2019年3月号目次

 

-覚者より
未来への鍵
ベンジャミン・クレーム筆記

マイトレーヤのメッセージ
第12信 1978年1月10日

視点
右翼ナショナリズムは、民主主義の規範と人権と報道の自由を脅威にさらす
タリフ・ディーン

世界の独裁者たちは高まる抵抗に直面している
ヒューマン・ライツ・ウォッチの世界人権年鑑 2019

若いメディア作成者に力を与える
ジェイソン・フランシスによるマリエル・ライズマさんへのインタビュー

英国とEU
より広い視点

ジョージ・H・W・ブッシュ大統領とマイトレーヤ
一選ばれなかった選択
ウィリアム・アレン

時代の徴
世界中の光の現象

ジャーナリストであることがこれほど最悪の時はなかった
エル・ホルト

世界平和と共生のための友愛に関する文書

ジェイソン・ヒッケル著
『分断――世界の不平等とその解決策のための簡潔な手引書』
ビクトリア・ゲーターによる書評

S.O.P. (Save Our Planet) ―われわれの惑星を救え!
非常に多くの学生たちが気候変動対策を要求する

編集長への手紙
消えた人 他

読者質問欄
回答 ベンジャミン・クレーム

 

 

未来への鍵

シェア・インターナショナル誌の創刊以来、ベンジャミン・クレームの師である覚者は、毎月記事を提供してくださった。それは、書かれた時のみならず、世界の状況に応じて適切と思われるときにはいつでも掲載してよいようにである。実際これらの記事の多くは、それらが最初に掲載された時よりも今の方がより関連性があるように思われる。以下の記事は、最初2005 年11月号に掲載されたものである。

未来への鍵

──覚者より
ベンジャミン・クレーム筆記

人間が過去の古い方法で彼らの問題を解決する努力を続けるのを、わたしたちは悲しく見守る。問題は多く、これらは現在に関連するとともに将来にも関連する。主に、それらは過去の遺物であり、急速に発展する今日の社会にとって非常な重荷を意味する。市場を獲得するための猛烈な闘いに夢中になって、至るところの政府は安全と強さ、開発と革新を達成するために、そして変化の直中で安定を求めて、あらゆる常套手段を試みる。それは不可能な仕事である。彼らの問題すべてに対する答えは一つしかない。すべての問題に対する解決策は一つである。しかるに、これまで誰もその言葉を、あっと言う間に彼らをそして世界を解放するあの言葉を、思い切って囁く者はいない。それはこの世界を一気に正義(公正)と真理の新しい時代に乗り出させるであろう。

あの言葉を鳴り響かせよう。新しい文明を、新しい社会を顕示させよう。至るところにあの言葉を聞かせよう。人間に応えさせよう。その言葉は正義の響きである。真理の響きである。その言葉はすべての人間を近づけて人類同胞愛を築く。その言葉は心(ハート)の上に軽やかに座して、すべてのものに幸せをもたらす。その言葉は賢明で寛大であり、愛に満ちている。その言葉とは分かち合いであり、未来への鍵である。分かち合いが人間のすべての問題への答えである。分かち合いは神(神性)についてのもう一つの言葉である。分かち合いは人間にとって可能な最高のものを始動させる、なぜならそれは信頼への扉を開くから。分かち合いは人間を神の足元に連れて行くだろう。人が分かち合うことを学ぶとき、いのちの意味を知るだろう。分かち合うとき、人は高揚を感じ、自分たちの為すことを賛美する。分かち合いは人を全くさせるだろう。分かち合いは人類をひとつにするだろう。分かち合いの概念には限りがない。それは人間の救済になることが証明されるだろう。

人類がマイトレーヤを見るとき、これらの真理の言葉を聴くだろう。マイトレーヤの宣言を、彼らは大きく開かれた心(ハート)で聴くだろう。そしてそれに応えて、圧政と不正の終止を呼びかけるだろう。彼らはマイトレーヤの周りに集い、マイトレーヤは彼らのスポークスマンになるだろう。人類は間もなく彼の顔を見るだろう。間もなく、マイトレーヤは世界に彼のアイディア(理念)を提示し、古い時代を送り出すだろう。マイトレーヤは今、人々の近くにおられる。彼が拒絶されることはあり得ない。彼の愛がいまやすべての界に充満しており、変化を前面にもたらす。これを考慮しなさい――マイトレーヤの助けなしには、人類は破滅の運命にある。わたしたちは人類からの応えを心から待っている。

