カテゴリー別アーカイブ: 編集長への手紙

編集長への手紙

シェア・インターナショナル誌には、未掲載手紙の保留分が多数あり、それらはベンジャミン・クレームと彼の師によって、覚者方あるいは「代弁者」との本物の出会いであると確認されたものである。その他の掲載された手紙は新しいものであり、覚者が関わっているかどうかを確認すること、もしくは示唆することもできないが、読者の考慮のために、これらの手紙は提供されている。

美しい挨拶

次の2通は同じ人物からのものです。

(1)1977年の夏に、私はイタリアのサン・ダミアーノ教会まで巡礼の旅をしていました。2台の長距離バスに日本人がたくさん乗車していました。教会へと歩いて向かっていた時には私一人だけで、20メートル離れた場所に立っていた一人の日本人女性以外に、周囲に誰もいませんでした。その女性は背が高くなく、顔が完璧な卵形で、黒髪に栗色の瞳をしていて、白と赤と金色の日本の着物を着ていました。彼女は私に微笑みかけてきて、深く三度もお辞儀をしたのです。私はびっくりして、彼女が笑いかけているのが私なのかどうか確かめるために、後ろを振・阨ヤりました。実際のところ、彼女と一緒にいたのは私だけでした。向き直ると、その美しい女性は去っていました。
 あなたの師は彼女が誰だったのか教えてくださいますか。彼女からのメッセージは何でしたか。

【ベンジャミン・クレームの師は、その『女性』がマイトレーヤであったことを確認した。メッセージはなかった】

違っても同じ

(2)4年前のイースターの日に、膵炎による17日間の昏睡状態と一度の臨死体験の後、病室の壁に目をやると、栄光に満ちたキリストの半身像が私に微笑んでいたのです。彼の姿はキリスト教絵画にあるような特徴があまりありませんでした。彼はどなただったのでしょうか。イエス覚者でしたか。

アンヌ・ジラン ベルギー、ルタンヌ

【ベンジャミン・クレームの師は、それがマイトレーヤの像であったことを確認した】

真の美

 2008年に姉と私はシャルルロワの病院から帰るところでした。左側の、私たちから15メートル背後に40歳くらいの女性の姿が見えていました。彼女はアフリカ人のようで、身なりが良くメガネをかけていて、宝飾品を身に付けていました。
 私の姉は歯のことで歯科医から言われたことを心配していました。私はできる限り慰めようとして、彼女には良い両親と、困難な時には常に支援する用意がある妹がいることを伝えました。私たちがカルマや受容について話していた時、その女性が私たちに声をかけてきました。彼女から、この憎悪と暴力の世界で、私と姉の周りを囲む愛そのものを見ることができるのはとても素晴らしいことで、その愛は大変美しく、気持ちが安らぐと言われました。彼女に母と娘かと尋ねられました。私たちは姉妹だと答えました。彼女は神の祝福を願ってくれました。彼女にお礼を言って、私たちも彼女に神の祝福を願い、良い一日でありますようにと伝えました。
 私たちはとても感動し、驚いてもいたのです! 私たちが後悔したのは、姉と私の間に愛が存在していたのを、私たちを知らずに彼女がどうやって見ることができたのか尋ねなかったことです。彼女を見つけようとしましたが、彼女はいなくなっていました。彼女は覚者だったのではと思いました。

アニー・ジョルジュ ベルギー、シャトレ

【ベンジャミン・クレームの師は、その『女性』がイエス覚者であったことを確認した】

編集長への手紙

シェア・インターナショナル誌には、未掲載手紙の保留分が多数あり、それらはベンジャミン・クレームと彼の師によって、覚者方あるいは「代弁者」との本物の出会いであると確認されたものである。その他の掲載された手紙は新しいものであり、覚者が関わっているかどうかを確認すること、もしくは示唆することもできないが、読者の考慮のために、これらの手紙は提供されている。

光の祝福

 2009年10月にダミアン神父の列聖のためにローマを旅行中、サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂で写真を1枚撮影しました。自宅で写真に、二人の人物が歩いているのを思わせる光の線があるのに気づきました。私が教会に滞在していた間、信徒席には祈りを捧げている男性が一人いました。写真には彼の姿が見えていませんが、彼の座っていた場所に(写真を撮った時、彼が確かにそこに座っていたことは分かっています)、光が見えているのです。私が教会にいた間中ずっと、その男性はそこに座ったままで、別の写真では彼が信者席に座っているのが分かります。私はそこで祈り、すばらしい平安を体験しました。
 オランダのアーペルドールンから参加した私たち5人は、アントワープ・エギディウス信者会が、ホームレスや難民、アフリカでのエイズ問題や世界平和に取り組むことを目的としているローマの信者会と会合するための巡礼の旅に同行しました。ローマでは週に3回、無料の食事が多くの人々に提供されていて、年老いた人々のためのホームや知的障害者のための施設もありました。アントワープとブリュッセルでも、無料の食事がホームレスや難民の人たちに提供されており、貧しい地域出身の若者たちのための平和の学校もあり、ユダヤ教徒とイスラム教徒、キリスト教徒の間で対話が進展中でもあります。ローマやアントワープの信者会の例にならって、アーペルドールンの私たちも、ダミアン神父がハンセン病患者に献身的に尽くしたように、同様の活動を行っています。私たちの時代のハンセン病患者は、見捨てられた人々でもあり、ホームレスや年老いた人たち、エイズに苦しむ人たちや薬物中毒者といった人々です。私たちは友情と連帯の気持ちで彼らと親しくなりたいと思っています。
 ダミアン神父の列聖は、50年にわたって存続しているローマの信者会と出会う機会であり、アーペルドールンでの私たちの活動の育みとなるものでした。願わくば、写真の光の徴が、私たちの活動と世界のエギディウス信者会の活動への、祝福であればといいと思います。

