カテゴリー別アーカイブ: 編集長への手紙

編集長への手紙

シェア・インターナショナル誌には、手紙の保留分が非常に多数あり、それらはベンジャミン・クレームの師によって、覚者方あるいは「代弁者」との本物の出会いであると確認されたが、いまだ掲載されていない。
掲載された他の手紙は新しいものである。覚者が関わっていたかどうかを確認すること、もしくは示唆することもできないが、その体験が希望、鼓舞、慰めを提供することで「それ自体が語る」ということがあり得る。これらの手紙は読者の考慮のために提供されている。

植物のパワー

編集長殿
私は家の居間に二つの植物を置いていて、二つとも大変に元気です(手紙は2003年7月に記述)。その植物の一つはベゴニアだと思っていますが、定かではありません。一本支柱が必要で付けているのですが、世話をしなくても天井まで育っています。それがあまりにも丈夫で、わずかに斜めになっても、いまだに育っていることは驚きです。切っていないのですが、どうしたら良いのかと思っていますので、説明をお願いします。
モウリーン・サドラー夫人
ニュージーランド、ワイララパ
【ベンジャミン・クレームの師は、その植物の成長はイエス覚者からの祝福であったことを確認した】

鏡のイメージ

編集長殿
2003年にロンドンのシスル・ホテル・タワーブリッジでの、3日間の『ヒーリング・フェア』の終了の間際、私が荷物を載せる車を取りに、ちょうど部屋を出ていこうとした時、60代くらいのインド人かパキスタン人の風貌の女性が一人入ってきて、杖にもたれ気味に歩いていました。彼女が印象に残ったのは、とりわけ彼女が白いアジア風スタイルのズボンとぴったりのターバンに、黒い厚地のキャンバスのような生地でできた、おかしな場所に縫い目のある作業着を着ていたからでした。それが彼女を貧しい人のように見せていました。
私は引き返して、彼女が色々と眺めながらドアの近くのブースを動き回っているのを、しばらくついて歩きました。彼女の顔が見えた時、彼女が少し出っ歯で、鼻に大きな『ダイヤモンド』を付けているのがわかりました。彼女はそれからホテルの方へと歩いていき、私は彼女が去るのを見ていました。私はフェアの間、大体黒と白の服を着ていたので、不思議な気持ちになったのですが、彼女はもしかしてマイトレーヤでしたか。
ヘザー・スミス
英国、オックスフォード
【ベンジャミン・クレームの師は、その『女性』がマイトレーヤであったことを確認した】

サイレント・メッセージ

編集長殿
2003年8月22日の午前9時30分頃、ドーバーの中心街がにぎわい始めていました。その区域を歩いていた時、道路の真ん中に非常に背が高くやせ型の男性がいて、薄いグレーのシャツとパンツにブルー系のバッグを肩から提げていました。彼は巻き毛のグレーの髪を耳の下まで伸ばし、大きな麦わら帽子で、しっかりとしたつばの上にぐるりと色あせたバラの花が飾ってあるのを被っていました。
嘲笑が沸き起こったりはせず、誰もが興味を持って彼が通り過ぎるのを見つめていました。彼の周りには大いなる平安と喜びの雰囲気がありました。彼は何も語らず、ただ市役所の方向へ歩いていってしまいました。
この『幸いなる者』はマイトレーヤでしたか。
M.N.フレッチャー
英国、ケント州ドーバー
【ベンジャミン・クレームの師は、その男性が実際にマイトレーヤであったことを確認した】

心に触れるメッセージ

編集長殿
2003年8月26日火曜日、ニュージーランドのウェリントンでのことでした。私が職場であるドミニオン・ポストビルに戻っていた時に、一人の年配の男性が出てくるところでした。彼は長いグレーの髪にふさふさの白いあごひげと口ひげを生やしていました。彼は私を呼び止めて、「お目にかかったことがありますか?」と言いました。私は「いいえ、でもおそらく新聞で私の写真をご覧になったのでしょう。コラムをやっていますから」と答えました。彼は続けて「ああ、そうですね、たぶんその通りですね。今ちょうど中で、今年サンタクロースが必要か尋ねてみたのですが、必要じゃないそうです。ご存じでしょうが、私は地震が起こると思うのです。私の猫と犬が神経質になっていて、二匹がそんな風になると必ず地震があるのです。それにご承知の通り、金融市場の上がったり下がったりが、あらゆる所で起きていますから」と言いました。
この時点で彼はマイトレーヤだと思いました。彼はさらに「ともかく、ストレスでまいらないように。そしてあなたは私のハートの中にいるのを知っておいて」と言いました。私は彼を見て、「メッセージをありがとうございます。あなたも私のハートにいます」と言いました。私が彼の腕に触れると、あまりにも大きな愛を感じて泣きたくなりました。彼はお別れを言って去っていきました。私はエレベーターに乗り込むと、すっかり頭が混乱して、別世界にいるような感じでした。エレベーターの中で「迷子」になり、やっとのことで職場のフロアに到着したのです。この男性との出会いの後の感覚は、有頂天といえるものでした。
この男性はマイトレーヤでしたか。
マーリーン・ストロード
ニュージーランド、ウェリントン
【ベンジャミン・クレームの師は、その『ひげの男性』が実際にマイトレーヤであったことを確認した】