 

若いメディア作成者に力を与える

ジェイソン・フランシスによる

マリエル・ライズマさんへのインタビュー

 

ヨーロッパ・ユース・プレス(EYP)は、ベルリンを本拠とするヨーロッパの若者のメディア団体の非営利の協会であり、若者に対してメディア教育や実地研修を提供している。EYPは、若者が「公正で独立した責任のあるメディアをつくり上げ、民主主義、国際開発、持続可能な未来を育むような」社会を目指して活動している、と団体のウェブサイトには書かれている。現在では、EYPには27の加盟団体があり、6万人を超える若いジャーナリストに影響を与えている。マリエル・ライズマ氏はEYPの理事であり、外部コミュニケーションを統括しており、EYPの機関誌「Orange Magazine」の編集長でもある。ジェイソン・フランシスが、本誌のために彼女にインタビューを行った。

シェア・インターナショナル(以下SI):メディアにおいて若い人々の参加は、どのくらい大切でしょうか。

マリエル・ライズマ:まず第一に、これはバランスの問題です。すべての社会団体は、メディア・コンテンツの創造に関わるべきです。メディアの出力の試みがどの程度公平であっても、各団体は所属するジャーナリストの特定の見解を依然として持っています。このような見解は、どの話題を特集記事にするか、また記事の中で何に焦点を当てるかの選択に影響を与えます。社会団体の代表者は、その団体の関心事や、彼らが直面している課題や問題に対して、よリ敏感です。

若い人々の見解は、物事の成り立ちの歴史的理由に関して、社会観がより広く、メディア論理の理解がより発達している年長で経験豊富なジャーナリストの見解よりも優れています。若い人々は、思いも寄らない刺激的なアイディアや見解で、新鮮なエネルギーを持ち込みます。

人は関係を持つ誰かの目を通して世界を見ようとすることが多いため、バランスもまた大切です。したがって、メディアの設立に参加する若い人々は、自分たちが扱う主題や、自分たちが議論する疑問、問題、アイディアに、他の若い人々が興味を持てるように援助します。

若い人々が、読んだり見たりすることができ、良いメディア習慣を育めるような高品質なメディア・コンテンツを持つことは重要です。そのような習慣には、複数のソースから情報を確認すること、コンテンツに対する高い標準を持つこと、著者と共に考え、議論されている問題を分析することなどがあります。それはまた、コンテンツが高い標準に合致する限り、著者に同意しなくても、同意しないコンテンツを依然として読む勇気を持つことなどです。これは、若い人々が広い視野を持ち社会や世界で起こることを気にかけるような市民に成長できるようにするためです。若い人々が参加した良いメディア・コンテンツは、社会に貢献したいという気持ちを育て、その改善を助けられるようにします。それは、若い人々が他者に刺激を与える方法を見つける助けになります。

すべての人が、生涯のプロのジャーナリストになる必要はありませんが、若い時期にメディアに参加することは、若いジャーナリストが最終的にジャーナリストとなる機会を与えます。その長い経験は、熱望を持つ次世代のジャーナリストや、一般的にメディアに関心を持つ若い人に援助とアドバイスを提供するのです。

公正で責任のあるメディア

SI:EYPでは、どのような種類の教育や実地研修を提供していますか。

ライズマ: EYPは、独立した公正で責任あるメディアを発展させる能力を持てるようなトレーニング・プログラムやワークショップを、若いジャーナリストが利用できるようなプラットホームを目指しています。また、私たちのネットワークには多くの若い人たちが参加していて、彼らもメディア・トレーニングを提供することができ、そのようなトレーニングに興味を持つ団体に彼らを推薦しています。私もまた、活発にメディア・トレーニングを行っています。

さらにEYPは、加盟団体と共に多くのトレーニング・プログラムを企画しています。例えば、最近では、データ・ジャーナリズムとメディア・リテラシーに焦点を当てたプログラムを提供しました。このようなプログラムは、他国の同業者に会い、協力のための人脈や機会をつくり出し、仕事に適用できる新しい技術を学ぶ機会を提供します。