ロナルド・ダスホルスト
オランダ、アーペルドールン

二重駐車

 2007年12月23日に、車でグループの伝導瞑想会場に向かっていた時、突然小型の黒い車が目の前に現れ、郵便ポストの横に停車しました。その隣にメンバーの車があったように見えました。その袋小路には他に車はありませんでした。小型の車から若い二人連れが降りてきて、手を振ると散歩に出かけていきました。私が私道に乗り入れると、他に止まっている車はありませんでしたが、二人のメンバーが瞑想室にいました。
 瞑想後、参加していた他の二人のメンバーの車のうちの一台が、若い二人連れの駐車した場所に止まっていたのを見て驚いたのです。そのメンバーの車はやはり同じ場所に止まっていました。あの若い二人連れを見たのは、私だけだったと気づきました。
 彼らのことが頭から離れず、立ち止まって話しかければよかったと思っているので、誰だったのか教えていただけますか。

ジーン・ドサード
米国、バージニア州バージニア・ビーチ

【ベンジャミン・クレームの師は、その『若い二人連れ』がマイトレーヤとイエス覚者であったことを確認した】

軟着陸

 1997年10月に妻と私は、当時87歳だった私の母に会うためにミネソタに戻りました。母は1カ月後に亡くなりました。
 母からその冬の普通でない体験についての話を聞きました。母によると、食料品の買い出しに行く途中、雪や氷がまばらに残った食料品店の駐車場に車を止めました。歩き始めると、突然ちょうど足元にあった氷の上で足が前にすべってしまい、真っ直ぐに地面に落ちて、臀部を打ったということでした。そこにいた二人の男性がすぐにやって来て、立ち上がるのを助けてくれました。そのうちの一人は「とても親切な男性」で、食料品店の入口までずっと付き添って、母が大丈夫かを確認してくれたそうです。私は転んで怪我をしたのか尋ねましたが、「いいえ、ふんわりと転んだから」と言われました。
 転んだ時の助けがあったのではと疑問に思ったので、その男性たちを以前見かけたことがあったか尋ねました(母は小さな町に住んでいます)。返事は「いいえ」でした。その後彼らを見かけたかを尋ねました。再び、返事は「うーん、いいえ」でした。母は奇跡や覚者方についての話を信じないだろうと思ったので、私はただ微笑んでうなずいていました。その後、その男性たちがイエスとマイトレーヤで、駐車場を歩いて店のドアまで付き添ったのはマイトレーヤであったことを、ベンジャミン・クレーム氏の師が確認されました。私は大喜びでした!  私の母は亡くなる前にマイトレーヤにお会いしたのです!

匿名希望
米国

編集長への手紙

シェア・インターナショナル誌には、未掲載手紙の保留分が多数あり、それらはベンジャミン・クレームと彼の師によって、覚者方あるいは「代弁者」との本物の出会いであると確認されたものである。その他の掲載された手紙は新しいものであり、覚者が関わっているかどうかを確認すること、もしくは示唆することもできないが、読者の考慮のために、これらの手紙は提供されている。

光のハート

 マニュエル・マガリャエスさんが撮影したハート形の写真(本誌2021年8月号)を見て、この写真をシェアしようと思い立ちました。この光でできたハート形は、2016年7月19日に自宅の居間の天井に現れました。1977年にマイトレーヤが現代世界にお入りになって以来、毎年その日には、いつも『記念日のお祝い』をしてきました。
 光の源を見つけようと両腕を振り動かしてみても、どこから来た光なのかわからないままでしたが、その時間にまだ太陽は出ていました。時折それが再び現れるので、私はいつも見るのを楽しみにしています。

アン・サリバン
米国、ニューヨーク州ロングアイランド

帰還の旅

 (1)1944年10月4日、ソビエト軍の侵攻のために私の家族はラトビアからドイツへ逃れ、ブランデンブルク・アン・デア・ハーフェルにある難民キャンプに連れて行かれました。そこにいた間、工場で勤務する人もいました。私は電気通信の訓練を提供されました。ちょうど15歳の誕生日を迎えるところでした。ドイツで2週間経つと、他の女の子たちのグループ(約20人)と共に、ドイツ東部のバルト海岸にあるリューゲン島に送られました。そこに到着すると、どのような訓練も受ける予定になっていないことが分かりました。私たちは溝を掘るか、あるいは同様の骨の折れる他の仕事をすることになると噂されていました。私はとても落胆して心配になったので、翌日、キャンプの司令官に会いに行きました。私は彼に自分の気持ちが変わったこと、まさにその日に15歳になったばかりで、家族と離れたくないことを伝えました。言い争いになると思っていましたが、そうなりませんでした。彼は私に、翌日キャンプを離れることができると言ったのです。
 翌日、私はシュテティーン鉄道駅に連れていかれ、移動用の食事のサンドイッチとブランデンブルクへ戻るための旅費を渡され、道順を教えられました。夕方になる頃、列車はベルリンに到着しました。私はベルリンで列車を乗り換えて、ボツダム駅でブランデンブルク行きの列車に乗らなければなりませんでした。車両はもう満員でしたが、身なりの良い年配の紳士の隣の席だけが空いていました。彼はネイビーブルーのギャバジンのコートのボタンを留め、ベルトも付けていて、黒いシャツとネクタイに黒い帽子を被り、黒い靴に黒い革の手袋という格好でした。列車の旅の間、私たちは会話を交わし、私がどこから来て、どこへ行くのかなど、その他のことについても話をしました。私たちはドイツ語で会話していましたが、彼はしばしば「知っている、知っている」と言っていました。
 彼は生き生きと輝く瞳をした優しい人で、実業家という印象を受けました。ブランデンブルク・アン・デア・ハーフェルに近くなると、すでに外は暗くなっていました。彼が「どうやってキャンプに戻るつもりですか?」と尋ねてきました。私は「分かりません」と返事をし、おそらく歩くことになると思っていました。彼が「いいかね、駅にリムジンと運転手を待たせています。あなたをキャンプまで送ります」と言ってくれました。それは完全に大丈夫だと思えて、車に乗せてもらうことに何の心配もありませんでした。駅の外に出ると、運転手の乗った黒のリムジンがその人を待っていました。私が車に乗ると、すぐに難民キャンプに送ってもらえました。その男性と運転手は、私が入り口を通るまでそこにいて、それから車で去っていきました。私の家族は、ブランデンブルクのもう一つの難民キャンプに移動したことが分かりました。翌日、私は家族と再会し、私が帰ったことで皆が大喜びでした。リューゲンから逃げ出して、ブランデンブルクに到着すると、すぐにリムジンで駅からキャンプまで戻れたなんて信じられないくらいだったのです。
 これでお終いとなるところでしたが、彼との話にはまた別の展開があります。54年後の1998年の誕生日に、私はドイツでの私の15歳の誕生日と、私を助けてくれた素敵で親切な男性のことを考えていました。終戦時には彼に何も悪いことが起こらないようにと願っていました。その日の夜遅く、私はベッドに入って少し読書をしようと思っていました。夜の静寂の中で、優しい足音が家の中を通って、私の寝室へ近づいている気配を感じました。どういうわけか私はパニック状態にもならず、恐ろしくもありませんでした。足音が近くなり、私が列車で出会った男性が歩いて入ってきました。彼が近寄ってきてベッドの端に腰を下ろしました。私たちはただお互いに見つめ合い、私は驚きのあまり何も話せなくなりました! しばらくすると彼は立ち上がり、壁の中へと消えていきました。彼が消えてしまったので、イエス覚者だと分かりました。彼が去って行く時に、わずかに顔に微笑みを浮かべていて、彼に気づいたことを知ってもらえたのだと分かったのです。
(1)それはイエス覚者だったのか確認していただけますか。(2)リューゲンから脱出する時に、助けていただきましたか。(3)運転手はどなたでしたか。

