2018年11月号

 

-覚者より
先駆者たち
ベンジャミン・クレーム筆記

視点
国連気候パネル:
壊滅的な気候変動を避けるために、
2030年までに炭素排出量を速やかに削減しなければならない

エルダースは1.5度の地球温暖化目標の達成のために、 緊急の行動を要求する

ジェレミー・レント氏との会話
意味とつながりの探究
フェリシティ・エリオットによるインタビュー

S.O.P. (Save Our Planet)-われわれの惑星を数え!
我らの地球を救え:希望が持てる理由

世界情勢
ポスト成長会議:
科学者、政治家、政策担当者たちが新しい経済手法を呼びかける
ノーベル平和賞に、武器としての性暴力に反対する二人の勇敢な活動家が選ばれる
ジュリア・コンリー

民衆の声
ベルリンは抗議する:ファシズムに対抗する連帯
森林のための闘い一古代の森林を守る

時代の徴
世界中の徴
ハイカー3人と「イエス」との奇跡のような遭遇

グループ一アクエリアス時代の前方への道
ミニ・ハイアラキーとして働く(第3部)
秘教グループの中で正しく働くためには
石川道子 編集

法の支配
制度の正統性が崩れる
チャールズ・アイゼンシュタインによるシェア・インターナショナル誌への寄稿

編集長への手紙
光栄な出会い 他

読者質問欄
回答ベンジャミン・クレーム

 

先駆者たち

シェアインターナショナル誌の創刊以来、ベンジャミン・クレームの師である覚者は、毎月記事を提供してくださった。それは、書かれた時のみならず、世界の状況に応じて適切と思われるときにはいつでも掲載して良いようにである。実際これらの記事の多くは、それらが最初に掲載された時よりも今の方がより関連性があるように思われる。この記事は、最初2012年7/8月号に掲載されたものであるが、われわれの時代の大きな課題、つまり新しい基準と優先事項を確立するためにあらゆる分野で働く人々の努力で相殺しなければならない商業至上主義の影響、陰険で破壊的な力(フォース)について取り扱っている。ある者たちは絶えず知恵の大師方と接触を保っているが、一方他の大多数は、正義と正気に対する彼ら自身の意識から世界の必要にただ対処しているのである。

先駆者たち
──覚者より
ベンジャミン・クレーム筆記

今日、人類の中に、新しい文明を築く上での原則について、その輸郭を提供している男女がおり、その数は増大している。彼らはすべての国に見いだされ、新しいアクエリアス(宝版宮)の時代の特質を反映する教えを普及させている。彼らは人間生活のすべての分野に見いだされ、彼らの愛他的精神と人間の必要への鋭敏な反応によって認知される。彼らは先駆者であり、人類を、新しい時代を特徴づける体験に準備するために、先に送られたのである。彼らのうちの少数の者は、苦闘する世界を助けるための自分たちの使命とハイアラキーとのつながりを認識しているが、しかし、大多数の者は彼らの心(ハート)の激励と助けたいという願望からのみ働く。
彼らのアイディアは世界中にこだまし、準備の整った大きな一団が、人類の変化への要求とその変化が必然的にもたらす社会に対する含意を、声高に伝えながら働いていることが、間もなく多くの人々に明らかになるだろう。これらの変化は今日の人類の問題の中核、つまり“世界の安全を脅かす人間と国々の分離”に入り込む。これらの変化なしに、人間は破局の刃の上に立つ。人間生活のすべての様相に、拘束されることなく突き進む商業至上主義が人類種族を危うくする。
生存のための奮闘の中で、人間はますます不必要な存在として見られ、‘ドル(金)の追跡’の巨大なゲームの単なるコマ(将棋の歩のようなもの)にすぎない。どんな犠牲の上にでも勝ち取ろうとする強欲な競争のなかに、人間の信頼や社会の結合はどこにも見られない。人類はこの闘争の重圧にもう長く耐えることはできない。その中で、人々は、愛か、狂気の貪欲か、どちらかの立場を決める。
舞台の背後で、マイトレーヤと彼のグループはこの葛藤の炎を煽り、徐々に、ますます多くの人々が自分の取る道を見始めている。彼らはますます意志を固めて、変化への必要を大きく声に出し、その道を先導するビジョンを持つ男女の指針に従う。
かくして、マイトレーヤはすべての者の利益のために働き、人間が提供することのできる最善のものを助長し、人間が達成することのできる最高を示してくださる。ハイアラキーは人類の将来のためのこの重大な苦闘を、その結果に、すなわち貪欲と絶望感の両方の克服と人間の精神の勝利に碓信をもって、慈悲深く見守る。

 

