に変わることのない道である、神にあっては、実際に何も変わらないのである。
(『いのちの水を運ぶ者』第16信より)

 特に西洋の産業国においては、自分たちの築き上げた機械文明に片寄らないで、もっと簡素に生きることを学ばねばならないでしょう。われわれがもっと数少ない物質で、より簡素にそして幸せに、今より一層幸せに生きることができるのだということを、マイトレーヤと覚者方は示されるのです。しかし、必需品は美しいものでしょう。それらは、必要であるから作られ、人間によって作られたにしろ、機械によって作られたにしろ、その背後には、人間の創造性があって作られるものでしょう。
(『世界教師と覚者方の降臨』)

 人間は地球を荒らし、汚染し、そして自分自身の住む環境をひどく破壊した。今人間は自分たちが傷つけたところのものを救済することを最優先と見なし、自分たちの病んだ惑星を健康に戻さなければならない。惑星に対する要求を簡素化し、簡素さの美を学び、分かち合いの歓びを学ばなければならない。
 人間はほとんど選択肢を持たない──その仕事の緊急性は即刻の行動を要求する。すでになされたダメージ(損傷)の本当の規模を認識する者はまさにほとんどいない。問われなければならない問題は、地球という惑星を救済することができるか、それはどんな方法によってできるのか、ということである。
 答えは大きく鳴り響く「然り」であり、その方法には大多数の人間による現在の生活様式の変容が含まれる。
(『覚者は語る(Ⅱ)』─地球は産みの苦しみの中にある─より)

 私たちは、すべてが生きることができるために分かち合わなければなりません。しかしそのためには、もっと簡素に生活することを学ばなければなりません。生活をより簡素にし、この惑星にかける負担を少なくし、より賢いやり方をしなければなりません。世界の生態系の均衡がマイトレーヤの主な関心事の一つでしょう。そして人類が現在のような生き方を続ければ必然的に起こる結果を、彼は最も高いレベルから示してくださるでしょう。それに関しての行動の必要が科学者たちに明らかになり、彼らを通して世界の諸国政府にも明らかになるでしょう。
(『全人類のための世界教師』)

 わたしの覚者たちは、人類の必要を満たす道を示すために、彼らのグループを訓練している。それを実際に具現することによって、すべての良きことがなされていく。わたしの覚者たちは、今日人間を取り巻く問題をよく知っており、答えも彼らの裡に持っている。彼らに導いてもらいなさい、我が友よ、そして喜びと簡素な優雅さと真理との単純な径を見せてもらいなさい。
(『いのちの水を運ぶ者』第43信より)

経済に関する霊的な見方――選集

経済に関する霊的な見方――選集
A spiritual perspective on economics ──a compilation

この引用文の選集は、マイトレーヤのメッセージ(『いのちの水を運ぶ者』と『いのちの法則』)、ベンジャミン・クレームの師の言葉(『覚者は語る』第Ⅰ巻と第Ⅱ巻)、およびベンジャミン・クレームの著書から抜粋したものである。

 近年の金融、経済の崩壊が生活に与えた損傷の度合いを人々がより完全に認識するとき、古い制度に戻ることは、多くの者がそう望んでいるのだが、それは不可能であることを発見するだろう。経済は貪欲と利己主義と分離主義によって粉砕されたのだが、本質的には新しい時代のエネルギーの作用によって破壊されたのである。すでに、人々が認識している以上に、アクエリアス(宝瓶宮)のエネルギーはその不思議な力を地球に働きかけている。人々は意識においてますますお互いに引き寄せられており、統合のエネルギーがその恩恵ある仕事を行っているのである。すでに多くの者たちが、あたかもひどい重荷から解放されたかのように、新しい方法に反応しており、単純化された、しかしより和合した世界を望み見ている。
(『覚者は語る(Ⅱ)』─人間の生活は繁栄するだろう─より)

 わたしの教えは単純である。分かち合うことの必要と、すべての人間が平等に汲み取ることのできる資源の溜まり場を創ることの必要を、示すであろう。貪欲を協力と信頼に置き換え、人間の裡なる霊性を顕すことの必要を説こう。霊性の顕現こそ、もっとも大切なことである。我が友よ、それなくしては、人間の未来はまさに闇である。決定の時が人類を待つ。わたしの愛が両極端の見解を創り出す、それがわたしの振り回す剣である。
(『いのちの水を運ぶ者』第64信より)

 金持ちの国と貧乏な国の生活水準の間にある大きな隔たりを許容する余裕を、世界はもう持ちません。その不均衡が今日の政治的、経済的問題の中核です。基本的にそれは精神的霊的な問題です。一方に物質主義と分離、そして他方に霊的な分かち合いと正義と同胞愛、この間の選択です。われわれの選択が人類の運命を決定するでしょう。
(『マイトレーヤの使命  第Ⅱ巻』)

 人々は供給の法則に異なった要求をする。ある者は人生により多くを求め、より大きな資源を支配する。しかしそれが満たされるためには、少ししか要求しない者、あるいは要求できない者たちの犠牲の上にのみ、可能である。これが市場のフォースの盲目さなのである。それは要求する者たちの位置(経済的、社会的、その他)の違いを全く考慮に入れない。であるから、これらのフォース(エネルギー)の操作はその中に不平等性を備えているのである。本質的に分割的なものである。だからマイトレーヤはこれらを「悪魔的」と呼ばれるのである。すべての者が同じところから始めるならば、それに何らかの論理があるかもしれない。しかし誰も同じところからは始めない。
(ベンジャミン・クレームの師、『マイトレーヤの使命  第Ⅱ巻』)

 世界的に信奉されている現在の信条は、市場の力(フォース)のそれである。「市場フォースとは人が降伏することを意味する。真我は、利潤を最大にするという観点から、生命の未知のフォースに降伏させられる。……市場フォースの本質は貪欲と分離主義である。これらのフォースに執着すればするほど、ますます束縛の独房をつくり出す。これは霊的な破産につながり、精神の不均衡につながる」……マイトレーヤは、手綱を外された市場フォースが国々の間に広まっていくことをもはや許さないだろう。市場は存在するだろう。しかし社会民主主義によって均衡が保たれるだろう。
(マイトレーヤの側近、『いのちの法則』)

Q マイトレーヤとあなたの師、そしてあなた自身も、商業主義は破壊的だと考えていると読みました。なぜですか。世界では常に取引が行われています。商業主義の何がそんなに間違っているのですか。
A 取引のような「商業」と商業主義(コマーシャリゼーション)の影響の間には違いがあります。取引は物資を交換する合法的な方法であり、あなたの言われるように、遠い昔から行われてきました。商業主義とは、金儲け(利益追求)が人間活動のあらゆる分野に入り込んでいる状況のことです。保健医療や教育の分野までこのひどい物質主義に支配されています。今日、商業主義には境界がなく、封じ込めることができません。あらゆるサービスが商品と見なされ、自由に売り買いできるものとされています。この恥ずべき慣行が今日の私たちの問題の中心にあります。
(『多様性の中の和合』)

 指導原理は浪費ではなく、充足でなければならない。現在、世界の経済制度は浪費によって支配されている。その浪費の乱行が様々な汚染問題をつくり出し、惑星の健康に対する危害を形成する。これはまだ半分しか認識されていない。持続可能な経済とは、惑星の健康の可能性の範囲内においてすべての者の必要を供給するものである。現在では、それは達成不可能のように見える。しかし光のテクノロジーが人類のためにその状況を変換し、われわれすべての必要を満たすために無限で生態系的に健全なエネルギーを提供する。
(ベンジャミン・クレームの師、『マイトレーヤの使命  第Ⅱ巻』)

 市場フォース(力/エネルギー)は悪や混乱や破局のフォースであり、そしてその子供は競争と比較である。市場フォースは、悪魔的なエネルギーである。市場フォースは“私のもの”とか“もっともっと”(つまり独占欲や貪欲)につながり、それに終わりはない。市場フォースは、われわれが知るこの文明を破滅の淵にまで導くだろう。
(マイトレーヤの側近、『いのちの法則』)

 今日、われわれは、物質主義に完全に拘束されています。今日、世界は、すべての物を、もっともっとと欲する――すべてのシステムの中で成長することが目標です。われわれはもっと簡素に生きることを学ばねばならない、ということは、産業的見地から見れば、安定した国家経済と呼ばれるものに入ることであり、われわれに必要なものだけを生産するのです。生産を、必要なものだけにとどめ、産業の成長というものは過去のものになる。
(『世界教師と覚者方の降臨』)

 そこに西欧世界の過失がある。これらの“成功した”国々はその富と支配力を主に歴史に負うており、また世界経済を強引な“市場のフォース”を通して彼ら自身に有利なように操る彼らの能力に負うのである。世界の哀れな極貧の者たちは、今や自分たちの分け前を要求する。もしわれわれがこの単純な正義への当然の権利に対処し改善しなければ、世界に平和はないだろう。
(『覚者は語る(Ⅱ)』─アメリカの選択─より)

 今日世界にのしかかっている経済的、そして実際、霊的な危機の中心にある問題は資源の再分配です。この霊的な危機が政治と経済の舞台に集中されているのです。それだから、マイトレーヤは、まず最初は、政治、経済の教師としてやって来られるのです。マイトレーヤの教えは非宗教的ですが、霊的(精神的)生活についてであり、正しい人間関係についてであります。私たちが世界の資源を分かち合うとき、世界の病を解決する最初の一歩を踏み出すことになり、それは神性へ向かう最初の一歩であります。
(『マイトレーヤの使命 第Ⅱ巻』)

 世界中に、差し迫った変化についての感覚が増大している。主要貨幣や金融機関の崩壊が世界経済の骨組みを揺るがせ、それが世界経済構造の崩れ落ちる殿堂に支柱を立てたり、もし可能ならば矯正しようとする試みを始めさせた。これらの土壇場の試みは成功しないだろう。短期的には、それらの試みは、もはや存続可能ではない制度の、あるいは大多数の人間にとって役に立たない制度の究極的な崩壊を、ただ遅らせるだけである。
……
 古く、役に立たなくなった機構はその安定性と首尾一貫性を失いつつあり、かくして新しい時代の形態の建設のためにその土俵をきれいにしている。
(『覚者は語る(Ⅱ)』─変化への前奏─より)

作用と反作用の法則――選集

The Law of Action and Reaction ── a compilation

 この引用文の選集は、マイトレーヤのメッセージ(『いのちの水を運ぶ者』と『いのちの法則』)、ベンジャミン・クレームの師の言葉(『覚者は語る』第Ⅰ巻と第Ⅱ巻)、およびベンジャミン・クレームの著書から抜粋したものである。

 人間は幸せになるためには「いのちの法則」──原因と結果の法則、再生誕の法則、無害と犠牲の法則──の範囲内で生きなければならない。これらの基本的な法則はいにしえの道標であり、それが人間を自己破壊と後悔から守る。マイトレーヤが公の視界に進み出るとき、あなた方は再びこれらの法則について聞くだろう。なぜならそれらがマイトレーヤの教えのすべての基礎をなし、地球上のすべてのいのちの基礎であるから。
(『覚者は語る(Ⅱ)』─人間の運命─より)

 根本的に、彼が言わんとすることをわれわれはすでに知っているし、真実として受け入れています──すなわち、正しい人間関係が人生の根本であるということ。一瞬一秒、われわれは、己の理念と行為によって、原因をつくり出しており、その結果が、良きにつけ悪しきにつけ、現実のわれわれの人生なのです。これが原因結果の大法則です。この法則と再生誕の法則との関係を理解するならば、すべての関係が害をなさないものでなければならないことを悟るでしょう。正しい関係ということの正しさ、必然性、その「常識的な当たり前さ」を納得するようになるでしょう。
(『世界教師と覚者方の降臨』)