【ベンジャミン・クレームの師は、(1)その『列車の男性』がマイトレーヤであったことを確認した。(2)そのとおり、マイトレーヤからの助けであった。(3)イエス覚者であった】

アストリダ・カニェプス
ニュージーランド、クライストチャーチ

編集長への手紙

シェア・インターナショナル誌には、未掲載手紙の保留分が多数あり、それらはベンジャミン・クレームと彼の師によって、覚者方あるいは「代弁者」との本物の出会いであると確認されたものである。その他の掲載された手紙は新しいものであり、覚者が関わっているかどうかを確認すること、もしくは示唆することもできないが、読者の考慮のために、これらの手紙は提供されている。

直接向かい合う

編集長殿
 2021年5月27日、私たちは再び『あの変装したマイトレーヤ』と出会い、会話を交わしました。ベンジャミン・クレーム氏(BC)が最初にこの人物について語り、彼を『特別な訪問者』と呼んだのは、彼が実際に現れる数カ月前のことでした。彼は後になってBCと彼の師によって、特定の変装をしたマイトレーヤであると確認され、よくアムステルダムのインフォメーションセンターを訪れたり、その近辺での異なった状況下でグループの様々なメンバーと会ったりしています。彼が最後にグループのメンバーと話をしたのは、2020年の6月でした。その時に彼は、かなりの期間会うことはないだろうというように伝えてきました。
 今回の彼の最初の問いかけは、「グループはどう?」でした。それからインフォメーションセンターが開いているかどうか尋ねてきました(私たちはロックダウンのために昨年3月以来閉めていて、本の注文などに対応するためにだけ入っていました)。「その場合の瞑想についてはどうなのかな、皆さんはオンラインで瞑想している?」。彼がそれはいいねと言いました。「一般公開の講演はしている?」。いいえ、私たちは実際に会うことはできないので、次善の策として、ウェビナー(インターネットセミナー)をやっていましたと答えました。彼の反応は素早いもので、ウェビナーに興奮したりしませんでした。「人と人の、面と向かい合った個人的な接触に勝るものはない」。さらにそれが『彼の個人的な意見』であるけれども、今のところ必要であることが本当に分かったと言っていました。「今でも……直接に向かい合うことがより良いことだ」。インフォメーションセンターのことについて、彼は『青信号』になったらすぐに、私たちを訪問するつもりだと言いました。
 私たちは、どのくらいコロナウイルスは続くのか尋ねました。完全に消え去ることはないだろうと言われました。それは風土病になるだろうということでした。そして彼から思いも寄らず尋ねられたのは、「そのウイルスは予測されていたか?」ということでした。それがBCかBCの師によるものという意味だと、私たちは理解しました。「そうですね、いいえ、おそらくはっきりとはありませんでした。けれどもベンジャミン・クレーム氏や彼の師、そしてマイトレーヤによって私たちが繰り返し伝えられてきたのは、もし人類が変化しないなら、私たちがこの惑星と自然界に与えている影響に気づかないなら、当然避けられない帰結というものがあるだろうということです。つまり原因と結果なのです」。彼はうなずいて、「そう、原因と結果、結果と原因だ」と悪循環を示しているように言いました。私たちはこの手紙を書いていた時になってやっと、中国で新型コロナが最初に報告される直前の2019年11月に、『ロニー・ツナミ』による警告、あるいは予測がなされていたことを思い出したのです(本誌2019年12月号参照)。それから彼は、私たち(世界)がすべての国々、特に発展途上国に、どうやってワクチンを供給できるかという問題について語りました。「私たちは月へ行ける、火星にも行ける、必要な手段も持っていて、どうすれば良いか分かっている、できたはずだ。まだできるはずだ」と彼は言いました。
 「今は困難で、厳しい時代だ。あらゆる人々にとってつらい状況だ。しかし私たちは滅んだりしない、世界は生き延びるだろう。けれども何百万もの人々にとっては、非常に過酷だ。彼らは今苦しんでいて、これからも経済的失敗の結果や、収入を失うことなどで苦しむだろう」
 なぜ物事はうまくいかないのかと考えて、人々が時々心配したり腹を立てたりしても、それは自然なことだと彼は言いました。そして時に腹を立てることは許されている、大丈夫だと言いました。彼は上を指差して(彼は過去にもこの仕草をしていました)、神に腹を立てる人をいたずらっぽく真似して、「パパ! なぜそんなに時間がかかっているんだ?」と言っていました。「私たちはマインドだけを使うときに腹を立てるんだよ、……よりも」と言い、信や直観よりもという意味で言っているようでした。
 たくさんの雨の後で温かな気候になり、木々や灌木、植物すべてが、青々として茂っていました。私たちの『特別な訪問者』は、自然の中で楽しむこと、心から思い切り楽しむことを出し惜しみしたことはないと語っていました。「ごらん!」と彼が公園の中の周囲すべての美を指差して、「毎年そこにあるんだ。私たちは何もする必要がない、ただそこにあって、私たちに与えられているんだよ!」。
 「お互いにハグもできないなんて、何と残念なんだ、でも『霊的なハグ』をするよ」と彼が言って、私たちの会話は終わりになりました。さらに、インフォメーションセンターで再び会えるだろうと言ってくれました。「またすぐ会おう! それから会ってくれてありがとう」。彼はお辞儀をして、古い自転車に乗って去っていきました。