ジェレミー・レント氏との会話

意味とつながりの探求
フェリシティ・エリオットによるインタビュー

ジェレミー・レント氏は、現在の持続可能性の危機へと文明を追い込んだ思考パターンについて研究する著作物の筆者である。また、人類が持続的に繁栄することを可能にする世界観を追求する非営利の「リオロジー研究所」の創設者である。著書として『パターン化する本能(The Patterning Instinct)』と『人間の魂のレクイエム(Requiem of the Human Soul)』がある。フェリシティ・エリオットが今年9月に彼と会話した。

シェア・インターナショナル(以下SI):本誌の読者は、5月号に掲載されたあなたの記事により、あなたのことをかなり知っているでしょう。そのタイトルは「文化的転換──実り豊かな未来へと人類の道を再び方向づける/より深いつながりの感覚に基づく新たな世界観を構築すべき時」です。人類は変わらなければならない、方向を変えなければならない、と示唆しているようです。支配的なメタファー(象徴)と、私たちが自分たちを定義する方法をおそらく変える必要があるだろう、と。
ジェレミー・レント:あなたが今おっしゃったことに少しだけ変更を加えたいと思います。私の見方は、人類が変わらなければならないということではなく、人間としての私たちの中核にある価値観をより忠実に反映するように、現在の文明の根底にある価値観が変わる必要があるということです。76億人いる私たちすべてを集団として見れば、私たちを本当に人間的にしてくれるものだが、この文明の様々な傾向によって私たちから切り離されてしまった本質的価値観と再びつながる必要があると思います。

SI:それは少しの変更以上のものですね。それはとても大切なことで、あなたのご意見はよく分かります。あなたが表現されているような、私たちの本質的価値観を再定義する必要についてもっと話していただけますか。
レント:私たちの文明は最も深いレベルで、「分離」対「つながり」というたくさんの層に基づいています。根底にあるこの「分離」対「つながり」という概念を見る必要があります。最初にどのように進化したかを見てみるなら、私たちを人間にする最初の出発点として考えることのできる確かな分離があります。分離した自己であることについての認識や、文化や言語を発達させ、道具を作り、自然界を支配し始める能力につながるような概念的意識の発達などです。

SI:ジェレミーさんはさらに、農業の発展に伴い拡大したような他の主要な分離の瞬間を描写しました。それはお互いや自然界からの分離を人々に経験させる原因となったものでした。しかし、主要な変化──つまり二元論的思考の隆盛──は古代ギリシャにおいて生じたと述べておりました。
レント:それは特異な一歩であり、その当時までのあらゆる他の思考と異なっていました。現実を分裂した宇宙として捉える二元論的な考え方でした。別の次元にある完璧で永続的な宇宙と、その一方で、汚れていて生き物が死滅する世俗的な領域があるという概念です。それは常に変転しており、そのために信頼することができません。プラトンはそうした概念を結晶化させましたが、彼だけがそうしたわけではありません。こうした初期の思想家とともに、人間もまた分裂しており、魂と肉体は分離しているという概念が生まれました。この永遠の魂が私たちを神と結びつけて私たちを完璧にする、それは不滅の存在であり究極の善である、といった概念です。それに対して、肉体は悪いものであり汚れています。死ぬとき、魂は肉体という墓から解放されます。そのようにして魂は再び永遠へと戻ることができます。このことが意味するのは、私たちが行う必要のあることは肉体を離れて魂を完成させることだという概念です。

SI:したがってそれは、分離があらゆる生活の様相に対して分極効果を及ぼしているという問題なのですね。
レント:はい。それに加えて、人間はこの分離を抱えているという概念と、私たちを神聖にするのは魂だということをいったん受け入れるなら、このような理性的な魂を持たない自然界の残りのものを見るとき、論理的にはそれ(自然界)を神聖ではないと考え始めなければなりません。これこそが、キリスト教の二元論的な宇宙論体系へとつながったのです。それは世界を神の聖なるドラマの一種の機械的な舞台と見なしました。肉体はまたもや分裂しており、魂は永遠の救済を求めようとします。一方、肉体はあらゆる種類の誘惑をもたらすものでした。したがって、それは別のレベルの分離と二元論でした。それは科学の革命へとつながりましたが、それもまた別のレベルの分離でした。そうした二元論的な思考からデカルトが生まれ、デカルトの考え方が生まれたのです。それは分離を全く新しいレベルへともたらすものでした。

SI:それはもちろん、必ずしも否定的なものではありませんでしたね。
レント:そのとおりです。科学の革命から生じたものが悪いと言おうとしているのではありません。あらゆる種類の驚くべき恩恵が、巨大な進歩がなされた数世紀の間にこうした概念から生じました。例えば、私たちはいま驚くべき知識を手にし、科学的な探求を行っています──それは途方もないことであり、それに対して大いに感謝してもよいでしょう。