 人間がキリストを直接見るとき、彼らは速やかに人生とその問題に対して新しい態度を採択するだろう。様々な問題は人間がつくり出したものであり、人間自身の内に存在し、無慈悲な神のせいでも、心ない偶然の結果でもないことを理解するだろう。新しい責任感が、すべての者の向上のために行動する衝動を人々に授けるだろう。協力と思いやりと信頼が間もなく現在の利己的関心に取って代わるだろう。そうして人間の進化における新しい局面が開かれるだろう。
(『覚者は語る(Ⅰ)』─彼の名は愛なり─より)

 わたしが、現在非常に必要とするのは、わたしのビジョンを分かち合う者たちが、行動する責任を引き受けてくれることである。人間の窮乏を知り、そのビジョンを見ていながら、時の緊迫性を知らない者たちが世界に大勢いる。兄弟たちの窮乏を知り、非常に多くの者たちの苦しみに同情の思いを持ち、そしてそれらすべてを変える意志を持つ者たちに、わたしは頼る。わたしが召集する者たちの仲間に、あなたがたも加わるように。そして共に新しい、より良い世界を招じ入れることができるように。
(『いのちの水を運ぶ者』第46信より)

 もし先進諸国に住む私たちが、至るところのすべての人々が穏当な文化的生活を送るために必要な犠牲を払うことを嫌がるならば、私たちは自分自身を破壊することになるでしょう。それは罰ではなく、原因と結果の法則の直接的な成り行きです。もし私たちが正しいことを行うなら、世界を変革するでしょう。もし現在のままであり続け、変化の必要性を理解せず、受け入れないなら、これらの変革は起こらないでしょう。マイトレーヤは言います。「何事もひとりでに起こらないのである。人間は行動し、自分の意志を実行しなければならない」(メッセージ第31信)と。したがって、私たち次第です。すべてが私たち次第なのです。
(『マイトレーヤの使命 第Ⅲ巻』)

 非常に実際的な意味において、世界は村落の大きさに縮小したのである。そして村落の生活のように、一人の行動はすべての者の利害に影響する。もはやどの国も、脇によけて、己の過った行為の結果から免れようとすることはできない。ますます多くの国家が彼らの相互依存性と責任に目覚めつつある。この事実は世界にとって良い前兆である。
(『覚者は語る(Ⅰ)』─責任に目覚めて─より)

 あなたが原因と結果を認識するようになればなるほど、あなた自身の運命を支配することができるようになる。正しい結果を得るために正しい原因を生じさせることが大切である。
(『いのちの法則』)

 魂はグループとして二つの大法則、すなわち再生誕の法則と原因と結果の法則を通して転生に導かれます。支配的な法則は原因と結果の法則で、これを理解するには幾つかの方法があります。科学的にはそれは作用と反作用の法則と見ることができ、これはご承知のとおり、正反対でありながら対等なものです。宗教的意味では旧約聖書において、「目には目を、歯には歯を」と要求する非常に厳格で、冷たく、容赦なく、しかも少々意地悪な神として見られます。しかし、キリスト教の福音書では、キリスト──イエスとして──はただ単に蒔いたものを刈り取る過程と呼んでいます。非常に単純なので人々は忘れてしまいます。
(『死海文書と義の教師』ー不朽の智恵の教えーより)

 多くのことが今後の人間の行動にかかっていることを、あなたがたはよく認識していることと思う。全世界がこれを知っている。全世界が恐怖の中にある。しかしながら、希望の感覚は高まり、変化の可能性とわたしの存在に対する反応は起こり、緊張の中に一点の静けさをかもしだしている。わたしの出現に対する期待は高まる。わたしは喜んで人々の前に姿を現そう。だからわたしを探しなさい、わたしは待っている。
(『いのちの水を運ぶ者』第140信より)

 来るべき宝瓶宮(アクエリアス)の周期には、再生誕の法則に関してまったく新しいアプローチが取られるだろう。東洋では、起こることはすべて容赦なきカルマ(因果)の結果として甘受するという宿命観、何百万の人間を過酷な労働と苦しみの生活に運命づけてきた古い宿命観が支配するが、それはもはやなくなるだろう。西洋では、人間の存在の基本的原則と、これらの法則の働きが授ける個人的責任をもはや無視しなくなるだろう。人間自身が思考と行動を通して自分の生活環境をつくることを知るようになるだろう。そしてまたこの同じ法則の働きによって、人間の性質や状態をより良い方向に変えることができることを知るだろう。……
 自分で蒔いた種は自分で刈り取るというあのキリストの格言の真の理解が、人間の存在をすべての面において変容させるだろう。人間がこの法則の公正さと論理を認めるにつれて、これまで知られなかった寛容と無害の姿勢が現在の分離に取って代わるだろう。
(『覚者は語る(Ⅰ)』─再生誕の法則─より)

 人類は意識の大変革を経験する時点に近づきつつあり、お互い同士の関係、宇宙や自然との関係、そして私たちが普通「神」と呼んでいるものとの関係を全く新しいやり方で認識し始めています。宇宙のあらゆるものは互いに関連し合っている、とマイトレーヤは言われます。つながっていない部分はありません。だから私たちが自分自身に対してすることは自然に対してもすることであり、自然に対してすることは、神の反映としての私たち自身にしていることなのです。私たちは神と呼ぶ全的意識の一部分、反映なのです。
(『多様性の中の和合』)

 わたしの出現は法の下に行われる。あらゆる速度が採用されている。しかし、人間自身がこの進行度を規定するのである。我が友よ、わたしがここに居るという希望の風潮を確実に創り出してくれるならば、わたしはもっと速やかに出現することができる。だから、この挑戦をあなたがたの前に置く。わたしのためにその仕事をなしなさい、親愛なる友よ、そして大計画の遂行を早めなさい。……
 わたしの両手は法によって縛られている。それがわたしを拘束し制約する。あなたがた自身がわたしの行動を規定するのである。この責任を大いに活かして、わたしと世界に奉仕しなさい。
(『いのちの水を運ぶ者』第114信より)

 あらゆる思考、あらゆる行動が他の人々と自分自身に跳ね返る反作用をもたらすことが分かれば、無害であることの必要性が分かります。私たちの存在の根本法則を私たちが本当に理解すれば、それは私たちの世界を変えることになるのです。
(『死海文書と義の教師』ー不朽の智恵の教えーより)

 今日、ほとんどの国家が、惑星の温暖化は最大の敵であることを認める。国々を分け隔てる問題は、それが人間の責任なのか、あるいはどの程度が人間の責任なのかということである。人間が取ることのできる最も賢明なコースは、気候の窮境のほとんどは彼らの責任であると想定して、その問題を修正するためにあらゆる実際的な手段を講じることである。ある国々は確かにそうしているが、すべてではない。わたしたちの助言は、人間の行動と非行動が問題の80%に責任があり、人間は彼ら自身、そして彼らの子供たちのために、その緩和に向けて何も惜しむべきではないということである。わたしたちが助けの手を差し伸べることは請け負うが、しかし人間自身が自分たちの役割を果たさなければならない。
(『覚者は語る(Ⅱ)』─行動を待つ諸問題─より)

 我が友よ、あなたがたがわたしを見るとき、この友の手は、あなたがたのためにあることを知りなさい。あなたの兄の愛は、あなたがたがそれを吸収するためにあり、その教えは、あなたがたが聞くためにあるのである。このことを知りなさい、我が友よ、そしてこれらの真理をあなたの兄弟たちに伝える責任を負いなさい。世界は人間によって変えられるべきである。これがわたしの意図である。それ以外のことを、法は許さない。だから、我が友よ、わたしの計画を実行し、新しい世界を準備する仕事を、あなたがたに依頼するのである。
(『いのちの水を運ぶ者』第85信より)

 マイトレーヤは、すべての生命は原因と結果の法則に従って存在していることを強調されるでしょう。ひたすら間違った状況を生み出しておいて、その結果が起こらないことを期待することはできません。国家の中に不均衡な状況をつくれば必ず犯罪が起きます。警察力や軍隊を強化するだけではなく、犯罪の原因を取り除かねばなりません。その犯罪の原因とは不平等、不均衡です。
(『マイトレーヤの使命 第Ⅲ巻』)

 あらゆる証拠がそれとは逆のことを示しているにもかかわらず、潮流はゆっくりとしかし着実に、変わりつつある。これらの強力な宇宙のフォースが、偉大なる「作用反作用の法」のもとに、人間の心(ハートとマインド)を浄化しつつある。新しい摂理がつくられつつあり、その中で新しい融和が支配するだろう。現在の不一致と同等の程度で平和が訪れるだろう。
(『覚者は語る(Ⅰ)』─紛争の終結─より)

 マイトレーヤは霊的な教えの中で絶えず、己を尊敬することと認識と無執着の重要性を強調なさる。「自己尊敬は認識の種である」、「無執着の心がなければ救済はない」と教えられる。世界情勢やイベントについての予報は原因と結果の法則、つまりカルマの法に基づくものである。「自然災害は人間の行為に関連している」。「我々は原因と結果の世界に住むということを理解することが己の真我の認識を生む。特定の災害は避け難いけれど、新しい平衡のエネルギーが平和をもたらすだろう」
(『マイトレーヤの使命  第Ⅰ巻』)

 大計画に参加しなさい。これは世界を変換し、すべての人とすべての国とを互いに近づけ、未来への道を、神に戻る道を示すものである。……偶然に起こるものは何もない。わたしは行動への呼びかけを発する、そしてその行動を何倍にも力あるものにしよう。
(『いのちの水を運ぶ者』第21信より)

ハート――選集

The heart ── a compilation

「ハート」というテーマに関する引用文の選集を掲載する。これはマイトレーヤのメッセージ(『いのちの水を運ぶ者』と『いのちの法則』)、ベンジャミン・クレームの師の言葉(『覚者は語る』第1巻と第2巻)、およびベンジャミン・クレームの著書から抜粋したものである。

 あなたの心のうちに感じられる愛の律動の一つ一つが、私の心に記録される。これがわたしとあなたがたとの関係を表す端的な真理である。だから、我が友よ、あなたの期待の思いを感じ、あなたが恐怖の思いから解放されるのを感じるとき、あなたの信頼の思いを知るとき、それがわたしにとって、どれほどの喜びであるかを知ってほしい。わたしの道は整えられつつある。我が兄弟姉妹よ、この重荷を分かち持つことをあなたがたの任務となしなさい。あなたがたの周りに信頼と希望の風潮を創りなさい。その中にわたしはまもなく入っていく。わたしを信じなさい、我が友よ、これはまさに大いなる仕事である。多くのことが、この信頼の盛り上がりと希望の風潮にかかっている。
(『いのちの水を運ぶ者』第73信より)

 まさに彼の単純さこそはびっくり仰天させるだろう。にもかかわらず、ほとんどの人は彼らが聞く教えを新しい方法で、突然悟ったような真理として、新しく彼らのより深いレベルに触れる真理として経験するだろう。アイディア(理念)は単純かもしれないが、それは人々の心(ハート)に共鳴し、新鮮で活気あるものとして感じるだろう。そのようになるだろう。そのようにして、マイトレーヤは人間の心(ハート)に触れて、世界中の兄弟姉妹たちを援助することによって自分たち自身を助けるように懇請するだろう。人々がマイトレーヤの呼びかけを聞くとき、彼が言うことを深く熟慮し、しばしば聞かれたそれらの言葉に不思議なくらい感動するだろう。彼らの心(ハート)はかつてないほどに反応するだろう。そして新しい理解と緊急性が彼らの反応を強化するだろう。
(『覚者は語る(2)』─最初のステップ─より)

 あなたがたとわたしとは、同じ目的のために共にここに居る。あなたがたは、心の裡にすべての人を愛し、世のために責任を感じ、人間の要求に反応し、奉仕することを願うからこそ、ここに居るのである。同様に、それが今日のわたしの目的である。わたしもまた、人間の要求を感じる。到るところに住むすべての人間が、尊厳と信頼のうちに生活し働くことを願うのを感じる。奉仕への欲求が、わたしの存在を規定する。わたしの心の愛が、わたしをあなたがたに引き寄せる。だから、わたしたち、つまりあなたがたとわたしとは奉仕することにおいて一緒である。
(『いのちの水を運ぶ者』第102信より)