グループメンバー 一同
アムステルダム

イエス覚者に委ねる

編集長殿
 私の夫、ジョン・フィリップスは重病を患っており、できる限りの間、私が自宅で看護してきましたが、それがあまりにも難しくなったため、夫はホスピスに入ることになりました。
 そこでの最初の夜に、彼は混乱して取り乱してしまい、家に帰りたがっていました。幸いなことに、ボランティアの一人が彼のそばに付いていてくれました。ジョンがマイトレーヤの手のカードを枕に置いていたのに気づいて、そのボランティアの女性は驚きました。彼女はジョンに、どうしてマイトレーヤについて知ったのか尋ねてきました。
 そのボランティアは、エステル・ダウエス・デッケルだとわかりました。彼女は長年にわたってグループのメンバーである、アレクサンデル・ダウエス・デッケルの娘だったのです。ジョンはエステルの助けと気遣いにとても感謝していました。突如としてジョンは、「マイトレーヤが君(エステル)を私の所へ送られた」ということを完全に悟ったのです。彼はすぐに静けさと安心を感じていました。
 ジョンはあごひげの男性が彼の部屋にいるところも見ていました。彼は死に近づきながらも平穏であり、「ただもうイエス覚者におまかせするよ」と言いました。
 彼は2週間後、あまり痛みもなく、穏やかに亡くなりました。
 私たちにとってこのことは、覚者方が私たちと私たちの愛する人々を導くために、常に私たちと共にあることを思い出させてくれる、美しい実例なのです。

ナンシー・デ・グラーフ
アムステルダム

囲み記事:

全知遍在のハート

編集長殿
 私は幸運にも、自宅の庭や室内の植物の中に、ハート形の葉っぱをたびたび見つけています。それら全部が徴と考えられるかどうかわからないので、シェア・インターナショナル誌に送るのをためらいました。けれども葉のいくつかは困難な時期に現れたもので、ある場合には愛と励ましを与えられていると、本当に感じました。私は散歩が難しくなったので、私の小さな庭を歩くことを楽しみ、とても豊かな植物の世界の美しさに驚嘆しています。
 ここに数枚同封しているものは、偉大なる存在の全知遍在と愛の証明としてお送りしています。

ローズ・マリー・マルミヨン・カロネゴ
フランス

編集長への手紙

シェア・インターナショナル誌には、未掲載手紙の保留分が多数あり、それらはベンジャミン・クレームと彼の師によって、覚者方あるいは「代弁者」との本物の出会いであると確認されたものである。その他の掲載された手紙は新しいものであり、覚者が関わっているかどうかを確認すること、もしくは示唆することもできないが、読者の考慮のために、これらの手紙は提供されている。

予言者を期待する?

編集長殿
 2021年5月9日日曜日、私はリヨンでの気候マーチに参加しました。行進では、主催者によると7,000人近くの人々が集まり、ソーヌ川岸に沿って行列が広がって、楽しく陽気な雰囲気に包まれていました。
 ある時に『レポーター』がマイクと録音機器を持って、私に近づいてきました。彼はカメラを持っていませんでした。彼が来るところも帰るところも見ておらず、どこの会社で働いているのかもわかっていないのです。
 私たちは隣り合って歩いていました。会話は思いも寄らないもので、彼の最初の質問では、「あなたは未来について楽観的ですか?」と聞かれました。私は、はい、楽観的ですと答え、この現象は世界的なものであり、私たちは人類が一つであることを理解しなければならないなどといったことを話しました。
 「あなたはどこからそうした情報を得たのですか? どうしてそう言えるのですか?」と聞かれました。
 私は進化には資源の分かち合いが欠かせないのであり、今の危機は環境の問題であるだけでなく、社会的、経済的、そしてとりわけ霊的な問題であると指摘しました。
 「それではあなたは予言者を期待しているのですか?」
 そこで私はすべての時代の変わり目に、およそ2,000年ごとに偉大な教師がやって来て、仏陀やキリストのように人類を教え、助けることを伝えました。
 「でもそれは誰ですか? 私たちに見ることはできますか? 今まで会ったことはありますか? その人は今日ここにいますか? 彼の名前は何ですか?」。彼は熱心に食い下がってきて、私に矢継ぎ早に質問してきました。私はまさに核心へと押し進められている感じがして、ついに彼の名前はマイトレーヤだと伝えました。
 「どういう綴りですか?」。エム(M)、エー(A)、アイ(I)、ティー(T)、アール(R)、イー(E)、ワイ(Y)、エー(A)です。
 すると彼は去っていきながら、「私に希望を与えてくれてありがとうございます」と言ったのです。
 私はそのイベントを幸せな気持ちで終えて、こうしたことすべてをこのような驚くべき方法で言えたことは私にとって喜びでした! 予想もしていなかった言葉の数々について、いまだに考えていて、その若い『ジャーナリスト』の見通すような黒い瞳と、私に次々と質問を浴びせた様子を思い出すのです。彼に希望を与えたことに対する彼の感謝に励まされています。
 その時のためだけに私は参加したような気持ちになりました。
ジュヌヴィエーヴ・ジャコベリ
フランス、リヨン