 

編集長への手紙

本号に掲載された手紙は、最近起きた出会いについて述べられており、したがってベンジャミン・クレームの師によって確認されていない。手紙の書き手たち自身の直観的反応に加えて、そのような体験を熟知していることから生まれる確信が、こうした出会いは個人的に、また一般的にも重要で意義があると判断できる自信を与えるのである。

個人に関連していると特定されるような手紙もあれば、すべての人々に希望や鼓舞をもたらすことでそれ自体が語るものもある。私たちは読者の考慮のためにこれらを提供している。

 

消えた人

編集長殿

(2003年)4月2日に私は朝6時35分に家を出て、散歩に出かけました。気持ち良く歩いていて、別の道へ曲がった時も私だけで、その時は誰も見かけませんでした。その後突然に一人の女性が私の方へ近づいてきたのです。彼女とすれ違う時に、私が「おはようございます」と言うと、彼女も「おはようございます」と言い、とても静かな声でほとんど聞こえないくらいでした。そのまま歩いていって振り返ると、彼女はいなくなっていました。その女性は誰でしたか。

モーリーン・サドラー

ニュージーランド、ワイララパ

【ベンジャミン・クレームの師は、その『女性』がイエス覚者であったことを確認した】

 

本当に近い!

編集長殿

2000年9月20日の午後、私は仕事で意気消沈していて、不思議な体験をしました。私は地下鉄に乗っていました。車両は混み合っていました。これ以上人は乗れないと思われた時、ある駅でさらに数人が乗り込んできました。その中に盲目の男性が二人いて、盲目の人用の特製の杖を持っていました。少し経つと、二人の男性はその状況について若い人たちと冗談を言っていました。私はドアの近くで内側を向いていました。

幾つかの駅を過ぎて、体の向きを変えると30代の女性が本を読んでいるのが見えました。その表紙に「イエスに近づいて」というタイトルが黄色の地に白い大きな文字で(あるいはその反対の白地に黄色の文字かもしれません)書かれていたのです。本で女性の顔は隠れていましたが、私はそのタイトルに惹きつけられていました。最初には、それ以前に彼女に気づいていなかったのはおかしいと思いました(私はそれまでにも体の向きを変えていましたが、彼女を見かけなかったし、彼女が乗り込むのも気づきませんでした)。彼女はこざっぱりとして見えましたが、たくさんの人が乗っていたこともあって、ほとんど顔が見えませんでした。彼女はとても美しいように思えて、その顔には気品と優しさがありました。数秒間彼女を見ていましたが、彼女は読み続けていました。

私は次の駅で列車を降りなければなりませんでした。降りるために出口の方に向いて、その女性のいる方向に目をやりました。彼女はもはやそこにいなかったので、自分の目が信じられませんでした。ほんの数秒過ぎただけで、これほどたくさんの人々に囲まれていて遠くに行けたはずがありません。彼女が空いた席を見つけたかもしれないとも思い、全体を見回しました。列車を降りてから、壁際に寄って車両から降りてくる人たち全部を見ていました。けれども、彼女を再び見かけることはありませんでした。彼女がどうやってそのように姿を消したのか理解できなかったので、完全に困惑しながらもそのまま歩き出しました。

後になって考えてみて、本のタイトルに意味があると気づきました。その女性が目の前で消えたのは単なる偶然だったのか、あるいは彼女は特別な方でしたか。

ラファル・ボーロ

スペイン、マドリード

【ベンジャミン・クレームの師は、その『女性』がイエス覚者であったことを確認した】

馴染みの顔

編集長殿

2年かおそらく3年前に(手紙は2001年に書かれた)、私はオックスフォード郊外の地元のショッピングセンターにいました。一人の男性がセンター内を横切って私の近くにやって来ました。彼は180cmを越える身長で、体格が良く全身白い装いで、ナイロビに現れた時のマイトレーヤの着ていたものととてもよく似ていました。ターバンは同じでしたが、長いローブではなく、彼が着ていたのは長いシャツとズボンのパキスタンのスタイルでした。よく似ていたのは膝上までで、というのもズボンが少し短すぎたことと、大きなスリップオン式の靴が何となく不作法な感じでした。