私は、特にEYPの機関紙「Orange Magazine」をご紹介したいと思います。ここでは、ヨーロッパのトップ・メディアの会議を特集しており、国際的な指導者とメディア界で出会い、人生が変わるような人脈をつくれる機会を若いジャーナリストに提供しています。

例えば、私たちの長年のパートナーであるドイチェ・ヴェレ(ドイツの国際放送局)が毎年主催している世界メディア・フォーラム(Global Media Forum)は、国際的なフィールドで最高のものから学ぶまたとない機会を提供します。

異文化間の理解を促進する

SI:あなた方の中東および北アフリカ委員会(Middle East and North Africa Committee=MENAC)の活動についてお話しいただけますか。

ライズマ:MENACはEYPのブログ・プラットホームであり、寄稿者はそれぞれの地域に関連した話題について、定期的に投稿しています。またMENACは、2015年から、ヨーロッパや中東、北アフリカ地域の若いジャーナリストやメディア設立者のためのプロジェクトやイベントの企画にも携わっています。

MENACは、メディア関連のプロジェクトやイベントを通して、異文化間の理解を促進し、ヨーロッパや中東、北アフリカの若いメディア設立者の持続可能なネットワークの強化を目指しています。MENACは、中東および北アフリカ地域の若い人の声がヨーロッパで聞かれるようにすること、両方の地域に関連した問題がメディアでより深い理解を得られるようにすることが使命だと考えています。MENACは、型にはまった思考を避け、多様性をより深く理解するだけではなく、異文化間の対話を奨励するなど、良いメディア慣行の意識を推進することを目指しています。

SI:人権支援や様々な背景を持つ人々の間で一体感をつくり上げる上で、メディアはどのような役割を持っているのでしょうか。そして、このような目的を、メディアはどのようにして最もうまく達成できるのでしょうか。

ライズマ:メディアは、社会で価値を創造し守ることに貢献するという基本的な役割を持っています。うまく機能する民主主義社会では、これは人権を保護し共通の基盤を提供することを意味します。メディアが社会の進歩を助けるという価値の姿を失うべきではないことは重要です。メディアは『4番目の権力』(政府の立法、行政、司法の各部門の次)であり、強調されたものに影響を与える能力を持っています。メディアは、気づかれなくなった主題に光を当て、それを最も必要としている人々に声を与えることができます。

すべての人が大切で受け入れられていると感じられるようにする上で、メディアは重要な役割を持っています。他の人があなたを気にかけていると、あなたが感じれば感じるほど、より気分が良くより安全に感じます。もしメディアが特定の価値に取り組み、このような価値に基づいてストーリーを創造すれば、メディアはこれらすべてをより良く行うことができると、私は思います。そして、このようにして、何としても注目する必要のある社会の特定の側面に光を当てることができます。

メディアの道具は注目です。注目は誰もが望むものです。もし別の背景を持つ人々がメディアで取り上げられ、彼らにとって重要な主題が注目を受けるなら、彼らは社会の重要な部分であると感じられることでしょう。

私は、個人的なストーリーが最も効果的だと思っています。なぜなら、私たちは多くの場合、記事に登場する人と共感しようとするからです。そのような個人的なストーリーは、その数によって強調され、一般的にならなければなりません。その良い例は、タイム誌の、シリア人の難民家族、タイマアとモハンマドのストーリー、「Finding Home」です。彼らには、亡命中にヘルムという娘が生まれました。このストーリーは多くの注目を集め、その中心にいる人々を無視したり軽視したりしていた問題について人道的な観点を提供しています。また、タイム誌は、ストーリーを語るために様々な媒体を使用しており、特にWhatsappというアプリケーションでのメッセージを視覚化しています。これにより、読者は直ちにストーリーに共感できます。

メディアには相当な権力があり、共感、平和、連帯感を重んじる社会に貢献するような方法でストーリーを報道する責任を持っています。将来は、価値を基盤としたジャーナリズムがさらに重要になると、私は信じています。

 

メディア・リテラシー

――鍵となる21世紀のスキル

SI:メディア・リテラシーとは何でしょうか。もしそれが大衆に欠けている場合、その結果はどのようなもので、EYPは、それをどのようにして高める活動をしていますか。

ライズマ:メディア・リテラシーとは、(マス)メディアに関して、それを利用し、発言し、批判的に評価し、創造し、参加する能力のことです。これらの能力は、21世紀の鍵となるスキルです。メディア・リテラシーは、正直で独立した責任感のあるメディアを支持する人々の世代をつくり出す助けとなります。なぜなら、その世代はそのようなメディアの価値を理解するからです。