予期せぬ大歓迎の訪問者たち

編集長殿
 2021年5月8日土曜日の午後3時30分、9人のグループメンバーが、私たちの施設であるニューカレドニアのヌメアのインフォメーションセンターに集まりました。何カ月も準備をしてきて、6月に「平衡と幸福」フェアで発表することになっている、伝導瞑想についてのスライドショーのことを話し合うためでした。
 私たちが(スライドショーの)知恵の覚者方についてのパートを始めた時、女性と男性の二人の訪問者が、午後4時にインフォメーションセンターを見学しにやって来ました。私たちがこの来訪に驚いたのは、いつもならオープンハウスは月の第一土曜日に開かれていて、それは先週の5月1日に予定されていたからでした。
 それでも私たちは彼らを招き入れ、発表の準備に参加してもらいました。彼らはとても感じが良く、議題にも興味を示していました。発表の最後にその女性が「すべて明快でしたね」と言い、それから私たちに「マイトレーヤについてもっと教えていただけますか? マイトレーヤについて聞くために、私たちは来たのです」と尋ねてきました。
 私たちはこの質問を予期していませんでした。質問に答え終えて、やりとりがあってから、スライドショーにはマイトレーヤの名前が出てこなかったことに、私たちは気づいたのです。
 それから私たちは短い伝導瞑想をすることを提案し、15分ほど行いました。11人が参加しました。その女性が「エネルギーがパワフルでした」と言いました。
 会議を終えるに当たって、メンバーの一人がマイトレーヤのメッセージ第82信を読みました。読み始めるとすぐに、その女性がとても感動して、すすり泣き始めました。メッセージの終わりの時にも、同じようになっていました。
 私たちはその日の出来事の特別な性質を感じました。
シェア・インターナショナルグループ
メンバー 一同
ニューカレドニア、ヌメア

忘れ難き人

編集長殿
 20年前に、妻と私はカリフォルニア州パサデナにある、小さな公園に隣接したアパートに住んでいました。土曜日にはいつもどおりに、公園で寝泊まりしていた、あるホームレスの男性に会って、少しお金を渡すことになっていました。12月だったので、私の母から手作りのクリスマス・クッキーの詰め合わせが届いていました。母は大変料理上手で、それが届くのをいつも楽しみにしていました。公園に持っていくために、いくつかをコーヒーの缶に詰めました。けれどもいつものホームレスの男性はいませんでした。それでも別のホームレスの男性が公園の向こう側にいるのが見えました。彼に近づいていくと、彼が食料品店のカートの中に服を入れていたのが見えました。公園のベンチで彼は注意深く服をたたんでいました。彼は耳にかぶさる長さの茶色の髪に、血色の良い顔色で、たくさんの時間を太陽と風の中で過ごしている人のようでした。彼が服をたたんでいた時、彼の服がとても清潔で、しわ防止加工されていたかのように見えて驚きました。私は彼に挨拶をして、少しお金を渡して、それから母から送られたものだと伝えながら、クッキーの缶を渡しました。彼は「ありがとう。あなたのお母さんの手作りなら、とてもおいしいに違いないね!」と言ってくれました。この時にもまた、彼のことが頭から離れませんでした。
住所氏名非公表
米国
【ベンジャミン・クレームの師は、そのホームレスの男性がマイトレーヤであったことを確認した】

編集長への手紙

シェア・インターナショナル誌には、未掲載手紙の保留分が多数あり、それらはベンジャミン・クレームと彼の師によって、覚者方あるいは「代弁者」との本物の出会いであると確認されたものである。その他の掲載された手紙は新しいものであり、覚者が関わっていたかどうかを確認すること、もしくは示唆することもできないが、読者の考慮のために、これらの手紙は提供されている。

ある『大学生』による喜びの教訓

編集長殿
 1995年頃、私は修士号取得のために、ロサンゼルスのカリフォルニア州立大学へ戻りました。ある日の午後遅くの日没前に、伝導瞑想に参加するために車を取りに行こうと、キャンパス内を歩いていました。二人の男子学生がキャンパスの歩道を私の方へ歩いてきました。彼らが近くなった時、見上げると若い女性が、彼らのすぐ後ろを歩いてきているのが見えました。彼女は大学生の年頃で、肩くらいの茶色の髪でした。ちょうどすれ違う時に彼女が私を見て、モナリザのようにとても優しく微笑みました。
 突然、私は喜びでいっぱいになったのです! ハートが満たされ、足が地についていないような感じで、心がとてもウキウキとしていました! すぐに思ったのは、「彼女がしたように、私も微笑むだけで他の人々をこんなに幸せにできたら良いのに」ということでした。私は感激していました。
 ベンジャミン・クレーム氏は、覚者方が現れる時に必ず教訓を与えると言われました。ひとつ私の学んだことは、覚者に出会ったかもしれないという徴の一つが、はっきりとした理由などなくても、突然とてつもない喜びと幸福を感じるということです。
住所氏名は非公表
米国
【ベンジャミン・クレームの師は、その女子学生がマイトレーヤであったことを確認した】

心のこもった感謝

編集長殿
 私はもうすぐ91歳になりますが、シェア・オランダ誌(シェア・インターナショナル誌オランダ語版)の購読を更新しています。
 この月刊誌をとても楽しんでいるのです。
 アーケイン・スクールの通信講座を7年間続けましたが、夫が病気になったため、やめなければなりませんでした。
 私が生きている限り、月刊誌の購読を続けるつもりです。
 私の心からの誠意を込めて、編集者とチームの方々へ、皆さんの仕事と献身にお礼を申し上げます。
 光と愛のうちに
匿名希望
ベルギー