彼は30代前半で黒っぽいあごひげのある感じの良い顔で、彼の体格に似合っていました。彼は風変わりで、とりわけこのような場所では目立っていました。

1週間ほど経ってから、彼が再び同じ場所で同じ様子で通り過ぎていきました。それ以来、彼を見かけていません。

その人がマイトレーヤだと思ったことはありませんが、最近その人が普通の人なのか、とてつもない人物なのかを見分けることを促されているように思いました。

お手数ですが、覚者はお教えくださるでしょうか。

ヘザー・スミス

英国、オックスフォード

【ベンジャミン・クレームの師は、その男性がマイトレーヤであったことを確認した】

 

編集長への手紙

シェア・インターナショナル誌には、ベンジャミン・クレームの師によって、覚者方あるいは「代弁者」との本物の出会いであると確認されたが、いまだ「編集長への手紙」に掲載されていない手紙の保留分が非常に多数あり、それらを掲載していく。
また、掲載された他の手紙は新しいものであり、覚者が関わっていたかどうかを確認すること、もしくは示唆することもできないが、その体験が希望、鼓舞、慰めを提供することで「それ自体が語る」ということがあり得る。これらの手紙は読者の考慮のために提供されている。

沈黙のメッセージ

編集長殿
1990年代の半ば以来、クオピオのダウンタウンでのある記憶が、時折私に付きまとっていました。私が市場の隣の通りを歩いていた時、全身白い装いでターバンを着けた一人の男性が市場を横切っていくのを見かけました。彼は普通のスーツを着た数人の男性を連れていました。私は内心この人はどんな「シャィフ(アラブの族長)」なのかと思っていました。私が驚いたことには、彼が私に近づいて来たのです。
その「シャィフ」は私にフィンランド語で話しかけてきて、私が覚えているのは将来私たちが協力するようになると言ったことです。フィンランド語で話し続けながら、私は彼に何かを尋ねましたが、返事はありませんでした。スーツ姿の男性の一人が楽しげな人で、私に英語で話しかけてきて、「シャィフ」は声に出して話をしないけれども、声がテレパシーによって変換されて私の心にフィンランド語で聞こえるのだと言われました。そのスーツの男性はさらに「シャィフ」に認められたことは、誇りに思えることだろうと言いました。私は急いでどこかへ出かけるところだったので、その出来事をただ放っておいて、一体何者だろうと不思議に思いながら、そのまま立ち去りました。
後になってやっと、全身白の「シャィフ」のいでたちのマイトレーヤの写真を見て、すぐにクオピオで会った「シャィフ」だとわかったのです。私は年も日付も覚えていませんでしたけれども、マイトレーヤがその頃(1996年9月29日〈注〉)にクオピオにいたという言及があり、私が覚えている限りでは秋の初めの夕方から夕暮れの頃で、日付が一致するようです。
それ以来「シャィフ」に会っていませんし、いつが「後で」になるのかの説明もないようなのですが。このことについてこれまで誰にも話したことはありませんでした。
H.K.
フィンランド、イーサルミ

注:1996年9月29日、マイトレーヤはフィンランドのクオピオで、約200人のキリスト教徒に現れた。魅了されて注目する人々に17分間話をした。ほとんどは神から遣わされた天使だと思った。その地域の水が磁化された。(本誌1996年11月号)