 マイトレーヤを見るとき、あなたは彼がハートから直接あなたの心(ハート)に語りかけるのを聞くでしょう。あなたの心(ハート)が彼の言葉に反応して共振するでしょう。その言葉は非常に純粋で、絶対的に、本質的に真実に思えるので、それを受け入れるのに何の困難もないでしょう。なぜならその言葉はあなたの存在の核心へ届くでしょうから。
(『大いなる接近』)

 ……マイトレーヤは、いかにして変化の方向に向かうのに必要とされる非常に大勢の人々の心(ハート)に触れることができるのか。その答えはマイトレーヤのエネルギーの力(効力)にある。そのようなパワー(力)を備えた大教師が世界の前に立たれたことは、これまでかつてなかった。マイトレーヤが発する一言一言に乗って、彼の情け深いフォース(エネルギー)がハートからハートへと流れ込む。議論や討論は役に立たず、不必要である。彼の真理が聞く者たちの心(ハート)に真理を呼び起こし、彼らの共有する神性のるつぼの中で真理そのものとして認知される。
(『覚者は語る(2)』─人間の神性─より)

 人類の歴史の中で、兄弟たちを愛し、そして奉仕することを望む者たちの存在を、わたしがこれほどまでに必要とした時は、かつてなかった。その奉仕と愛の炎が、まさに今日多くの者の心に明るく燃えている。この理由だけで、わたしの使命は勝利すると確信をもって言える。
(『いのちの水を運ぶ者』第122信より)

 彼[マイトレーヤ]はあなたの愛を世界に与えて欲しいのです。それを鼓舞するために、すべての人間の心(ハート)に本来備わっているけれども、私たちを取り巻く不公正な政治的、経済的、社会的状況によって表現が押さえられているその愛をあなたの裡に目覚めさせるために、マイトレーヤはやって来るのです。その不公正な状況が変えられる時、マイトレーヤによって鼓舞された人類の愛が、今日想像することもできないような方法で顕され、世界を変換するでしょう。
(『大いなる接近』)

 至るところにいる人々は変化を感じており、その呼びかけに彼らの声を添えている。また彼らは、行動することへの自分たちの力(パワー)を感じており、そして多くの者たちがそれを証明するために死ぬ。昔のようなやり方はほとんど終わっており、それらのフォース(エネルギー)は使い果たされたことを感じる。彼らは、他に、より良い生き方があることを感じており、明日を期待している。まさに古いやり方は廃れつつあり、人類種族を阻害している。車輪は回り、大ローマは再び崩壊しつつある。マイトレーヤの火は数え切れない何千万の人々の心(ハート)に灯され、彼らは反応し、正義と調和が支配する新しい世界を築くことを願っている。マイトレーヤの約束はこの新しい世界がやって来る途上にあるということである。
(『覚者は語る(2)』─マイトレーヤの約束─より)

 兄弟たちを愛する者たちすべてを、わたしのもとに招く。彼らはあらゆる党派から、あらゆる国家から、わたしの周りに集い来るだろう。わたしは彼らの心を希望と愛で満たす、そして彼らはその数を増し、勢いを増して、世界を征服する。この過程は始まった。すでに人々の声は聞かれ始めている。ますます声を大にして、彼らは正義と平和を求める。新たな希望が人類をとらえ、わたしの心を喜ばせる。
(『いのちの水を運ぶ者』第131信より)

 世界中の民衆の心(ハート)に希望と歓びが同じように持ち上がるにつれて高まっていく彼らの声を見守り、耳を傾けなさい。そのとき、あなたは車輪が回転したことを知るだろう。貧困と不正義の苦痛はもはやなくなることを、戦争の冒涜は永遠に放棄されることを、愛の法則が、このわれわれの世界の至るところに住む男女の心(ハート)の中にその正当な位置を見いだすことを、知るだろう。
(『覚者は語る(2)』─民衆は目覚める─より)

 感情の特性を変質させるとき、アストラル界のエネルギーはみぞおちからハート(胸)に持ち上げられるのです。そうするとそれは自動的に起こるのです。努力せずに、自然に起こります。一大決心をするようことではありません。恐怖心は入り込みません。なぜならそれは容易な過程であり、ある意味ではすでにそこにあるのです。できる時が来ればできるのです。つまりあなたはみぞおちのチャクラから機能しているのか、ハートのチャクラからなのか、そのいずれかです。これは長い動揺の激しい過程ですが、徐々にハート・チャクラの中に統合されていき、変質は完了します。そうすると、恐怖は問題とはならないのです。なぜならそれは生じないのですから。……
 恐怖そのものは誰もが経験する感情ですが、それはみぞおちのチャクラの感情であり、人々が口にするようなハートの感情ではありません。それをハートに向けて移動させなさい。そうすると、その反対は愛であることが分かります。愛があれば、恐怖心はありません。恐怖心があるところには愛はほとんどないか、全く存在しないのです。
(『マイトレーヤの使命 第2巻』)

 人々は尋ねる、『どうして始めればよいのか。いかにして誠実さを実践すればよいのか』。例えば、『腹を割って話をする』というような、しばしば使われる表現を考えなさい。これは何を意味するのか? あなたが本来のありのままの自分を表現することを、中心から──あなたの中心──真我から、交信することを意味する。これを実践しなさい。それはあなたとあなたの周りにいる人々を変容させるだろう。
(『いのちの法則』)

 人々に自分を良く見せたい、立派な人間、善良で、正直な人間だと思ってもらいたい。自分が人に示そうと思っている理想のような人間だと考えて欲しいと思っています。正直に、そして誠実に、自分自身である人間を見つけることは稀です。そうすると心(ハート)から心(ハート)へと語りかける状態を生み出します。それは直接的です。このようにして、その人の霊性が他の人に伝わり、人はそれに感応します。確立すべきことは心(ハート)と心(ハート)の関係です。その時、あなたはあるがままのあなたです。それはあなた自身のアイデンティティーを誠実に完全に感知し表現するようなものです。
(『マイトレーヤの使命 第3巻』)

 マイトレーヤは人間から、正義と分かち合いと平和を求める彼ら自身の心(ハート)を呼び起こすだろう、それはすべての人間の心(ハート)の裡にある永遠の宝石である。人間が過去の過ちと不適切さを再考するにつれて、これらの聖なる属性のさらなる開花の時がやって来る。マイトレーヤと彼のグループ(覚者たち)の指導の下に、人間の生活はかつてないほどに繁栄するだろう。それが人間を、過去の無知と恐怖の状態から、今はほとんど知られていない神聖の表明へと持ち上げるのである。
(『覚者は語る(2)』─人間の生活は繁栄するだろう─より)

 直観は全く直接的です。即座に識るのです。決して間違うことはありません。それは、感情的エネルギーの混ぜ合わせなしに、ハートを通して機能します。憐憫の情と慈悲の心との違いは、グラマーと本当に直観的ハート=ブッディの反応との違いです。自分のエネルギーセンター(チャクラ)に敏感であれば、感じ分けることができます。あなたのみぞおちの活動が、あなたの体験を満たしている時は必ず、それはグラマーです。それが純粋にハート・センター(右側の胸にあるのがスピリチュアル・ハート・センター)からであるならば、信用できます。
(『伝導瞑想』)

 今、すでにわたしに耳を傾ける者が大勢いる。わたしの言に聞き入り、熟考する。何故なら、彼らがすでに心の裡で知っていることを、わたしは語っているのだから。わたしは正義が神の法であることを告げる。愛が本源へ還る道であることを告げる。愛と正義とがなければ、人類は消滅することを示す。わたしの兄弟たちはこの真理を愛する。これがすべての生命の背後に存在することを認めるからである。
(『いのちの水を運ぶ者』第32信より)

 勇気を得て、新しいより良い時代が来つつあることを知りなさい。今この世界をしっかりと捉えている変化の勢いを止めることは誰もできないことを知りなさい。以前には、人々は受動的に運命を受け入れて、出来事が起こるのを待った。今日、新しい意識が人間の心(ハートとマインド)を活気づけ、生来持っている正義と自由への要求に目覚めさせる。それらが拒否されることはないだろう。
(『覚者は語る(1)』─拒否されることはないだろう─より)

 キリストの再臨とは本質的に人間の心(ハート)に、このグループの個人を含むあらゆる個人の心(ハート)にキリスト原理が顕現することです。このエネルギーがあなたのハート・チャクラの中に錨を下ろしている限り、マイトレーヤはあなたを通して働くことができ、あなたを通してある程度世界を変えることができます。彼はそのようにして働くでしょう。キリスト原理があなたの中で活動的で、強力であるときにのみそれは可能になります。あなたのグラマーが弱まれば弱まるほどに、あなたの反応はより純粋になり、ハートからの愛の波動がより純粋になるほどに、あなたはより有益になるでしょう。それと共に、望むべくは、あなたがこのようなミーティングや教えについての書物から長年にわたって受けてきた教育を役立てることができるようになるでしょう。
(ベンジャミン・クレーム、シェア・インターナショナル誌2001年1月号)

 心(ハート)は決して汚されることなく、触れられることもない。それは魂の座である。われわれを迷わせるのはマインド(識心)である。和やかさ、喜びに満ちた感覚、幸福感、優雅さはハートの特質である。『心(ハート)の感覚』に波長を合わせることによって、あなたは自分の自然な無邪気さを経験することができる。あなたが子供のときに持っていたあの無邪気さである。ハートを“心象”してはいけない。なぜならそれはマインドが松明をかざして、光の源を探そうとしているにすぎないのである。
(『いのちの法則』)

質問 (1)ハートを開発することは可能ですか。(2)他者に対して、世界に対して、もっとハートから反応できるためにはどうすればよいですか。

答 (1)はい。(2)もっと瞑想しなさい。もっと奉仕しなさい。感情的な(みぞおちの)反応と、霊的なハート・センター(右の胸にあるチャクラ)の反応の違いを認識できるようになりなさい。後者への感受性を養いなさい。包括性を養いなさい。不快で苦痛のある事実から目をそらさないようにしなさい。自己満足しないようにしなさい。愛を体験したとき、それを表現するのを恐れたり恥ずかしがらないようにしなさい。
(『多様性の中の和合』)

 これは今までに決してなかった時である。このような時は決して繰り返されることはないだろう。あなた方の心(ハート)の中を深く見つめなさい。そして選択をしなさい、光と愛に浴する未来か──あるいはあなたの運命の否認か。マイトレーヤは、変化への時は熟していることを知っている。人類はテストを受ける準備ができていることを知っている。彼はまさに出現して、ご自分の任務を始めようとしておられる。
(『覚者は語る(1)』─マイトレーヤへの反応─より)

 人はもはや恐れる必要がないことを、光と真理のすべては人の心の中にあることを示すことが、わたしの目的である。この簡単な事実を悟るとき、人は神となるであろう。神の本質は愛することである。神の目的は奉仕することである。分かち合いと正義を通して神を識る。この簡単な真理を広めなさい、我が友よ、そして偉大なる行為をなしなさい。
(『いのちの水を運ぶ者』第98信より)

絵:「ロータス(蓮華)」は人の霊的ハート・センターを表す。それは縦横同じ長さの十字形を背景としている。
(ベンジャミン・クレーム、1973-74年)

科学・思考・事実――選集

Science, thought and fact ──a compilation

「科学、思考、事実」というテーマに関する引用文の選集を掲載する。これはマイトレーヤのメッセージ(『いのちの水を運ぶ者』)、ベンジャミン・クレームの師の言葉(『覚者は語る』第1巻と第2巻)、およびベンジャミン・クレームの著書から抜粋したものである。

 ほどなく、科学に対する新しいアプローチが、われわれがその中に生きるあの実在(リアリティ)に対するわれわれの姿勢を完全に再調整させる道を開くだろう。すべてが一体であり、われわれが知る各断片は他のすべてと密接につながっており、その関係は数学的に決められる特定の法則によって支配されており、各断片の中に総体の潜在力が存在するということを、新しい科学が人類に示すだろう。この新しい知識が、人間の、世界についての体験とお互いについての体験を変え、神と人間が一つであるという真理を確認させるだろう。
(『覚者は語る〔1〕』─新しい文明─より)