瞬く間に

編集長殿
 2006年9月にマイトレーヤの『手』の写真を見ながら、慢性緑内障の手術を両眼とも受けることになっていたので、助けをお願いしました。私の視神経の状態を考えると、ひどくストレスを感じていたのです。それから間もなく、ベッドに入って目を閉じると、私のそばに立っている地中海地方の風貌の女性の顔が見えました。彼女は小さな赤いリボンを肩までの黒髪の左右に付けていました。彼女の暗褐色の瞳が私の目に向けられました。私を見つめていた間、その瞳がずっと瞬きし続けていたような感じがしました。非常に深遠な瞳でした。翌朝目覚めた時、私の目のことも手術のことも、もはやストレスを感じていませんでした。
 もしかして、これはイエス覚者かマイトレーヤの現れだったのでしょうか。あなたのお返事を楽しみにしています。ありがとうございます。
ドミニク・ディ・スカラ
フランス、ヴィニェ
【ベンジャミン・クレームの師は、その『女性』がマイトレーヤであったことを確認した】

編集長への手紙

シェア・インターナショナル誌には、未掲載手紙の保留分が多数あり、それらはベンジャミン・クレームと彼の師によって、覚者方あるいは「代弁者」との本物の出会いであると確認されたものである。その他の掲載された手紙は新しいものであり、覚者が関わっていたかどうかを確認すること、もしくは示唆することもできないが、読者の考慮のために、これらの手紙は提供されている。

顔を合わせて

編集長殿
 たった今、私は驚くべき体験をしました。その経緯からお話しします。2008年にバルセロナのベンチに座っていた、1人の男性の写真を2枚撮影したのですが、その人はその後ベンジャミン・クレーム氏の師から、マイトレーヤのファミリアであったと確認されました。写真の1枚にはマイトレーヤがうつむいていて、わずかに斜めを向いた顔が見えています。私は両方の写真をコンピューターに保存し、そのうち1枚を縮小画像でデスクトップ画面に置くことにしました。驚いたことには、パソコンにその縮小画像を置くと、マイトレーヤの顔がまっすぐに私の方を向いていたのです!
 私は2020年の夏に新しいコンピューターを買いました。写真全部を新しいコンピューターに移動して、古い方でやっていたように、同じマイトレーヤの写真の縮小画像をパソコンのデスクトップ画面に置きました。けれどもこの時には写真は変化せず、元の写真のように顔は私の方を向いていませんでした。
 今夜(2021年3月23日)、マイトレーヤについての広報で活動している友人たちと、ズーム・ミーティングをしていた時、その縮小画像の名前がただの『.jpg』であることに気づきました。「これは良くない!」と思い、その縮小画像名を『Maitreya.jpg』に直すことにしました。ちょうど新しい名前を保存してその画像を見たところ、彼の顔がこちらを向いて、私の正面になっていたのです!
 私には奇跡のように思えました!!
(元の写真2枚と新しい縮小画像の画面コピーを添付しています)
サビーナ・クレシ
カナダ、エドモントン

この写真はベンジャミン・クレームの師によって、ファミリアの姿のマイトレーヤであると確認された。2008年にバルセロナに現れた時のものである。マイトレーヤと覚者方はしばしば扮装をして、または『ファミリア』を使って現れることを選択する。この人物はおそらくマイトレーヤとは似ても似つかないであろう。

喜びの演奏

編集長殿
 2004年の夏の日暮れ頃に、私は公園の南側にあるベンチに座っていました。私の書いた本が出版されることになったので、良い気分でした。ベンチには私の真横に2人の男性が座っていました。私たちはおしゃべりを始めました。彼らはロンドンから来た友人同士でした。背の高い白人の男性と、比較的小柄で『カフェオレ』色の肌をした男性で、その人はザンビア出身だということでした。私たちは私の本の内容について話をしました。
 私はアルメニア・フルート(ドゥドゥク)を持ち歩いていました。ラジオでフルートのことを知りました。この楽器に大変魅了されたので、演奏したくなったのです。背の高い男性が「それこそ人が楽器を演奏し始める、唯一の方法だね」と言いました。日が暮れていく頃の、周りに人が誰もいないか、ほとんどいない時にだけ演奏していると私が言いました。「それは残念ですね」と彼が言いました。小柄な方の男性も私に演奏するように励ましてくれて、典型的なジャズの吹奏パートを口真似して、指でフルートを演奏するフリまでしていました。
 ドゥドゥクは哀愁漂う音色で知られていて、普通は彼が言うようなジャズ風の激しいスタイルで演奏しないものです。どうしてそうなったか深く考えないうちに、その2人の思いやりのある男たちと一緒にいて、とても気楽なうれしい気持ちになりました。日没の2時間前に、公園内で人々が通りかかったり、周囲に座ったりしている中で、時々少しだけ恥ずかしくなりましたが、演奏を始めてしまったのです。背の高い男性が帽子を地面に投げたので、私は笑いました。演奏後も、私たちの会話はしばらく続きました。さようならを言った時、彼らはすでに数メートル離れていて、小柄な男性が再び振り返って、「あなたの本のタイトルは何?」と尋ねてきました。「極性のパラドックス」と私がその距離でも十分聞こえる大声で答えました。彼は「極性のパラドックス」と繰り返して、「極性(ポーラー)」の所が正しい英語の発音になっていました。
 彼らは『ただの』友人たちだったのか、それとも友人である覚者方だったのですか。
クリスティアン・ラインハルト
ドイツ、ミュンヘン
【ベンジャミン・クレームの師は、彼らがマイトレーヤとイエス覚者であったことを確認した】

ハイウェイ救助

編集長殿
(手紙は2006年着)
 あなたの著書、『世界教師と覚者方の降臨』を読んでから数年後に、あなた(ベンジャミン・クレーム氏)が1992年にバンクーバーで講演を行うという、タラ・カナダからの知らせがありました。義理の息子と私は参加することにしました。私たちは(バンクーバーから)450キロメートル内陸に住んでいます。
 バンクーバーから1時間ほど車で走った辺りで、私たちの車は止まってしまいましたが、義理の息子には修理できませんでした。私たちは高速道の脇で、通行する車の誰かが助けてくれるのを待つことにしました。20分ほども経たないうちに、運搬トラックが止まり、運転手が助けを申し出てくれました。彼は運転席に乗り込んで、ステアリングの調整のようなことをしてくれました。それ以降は、ありがたいことに車は動いたのです。
 トラックの運転手は30歳くらいの男性で、きちんとした清潔な作業服を着ていて、きれいに輝く金髪で、気さくで親切な人でした。この人は普通の男性だったのか、それとも、もしかして覚者でしたか。
I.H.
カナダ、アームストロング
【ベンジャミン・クレームの師は、その男性がイエス覚者であったことを確認した】