もし、若い人々が、たとえ短期間であってもメディアに参加すれば、彼らは情報の検証手段に関して、ずっと詳しくなるでしょう。このことは、特にインターネットで受信した情報が健全な懐疑主義で見られる状況をつくる助けとなり、虚偽の情報の拡散を止めます。読者が教育され、メディア意識を持てば持つほど、彼らが真実だと確信できる情報だけを発信する機会が増えます。なぜなら、彼らは信頼できる情報源を見つける能力を持っているからです。

反対に、人々にメディア・リテラシーが欠けている場合には、社会で不信や疑念の雰囲気がつくられます。これは、誰を信頼するのかを決める機会が少なくなり、疑念を解消するために使える手段が少なくなることが理由です

EYPは、プロジェクトの企画や参加によって、メディア・リテラシーを高める活動をしています。例えば、メディアや政治に関心を持つ約8千人の若者がフランス、ストラスブールの欧州議会に集まった昨年のヨーロッパ・ユース・イベントに、EYPは参加しました。そこで、EYPは三つのセッションと一つのパネル・ディスカッションを企画しました。それに加えて、EYPは欧州議会と共に、11回目の、ヨーロッパで最大の若いジャーナリストのためのイベントの一つ、ユース・メディア・デイを企画しました。会議では、今度の欧州議会選挙や、メディア・リテラシー、虚偽情報と闘うことの重要性に焦点を当てました。さらに、問い合わせを受けた団体に対するトレーニング・プログラムを運営しました。

SI:アメリカの大統領は、ストーリーが彼や彼の政権に好意的ではないような場合に、メディアが「フェイク・ニュース」を製造しているとしばしば非難しています。この攻撃は、もし影響があるとしたら、ヨーロッパや世界中のフリーもしくは独立系のメディアに対して、どのような影響を与えているのでしょうか。

ライズマ: そうした攻撃は、主にメディアの評判に対して影響があります。ジャーナリズムの信頼が過去数十年間でかなり低下したので、現在では、メディアの評判は特に重要です。人々がジャーナリズムの信頼性を疑えば疑う程、社会で疑念が高まります。これは不信感をつくり出し、安心感を低下させます。メディアは、重要な主題を議論するフォーラムであり、もし人々がこのフォーラムの真面目さを信じなければ、彼らは議論に本格的に参加しようとはしないでしょう。これは、人々を社会から遠ざける方向にあります。健全な懐疑主義は大切ですが、信頼できる情報源に関しては、それでもその情報に信頼を置くべきなのです。

 

詳しくは次を参照:

youthpress.org および orangemagazine.eu

 

時代の徴

世界中の光の現象

 

カリフォルニア州サンフランシスコの車庫の窓に現れた光の十字架。2005年8月にマイケル・スミスさんが撮影した。この光の十字架はマイトレーヤのエネルギーで活性化されていることがベンジャミン・クレームの師によって確認された。米国ニューヨーク市のマイケル・スミスさん提供。

 
 
2018年12月27日の夜、米国ニューヨーク市クイーンズ区上空の神秘的な青い輝きが何千人もの見物人を魅了した。その現象は変圧器が爆発した結果だ、と市の職員は説明した。

しかし、少なくとも一人の目撃者は空中のさらに大きな神秘に気づいた。ブロンクスに住むニューヨーク市のごみ収集作業員であるマイケル・ローザさんは、低空を舞うように見える、複数の光を放つ巨大な異常物体を見つけ、ビデオに収めた。彼はそのビデオをソーシャルメディアに投稿したが、その物体がどのくらい長くそこにあったのか、あるいはどのように消え去ったのかに関する情報は提示しなかった。(facebook.com, Michael Rosa)


 
 
ナイジェリアのアバクにある「同胞友愛センター」のアクパン・サンボさんがこの写真をシェア・インターナショナル誌に送ってくれた。彼はその写真が光の祝福を写しているのではないかと考え、次のように出来事を描写した。「2010年1月1日の新年の瞑想の間、私たち同胞全員が新年の祝祭と交流のために集まりました。写真が撮影され、現像してみると、シスターの一人の写真に光が写っていることを発見しました。その日以来、彼女はいつもとても幸せです」