SI:おそらく科学は幾つかの点で行き過ぎてしまった、もしくは、私たちの生活の特定の要素と様相を強調し過ぎてしまったと言えるのではないでしょうか。
レント:そうですね。科学は人間の力の感覚、自然界の見方のいっそうの不均衡にもつながりました。私たちは現在、自然界は機械にすぎないという見方をしています。

SI:さらに、私たちは自然界を支配し、征服しているという見方ですね。
レント:まさしくそのとおりです。私たちは征服します。基本的に、自然界は私たちが調査し、その中の細部に至るまで理解し、それから征服するための機械となっています。

SI:こうした概念を他者や他国、他の文化に広げていくのは容易だったのですね。
レント:はい。それは世界の残りの部分を「征服する」ことへとつながりました。そのため、ヨーロッパ文明は、自分たちが動物とはかなり異なっているのと同じくらい、他の文化とかなり異なっていると思い込みました。そして、他の文化は「原始的」だと見なされました。

SI:そして劣っていると見なされたのですね。
レント:他の文化は啓蒙される必要があり、この自分たちのレベルまで引き上げられる必要があると見なされました。したがって、経済的な観点からは信じ難い不均衡のある世界へと今やつながっている不均衡が見られるわけです。世界の最も裕福な6人が世界の全人口の貧しい方の半分と同じくらいの富を所有しています。
さらに、もちろん、私たちが環境の中につくり上げてしまった不均衡も指摘すべきです。気候崩壊による災厄が迫っているだけでなく、森林破壊から始まって海洋生物の絶滅、急速なペースで進む飲料水の枯渇、表土の喪失に至るまで、非常に多くの持続不可能な状況があることを私たちは今や知っています。それは目に見える実質的にほとんどすべての場所にあります。「オーバーシュート(行き過ぎ)」と言われるほど、地球の資源を破壊しています。文明の崩壊となるかもしれないものへと、あるいは裕福なエリート層の分裂と、残りの人類にとっての本質的な崩壊へとつながるかもしれないものに向かって突き進んでいます。

SI:実際に、その分裂、二元性の結果を目にしています。それは、あなたが描写されたように歴史を通じて維持され変化してきたものです。そして今は、両極端に面と向かい合う時点にいます──惑星の資源の極端な乱用、富とひどい貧困という途方もない両極端です。何かが変わる必要があるのは明らかです。
レント:私たちのほとんどは、文明の崩壊というアイディアを目も当てられない状態だと見なすでしょう。この文明に批判的な者たちでさえそうでしょう。崩壊に由来する大量死と人類史上最大の災厄を実際には誰も目にしたくありません。私たちのほとんどは、裕福なエリート層を別にすれば、このような分岐については根本的に道義に反するものだと感じるでしょう。人類の大半はこの崩壊をただ耐えるしかない一方で、少数の大金持ちは自分たちが期待するテクノユートピア(科学技術による理想郷)へと引きこもるでしょうから。

SI:事態がそのような成り行きをたどる必要はありません。たぶん、それによって人類は団結するのではないでしょうか。
レント:もし中核にある基本的な人間的価値観から始め、他の人々と相互につながり合っていることを認識し、私たちが実際に自然界の一部であることを認識するならば、私の考えでは、ある枠組みを発達させることができます。それは私がますます考えるようになってきているもの、私が「エコロジカル文明」と呼ぶものの枠組みです。言い換えれば、自然界とのつながりの感覚の上に築かれる違った種類の文明です。その文明においては、人間は自然の生態系の中で独特であるけれども持続可能な役割を担っていることが認識されます。そのようにして私たちや周りにいる人々は、自分の潜在能力を最大限に発揮することができ、しかもガイアの生態系全体が栄えることができるような社会を創造するために働くことになります。それは私たちが行く必要のあるところです。