 わたしの任務は、あなたがたに神への道を示し、あの単純な径を描き、あなたがたの手を取って、神の聖なる足下に連れて行くことである。そして神の大計画を完了する。わたしの覚者たちもあなたがたと共に居る。あなたがたの中に居る彼らの数は増えていく。あなたがわたしたちを見るとき、神の時が来たことを、理性と愛の時代が始まったことを、いのちの意味が甦り、愛の原理が実践され、神の意志が成就されたことを知るであろう。
(『いのちの水を運ぶ者』第96信より)

 私たちが一般に科学として知っているものは、覚者の観点から見れば、低位マインドの活動です。しかし、低位だからといって劣っているという意味ではありません。それは単にマインドの低位様相であり、頭脳を使って今日の科学を、具体的な科学を創造しています。
 科学には三つのタイプがあります。具体的な科学であるテクノロジーがあり、哲学的、理論的、抽象的な、高位マインドの科学、例えばアインシュタインの科学があります。覚者方が使うサイキの科学、つまりホワイトマジック(白魔術)もあります。それは他の科学と同じように科学ですが、目には見えません。ただし、その結果を見ることはできます。……
 これらすべての科学は、知識と思考を異なったレベルで適用したものです。すべての科学は、顕現した宇宙のすべてのものがエネルギーであり、エネルギーは思考に従うという根本的な原理に関連しています。
(『多様性の中の和合』)

 科学とテクノロジーが繁栄することは疑いない。科学の発見を通して、生命の神秘が明かされ、宇宙のエネルギーをコントロールする時代に入りつつある。われわれのテクノロジーもまたこれらの発見によってもたらされる挑戦に適応するにつれ、さらに高度なものになるだろう。われわれは、適切なバランスが維持されて、科学の業績と資産が、人類がそれに仕えるのではなく、それが人類に仕えるような線に向けられることを確実にしなければならない。
 あなた方がこれを成すのを助けてあげよう。わたしたち覚者の仕事は、正しいバランスを維持する道に沿う新しい社会の発展を監督することであり、人間の必要を侵害するものは何であれ、わたしたちの推薦を受けることはないだろう。美と適合感が試金石となるだろう。見苦しくて機械的で人間の精神(スピリット)に害のあるものはすべて避けられるだろう。目標は、人間とその環境との間に正しい関係を完全な自由と調和のうちに維持することであり、そしてテクノロジーと科学の発達すべてが人間の必要によりよく仕え、実在(リアリティー)の特性をよりよく知ることの助けとなることを保証するだろう。
(『覚者は語る〔1〕』─新しい時代の生活─より)

 メンタルへの極化は、意識を情緒界からメンタル界に徐々に移転させていく結果として起こるのであり、最初の二つの段階のイニシエーションにまたがって起こります。人類の情緒体は最も強力に発達した器です。それを完成させるのに何百万年もかかりました。そして殆どの人はその情緒体の行為によって(または正確には、その器をつくっている情緒界のエレメンタルによって)支配されています。ジュワル・クール覚者は、あなたたちが世界に与えることのできる最大の贈り物は情緒感情の器(アストラル体)を統御することである、と書いています。メンタル界からこの統御が行われるのであり、達成するのに多くの転生(少なくとも数回)を要します。情緒界(全部で七つのレベル、亜界がある)は錯覚やグラマーの界です。グラマーの霧がメンタル界の光によって消散されると、意識の極化がだんだんに移行します。多くの人は感情的過程と知的過程を混同します。実際には感情的反応を情緒的想念のなかに覆っているのに、情緒的想念を思考と間違え、自分は「考えている」と想像するようです。ですからマインド(識心)を集注させるもの、あらゆる状況の中で知性を活動させ、あるいは知性の反応を呼び起こすものは何でも、極性の転移の速度を速めます。瞑想はどんな種類のものであれ(ただし、しばしば瞑想と間違えられるあの消極的な夢想を除いては)いずれもこの方向への主要な動力です。あらゆる状況において、特に最も心を乱されるような状況において、自己の反応をできるだけ非個人的に正直に見つめることを勤勉に行う決意。自分の光線構造の理解──従って自分のグラマーの理解。人類に奉仕するために自己の生涯を捧げること──従ってより大きな非自己集中化につながる。これらすべてが意識を高位の界に移転させる助けとなり、かくして人生のそれぞれの状況に魂の光を持ち込むことができるようになります。
(『マイトレーヤの使命 第1巻』)

 ……単科大学(カレッジ)が設立され、最も有能な学生たちに、魂の科学を含めた新しい科学の初歩のレベルが教えられるだろう。この新しい科学は、目に見えるもの見えないもの、亜原子レベルのものからコズミック(宇宙)レベルのものまで、自然環境のすべての面を網羅するだろう。このようにして、見えざる世界の栄光についての新しいビジョンが人間に与えられるだろう。異なった分野の間に協力の精神が育てられ、新しい、より広い、より包括的な見解が現在の断片的なものに取って代わるだろう。このようにして覚者たちは働くだろう──人間のマインド(識心)を刺激し、強化し、さらに新しい高みの探求と達成へと鼓舞する。
(『覚者は語る〔1〕』─覚者たちは世に在る─より)

 人間社会のすべての機構が、聖なる光で輝かねばならない。すべての人間の思考のしかたが、裡なる神を顕さねばならない。この真理が、我が友よ、変化の基礎にある。これを知るとき、あなたがたは喜んでこの必要を受け入れるだろう。
(『いのちの水を運ぶ者』第96信より)

 将来、人間のマインドの発達とともに(人間のマインドはまだやっと顕現し始めたところです)、私たちは人間のマインドに反応する一段と優れたコンピューターをつくり出すでしょう──科学者たちはすでにこれをつくり始めています。これらは完璧に反応し、私たちが日常生活で使用するすべての加工品を作るようプログラムすることができるでしょう。これは人類に余暇を与え、私たち自身の本質と創造性の探求へと人類を解放するでしょう。今日のロボットは、将来のコンピューターを特徴づける、信じられないような知識とは比べ物になりません。それは私たちが想像する方法で創造することを、思考によってプログラムされるコンピューターです。
(『マイトレーヤの使命 第3巻』)

 ダーウィンおよび彼の考えに正しく従った者たちは、われわれはすべて意識の発達に従事しているということを大体において無視しており、人間の外的な肉体的発達のみを描写する。人間の肉体はほとんど完成の段階に到達しており、さらに成し遂げるべきものはほとんどない。しかしながら、意識という面からは、人間はその開花に向けてほとんど最初のステップすら踏み出していない。その開花は人間がまさに神性を内在させていること、すなわち魂が転生しているということを証明するだろう。いつの日か、魂の事実が科学によって証明され、一般的に受け入れるようになるだろう。そして古い意見の対立は癒されるだろう。
(『覚者は語る〔2〕』─進化論 対 創造説─より)

 すべての知識はコンピューターの中に入力されます。それはインターネットとか、世界知識バンクとか、世界智恵バンクとか呼ぶことができるでしょうが、そこでは、智恵、つまり何千年にもわたる啓発された書物からの思想や知識が入手可能となるでしょう。最新の発明つまり発明の過程を早める科学的知識はこの同じ情報の源に収められて、世界の誰にでも、どこにいても入手可能になるでしょう。……
 研究の一つの分野と別の分野が関係づけられることで、非常に急速な科学的、科学技術的進歩が得られるようになるでしょう。純粋科学と技術分野の科学とを分けることはできますが、その双方が私たちには必要です。両者とも同じ人類の意識の拡大の一部分なのです。
(『マイトレーヤの使命 第3巻』)

 わたしの臨在は人の心に新しい驚異の感覚を呼び起こす。己の裡を、そして周りを見回して、人は、夢見ることも出来ないような知識と、ただ願うことしかできないような知恵と、己自身のものであると知っているあの愛の表現、これらを一望のもとに見渡せるような感覚を得る。これが確かなことを知り、恐れるでない。
(『いのちの水を運ぶ者』第103信より)

 現代の科学は細胞構造を分析して、すべての原子の中心に電子をその周りに持った核があることを示すことができました。そして宇宙にあるすべての原子が同じような方法でつくられていることを示しました。顕現された宇宙にエネルギー以外の何も存在しません。完全に科学的な見解と、秘教学徒がもつものとの違いは、秘教徒はさらにそれを推し進めて、まさにすべてがエネルギーである、しかしエネルギーは思考に従い、思考によって作動される、と言います。思考はそれによって創造が起こるその代理機関です。
(「不朽の智恵の教え」『マイトレーヤの使命 第3巻』)

 ……正しい判断と反応には、バランスの取れた見解が望ましいのは明らかである。現在の状況の中で、憶測と噂が影響力を持ち、見守る世界の活力を消耗させる。
 第一の優先事は、事実についての本当の知識である。しかしながら、これは見つけることが難しい。非常に多くの声が、様々に矛盾する情報を繰り返し唱え、または叫んでいる。あまりにも多くの意見が、あたかも事実であるかのように扱われており、尊重して耳を傾ける価値のあるもの、信じられるものはほとんどない。そのような状況のもとでは、慎重さと抑制を促すことが賢明である。
(『覚者は語る〔1〕』─権力のグラマー ─より)

 自然界とその裡に働くフォース(エネルギー)についての古い、機械的な見方は急速に消えつつあり、すべての顕現の基礎にある和合について新しい認識が目覚めつつある。すべてがエネルギーであり、エネルギーと物質は一つのリアリティー(実相)の異なった状態であり、想念によって影響され得るという概念が広範囲に受け入れられつつあり、人々の人生観を変えつつある。人々はますます急速に啓発されており、間もなくこの事実を実演するための方法とテクノロジーが発見されるだろう。これは将来の人類の進化にとって深い意義がある。
(『覚者は語る〔1〕』─意識の成長─より)

 私たちが話しているのは、ただコンピューターを操作するだけでその分野にいる人々に閃きを与えることのできる有益な知識、蓄積された諸発見、テクノロジー、諸科学の貯蔵庫のことです。彼らは本を買う必要はありません。自分たちの知識に欠落している部分を誰か他の人が見つけてくれることに希望を託す必要もありません。そこにあるでしょうから。私たちがこの知識体系を分かち合うとき、それに利用価値があると思う人誰でもがそれを入手できるとき、発見や科学や技術の全過程が驚くほど早まるでしょう。
(『マイトレーヤの使命 第3巻』)

 意識してかしないでか、人間は自分たち自身を追い越して、すべての予想に反して、新しい啓示を受け、新しい光と知識を受ける用意ができた。人生に新しい意味と目的を見いだし、その増大する認識をテクノロジー(科学工業技術)や科学やまったく新しい関係の中に実証する用意ができたのである。
 理由なくして、「生徒の用意ができたときに師はやって来る」と言われてきたのではない。このことは個人におけると同じく、集団の規模においても真実である。今日、生徒としての人類は、試され、試練を通過した世界の弟子としての人類は、新しい人生に、人類種族への奉仕の人生に入る用意がある。
(『覚者は語る〔1〕』─新しい光、新しい理解─より)

 いにしえの聖者や覚者方は神性とそれの表現である人間、自然、そして様々なハイアラキーや王国との間にある様々な関係と連結を公理として認識していました。やっと今日に至って近代科学がそれを探求し始め、そしてそれが真理であることを発見しました。そしてそれが人類の意識における変化を起こさせているのです。まず人類の指導的グループの意識に転換が起こった結果、そして彼らの探求や書物や教えの結果として、あらゆる種類の出版社やメディアがこれを取り上げたために、この認識が徐々に世界に流れ出ています。
(『マイトレーヤの使命 第2巻』)