 
 

2019年1月16日の夜、米国ニューメキシコ州ラスクルーセスの一人の目撃者が、大きくて非常に明るい星のような物体を見つけ写真に収めた。それは「回転している、もしくは脈打っている丸い円盤」と描写された。「私は過去2年間、夜空に五つの異なった『円盤』を見つけ写真に収めてきました。……それらはいつも同じ場所にあるわけではありません」とその目撃者は報告した。

(mufon.com)

 
 

2019年1月20日の夜、米国テキサス州サンアントニオの一人の目撃者が月食の写真を多数撮影した。後で見返してみると、エネルギーの『泡』に囲まれた輝く円盤型の物体が1枚の写真に写っていた。「その物体は奇妙だと思いました。どうして写真に写ったのか想像できませんでした」と目撃者は報告した。beamsinvestigations.orgというUFOウェブサイトによると、「一見したところ、これは単に何かを反射しているカメラのフラッシュだと思いましたが、そうだとしたら何でしょうか。屋内のものの反射ではありません。写真はガラスを通してではなく、屋外で撮影されたからです」

(beamsinvestigations.org)

編集長への手紙

本号に掲載された手紙は、最近起きた出会いについて述べられており、したがってベンジャミン・クレームの師によって確認されていない。手紙の書き手たち自身の直観的反応に加えて、そのような体験を熟知していることから生まれる確信が、こうした出会いは個人的に、また一般的にも重要で意義があると判断できる自信を与えるのである。

個人に関連していると特定されるような手紙もあれば、すべての人々に希望や鼓舞をもたらすことでそれ自体が語るものもある。私たちは読者の考慮のためにこれらを提供している。

 

消えた人

編集長殿

(2003年)4月2日に私は朝6時35分に家を出て、散歩に出かけました。気持ち良く歩いていて、別の道へ曲がった時も私だけで、その時は誰も見かけませんでした。その後突然に一人の女性が私の方へ近づいてきたのです。彼女とすれ違う時に、私が「おはようございます」と言うと、彼女も「おはようございます」と言い、とても静かな声でほとんど聞こえないくらいでした。そのまま歩いていって振り返ると、彼女はいなくなっていました。その女性は誰でしたか。

モーリーン・サドラー

ニュージーランド、ワイララパ

【ベンジャミン・クレームの師は、その『女性』がイエス覚者であったことを確認した】

 

本当に近い!

編集長殿

2000年9月20日の午後、私は仕事で意気消沈していて、不思議な体験をしました。私は地下鉄に乗っていました。車両は混み合っていました。これ以上人は乗れないと思われた時、ある駅でさらに数人が乗り込んできました。その中に盲目の男性が二人いて、盲目の人用の特製の杖を持っていました。少し経つと、二人の男性はその状況について若い人たちと冗談を言っていました。私はドアの近くで内側を向いていました。

幾つかの駅を過ぎて、体の向きを変えると30代の女性が本を読んでいるのが見えました。その表紙に「イエスに近づいて」というタイトルが黄色の地に白い大きな文字で(あるいはその反対の白地に黄色の文字かもしれません)書かれていたのです。本で女性の顔は隠れていましたが、私はそのタイトルに惹きつけられていました。最初には、それ以前に彼女に気づいていなかったのはおかしいと思いました(私はそれまでにも体の向きを変えていましたが、彼女を見かけなかったし、彼女が乗り込むのも気づきませんでした)。彼女はこざっぱりとして見えましたが、たくさんの人が乗っていたこともあって、ほとんど顔が見えませんでした。彼女はとても美しいように思えて、その顔には気品と優しさがありました。数秒間彼女を見ていましたが、彼女は読み続けていました。

私は次の駅で列車を降りなければなりませんでした。降りるために出口の方に向いて、その女性のいる方向に目をやりました。彼女はもはやそこにいなかったので、自分の目が信じられませんでした。ほんの数秒過ぎただけで、これほどたくさんの人々に囲まれていて遠くに行けたはずがありません。彼女が空いた席を見つけたかもしれないとも思い、全体を見回しました。列車を降りてから、壁際に寄って車両から降りてくる人たち全部を見ていました。けれども、彼女を再び見かけることはありませんでした。彼女がどうやってそのように姿を消したのか理解できなかったので、完全に困惑しながらもそのまま歩き出しました。