SI:私たちが完全に相互につながり合ったシステムの一部分であることや、惑星そのものを含めて地球上のすべての生命形態は相互に依存し合っており生きていることを、大勢の人々が当然だと受け止めています。認識の変化の引き金を引いているものは何でしょうか。自然界を搾取し誤用してきた悲劇的な状況にただ目覚めたということなのでしょうか。
レント:この新しい目覚めをつながり合いの感覚へと導く、三つの関連し合った根本要素を見てみるならば有益かもしれません。そうした要素の一つは、世界システムが機能していないという単純な事実です。それは破綻しつつあります。新しい世代の人々はこのことを理解しています。共に育った自然の美が失われ、打ちのめされたように感じる人々がいます。その美が壊されているのを目にします。それから、この不平等な世界経済システムがとても大きな人間の苦しみを引き起こしている有り様を目にします。そうした苦しみは、不正義に抗議するように新しい世代の人々を駆り立てています。これは人種差別主義者の台頭、部族主義的な思考型という形でのいっそうの分離へと、別の極端へとつながる可能性があります。人々は現在進行中のことに非常に不満を抱いており、どちら側にも行く可能性があります。分離主義を徹底しようとする者もいれば、新しいシステムが必要だということを受け入れる者もいます。現在のシステムへの不満が一つの主要な原動力です。
私たちがたぶんあまり認識していない別の要素もあります。この世代は、いにしえの時代から発達してきたあらゆる世界的な知恵の伝統を、より深い方法で実際に利用することができる最初の世代です。(およそ100年前に遡ることですが)西洋の少数の先駆者が発見した土着の知恵や仏教の伝統、道教やベーダの伝統です。彼らは教えを一種の「東洋主義」へと美化し、それをあまり現実的でないものへと変えてしまったかもしれません。しかし、現在の世代は、こうした非常に多くのアイディアが相互につながり合うようになった世代です。それは代替的な思考方法を探し始めるすべての人が入手できるものです。何千何万年も前からの全人類の知恵を入手できるようになったことは、人類の意識を引き上げることにおける途方もなく大きな変化です。
三番目の原動力は現代科学のシステム思考の隆盛です。科学的な観点から言えば、科学の偉大な進歩の多くは還元主義を通して生じました。還元主義は基本的にこう主張します。最小の不可視の部分へと還元することによって自然界を最もよく理解し、そうした部分がどのように機能するかを確かめ、それから自然界を再構築することができる、と。それは目を見張るような成功であり、多くの異なった方法で物事を理解するための偉大な象徴となっています。それはまた、それ自体の成功の犠牲者となっています。人々はそれを存在論的な信念体系と受け止めているからです。全宇宙を、無作為にお互いにぶつかり合う別個の部分のまとまりにほかならないと見なします。物事をこのように見ることによって、別の科学的な理解の要素、つまり、つながりの科学を見落とします。現代においては、これはときどき「科学」対「信念」として定義されます。

SI:そうですね、それは「宗教の価値観」対「科学的な世界観」というように、二つの根本的に相反する立場の間の衝突と見なされます。この議論に関してあなたはどのような見解をお持ちですか。
レント:私はとても異なった立場を取ります。私は科学そのものを、幾つかの世界の見方を取り入れ、世界についての知識を増やすために仮定や透明性、検査、理解という概念を取り入れる手続きの方法論と見なします。それは人類の偉大な発展と達成の一つです。しかし、科学はシステム科学を通して表現され得るものです。それは、私たちが複雑思考、システム生物学、ネットワーク科学、カオス理論のように物事を見る場合です──すべてのこのような異なった理解の仕方が、物事がいかにつながり合っているかを検証しています。いかに物事がつながり合っているかを見るとき、還元主義的な方法とは非常に異なった世界との関わり方を思いつきます。物事がつながり合っている様は決して完全には予測できないことが分かります。そしてこのシナリオにおいては、私たち人間が物事を理解しようとするとき、私たちは事実、その中での担い手であります。ですから、物事を理解しようとする方法そのものと私たちが行うことが、この全世界的なシステムの一部となるのです。

SI:それについてはあまり知りませんが、観察される現実のものに対して科学者や観察者が影響を及ぼすという量子力学的な考えのことをあなたは言っておられるのだと思います。
レント:はい、そうです。私たちは演技者であり担い手であり、システムの一部です。そして物事を完全には予測することができませんから、それは謙虚さへとつながります。私たちの行動が予測することさえもできないほど深く浸透するということを受け入れるからです。それは世界にある人間についての非常に異なった見方や、この相互につながり合ったウェブ(網)の一部であることを経験する非常に異なった方法へとつながります。こうした異なった要素──現在のシステムの破綻への不満、何千何万年も続く人間の伝統から入手できる知恵についての知識、現代のシステム思考の発見──を一緒にするとき、それらは重なり合うことが分かります。私の考えでは、すべてのうちで最もわくわくすることの一つは、現代の科学的な理解を知恵の伝統の偉大なる発見と統合させるという可能性であり、そのようにして本当に持続可能な、つながりに基づいた世界観をつくり出すことです。

私はここで、2050年に設定された想像力豊かな短編映画をいかに楽しんだかについて触れた。これはジェレミー氏が「大いなる変容、つまり私たちは、いかにして(かろうじて)気候災害を回避したのか」※ と呼ばれる彼のウェブサイトのためにつくったものである。それはユーモアを交えつつも深遠な内容を伝えようとしており、現在の危機の原因となっている様々な要因を浮き彫りにしている。私たちはこの映画について簡単に話し、私は彼が映画の中で提示しているネットワークシステムについて聞いた──それはまたしても、つながり合いと密接に関連し、未来との関係性を持っている。彼はそれについてさらに詳しく述べ、相互依存と「相互存在」について話した。この「相互存在」という言葉はティク・ナット・ハン(ベトナム人の仏教徒、教師、作家、詩人、平和活動家)による造語である。