 レオナルド・ダ・ヴィンチ、シュヴァイツァー、ベートーベン、プラトン、シェークスピア、ガリレオ、アブラハム・リンカーン等々、いくらでもあげられます。これらのイニシエートたちの出現は人間の進化の徴であり、すべての芸術、すべての偉大な科学的発見もそうです。原子の探究、物質がエネルギーであるということの発見、自然界の構成単位そのものからエネルギーを放出することができるということ。これは途方もないことです。偉大な科学です。そしてわれわれが、それを安全に、破壊の目的の代わりに、すべての幸せのために使うことを学ぶとき、このエネルギーは、われわれの想像を超える文明を建設する基礎を与えてくれるでしょう。
(『世界教師と覚者方の降臨』)

 人類を取り巻く問題を、わたしはよく知っている。多くの変革が必要なことも、よく知っている。しかし同時に、人間の裡に、知ろうとし、意識を高め、くもりをつきやぶって見極めようとする願いも見える。この知ろうとする衝動こそが、人間の最大の才能である。人が神への道を知るとき、この才能が創造的に壮麗に開花するであろう。
(『いのちの水を運ぶ者』第9信より)

霊性―第二部

1982年1月に発行されたシェア・インターナショナル誌創刊号のためにベンジャミン・クレームによって書かれたこの記事に回帰することによって、新年と本誌第40号を始めることは適切であるように思える。以下はその記事の第二部である。この記事は、今日緊急に必要とされる霊性(スピリチュアリティ)の統一的で広範囲にわたる定義を提供している。霊性は、世界が現在直面している多くの危機を解決するにあたっての鍵を握るからである。ベンジャミン・クレームは記事の中で、霊性についての私たちの理解を広げ、そうすることで人類のための前進の道を指摘している。霊性についてのこの新しい見方は、私たちが創造する必要のある新しい公正な世界の実際的な基盤となることが期待される。

霊性ー第二部
ベンジャミン・クレーム

三重のリアリティ=霊と魂と肉体人間=としての人間の本当の特質について、そして再生誕の法則との関連における原因と結果の法則について、人類を再教育することによってのみ、魂としての人間の本当の表現が可能となる。

 これがわれわれの新しい機構を条件付ける。すべての人間が聖なる存在であることを把握するまでは、内的神性を堕落させずに十分にそれに応じることのできる制度を、築くことはできないだろう。今日、教会は、大体において、彼らが自ら語っている神性を堕落させた。なぜなら、彼らは非常に独断的、教理的になっており、その教義や教理において非常に分離主義的になってしまったので、神についての宗教的概念の基礎── 共通の父を認める故に、すべての人間の友愛の必要性── であるべき寛容と善意、兄弟愛の感覚を失ってしまった。これが政治の分野に適応されたとき初めて、われわれの機構はこのリアリティを反映するだろう。
 同様にして、経済の分野において、至るところに住むすべての人民が地球の物資を共に分かち合うことができるような原理を設けなければならない。今日の世界の最大の分割は産業国の北半球と第三世界の南半球の間にある経済的格差である。世界の3分の1の人口が世界の食糧の3分の2と、世界資源とエネルギーの少なくとも80%を乱用し消費し、他方第三世界はその残りで賄わなければならない。この不均衡の中に潜む緊張がわれわれを容赦なく破局に追いやる。これらがブラント委員会の調査結果の中心的なものである。この報告書『北と南 生存のための戦略』は、経済の不均衡の中に潜む危険を認知する。至るところに住むすべての人間が、人間家族の完全に受け入れられたメンバーとして自由に食べて生きることができるまで、世界に正義はないだろう。正義がない限り真の平和はない。もし今日世界に真の平和がなければ、世界に未来はない。
 今、われわれは本質的に霊的危機に直面しているのだが、それは政治や経済の分野を通して表面化している。であるから、マイトレーヤは政治と経済の領域内で働く決意をされ、そして分かち合いの原理を強調され、それが人間の未来のすべての進歩への鍵であると言われた── 「分かち合うとき、あなたは兄弟の中に神を認める」。「人間は分かち合うか死滅するか」。分かち合いは聖なる原理である。すべての機構はその内的神性を反映しなければならないことを認めるまで、われわれは進化の旅路において一歩も先へ進めないだろう。われわれがそれを認識するや否や、全く新しい状況への扉を開く。
 偉大なるスペインの詩人、フェデリコ・ガルシア・ロルカが飢餓の終止について述べた素晴らしい声明がある。「飢えが地上から除去される日には、世界がかつて知ったことのない最大の霊的爆発があるであろう。その偉大なる革命の日に世界中にどっと沸き上がる喜びを、人類は想像できない」
 これは非常に大胆な主張に思えるかもしれない。しかしこれは、豊かなる世界において飢餓を除去することが人間の神性への最初のステップであることを認識したものであると信じる。なぜなら、それは人と人との間の正しい関係への最初のステップであるから。人類は一つであることを認めて、世界の資源をすべての人間の間で分かち始めるや否や、われわれは神となる道への最初のステップを踏む。
 そこに新しい経済機構の本質的な霊性が横たわる。それは分かち合いに基づかなければならない。なぜならそれは人間の神性に基づかなければならないから。分かち合いは聖なる活動であり、世界の資源の分配よりもさらに先へつながる── われわれは皆、神性を分かち合う。われわれは実にすべてのレベル── 肉体、感情、識心、直観、社会── において一つである。これらのすべてのレベルにおいて分かち合うことができる。
 政治的経済的活動は人類の再生誕のために重要であるのみではなく、偉大なる霊的運動であると考える者たちと、政治は汚らわしい言葉であり、経済は貧しい者たちのみが扱うことであると思う者たちとの間に、非常に大きな分割が存在する。今日の「ニューエージ」のグループの中にさえ存在する。いわゆる「霊的」な人々の、世界の何百万の飢えたる人々に対する見方の無神経さに、私はしばしばぞっとさせられる。奪われたる者たちの苦境は彼らの「カルマ」であり、彼らはレッスンを学んでいるという言い逃れを非常にしばしば聞く。単純な、真っ直ぐな、普通の人間の思いやりが彼らの福利に関心を持たざるを得なくすると、私は思うのだが。
 政治、経済、科学、文化、教育は、精神生活のすべての面を宿すものとして、間もなく人類の基本的霊的努力となるだろう。宗教集団やいわゆる「霊的」集団や「ニューエージ」グループは霊性の独占権を持たない。実際、いわゆる密教やオカルトのグループは、すべてのグループの中で最も惑わされたものであると、ジュワル・クール覚者は言われた。私も、これらが最も効果の少ないグループであることを知った。世界における本当の変化は、意識の本当の転換は、政治経済前線で行われている。政治的、経済的変化を通してこそ、すべての人間に内在する霊性の反映を可能ならしめる制度が再建されるだろう。精神生活の道はすべての人間が歩むことのできる広く多様なものであることを、マイトレーヤが示されるだろう。人間生活のあらゆる努力の中に、あらゆる分野の中に、神についての認識と知識が感じられ、表現されるだろう。すべての者が一瞬一瞬のこの体験についての彼らの認識を、分かち合われた体験の結果として生み出される多彩な模様の中に、貢献することができる。

霊性ー第一部

1982年1月に発行されたシェア・インターナショナル誌創刊号のために書かれたこの記事は、今日緊急に必要とされる霊性(スピリチュアリティ)の統一的で広範囲にわたる定義を提供している。霊性は、世界が現在直面している多くの危機を解決するにあたっての鍵を握るからである。ベンジャミン・クレームは記事の中で、この雑誌の存在理由の一つを提供している──霊性を再定義することである。それは、困難な時代においてよく考えるための機会を提供するものである。

霊性ー第一部
ベンジャミン・クレーム

「『霊的(スピリチュアル)』という言葉はいわゆる宗教的な事柄を指すものではない。人間を何らかのかたちの成長──肉体的、情緒的、知的、直観的、社会的──に向けるすべての活動は、もしそれがその人を現状からさらに向上させるものであるならば、本質的に霊的な性質のものである……」

 アリス・ベイリー著『新しい時代の教育』の中のジュワル・クール覚者のこの言葉は、我々が世界との関係の中で強調すべき視点を変える必要に焦点を与えているものと信じる。それは厳密に宗教的なもの以外の他の活動に対する完全に新しい対処の仕方を反映する。また彼は、宗教集団によって「霊的」という言葉が独占されたことはこの惑星上の悪の勢力の最大の勝利である、と述べている。「宗教的」なものは何であろうと「霊的(精神的)」であるが、他のすべての活動は世俗的であり、俗事であるというのが、一般的な見方である。毎週日曜日に教会で礼拝さえすれば、週の残りは堕落した、不正直な、不合理な政治的・経済的・社会的構造や条件をつくることに費やすことができる。我々は霊的ということを宗教生活以外の生活のすべてから隔離し、それに「内的生活」として限定してしまった。これが、腐敗した不正直な外的生活を送ることを我々に許し、それが現在の世界に直面する困難を引き起こした。今、我々はボタンを押すだけで完全破壊の可能性に直面している。
 我々は、我々の聖なる特質の正反対の極にある拝金のために聖なる知識のすべての面を売ったのと同じように科学を売った。我々は神性ということを宗教的な意味でのみ、宗教的分野にのみ認めてきたのである。
 教会へ行ったり、何らかの特定の宗教を信奉する以外には、我々は人間を霊的な存在として考えない。であるから、人生への宗教的含蓄を否定するすべての政治、経済、社会構造(例えば、今日の共産主義社会のシステム)は非常に悪であると考える。確かに彼らの社会機構のある面は悪であるかもしれない──全体主義や個人の自由の否定は確実に悪である。しかし大体において彼らの機構は深遠な霊的原理に基づいているのである──自由、正義、平等、同胞愛はフランス革命の根本にあったばかりでなく、それ以後のすべての革命の根本にあったのである。問題は、もちろん、霊的理想が大体において理想のみにとどまることである。
 来るべき時代に我々は意識の転換を行い、「霊的」という定義の中に我々の存在のすべての面を含めなければならない。我々の機構のすべてが、人類の内的一体性に基づき、そしてその現実を反映するものでなければならない。魂として我々は一つである。分離した個々の魂は存在しない。そのような内的神性が表現されることを可能にするような政治、経済、社会のシステムを、我々はつくらねばならない。
 我々は誤った原理──競争、分割、分離主義、不平等──に基づいた機構を築いてしまった。これらはすべて我々の内的リアリティと完全に対立するものである。内的リアリティは人間の一体性であり、すべての人間に潜在する聖なる特質を分かち合う。内的な輝きの表現を可能にする正しい外的形態が必要である。今日の暴力の多くは、聖なる存在として内的に知覚される己自身についての知識と、その認識を外界に顕現することのできないこととの間に生まれる緊張の結果である。人間をはっきりと分割したカテゴリー ──実質上のカースト・システム──にはめ込む政治経済機構に対して、何のコントロールも持たないと感じる。そして聖なる存在としての己自身とは何の関連もない外的環境に逆らって反応する。己自身と戦い、己の延長としての社会と戦う。これが世界における現在の社会緊張と暴力の多くの根源にある。三重のリアリティ=霊と魂と肉体人間=としての人間の本当の特質について、そして再生誕の法則との関連における原因と結果の法則について、人類を再教育することによってのみ、魂としての人間の本当の表現が可能となる。

地球と人類を癒す——選集

Healing the planet and humanity ── a compilation

「地球と人類を癒す」というテーマに関する引用文の選集を掲載する。これはマイトレーヤからのメッセージ(『いのちの水を運ぶ者』)、ベンジャミン・クレームの師の言葉(『覚者は語る』第Ⅰ巻と第Ⅱ巻)、およびベンジャミン・クレームの著書から抜粋したものである。

 人類の生活の転換点にあって大きな仕事が彼らを待つ。往古からの間違った思考と生活の習慣をこの世から払拭すること。恐怖心──欠乏や戦争や病気や死の恐怖──からの解放を可能にするように、社会生活の方法を完全に変えること。これらはまさに巨大な仕事だが、あらゆる努力を費やすに値するものである。なぜならそれは、新しい生き生きとした生活、新しいより甘美な人間関係につながり、正義と同胞愛、分かち合いと愛の原則によって支配される世界につながるだろう。そのような世界を創造する仕事よりもすばらしい目標が人類にあり得ようか。
(『覚者は語る (1)』─健康と治療(2)─より)