後になって考えてみて、本のタイトルに意味があると気づきました。その女性が目の前で消えたのは単なる偶然だったのか、あるいは彼女は特別な方でしたか。

ラファル・ボーロ

スペイン、マドリード

【ベンジャミン・クレームの師は、その『女性』がイエス覚者であったことを確認した】

馴染みの顔

編集長殿

2年かおそらく3年前に(手紙は2001年に書かれた)、私はオックスフォード郊外の地元のショッピングセンターにいました。一人の男性がセンター内を横切って私の近くにやって来ました。彼は180cmを越える身長で、体格が良く全身白い装いで、ナイロビに現れた時のマイトレーヤの着ていたものととてもよく似ていました。ターバンは同じでしたが、長いローブではなく、彼が着ていたのは長いシャツとズボンのパキスタンのスタイルでした。よく似ていたのは膝上までで、というのもズボンが少し短すぎたことと、大きなスリップオン式の靴が何となく不作法な感じでした。

彼は30代前半で黒っぽいあごひげのある感じの良い顔で、彼の体格に似合っていました。彼は風変わりで、とりわけこのような場所では目立っていました。

1週間ほど経ってから、彼が再び同じ場所で同じ様子で通り過ぎていきました。それ以来、彼を見かけていません。

その人がマイトレーヤだと思ったことはありませんが、最近その人が普通の人なのか、とてつもない人物なのかを見分けることを促されているように思いました。

お手数ですが、覚者はお教えくださるでしょうか。

ヘザー・スミス

英国、オックスフォード

【ベンジャミン・クレームの師は、その男性がマイトレーヤであったことを確認した】

 

読者質問欄

Q マイトレーヤが知られるとき、何の愛も感じられない人々に対して、信じる人々にとってはどのような未来になるのでしょうか。(サンフランシスコでの講演、2005年8月)

A 同じであり、それ以上でしょう。世界は変わりますが、マイトレーヤがそれを行うのではありません。あなたがそれを行うのです。私たち皆がそれを行うのです。人類がそれを行うのです。マイトレーヤはずっと以前に言われました。「人間の手によって、人間の足によって、新しい世界はつくられ、時代の寺院は建てられるだろう」。「時代の寺院」とは正しい仕組みのことです。政治、経済、宗教、社会、科学などの。これらが未来の道です。そしてそれらは人々によってつくられるでしょう。※

 

Q マイトレーヤの臨在によって、私たちの生活はどう変わるでしょうか。

A 彼は時代の終わりのアバターとして新しい時代への道を開くために来られ、新しい時代のエネルギーを解放し、私たちを新しい時代へと導きます。それは、彼が言われるところの「誰も窮乏することなく、同じ日が二度と繰り返されることがない」(マイトレーヤのメッセージ 第3信)新しい時代です。

想像できますか。同じ日が二度と繰り返されることがないのです。私は、それを知って、「いや、それには耐えられない。毎日違うことをしなければならないなんて」と思う人々を知っています。まあ残念ながら、すべての人を喜ばせることはできません。

同じ日が二度と繰り返されないとき、すべては創造的で興味深く、すべてが新しくなり、あなた方はその創造性に関わります。どの日も同じようには感じられず、同じようには見えません。あなたはこんな風には思わないでしょう。「今日は何をしようか? 私は昨日あれをしたしその前の日はあれをした。仕事に行かないといけないし、それは同じことの繰り返しで、去年と同じことだ」。それが人類を殺しているものであり、単調な骨折り仕事が、人間をオフィスを運営する機械に変え、世界の企業を経営し、大企業のために金を稼ぐ機械に変えるのです。そのためにすべてが行われています。人々が単調な仕事を好んでいるからではありません。ただ生計を得るために行っているのです。

 

Q では、どうやってその「単調な仕事」から抜け出せばいいのですか。

A それは全く間違って組織されており、覚者方は答えをお持ちです。分かち合いが正義を生み出し、正義が平和を生み出し、その平和の中で私たちは国と国との関係、人と産業との関係のために働き、余暇の必要性を知ることができます。人生とは何かを体験するための余暇です。

 