編集長への手紙

シェア・インターナショナル誌には、未掲載手紙の保留分が多数あり、それらはベンジャミン・クレームと彼の師によって、覚者方あるいは「代弁者」との本物の出会いであると確認されたものである。その他の掲載された手紙は新しいものであり、覚者が関わっていたかどうかを確認すること、もしくは示唆することもできないが、読者の考慮のために、これらの手紙は提供されている。

宙を歩くように

編集長殿
 英国のペナイン山脈地方に、ヘブデン・ブリッジという名の小さな町があります。何年もの間、私は『出現季報』をそこのたくさんの郵便箱に配布してきました。
 町の真ん中を一本の川が流れていて、今年(2021年)の1月の日曜日の寒い朝に、私たちは川岸の歩道を歩いて、寂れ果てた町に向かっていました。
 突然、背が高く若い男性が橋へと続く鉄製の手すりに飛び乗って、(川まで9メートルもの高さにもかかわらず)まるで宙を歩くように、約7.5センチ幅の鉄の棒の上を『綱渡り』さながら歩き出しました。それから彼は橋の欄干へと飛び乗り、振り返って私たちを見ました。
 私は心の中で「イエス覚者」と思っていましたが、その人は微笑むことも手を振ることもなく、現在の状況において、ただ優しい眼差しが多くを語っていました。
 シェア・インターナショナル誌に、とてもたくさんの励みになる体験を掲載してくださったことに感謝します。この困難な時期に非常に必要とされています。
光と愛を込めて。
リンダ・ロッジ
英国、ヨークシャー州(2021年2月25日)

あふれる喜び

編集長殿
 数年前、ロサンゼルスで講演をした直後に、私は以下の体験をしました。講演後、いつもどおりに人々が列に並んで私に質問をしてくるか、あるいは体験を話しにきて、例外はありませんでした。突然小柄で黒っぽい髪の男性が、私と話していた他の人々の前に進み出てきました。彼はとても幸せそうな人でした。私たちは簡単な会話を交わし、私は彼の名前を尋ねました。彼から「教えますけど、私の後に繰り返さないといけませんよ」と言われました。私は「オーケー」と答えました。彼が「ユー(U)」と言い、私が「ユー(U)」と繰り返しました。彼が「アール(R)」と言い、私が「アール(R)」と言いました。彼が「ラブ(Love)」と言い、私が「ラブ、ユーアーラブ(あなたは愛)」と言いました。彼は満面の笑みでにっこりと笑いかけ、ものすごくうれしそうに「あなたもね!」と言って、両腕で私を抱え、力強いハグをしてくれたのです。私はすぐに説明不可能な、あふれかえるような喜びに満たされました。
 彼が飲み物を取りに、冷水器の方へ数歩歩いていったのを見て、「水瓶を運ぶ者(水瓶座)」が思い浮かびました。それで私がベンジャミン・クレーム氏に手紙を書くと、その男性はファミリアを使ったマイトレーヤであったことが確認されました。純粋な喜びの何と素晴らしい体験だったことでしょう! そしてもちろん教訓と思われるのは、人種、性別や性的嗜好、信念体系や経済状態、教育水準、出身国や性格タイプに関係なく、私たちは皆……「愛」だということです。
ディック・ラーソン
米国

見覚えのある見知らぬ人
(手紙は2006年に書かれた)

編集長殿
 最近、私はゾースト(オランダ)で、幼いアバター、サティヤムについての講演をしました。
 シェア・インターナショナル誌(2001年10月号)に掲載された短い記事で彼のことを知ったので、私は自分の知識の源について触れました。『シェア・インターナショナル』という定期刊行物がどのような類のものであり、どのような目的を持っているかを詳細に伝えました。
 私が講演をしている間、ホールの後部に立っていた人物が目に留まりました。背はそれほど高くなく、ジーンズをはいた茶色の髪の人でした。彼は私をまっすぐに見つめていたので、どうしても私に気づいてもらいたいからだと感じていました。最初その人は知り合いだと思いましたが、それと同時に明らかに知り合いではないと気づき、彼はマイトレーヤだとわかったのです。けれども私の直感は正しかったでしょうか。
ヒルデ・ブルツァールト
オランダ
【ベンジャミン・クレームの師は、その男性が実際にマイトレーヤであったことを確認した】

編集長への手紙

シェア・インターナショナル誌には、未掲載手紙の保留分が多数あり、それらはベンジャミン・クレームと彼の師によって、覚者方あるいは「代弁者」との本物の出会いであると確認されたものである。その他の掲載された手紙は新しいものであり、覚者が関わっていたかどうかを確認すること、もしくは示唆することもできないが、読者の考慮のために、これらの手紙は提供されている。

輝き

編集長殿
(手紙は2004年12月着)
 ベンジャミン・クレーム氏のミュンヘン訪問の翌日、私は新しい住居での、サイレント・ヨガ呼吸教室を初めて開きました。前日の出来事で頭がいっぱいだったので、湖沿いを散歩することにしました。それは小春日和の日々の終わり頃で、空の晴れ渡った日でした。歩いているとベンチに行き当たり、そこでホームレスの男性が日向ぼっこをしていました。彼は目を閉じて両腕を胸の上で組み、足も組んでいました。彼の顔には穏やかな充足感と陽気さが表れていました。何か心に触れて、思わず笑みがこぼれましたが、私はそのまま歩き続け、この出会いについてそれ以上考えませんでした。
 その同じ日の夜、伝導瞑想のためにミュンヘンにいました。帰宅する途中で、長いエスカレーターを上っていくことになり、再びこの数日間の出来事について深く考え込んでいました。見上げると、散歩で見かけたホームレスの男性が反対側を下りてくるのが見えて、自分の目が信じられませんでした。この時も彼は胸のところで腕組みをして、まっすぐに前を見ていました。最初は一瞬、彼は病気かと思いました。けれども彼の瞳を見つめていると、その輝きに深く感動したのです。彼の瞳にどれほど心打たれたかは、とても言葉では言い表せません。心から感動を覚えながら、車で帰宅しました。経済的に非常に不安な時期でしたので、この出会いは私に勇気を与えてくれる、輝かしい祝福であったと感じました。あのホームレスの男性は特別な方でしたか。
アンティエ・シュテルン
ドイツ、トゥッツィング
【ベンジャミン・クレームの師は、その男性がマイトレーヤであったことを確認した】