レント:それは私が「意味のウェブ」と呼ぶものを提供します──つまり、物事は私たちの理解という観点から、あるいは人類が変化を起こすために一緒に活動することができる方法という観点からお互いにつながり合っているだけでなく、意味そのものが私たちのつながりの一つの機能として生じるということです。私にとってこれは全く根本的なものです。私が『パターン化する本能』という本のために調査したときに得た洞察の一つは、私たちが自らの存在から創造する「意味」は、文化を動かし歴史を形づくる価値体系につながるものだということです。

ジェレミー氏は、人々や物体や場所に意味を付与しているつながりについての理解に関してさらに詳しく述べた。つながりがもっと多くなれば、意味ももっと多くなるという。

レント:もし全世界的な相互のつながりの感覚から意味をくみ取るとすれば、私たちが行おうとすることはその感覚に基づくことになるでしょう。私たち自身と宇宙との最も深いつながりの源としての霊的な意味を見ることもできます。誰かが人生は無意味だと感じるとき、それはしばしば、他者や環境とのつながりの感覚を全く持たないことにさかのぼることができます。つながりは、私たちが人生から意味を取り出すことのできる源であります。それはまた、私たちが下す決定や人生において抱く価値観を後押しする場合があります。例えば、私たちが行う選択、毎日すること、属する集団や組織、世界において起こそうとする変化などです。

※ www.youtube.com/watch?v=H0VsHViz
M6Y&feature=youtu.b

このインタビューの第2部は、本誌12月号に掲載される予定である。

世界中の徴

世界中の徴

アイスランド──2018年9月7日、アイスランド、レイキャビクの目撃者がUFO型の雲を夕刻に撮影した。(mufon.com)

2012年12月、サンフランシスコ現代アート美術館の壁に現れた光の模様。アメリカ、サンフランシスコ、モンテ・リーチ氏提供。

ハイカー3人と「イエス」との奇跡のような遭遇
アメリカ、アリゾナ州のフェニックスで3人の大学生がハイキング途中で奇跡のような体験をした。2018年10月に地元のテレビ局が報じたもので、アリス・ミラーさん、ジェン・ヴィックマンさん、キャッシー・サンチェスさんがドリーミードロー山を登山中、彼らは何か尋常でない人物が頂上にいるのに気づいた。「自分たちはその男のシルエットを見ただけです。彼は長髪でローブをまとっていました」とミラーさんは語った。「見上げてみると、なんとまるでイエスのようだったんです」とヴィックマンさんは言った。驚きと好奇心でこの若い女性たちは山を登り続けた。しかし、その姿は明らかに消えてしまっていた。彼女たちが頂上へたどり着くと、今度は岩の間に封筒を見つけた。そこには「あなたは天使を信じますか?」と書かれていた。
封筒の中にはカードが入っており、このように書かれていた。
「もしあなたがこの贈り物を見つけたなら、おめでとう。どういう訳かあなたはこれを見つけることになった。この特別に祝福された岩は、私にとって格別のものだ。自分は私のイエス岩と呼んでいる。私がこの岩に立って天の父にすべての栄光を捧げるので、聖霊は私にとても良くしてくれる。ここは特別な場所、あなたがこの素晴らしく祝福されたこの地を見つけたことに私は興奮している。神があなたを今日導いたように、彼は私をこの岩へ導いたのだ。この祝福が誰のためのものであるかは神のみぞ知る。あなたはキリスト教信者かもしれないし、そうでないかもしれない。しかしながら、神はあなたの人生に素晴らしい計画を持っている。いずれにせよ、あなたがこの贈り物によって疑いなくこの場所へ導かれた祝福に私は祈ろう。そして聖なる父によってあなたに特別な種が撒かれたことを私は知っている。コーリー・アズベリーが『Reckless Love』で歌うように、彼に照らせない影は無く、あなたを追って登れない山もない」
そのメモは旧約聖書3章5節と6節の箴言で締めくくられた。
「心を尽くして主に拠り頼め。自分の悟りにたよるな。あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる」
この言葉以外にも彼女たちはあるものをカードに見つけた。「100ドル札が3枚入っていて、そこにいた私たちもちょうど3人でした」とミラーさんは言った。手紙には「J」とサインされていた。
「奇跡だと思いました。まるで主が私たちに語り掛けているようで」とミラーさんは語った。彼女たちはこの体験が最も直感的な体験の一つとなったこと、また他の人々にも同様に何かを与えるものであって欲しいと語った。
「みんなに希望を与えるものであって欲しいです。善い人々がいることを期待します。そして主は、あなたが気づこうが気づくまいが、あなたのために働いてくれています。祝福がいつでも訪れますように。予期せず山の頂上で私たちに訪れたように」とミラーさんは語った。
封書の中に入っていた100ドル札については、彼女たちは「持った人が祝福されるように」寄付する予定だ。   (coasttocoastam.com; azafamily.com)