 わたしの教えは二重である。一つは、人間の物質面にかかわることであり、人生の必要事項である。もう一つは、我々が神と呼ぶあの聖なる存在と人間との関係についてである。わたしの言語の中では、これらは同じものである。なぜなら人間同士が正しい関係を築いてこそ、神との正しい関係を築くことができるのであるから。わたしの計画は、これをあなたがたに示し、人が己自身の裡に、分かち合い、愛し、信頼する能力を見いだす時、その瞬間から神へ向かう登り道が始まることを教えることである。
(『いのちの水を運ぶ者』第29信より)

 今日世界にのしかかっている経済的、そして実際、霊的な危機の中心にある問題は資源の再分配です。この霊的な危機が政治と経済の舞台に集中されているのです。それだから、マイトレーヤは、まず最初は、政治、経済の教師としてやって来られるのです。マイトレーヤの教えは非宗教的ですが、霊的(精神的)生活についてであり、正しい人間関係についてであります。私たちが世界の資源を分かち合うとき、世界の病を解決する最初の一歩を踏み出すことになり、それは神性へ向かう最初の一歩であります。
(『マイトレーヤの使命 第3巻』)

 病気は結局、間違った関係の結果である──われわれの高位我である魂との関係、世界中にいるわれわれの兄弟姉妹との関係、そしてわれわれがその部分であるところの総体との関係である。魂のエネルギーの誤用によって因果(カルマ)関係を始動させる。兄弟同胞との間違った関係によって不均衡と不和を、そしてあらゆる種類の病気を引き起こす。分離意識が、われわれの周りの至るところにある治療の力から、われわれ自身を切り離している。
(『覚者は語る (1)』─健康と治療(2)─より)

 人間は非常に病的な状態にあるこの世界を救わなければならない。世界の一般の人々によって、その努力がすでに始められているのを見て、わたしたちの心(ハート)は喜ぶ。わたしはそのような人々に今語りかけている。あなた方の声を大きく上げなさい。あなた方の必要を世界に告げなさい──平和の必要を、正義と自由の必要を、宗教や皮膚の色や人種が何であれ、すべての人間が調和のうちに生きることの必要を告げなさい。すべての人間は本質的にひとつである。彼らはわたしの兄弟であり、わたしは一人ひとりを愛する。
(マイトレーヤ、2008年3月27日、『覚者は語る(2)』)

 イラクの人々の苦難、恐怖や危機、それが中国やその他の地域でSARS〈ルビ:サーズ〉(新型肺炎)として顕現し、ヨーロッパ全体などでは流感の蔓延として顕現しました。これらすべては、アメリカ政府のアフガニスタンやイラク攻撃によって引き起こされた危機状況によって生じた恐怖の直接的な結果です。神が侵略者を罰するというような問題ではありません。そうではなく、この宇宙にあるすべての原子が相互に連結しているという単純な法則です。ここで起こるところのことは、作用反作用の法則によって必ずそこに起こるようになる何かを作動させるのです。
 人類がこの法則を、カルマの法則を、ただ知的アイディアとしてではなく本当に理解するとき、すべての思考が、すべての行動が、人間が行うすべてのことが、一定の動きを、つまり原因を始動するということを認識するようになるでしょう。その原因から発する結果が、良いにつけ悪いにつけ、私たちの人生をつくるのです。
(『全人類のための世界教師』)

 今日の人間の問題は、人間自らが作り出したものである。これは常にそうであり、神の計画に内在するものではない。天与の自由意志を誤用し、人間は自分たち、および、動植物界の将来を危難にさらしている。多くの者が、今日、これに気がつきはじめ、破局をさけるために出来る限りの手段を取りつつある。これは良いことである。しかし勢いを増しつつ人類に直面してきているこの危険を、すべての人間が知るわけではない。人間の真の役割と目的に適った世界を再建するために残された時は短い。わたしの役割は、あなたがたに道を示し、可能性を描くことのみである。新しい世界は、人間自身によって作りあげられねばならない。
(『いのちの水を運ぶ者』第12信より)

 長期的に見れば、思考(と、したがってエネルギー)の正しい使用のみが、エイズも含めて、世界を苦しめている病気の除去を可能にする。これは意識の転換を前提とするが、現在は大多数の者にとっては不可能である。しかし、われわれがお互い同士とより良い関係に入るにつれて、必然的に起こることであり、政治的に社会的に正しい構造を確立することによって、それは可能になり、われわれの将来の安寧がそれにかかっている。これが、マイトレーヤが鼓舞しに来られる霊的変容である。
(『マイトレーヤの使命 第2巻』)

 人間が、管理人として、この惑星とそのすべての王国(動・植・鉱物界)の福祉を注意深く管理し、そして未来の世代のために活気にあふれた健康な惑星の住処を引き渡す責任を持つことに気づくことに、多くがかかっている。人間の捕食的行動と無頓着な無視ゆえに、この惑星はあまりにも不健康になっており、もしこれが人間だったならば、回復の見込みはほとんどないだろう。人間と低位王国の住処は、進化の大計画におけるその役割を果たすために、看護しながら健康を回復させなければならない。
(『覚者は語る(2)』─助けが必要とされる─そして提供される─より)

 現在のわれわれの第一の仕事は、環境を管理することである。これがすべての個人の、政治家の、グルや聖者の、科学者の責任になるだろう。われわれのエネルギーは、環境を再び健全にすることに費やされるだろう。それが起こるとき、苦難や病気や貧困は減少するだろう。
(『いのちの法則』)

 私たちの政治と経済と社会制度を建て直すことによって私たちの生活の中に平衡をつくりだすとき、人類の健康は劇的に改善されるでしょう。健康を維持するために巨額のお金を使う必要はなくなるでしょう。事実、予防医学が当たり前となるでしょう。病気は一般的に治療よりも予防の方がより簡単です。
(『マイトレーヤの使命 第3巻』)

 人間はまさに偉大なる発見の瀬戸際にいる。病気は不均衡の結果であり、正しいバランスは正しい思考と行動によって維持され、そのような正しい思考と行動は至るところにいる兄弟姉妹に関わる。もし人間が病気に終わりを告げようとするならば、まず分離に終わりを告げなければならない。
(『覚者は語る (1)』─健康と治療(1)─より)

 人の道とは、同胞愛であり、密接な協力と相互の信頼であり、奉仕であるということを示そう。これが唯一の道である。他はすべて失敗に終わった。我が友よ、もしこれをなさなければ、人間はこの地上に存続し得ないのである。脅しているのではない。真実を述べているに過ぎないのである。時間は残り少ない──自然とこの世界との間に均衡をとりもどす時間は。神の子として、すべての者が兄弟同胞として、人間の尊厳をもって生きるための手段を全人類に伝えなさい。これをあなたの第一の仕事としなさい。世界の産物をすべての国々に譲り渡し、すべての人間に委託しなさい。自由な人間として、今日、これをなし、真なる神の子として、明日の栄光を刈り取りなさい。
(『いのちの水を運ぶ者』第12信より)

 どの治療者も、人の病は、われわれのエーテルの覆い、すなわちエーテル体に障害があり均衡が破られると起こるものであることを知っています。エネルギーの自在な流れが、どこかで妨げられると、欠乏や炎症を起こし、やがて肉体に何らかの病気となって現れる。全体としての、惑星としての体も同じことであります。天然資源の正しい流れと正しい分配が惑星上の健康と福利に最も欠くことのできないものです。
(『世界教師と覚者方の降臨』)

 世界は一つであるのに、いかで二つの世界が存在し得ようか。法はすべての人間に対して同じであるのに、いかで分割があり得ようか。やがて人間は、大勢の人々の苦しみは総体の病であることを理解し、そして正義のみがその治療法であることを理解するだろう。
(『覚者は語る (1)』─正義は神聖なり─より)

 あなたがたがわたしを見るとき、わたしが何故やってきたのかを知るだろう。わたしはあなたがたに次のように訴えるだろう──わたしの幼き者たちを救い、あなたがたの同胞を飢えから救いなさい、人類は一つであることを、唯一なる父の子供たちであることを覚えておきなさい。大地の産物を、これを必要とする者たちに、信をもって譲りなさい。これを今なして、世界を救いなさい。
(『いのちの水を運ぶ者』第31信より)

 私たちの肉体は現在、汚染によって弱められています。病気をつくり出す第一の要素です。大気、水、土壌の汚染がゆっくりと人類を害しています。私たちが地球の資源の誤用をやめ、分かち合いの原理を実施し、世界の新しいバランス、平衡をつくり出すときにのみ変化は起こるでしょう。
(『マイトレーヤの使命 第3巻』)

 国家間の現在の不均衡はあまりにも大きく、運だけでは人間を見届けるに十分ではない。致命的な病──分離と貪欲──は地上に蔓延し、治療の効果をあげるには徹底的な手段を要する。外的な混乱にもかかわらず、単純な治療が手近にある。長いこと引き延ばされた人類の試験はほとんど終わりにきている。……
 ……マイトレーヤの使命は分かち合うことを人間に訴えることで始まる。人間の心(ハート)を知るマイトレーヤは、人間の選択を、そして彼らが必要な変化を起こす用意があることを確信しておられる。「人間は生きるか、死ぬか」とマイトレーヤは言われた──人間が分かち合うことを選び、そして生き、彼と共により良い未来を創造するだろうと、十分に承知しながら、言われたのである。
(『覚者は語る (1)』─分かち合いの弁護論─より)

 わたしの任務は、あなたがたが兄弟同胞として共に平和に生きる方法を示すことである。これは想像するよりも単純なことである、我が友よ、なぜなら、必要なのは、分かち合いを受け入れることだけであるから。分かち合いは、実に、聖なることである。人間のすべての進歩の根底にある。それによって、我が兄弟よ姉妹よ、あなたがたは神との正しい関係を築くことができる。これが、我が友よ、あなたがたの人生の根底にある。分かち合うとき、あなたは兄弟の裡に宿る神を認める。これは真理である。単純なのだが、人はこれまでこのことを本当に把握することが困難であった。この真理を証明する時が来た。
(『いのちの水を運ぶ者』第82信より)

勇気と恐れないこと──選集

Courage and fearlessness – a compilation

「勇気と恐れないこと」というテーマに関する引用文の選集を掲載する。これはマイトレーヤのメッセージ(『いのちの水を運ぶ者』)、ベンジャミン・クレームの師の言葉(『覚者は語る』第Ⅰ巻と第Ⅱ巻)、およびベンジャミン・クレームの著書から抜粋したものである。

 人間が変化の必要を理解するとき、今日彼らを恐れさせているものを喜んで受け入れるだろう──理解と勇気は携え合って進む。新しく見いだされる寛容が古い不信感を一掃するだろう。古い借金はご破算にされ、智恵の黎明が人間の心(マインド)と行動に差し込むだろう。人間が自分たちの一体性を悟るとき、そしてその認識に基づいて行動するとき、すべてが可能になる。
(『覚者は語る(Ⅰ)』─変化の中にある世界─より)

 恐れるでない、我が友よ。困窮しているすべての人々を助けるために、勇敢に、そして喜んで与えなさい。あなた方がこれをなすとき、あなた方が出でたあの本源なる神(神性)の領域に入るのである。それは神御自身の行為である。だから、我が友よ、来るべき偉大な変化の顕現をもう(ただ)待つのではなく、それらの変化をあなた方の行動によってもたらしなさい。
(マイトレーヤ、2006年4月6日、『覚者は語る(Ⅱ)』)

 競争の中で表現される恐怖を人類の意識から除去してしまわなければなりません。ではどうすればよいか、その方法を見つけなければなりません。マイトレーヤに訊ねるならば、彼はこう言うでしょう──「わたしを信頼しなさい。いのちを信頼しなさい。あなた自身を信頼しなさい。裡なる神を信頼しなさい。そして世界の資源を分かち合いなさい」。私たちが分かち合いの原則を受け入れるや否や、そしてそれによって世界に正義がもたらされるや否や、競争はなくなるだろうと私は思います。
 競争の災いは二つのことに基づいています──貪欲と恐怖です。貪欲は恐怖の結果です。恐怖は、いのちに反するところのものについての基本的、根本的表現です。恐怖を取り去るとき、いのちのエネルギーを解き放ちます。
(『協力の術』)