Q その意味は何ですか。より多くの余暇と転生――その目的は何ですか。

A 私たちは物質を霊化するためにここにいます。それが私たちの役割であり、まず私たち自身の肉体の霊化を通してそれを行います。何度も何度も転生する中で、私たちは魂のエネルギーを引き付けます。それは光です。それはこのエネルギーをつくるものです。それを見れば光と呼びます。見なければそれを何と呼んでよいか分かりません。その光は原子的ですが、その光よりも高次の光があります。亜原子の光があり、人体を完成された覚者の身体に変えるのはそれです。転生するにつれて私たちはますます多くの亜原子の光を身体の中に引き付けます。それで私たちの身体は微妙に変化します。他の人々には同じに見えますが、微妙に変化しています。

レオナルド・ダヴィンチやイエスのような第四段階のイニシエートになるまでに、肉体は普通に見えても、実際にはその4分の3は光で、4分の1だけが実際の物質的素材です。第五イニシエーションは、復活と呼ばれます。聖書の物語は、この復活についてのものです。物質的な身体が覚者の身体に復活し、それは壊すことのできない身体です。死は克服され、その身体の中で自己の本性を知ります。あなたはあなたであるものです。あなたはあなたであるもの――すなわち神の息子として振る舞います。この部屋にいるすべての人が神の息子です。イエスだけが神の子なのではありません。誰もが例外なく神の息子です。私たちとイエスの唯一の違いは、彼は私たちよりも前に始め、私たちよりもずっと先に行っているということだけです。しかし、いつか、誰もが意識的に神の子となる日が来るでしょう。私たちは自分が誰かを知りませんが、実際には私たち自身なのです。覚者方は彼らの本性を知り、それを表現することができます。それが違いです。

 

※ 新しい時代の建設

ベンジャミン・クレームはマイトレーヤがずっと以前にこう述べたと引用している。「人間の手によって、人間の足によって、新しい世界はつくられ、時代の寺院は建てられるだろう」

次の引用文は、アグニ・ヨガの教えである『モリヤの庭の葉㈵(召命)』からのものであるが、これは実際にはマイトレーヤによって与えられたものである。「あなた自身の手によって未来の力は築かれるだろう」。そして「私たちによって、そしてあなた方によって、共に、霊的文化は築かれるだろう」。

『モリヤの庭の葉㈼(啓明)』:

「夜の行進の間に、道案内が道に迷った。しばらくすると、月光あふれる砂を見つめながら、土手に腰掛けておられるキリストを私は見つけた。私はキリストに言った。『私たちは道に迷ってしまいました。星の指図を待たねばなりません』

『ロスル・モリヤよ、全世界が私たちを待っているというのに、道に迷ったくらい何だというのか?』

それから、竹の杖をとり、自分の足あとのまわりに四角を書かれた。そして言われた。『まことに人間の足で』

それから手のひらのあとをつけ、それもまた四角で囲み、『まことに、人間の手で』

四角と四角の間に弧状のものをのせた柱のようなものを書かれた。そして言われた。『おお、アウムは何と人間の意識に浸透することか! ここに私はめしべとその上に弧状のものを描き、四つの方向に土台を置いた。私が用意しためしべが花開く寺院が、人類の足と手によって建てられる時には、建設者たちに我が道を通って行かせよう。道は私たちの前にあるのに、なぜ、道の示されるのを待たねばならないのか?』

それから立ち上がりながら、画を杖で全部消された」

(アグニ・ヨガ協会、1923、1924)

ベンジャミン・クレームも同様の言及を行っている(2001年の研修会基調講話『和合』)。「ずいぶん前に、アグニ・ヨガの教えの最初の本で、マイトレーヤはこう述べました。『人間の手によって、人間の足によって、新しい時代は築かれねばならない』。一つ一つの石が、一つ一つの煉瓦が、一歩一歩が、人間自身によってつくられねばなりません」

そしてキリスト・マイトレーヤからのメッセージの中で、マトレーヤご自身が人類の未来の仕事のこの側面について述べている。「わたしの到来はこの世を変換させる。しかし復興の主な仕事は、あなたがたによってなされねばならない。わたしは、計画の設計者にすぎない。わが友よ、兄弟たちよ、あなたがたが、輝ける真理の宮殿を喜んで築く者たちである」

(メッセージ第65信、1979年3月13日)