2018年9月30日、NASAの太陽圏観測衛星によって撮影された写真には、巨大な光る円形の物体が太陽の表面から出現している。

2018年6月17日、スイス、ベルン近くのバッグウィルグラーデンで報告されたミステリーサークル

 

光栄な出会い

光栄な出会い
編集長殿
米国に戻る飛行機に乗るため、アムステルダムのスキポール空港へのタクシーに乗っていた時、運転手と長い会話を交わしました。私がなぜオランダにいるのか、つまりシェア・インターナショナルの伝導瞑想研修会に参加するためでしたが、それを説明したところから会話が始まりました。私はシェア・インターナショナルとは何か、伝導瞑想とは何かを説明し、マイトレーヤや知恵の覚者方、ブラヴァツキーやベイリー、クレーム氏のことまでの再臨のメッセージについて、世界資源の分かち合いなどについても伝えました。運転しながらも、そのタクシー運転手は会話を続けてくれて、質問やコメントをして、私が話していることに興味を示してくれました。
私たちは様々な時事問題も話し合いました。ある時、彼が社会的経済的不平等や、移民やマイノリティーの人たちへの対策などについて話をして、この辺りでも他の地域でも世界の変化への鍵となるのは米国であると言い、なぜなら世界の模範をつくることになるからということでした。彼は他の国々は米国がどうするか決定するのを注視していて、米国の行動を真似ると言いました。私は同意しましたが、正しいことを行うのは各国が決めることでもあると言いました。彼は再び繰り返して、他の国々が米国のリードに従うのだから、世界の模範を築くことにおいて米国がいかに重要かを語りました。
空港への道中で、彼がどこの出身か尋ねると、彼はカシミールだけれども、何年もオランダに住んでいると言いました。
分かち合いについて話していた時、ガンジーの言葉で「すべての必要を満たすのに十分なものがあるが、貪欲を満たす分はない」というのを思い出そうとして、代わりにそういう内容で言い換えて伝えました。彼は言い換えた言葉に賛同してくれて、その日(10月2日)がガンジーの誕生日だと教えてくれました。
私がタクシーを降りる前にもう少し伝導瞑想について話をして、世界の福利のために行われていると伝えました。彼が世界とは私たちを取り巻く人たちを包含するものであり、平和の感覚を持っている人は、花の香りのように他の人たちによって感知されるものだと言いました。
彼が興味を示してくれたので、私の持っていたオランダ語の伝導瞑想の冊子を渡しました。彼は快く受け取ってくれました。
私は彼の名前を尋ねました。「イムラン」と彼は答えました。「どういう意味ですか?」と私は尋ねました。「『村の王』という意味です」という答えでした。彼が私の名前を尋ねてきて、私の名前は私に似合っていると言いました。その時は彼が意味したことがよく分かっていませんでしたが、後でその言葉を考えた時、私の名前についての最近の会話に関係していると思えて、私は「小さな丘」を意味していると思っていたのに対して、誰かが本当の意味は「山」だと言ったのです。
タクシーを降りる時、私は幾分かしこまって、もしかして再び私がアムステルダムに来た時などに、いつかまた連絡を取れるだろうかと言いました。彼はその日の朝、私の携帯電話に(私を迎えに来ている途中だと伝えるために)電話をしたことをちゃんと覚えていて、そういう訳で私には彼の電話番号が分かっていたのです。つまり彼は、私が電話番号を知っていることを強調して、さらに繰り返してくれたのかもしれません。その言葉を後で考えた時、それは最近のシェア・インターナショナル研修会で、代弁者の方たちが実際に電話番号を教えてくれることがあるという話に関係があると思いました。
結局のところ、私は興味深い思いを感じながらタクシーを降りて、「村の王」イムランとの長い会話によって高揚した気持ちでした。
モンテ・リーチ
米国、サンフランシスコ