 民衆は恐れることなく、はっきりとした目で将来をのぞき、公平で、平和な世界を求める彼らの志向の実現の可能性を見た。これはひとりでに起こらないことを、兄弟姉妹たちと共に、実現するための力(パワー)を自分たちの手に握らなければならないことを、彼らは知っている。また彼らは、その道が困難であり、危険なことも知っているが、それを不成功に終わらせるにはあまりにも貴重な褒美である。なぜなら、それは同胞愛という褒美、正義、平和という褒美、そしてすべての人間にとって、より良い、より簡素な、より真の人生という褒美であるから。それを達成するためにはどのような犠牲も大き過ぎることはないことを彼らは知っており、その名の下に死ぬことを厭わない。
 かくして、世界の民衆は、彼らに定められた自由と正義という生得の権利を受け継ぐだろう。かくして、民衆の声は次の数カ月、数年のうちに、よりいっそう大きく、よりはっきりと持ち上がるだろう。
(『覚者は語る(Ⅱ)』─民衆の声が将来を先導する─より)

 脅えながら生きる必要はないのです。誰も恐怖の中に生きる必要はありません。恐怖心はグラマーです。他のいかなるグラマーよりも悪いものであり、ほとんどのグラマーの底にあるものだと思います。(イニシエーションを授ける)イニシエーターの御前に立つ望みを持つ者は誰でもそれを克服しなければなりません。
 恐怖心の中で生活している間はイニシエーションを受けることができません。イニシエートになれません。恐怖心を完全になくすまで、覚者になることはできません。恐怖心に取り組み、そして真のディサイプル(弟子)の上向きの、緊張した前進への勢いを人生の中で顕示するためには勇気が必要です。
(『マイトレーヤの使命 第Ⅱ巻』)

 わたしの軍は動く。わたしの副官たちは戦いの結果を知っており、戦闘の計画を知っている。その戦闘はあなたがたすべてを巻き込む。なぜなら、我が友よ、兄弟たちよ、あなたがたを通して新しい世界は作られねばならないのであるから。それでは、この雄々しい仕事に参加し、あなたの気概を示しなさい。わたしの愛が、あなたを支えるであろう。わたしの法が、あなたを導く。わたしの心は、いつもあなたを包む。我が友よ、恐れるでない──あなた自身の恐れる思い以外に、恐れるものは何もないのである。
(『いのちの水を運ぶ者』第45信より)

 変化は一度にすべて起こるのではない。しかし間もなく、正義と自由のための最初の確固とした強打が加えられ、年月を経るにつれて勢いを増していくだろう。やがてすべてが刷新され、世界中の人間はより澄んだ、より健全な空気を吸うであろう。
 この重大な仕事には勇気が必要である。多くの挑戦に応じなければならない。世界を完全に変えることも、過去の遺跡の上に新しい世界を築くことも、容易なことではない。だから、勇気を持ちなさい。そしてあなた方の世界を再建しなさい。恐怖心を捨て、両腕を広げて未来を迎え入れなさい。
(『覚者は語る(Ⅰ)』─未来への道─より)

 神と愛は一つであるというわたしの単純な真理が、人を未来の約束に目覚めさせている。これがわたしの仕事をやり易くする。我が友よ、喜びと愛に満ちて、英雄のように、昔の武者のように行動する用意の整っている男女として、あなたがたに与えられた救援と愛の任務をなしていく用意の整っている者として、自分たちを示しなさい。恐れることはない、我が兄弟よ、あなたがたの肩はわたしによって強められる。
(『いのちの水を運ぶ者』第99信より)

 誰でも、その人の能力以上のことが課せられることは決してないということを覚えておくべきです。決してありません。それは法則なのです。その人が素質的に──すなわち光線構造、進化の段階、認識の度合い、健康、年齢などから見て──行える仕事以上に多くをなすことが要求されることは決してありません。このことをしっかりと覚えておくべきです。あなたがやれることすべてを遂行するのを阻むものは恐怖心であり、怠惰、惰性、無力感であり、それはまた恐怖心の別名です。勇気の欠如、これも恐怖心の別名です。
(『マイトレーヤの使命 第Ⅱ巻』)

 変化のための青写真が何百万もの人々の想像力を引き付け、間もなく世界の注目を集めるだろう。結束し、そして勇敢であるとき、彼らは無敵であることを、人々は理解した。この変化への運動を止めることのできるものは何もない。それは未来の、そして大計画の概念を包含する。マイトレーヤはそれに声を与えたのであり、それが今や世界の民衆の声である。
(『覚者は語る(Ⅱ)』─和合への道─より)

 わたしの覚者たちは彼らの仕事のために用意を整えている。あなたがたの生活の中に入り込み、あなたがたに教える覚者たちの数は増している。あなたがたは彼らを友として、兄弟として、師として持つのであるから、失敗するはずはない。あなたがたの中に彼らが臨在しているのに、なぜ恐れるのか。このことを良く知り、希望を持って未来を望みなさい。
(『いのちの水を運ぶ者』第133信より)

 弟子は、何にも増して、勇気と着実性と忍耐と「そこに留まる」ことのできる能力を持たなければなりません。そして私たちの裡にある最高のものを引き出すために自分の前に置かれた困難から逃避してはいけません。人生において様々な困難に出会うのは、私たちがそれらを克服していくときに進歩があるように魂が整えるからです。進化の旅路において前進へのステップを踏むことになるからです。
(『協力の術』)

 マイトレーヤは、人間を彼ら自身の生得の権利の中に掲げようとしている。
 新しい、そしてより幸せな世界の創造を鼓舞しようとしている。
 偉大なる主は、一人ひとり個々の人生に尊厳と価値を付与しようとしている。
 マイトレーヤは、彼のヘルパー(助力者)たちをどこに見つけるだろうか?
 応える用意のできている者は誰か?
 愛の主を援助する勇気を持つ者は誰か?
 マイトレーヤは、すでに彼が頼ることのできる者が誰かをご存じである。
 マイトレーヤを見る用意をしておきなさい。
 あなたの決意をぴかぴかに磨いておきなさい。
 任務の膨大さにうろたえてはならない。
 何事をするにも、気取らずに、真心を込めてやりなさい。
 マイトレーヤは輝かしい白馬に乗って急速に近づいてくる。
 マイトレーヤのマントラ(言霊)は、「恐れるな!」
(『覚者は語る(Ⅰ)』─マイトレーヤのお出まし─より)

 ジュワル・クール覚者は、すべての弟子はまず真っ先に勇気を持たなければならないと言われます。私たちが勇気を持つまで世界は決してイリュージョンを取り除くことはないでしょう。真の弟子の義務の一つは、世界に存在する権威に対して、それが科学、宗教、政治あるいはいかなるレベルのことであろうとも、自分たちが反対だと思うこと、それらについてより明確に見通せることについては、公に声を上げることである、とジュワル・クール覚者は言います。
 もし彼らが間違っていると思うならば、弟子にとってそれを指摘することは義務であります。もし弟子たちがただふくれて、そのテーマについて見解を持たず、それ以上に良い、より明確な、より当を得た、より真実なことを提供できない振りをするならば、それは名ばかりの弟子であります。真の弟子とは恐怖心を知らない弟子です。
(『生きる術』)

 人間は啓示を拝受する時点に立っており、間もなくそれが、一致しない様々な声や態度を押し流すだろう。人間は自分たちの存在の意味と目的をよりいっそうはっきりと知り、その知識が彼らの認識の中にもたらされた手段を知るだろう。間もなく、非常に間もなく、人間はあたかも一夜にして、と思えるほど、急速に成長するだろう。……恐れることはない。新しい世界がつくられつつあり、それが人間の信と勇気を同等の順序で回復させるだろう。
(『覚者は語る(Ⅱ)』─最高位からの贈りもの─より)

 多くの者が恐れながらわたしを待つ、その混乱の原因も知らずに。我が友よ、恐怖のあるところに信頼は存在しない。それなのに何故、恐怖にしがみつくのか。わたしの存在は、あなたがたの周りを見ても明らかである。この事実に目覚めなさい。世界に起こっている変化に、あなた自身の心に起こっている変化に、あなたの子供の目に輝く喜びの光に、目を見開きなさい。このようにしてわたしがあなたがたと共に居ることを知りなさい、我が友よ、そして世を救う手助けをしなさい。
(『いのちの水を運ぶ者』第134信より)

 変化は、それが小さなものであっても大きなものであっても、人々にとってはいつも困難です。世界を大きく変容させるような変化は特に多くの人々にとっては恐ろしいものです。彼らが知らないのは、キリストであり世界教師であるマイトレーヤの力(パワー)です。彼は大勢の弟子たち(覚者方)と共に、肉体を持たれて私たちの中に今存在するのです。
 彼らのエネルギーが人類の持つ最良のものを刺激し、変化を認識させ、実施させていきます。マイトレーヤが言われたように、「恐れるでない。終わりは始めから知られている。すべては良くなるだろう。あらゆる事柄は良くなるだろう」。
(『人類の目覚め』)

 マイトレーヤは、すでに彼が頼りにすることのできる者を知っておられる。マイトレーヤは、人類の心(ハート)は健全で強く、それを頼りにすることができることを知っておられる。彼の軍勢は「共通の善」のために善戦を戦う用意が整っている。至るところにいる善意の男女はマイトレーヤの臨在を感知しており、世界の必要に反応しつつある。マイトレーヤは、今日の男女が普遍的善のために彼らの票を投じ選択をするという運命的な機会を見逃しはしないかということに懸念を抱いていない。彼らは、恐れることなく、未来へ向かう準備ができており、奉仕することを願望している。
(『覚者は語る(Ⅰ)』─人類の選択─より)

 我が友よ、兄弟姉妹たちよ、あなたが、現在立っている位置を検討しなさい。あなたは、わたしと共に祝福された愛の島に行く用意がありますか。あなたが現在持っているすべてのものを、分かち合う用意がありますか。人生を勇敢に直視して、我が友よ、成し遂げるべきチャレンジとして受けとめる用意がありますか。もしあなたが、わたしと共に行くならば、とどめるものは何もない。我が友よ、古い惰性は消え、光と愛に包まれて、父の近くに在る喜びを知ることができる。その喜びをあなたがたに授けることが、わたしの特典である。それなら、我が友よ、勇気を携えて、あなたの本源へ戻るためにわたしに従いてきなさい。決して誤ることはない、我が友よ、マイトレーヤがあなたがたと共に居るのである。
(『いのちの水を運ぶ者』第86信より)

責任に目覚める―選集

Awakening to responsibility ── a compilation

「責任に目覚める」というテーマに関する引用文の選集を掲載する。これはマイトレーヤのメッセージ(『いのちの水を運ぶ者』と『いのちの法則』)、ベンジャミン・クレームの師の言葉(『覚者は語る』第1巻と第2巻)、およびベンジャミン・クレームの著書から抜粋したものである。

 あなたが公言する理想に従って行動する時が来た。以前にはなかった機会である。あなたの心(ハート)の中に秘められているビジョンを具現しなさい。あなたが独りではないことを、何百万の人間が同じ理想を抱いていることを知りなさい。奉仕することを願う者たちすべてと手をつなぎ、世界の周りに光の織物を紡ぎなさい。あなたは奉仕するために世にあることを、そして奉仕を通してのみ成長することを心にとどめておきなさい。あなたは兄弟同胞の番兵であり、彼らの窮乏に対するあなたの責任を引き受けなさい。
(『覚者は語る Ⅰ』─重要な機会─より)