次の3通は同じ人物からのものです。

内なる美

編集長殿
 (1)約半年前(1999年)、カルガリーにある地元のショッピングモールへ、お使いをしに向かっていました。中央の通路へ続く角を曲がった時、一人の年配の女性が反対側に座っているのに気付き、心の中で「とても美しい人だわ。彼女の所へ行って、あれほどお化粧をする必要がないと伝えるべきかしら?」と考えていました。その後、彼女が私を見ると、私は心の奥深くから溢れる愛に包まれたのです。「マイトレーヤ?」と思いましたが、私が歩き続けても、彼女は微笑んでいるだけでした。
 帰りがけに、彼女がモールの真ん中の噴水の近くで、ショッピングカートを持った、もう一人の人物と一緒にいるのを見ました。その人は右手を、最初の女性の心臓の辺りに持ち上げていました。その最初の女性は、今度は、私に母のことを思い起こさせました。同じ微笑み、同じエネルギーで、「大丈夫、順調ですよ」と言っているかのようでした。
 その二人から流れてくる愛は驚くべきもので、今日に至るまで私を支え、鼓舞してくれているのです。後になって、彼らに近づかなかったことを後悔せずにはいられませんでした。これはマイトレーヤとの出会いでしたか。
【ベンジャミン・クレームの師は、その『年配の女性』がマイトレーヤであったことを確認した。もう一人の人物はイエス覚者であった】

一人ではない

 (2)私は最近、たくさんの疑問を持っているのですが、特にキャリアでの私の『行き詰まり状態』が保留中、あるいは泥沼化(!)ともいえる状況になっていることについてです。私はサティア・サイババに一通の手紙を書き、この件に関してと、成人後の人生のほとんどの間、私が自分自身に背負わせてきたと思われる個人的問題について、助けを求めました。このことの答えだと思えるのですが、2004年4月にボンベイから一人の男性がやって来て、グルジと名乗りました。神性との直接の接触を求めるべきで、他のグルやアバターと関わるべきではなく、そうした人たちは皆、仲介者を当てにしているとさえ言っていました。さらに、来る時代にますます転生してくることになる、彼のような大勢の人々のうち、彼は最初の人間だと言っていました。彼自身が直接、治癒や祝福を行いますが、彼のエネルギーもやはり喚起することができます。私は彼のことをどう考えたらよいかわからず、それは私の知る『スピリチュアル人名録』の中に、彼が当てはまる『区分』がなかったためでした。あなたの師はこの男性についてご意見がおありですか。彼はアバターですか。
【ベンジャミン・クレームの師は、その男性が覚者方の一人の『年少の』弟子であったことを確認した】

トライアングル

 (3)私たちは自宅で、数名の講演者による、キリストの再臨に関する講演会を開きました。私たちの伝導瞑想への参加者は、その後増えましたが、短期間で元の3人のメンバーに戻ってしまいました。私はある意味、このグループの発展を妨げているのでしょうか。私たちはとりわけ小さなエネルギー的一団なのでしょうか。私の伝導時間は、バカバカしいほどわずかだとわかっていますが、ちりも積もれば山となると思って続けています。私に見えていない、より大局的な視点があるのでしょうか。
E.R.
カナダ、カルガリー
【ベンジャミン・クレームの師は、この場合が小さなエネルギー的一団であることを確認した】

編集長への手紙

 シェア・インターナショナル誌には、未掲載手紙の保留分が多数あり、それらはベンジャミン・クレームと彼の師によって、覚者方あるいは「代弁者」との本物の出会いであると確認されたものである。その他の掲載された手紙は新しいものであり、覚者が関わっていたかどうかを確認すること、もしくは示唆することもできないが、読者の考慮のために、これらの手紙は提供されている。

覚者の魔法

編集長殿
 数年前(手紙は2006年着)、車に姉と、後部座席に横になった甥を乗せて運転をしていました。霧の多い天候で、すでに日が暮れていました。ブレステルニツァからマリボルへ向かっていました。道路の両側にコンクリートの壁かフェンスのある場所を運転していた時、前方の赤い車が別の車を追い越して、私の方へ向かっているのが見えたのです。私はブレーキを踏んで、できる限り壁の方へ寄りました。その道路は3台分の幅がなかったので、赤い車と衝突することになると思いました。すべてはほんの一瞬の出来事で、突然あの赤い車が私の背後に見えました。その車は通り過ぎていきましたが、どうやってかはわかりませんでした。
 覚者のお一人が介入されたのか、どうか教えていただけますか。
マヤ・クラインツ
スロベニア、マリボル
【ベンジャミン・クレームの師は、イエス覚者が介入されたことを確認した】

差し向けられた光

編集長殿
 昨日(2020年の冬)、午後6時半頃、友人と私は車で帰宅していました。私は窓から外を眺めていました。地平線はすでに暗くなっていましたが、突然明るい光がパッと私の顔を照らしました。けれどもそれは柔らかな光で、心地よい感覚に圧倒され、まるで一時休止ボタンが押されたかのようだったのです。どうも友人には何も見えていないようでした。私には見え続けていて、遠くの地平線近くの低い場所に何かが『ぶら下がっている』のが見えましたが、それ以上はわかりませんでした。
 数年前に私はよく似たことを体験しました。その時は朝の出来事でした。列車の客席に座って、やはり窓の外を眺めていました。同じように顔を照らした明るい光に感動しました。そしてその時にも睡眠薬と言えるような効果を私にもたらしたのです。
カリン・マイウ
ベルギー、ルーヴェン