すべてはそのために

編集長殿
2018年9月に、私はヨーロッパ伝導瞑想研修会に三度目の参加をしました。ケルクラードの列車の駅を出た後、道に迷ってしまい、やっとのことで近くの森を抜けて修道院に行きつきました。私は道中を楽しんで歩き、できるだけ何度もこの森に戻ってこようと心に誓い、その後毎日そうしました。
2018年9月29日のミカエル祭の日に、私はこの森での散歩に出かけました。午前中の集会を終えてからで、議題は「オープンであること」でした。
太陽が輝き、雰囲気は平穏そのものでした。すぐに放浪者のような人物がいるのに気づいたのです。彼は50歳くらいで、ペットボトルの入ったビニール袋を積んだ自転車を押して歩いていました。彼は勇敢そうで、喜びに溢れ、見るからに活気があり、生きることに幸せそうで、地味な服装にキャップを被っていました。何か磁力的で素朴な感じが彼から放たれていました。
普通で当たり前の「ハロー」の後で、その男性は即座に私に向かって、完璧なフランス語で話しかけてきました。私が口に出したかどうかにかかわらず、彼についての質問に答えてくれて、その地域中を歩き回ってボトルを集めていて、リサイクル用に25セントのお金になると言っていました。また彼には他の収入源もあるので、世界の人々や文化を知るためにたくさん旅行できると言って、155ヵ国を旅したとも言っていました。また彼の妻は彼に丸1年出かけるように勧めてくれたそうです。彼は数本のビールを飲んでいたことをわびていました。
彼から私がそこで何をしているのか尋ねられて、研修会やマイトレーヤ、キリストなどについての私の短い説明に納得してくれたようでした。それから彼は私をじっくりと見つめて、私がポルトガル系であること(事実)や、様々な他の話もしましたが、事実なのか、何を意味するかは私にはわかりませんでした。
私の態度や外見からはそのような推測はできないはずだったので、私は彼にどうやってそのようなことすべてがわかったのか尋ねました。彼はそうしたことについて本を読んだと言い、「私たちは大地から来て、大地に帰るのだ」と言って、さらに「書かれているものを読むことが十分なので、空にあるものを読もうとする必要はない」(あるいはそれに似たこと)と言っていました。もし彼が自分を『クリスティアナス』と紹介しなければ、そして近くのオランダの町の『パレスチナ通り』に住んでいると言わなかったなら、これは普通の出会いのままだったのかもしれません。
私がもうすぐフランスに帰ることになると知って、次に再びこの研修会に私が来た時に会って、彼が南アフリカから戻っていたら一緒に過ごそうと言われました。
彼が私に電話番号を口伝えしてくれて、それを急いで書き留めたのはその時のことでした。それでこの日が私の記憶に刻み込まれているのです。この出会いは時を超えた資質を持つものです。研修会の他の二人の参加者も、ある時点で私たちの会話に加わって、この人物と一緒にいました。彼が何者なのかはミステリーのままですが、自分なりの考えは持っています。誰もが自分自身でそうすることでしょう。
ギヨーム・リバル
フランス、アンティーブ

フレンチ・コネクション

編集長殿
オランダのケルクラードでのヨーロッパ伝導瞑想研修会で、メンバーの一人と一緒に修道院の隣にある森で散歩していた時、二人連れに出会いました。男性の方が私を見て、「ハロー、パスカル」と言いました。彼は私と同じくフランス人でした。私はこれまで彼に会ったことはありませんでした。彼が私の名前を知っていたことにびっくりしました。
ありがとう。
パスカル・ブラシェット
フランス、トゥールーズ

 

読者質問欄

Q 不朽の知恵の教えは誰に所属しているのですか。誰が促進しているのですか。
(ドイツ、ミュンヘンでの講演、2007年10月20日)
A 私たち(シェア・インターナショナルとその協働者)が所有しているのではないことは確かです。教えは、進化において私たちのはるかに先を行く人々の一団によって与えられています。知恵の覚者方であり、慈悲の主方であり、霊的ハイアラキーです。

Q あなたと覚者方はなぜこの仕事をするのですか。
A 今日と明日の世界のために世界を準備するためです。

Q あなたの言う覚者方や不朽の智恵について多くの人々が知っていると思われますか。
A 驚くべきことに、これが私たちの時代について非常に本質的な情報であり、覚者方が弟子を訓練する上での重要性と目的についての大切な情報であるにもかかわらず、これらの教えが存在することを知っている人々は非常にわずかです。私には途方もないことに思えますが、世界で最も重要なグループである知恵の覚者方、非常に進化しているためにもはやこの地上にいる必要すらない方々が、人目につかず静かに仕事を行い、地球の65億の人々(2007年当時)が彼らの存在について全く何も知らないのです。世界のほとんどの人々は彼らについて聞いたことすらなく、その仕事について何も知りません。それはあり得ないことに思われます。人々がこれらの教えを知らないなどということがどうしてあり得るのでしょうか。神智学やアグニ・ヨガの本を扱う書店に行けば、信じられないような知恵の書かれた本を見つけることができるのですが、人々はそうしません。今日の人類の意識とはその程度のものです。私たちはあまりにも物質主義に傾倒しているので、世界に与えられた最も重要な書物がただ無視され、大半は知られていません。もちろん、今起こっている途方もない出来事と共に、この状況は変わるでしょう。