 わたしが、現在非常に必要とするのは、わたしのビジョンを分かち合う者たちが、行動する責任を引き受けてくれることである。人間の窮乏を知り、そのビジョンを見ていながら、時の緊迫性を知らない者たちが世界に大勢いる。兄弟たちの窮乏を知り、非常に多くの者たちの苦しみに同情の思いを持ち、そしてそれらすべてを変える意志を持つ者たちに、わたしは頼る。わたしが召集する者たちの仲間に、あなたがたも入るように。そして共に新しい、より良い世界を招じ入れることができるように。
(『いのちの水を運ぶ者』第46信より)

 いま転生している私たちは尋常ならざる責任を担っている。私たちがいま世界にいるのはそのためである。すべての世代がその時代の問題を解決する知識と経験を携えた人々(魂)を転生へともたらす。私たちは将来の問題を解決するために、人類が存続し続けるかしないかを──正義、分かち合い、正しい関係、平和への選択をするか、すべての生命を破壊するかを──決定するために転生して来た。マイトレーヤは人類が正しい選択をすることを疑わない。
(『マイトレーヤの使命 第Ⅱ巻』)

 いのちの意味と目的について新しい理解が人類に目覚めはじめるだろう。生きることへの新しいアプローチが広まり、あらゆる関係(つながり)について新鮮な見方が起こり、人間の自分自身とその運命(さだめ)についての感覚的理解に完全な変化が起こるだろう。人間が、まず最初の仕事である社会統合を達成するとき、そして資源の分かち合いを通して正義と和合が支配するとき、これは起こるだろう。
 この新しく築かれた融和に伴って、新しい責任感覚が生まれるだろう。兄弟姉妹との一つの偉大なる家族に属するという新しい体験、そして各人がその兄弟姉妹の必要を配慮しなければならないという感覚。進化への新鮮な刺激が与えられ、覚者たちの指導のもとに人間は神に向かって登りはじめるだろう。
(『覚者は語る Ⅰ』─いのちの贈物─より)

 人間は非常に病的な状態にあるこの世界を救わなければならない。世界の一般の人々によって、その努力がすでに始められているのを見て、わたしたちの心(ハート)は喜ぶ。わたしはそのような人々に今語りかけている。あなた方の声を大きく上げなさい。あなた方の必要を世界に告げなさい──平和の必要を、正義と自由の必要を、宗教や皮膚の色や人種が何であれ、すべての人間が調和のうちに生きることの必要を告げなさい。すべての人間は本質的にひとつである。彼らはわたしの兄弟であり、わたしは一人ひとりを愛する。
(マイトレーヤ、2008年3月27日、『覚者は語る Ⅰ』)

 第一の優先は飢えたる何百万の人々を救うことです。何百万の人々が飢え死にするという事実は冒涜である──マイトレーヤはこれを罪悪と呼びます。それは私たちの直中にある癌です。
 私たちは責任を受け入れません。もし私たちが責任を受け入れなければ、私たちの政府は責任を受け入れません。政府は飢餓をなくすという政策は票の獲得につながらないことを知っています。ですから私たちが主張しなければならないのです──「第三世界における飢餓の問題に取り組まなければ、あなたに投票しませんよ。もし私の票が欲しければ、世界に分かち合いの原則を提唱しなさい」と。
(『マイトレーヤの使命 第Ⅱ巻』)

 人間の落ち着きのない奮闘のすべての底に、今日彼らを襲っている多大な問題の解決にはすべての者が責任を分かち合わなければならないという認識の目覚めがある。問題と同様に、その責任も世界的であり、分割不可能であり、そして協力とエゴ(自我)の否定を通してのみ、それらに適切に対処し克服することができるという認識の目覚めがある。
(『覚者は語る Ⅰ』─法の規定─より)

 国民の声はすでに耳を傾けられ始め、この代表政治の形態がイデオロギーを通して大衆をコントロールするやり方に取って代わるだろう。すべてが非常に急速に動いているので事態は政治家の手に負えない。新しい政治の時代が始まった。認識が人々を自らの基本的人権に目覚めさせ、自由とそして自らに対する、またお互いに対する責任に目覚めさせている。
(『マイトレーヤの使命 第Ⅱ巻』)

 すべての側において古い体制が崩壊しつつある形跡がある。往古(おうこ)の憎悪が人々を分割し、無法がはびこる。しかし、至るところで新しい精神が人間の中に目覚め、あらゆる形態の生命に対する新しい責任感と新たな敬意が目覚めつつある徴(しるし)が見られる。
 この新しい美の顕現は無数にある。人類の前に開かれる未来のビジョンは多く、驚くべきものである。人間は未だ新しい始まりの門口に立っているにすぎない。しかし、見る目を持つ者には、すでに進歩の徴(しるし)が見える。
(『覚者は語る Ⅰ』─勝利は保証されている─より)

 人間が進化し向上していくためには、自分たちは唯一なる神聖なる本源の下にある一つの兄弟姉妹であることを認識し、その聖なる本源と全く同一の特質を持つ存在であることを認識しなければなりません。通常、家族の中ではどういうことが起こるでしょうか。家族が持っているものは分かち合われます。母親は自分の子供の一人に余計に与え、一人に少なく与えるというようなことはしません。一人の子供に83%を与え、一人の子供に17%しか与えないということはしません。つまり私たちは人類家族の兄弟姉妹であり、資源を、食糧をより公平に分かち合わなければならないのです。マイトレーヤはこのように言われます──「分かち合いは神聖である、分かち合うとき、あなたは兄弟の裡に神を見る」と。
(『マイトレーヤの使命 第Ⅲ巻』)

 生活をより簡素にし、この惑星にかける負担を少なくし、より賢いやり方をしなければなりません。世界の生態系の均衡がマイトレーヤの主な関心事の一つでしょう。そして人類が現在のような生き方を続ければ必然的に起こる結果を、彼は最も高いレベルから示してくださるでしょう。それに関しての行動の必要が科学者たちに明らかになり、彼らを通して世界の諸国政府にも明らかになるでしょう。
(『全人類のための世界教師』)

 現在のわれわれの第一の仕事は、環境を管理することである。これがすべての個人の、政治家の、グルや聖者の、科学者の責任になるだろう。われわれのエネルギーは、環境を再び健全にすることに費やされるだろう。それが起こるとき、苦難や病気や貧困は減少するだろう。
(『いのちの法則』)

 世界中で、人々は、自由と正義をその中核においたより良い生活の可能性に目覚めつつある。恐れるでない、民衆の声は高まっており、接触伝染のようにますます多くの人々に影響を及ぼしている。自由、正義、そして人間の和合という真理のために生きる──あるいは死ぬ──人々の背後にマイトレーヤは立っておられる。若者が道を先導する、そしてその将来は彼らのためにある。
(『覚者は語る Ⅱ』─裂開(れっかい)の剣(つるぎ)を創造する─より)

 [投票は]あなたに大きな力を与えるのです。その力をいろいろに使うことができます。機械的にあなたの両親や友人などと同じに投票することもできるし、あなた自身が本当に欲するように投票することもできます。それがこの国の生活に重要な影響を与えます。合衆国の住人すべてが現在の合衆国の行政機関に責任があります。同様に、すべての英国人が現在の英国の行政機関に責任があります。フランスに、西ドイツ、その他の国々にも同じことが言えます。投票権を持つ限り、あなたは責任を持っています。あなたの国の国内と海外での活動に責任があるのです。
(『マイトレーヤの使命 第Ⅰ巻』)

 マイトレーヤは、より簡素な生活を、惑星の状況の現実により見合った生活を提唱するだろう。これが必要であることを十分に多くの人々が確信するとき、簡素化への運動が惑星全体を通じてますます大きく広まるだろう。何千万の人間が変化の必要に鼓舞されて、それは極めて異常な速さで進むだろう。このようにして、地球という惑星が直面する最も深刻な危険は、いくらか押し止められるだろう。これが多くの人々を勇気づけて、彼らはさらなる変化への用意を進めるだろう。
(『覚者は語る Ⅰ』─惑星の救済─より)

 この新しいエネルギーはすでに西洋においても影響を与えはじめている。エネルギーが個人の内に真我の認識を創造するにつれて、人々は環境に気づくようになり、自分たちの義務と責任の感覚に目覚める。そのために、アメリカやイギリスにおいて、人々は街頭に繰り出し、議会で民衆の声が聞かれることを要求しはじめている。……
 政治家が権力の座に留まっていられる唯一の方法は、民衆の願いを代表し、それに声を与えることによってであることを、彼らは自覚しなければならない。「『市場のフォース(力)』を信条としている政治家は、自分たちの時代が終わったことを知るだろう」
(『いのちの法則』)

 私は、キリストが変換の仕事をするために、ここにおられるとは言っていません。それとは逆に、必要な変換を行うのはわれわれ人類の責任であると述べてきました。キリスト自身が言われています。「わたしは大計画の設計者であるにすぎない。我が友よ、兄弟たちよ、あなたがたが輝ける真理の宮殿を喜んで築く建設者たちである」─メッセージ第65信より─
(『マイトレーヤの使命 第Ⅱ巻』)

 何千万人もの人間の中に眠る未開発の可能性を呼び起こすことによって、社会生活の変容は急速に、規則正しく、責任ある方法で行われるだろう。参加することが基調である。なぜならそのような参加を通してのみ、各人が共同体(コミュニティー)の共通の目標との一体性を感じ、それのために心から働くことができるのである。このようにして社会的責任、集団的責任が培われていく。現在の、断絶した不公正な社会から生まれた不健全な反社会的行動は、太陽の光に照らされた霞のように消えていくだろう。
(『覚者は語る Ⅰ』─新しい機構(しくみ)の創造─より)

 人類の問題は現実であるが、解決可能なものである。解決法は、あなたがたの手のうちにある。兄弟の窮乏をあなたの行動の尺度として、世界の問題を解決しなさい。その他の進路(コース)はない。
(『いのちの水を運ぶ者』第52信より)

 国際連合は世界平和を維持する機関としての本領をゆっくりと発揮しつつあります。現在、国連は世界の警察としての役割を引き受けることを嫌っており、至るところの政府は必要とされる犠牲を払うのを躊躇しています。しかし、世界平和が分かち合いと正義の実施を通して保障されるようになるまでは、国連はそのような責任を引き受けなければなりません。国連の将来の役割は、世界政府になることではなく、世界議会になることです。そこで問題は議論され、平和のうちに解決されるでしょう。
(『マイトレーヤの使命 第Ⅲ巻』)

 間もなく人間は、自分たち自身で、今、日ごとに起こっている変化の理由を知り、それを理解することができるだろう。偶然に起こるものは何もないことを、偉大なる自然の法則が人間の生命を条件づけており、神ではなく、人間の思考と行動が、彼らの経験の質を定めていることを知るだろう。何人(なんびと)も、いかなる階級も、“支配するために生まれる”ことはない。すべての者の必要と権利が公正に満たされるとき、調和が勝利するだろう。
(『覚者は語る Ⅰ』─再生の門口─より)

 世界中至る所にいる何百万もの平凡な小市民が政府に対して、世界の問題の解決法である分かち合いの原則を実施することを強要します。それが今日の大衆の力です。大衆はキリストによって啓発され、キリストによって鼓舞され、その志向はキリストによって焦点を定められ、政府に対して行動を強いるでしょう。エネルギーを与えられ、鼓舞され、焦点化され、啓発された世界の世論に対抗できる政府は地上に存在しません。個人としてのあなたが、いかに重要な存在であるかが分かりますか。
(『マイトレーヤの使命 第Ⅰ巻』)

 世界的相互依存というリアリティ(現実)がわれわれの認識の中で確立された事実となるだろう。そうなる時「すべての人間は兄弟姉妹である」という事実が制度機構や実際的活動計画の中にますます取り入れられて、この実体を反映するものとなるだろう。諸国家も同胞愛、共通の目標、共通の抱負を体験することができ、そうなるだろう。……
 これらは歴史的瞬間であり、日が経つにつれて新しい認識が一層明らかになっていく。人々はますます平和や調和ある生き方について語るようになるだろう。これは人類の歴史における転換点である。
(『マイトレーヤの使命 第Ⅰ巻』)