Q 紛争や戦争や至るところの苦しみの中、すべてが絶望的に見えます。覚者方はこの状況についてどうお考えですか。
A 私たちは世界の出来事についての重要性を想像します──アフガニスタン、イラク、シリア、ブッシュ大統領、ブレア首相、それから地球上で終わりがないように見える恐ろしい状況など。しかし覚者方にとっては、これらの事は束の間の出来事であり、事実そうなのです。私たちはすべてを平面的に見ています。メディアに耳を傾け、パキスタンやイラクやその他の場所での恐ろしい出来事を耳にして、物事は悪化していると考えます。ますます多くの戦争と戦争の脅威、パレスチナのさらなる苦難など。そしてある意味で物事は悪化しています。しかし、覚者方は世界を異なった風に見ます。彼らは多次元的に見ます。物質界における出来事だけでなく、すべての階層をご覧になり、上のレベル、彼らの働くレベルにおいて起こっている変化を見ます。そしてその変化が階層を降りて支配的になる様子を見ます。私たちは物事の悪い流れしか見ませんが、彼らは良い流れを見ます。悪い出来事が起こっていないとは言いません、それは起こっていますが、彼らはより良い流れを見ているのです。これは高次のレベルではより支配的に、効果的に起こっており、物質界にまだ凝結化していないだけです。
もし覚者方がこれらを知っているならば、彼らはなぜブレア首相やブッシュ大統領のような人々が戦争を起こして世界に害を与えることを防がず、それが起こってから状況を緩和しようとなさるのかと、人々は疑問に思うかもしれません。それは合理的な疑問です。しかし、それは原因と結果の法則(カルマの法則)を完全に誤解していることを示しています。覚者方はなぜ戦争を防ぐために介入されないのでしょうか。それは、そうすることが許されないからです。それは自由意志の法であり、それなしには私たちは進化し成長することはありません。彼らにとってそれは神聖不可侵なものなのです。
進化するためには、私たちは自由意志の現実を理解し、自分の行動に責任を持たねばなりません。私たちは皆、地球で起こることに責任があります。「私ではない、ブッシュ氏の責任だ」とあなたは言うかもしれません。そうです。しかし私たちは彼を止めるために何をしましたか。ブッシュ氏を止めるために何かしましたか。ドイツは彼を止めるために何をしましたか。あなた方はドイツで一定の影響力を持っています。人々は自分の行動に責任を持たねばなりません。自分の個人的な行動にも、他人の行動にもです。言い換えれば、人類は目覚め、行うべきことと行うべきでないことについて政府に働きかけなければなりません。

Q なぜ女性の覚者はいないのですか。
A ベンジャミン・クレーム:現在のところ、女性の肉体を持った覚者はいません。覚者方は、ある意味では、男性でも女性でもありません。彼らはこの二つの側面を完全に均衡のとれた状態で持っています。魂の界では性別はありません。つまり男性も女性もないのです。そこでは、単に二つの極性を持った一つのエネルギーがあるにすぎません。電気の場合と同じように、一つは陽性でもう一つは陰性です。それらは極性を持つ同一のエネルギーです。覚者は完成された魂です。したがって、男性と女性の両方の側面を均衡の取れた状態で保持しています。しかし、彼らが肉体を採るときには男性の肉体を採用します(すべての覚者方が肉体を持っているわけではありません。現在、覚者方の3分の2程度、約40人が濃密な肉体を持っています)。それは、彼らが非常に強力に賦与しているエネルギーを(それらは男性的で、霊的な側面を持つものですが)世界につなぎ止め、現在の世界に顕現している強力な物質的な側面に関連付けるためです。これは、この惑星が到達した進化のレベルと関係があります。350年から400年も経過すれば状況が変わって、女性の肉体を持った覚者も現れ、男性の肉体を持つ覚者と女性の肉体の覚者との間のバランスが見られるでしょう。
これは女性に対する、あるいは女性の側面に対する偏見とは関係ありません。むしろ逆に、覚者方は女性解放運動を背後で刺激しています。彼らは、この新しい時代においては、女性が男性と完全に対等な地位を占めることが重要であると見ています。この新しい時代はターラの時代、つまり母性の時代として知られるようになるでしょう。マイトレーヤの時代は、母性の側面が顕現する時代です。女性とは母性であり、養育者としての側面です。それは子供たちを、家族を、文明を養育します。諸国家もまた男性あるいは女性に分類されます。女性的特徴を持つ国家は文明の座です。したがって、女性が社会生活の面で対等な立場でその役割を完全に果たすことが重要なのです。西洋においては、このことはかなり達成されています。しかし、悲しいことには、アジアの大部分の地域ではこのことはほとんど実現されていません。しばしば、女性はほとんど家財道具と同等なものと見なされています。大きな変化が起こらなければなりません。女性解放運動が覚者方によって鼓舞されたのはそのためです。 (『マイトレーヤの使命 第Ⅲ巻』)