高揚させる訪問

編集長殿
私には慢性の持病があり、薬が効かなくなっていましたが、痛みはひどくなっていったのです。2018年10月31日、私は痛みで前屈みの姿勢になり、歩くこともできないほどでした。食料品の買い物から帰ったところで、ベッドに横になると、すぐに温かなエネルギーに包まれるのを感じました。それを期待したわけではありませんでしたが、独り言で「ひどすぎる、洗い物も片付けもできない」と言いました。起き上がってカーテンを閉め、歯を磨いて服を脱いだのがやっとでした。
数時間後、40代の黒い髪に真っ青な瞳で、胸元が少し開いた白い麻のチュニックを着た男性が、私をベッドから持ち上げていたのです。私はベッドで裸でしたが、その時には白いチュニックを着ているのがわかりました。それは麻のチュニックのようで、2000年前に人々が着ていたと思われるようなものでした! 彼はやすやすと私を抱えていて、まるで私が簡単に持ち上がるかのようでした。彼に抱えられていても私には痛みがあり、彼が言うには「ギブス包帯で覆われているかのように、動作しなさい」ということでした。私が彼にイエスから遣わされたのか尋ねると、彼は「それだけではない」と返事をしました。彼の仕草の一つひとつが身体を通して感じられて、今でも私の意識に刻まれているのです。私は気分が良くなり始めましたが、幾つもの手術を受けなければならないだろうとはっきり言われました。その後数日間は、アパートの部屋の中でイエスのエネルギーを感じていました。
匿名希望
フランス

『ミスター・ピース』

編集長殿
2018年11月18日に、アムステルダムのシェア・オランダ・インフォメーションセンターは、「スピリチュアル・カフェ」という公開のイベントを「内なる冒険」という副題を付けて開催しました。センターをどうにか(パブにあるような)高いカウンターとスツールがあり、カフェテーブルを空間の周りに配置したカフェに変身させました。これは、いつものように一般の人々の関心を、私たちの基本の情報へと惹きつけるもう一つのやり方で、私たちは15分から20分の4つのインタビューを通して情報を提示しました。『インタビュアー』がスピーカーを一人ずつ招いて、そこでマイトレーヤ出現の『お話』と覚者方の存在、マイトレーヤの優先順位や、意識の変化の必要性と新しい教育の目的といった話題が、カフェのゲストたちに語られていったのです。
全員が楽しくくつろいだ雰囲気を喜んでいて、それが人々に私たちの情報を何らかの形で『伝えて』くれているようでした。イベントが始まると即座に参加した、代弁者方であると私たちが信じる二人の人物の存在によって、喜びはさらに大きくなったのです。
彼らにはすぐに印象に残るようなところがありました。彼らは(中年の異人種のカップルで男性と女性)やって来るなり、進行手順の一部となって、うなずいたり、微笑んだり、聞いている内容に賛同するとはっきりと発言したりして、彼ら自身も楽しんでいました。
イベント後の彼らとの会話(彼らはセンターに数時間いました)で、彼らが代弁者であるという私たちの考えは確かなものとなりました。午後の終わりには男性の名前がフリーデで、英語では『ミスター・ピース(平和)』という意味だということまでわかりました。彼の連れはもの静かで口数も少なく控えめで、彼の方はおしゃべりで社交的でした。休憩時間中やその後で、何人ものグループメンバーに彼らと話す機会がありました。以下はメンバーたちが見聞きした内容のリストです。
ミスター・ピースは「あらゆることが起きようとしている、ただいつかを知らないだけだ」と言いました。彼は聖杯の発見のことを話していました。
彼がグループに対してコメントして、彼は私たちがいかに注意深くスピーカーに耳を傾けていたかに気づいていました。彼は他の人々に耳を傾けることの必要性を強調して、聴く資質という言葉を使いました。彼は騒々しいイベントは避けているそうで、特にグループがとても幸福そうで生き生きしていることに注目していて、私たちを「心温まる」人々と言いました。
ある時には彼は立ち上がり、「行動。行動が必要だ!」と言いました。彼は規律の必要性を力説しました。
彼はより一般的なことについて話をして、「アムステルダムの地方自治体(推測すると、行政全般と思われる)は、避難民や移民を適切に面倒見ていないのです。彼らから金もうけをしています。避難民が一つのコミュニティーに統合されていることに対処していません」と言い、彼は他にも実際的な物事について話をしました。何かにサインする前に、きれいな印刷のものに常に目を通すこと、目が覚めたら、その日に感謝して、夜再び帰宅できたら、ありがたく思うこと、必ず家の中にきれいな空気を入れることなどです。
彼らが帰って行く時、彼はもう一度、ありとあらゆる素晴らしい物事が起きようとしている、ただいつなのか知らないだけだと言いました。
グループメンバー 一同
オランダ

編集長への手紙

シェア・インターナショナル誌には、ベンジャミン・クレームの師によって、覚者方あるいは「代弁者」との本物の出会いであると確認されたが、いまだ「編集長への手紙」に掲載されていない手紙の保留分が非常に多数あり、それらを掲載していく。また、掲載された他の手紙は新しいものであり、覚者が関わっていたかどうかを確認すること、もしくは示唆することもできないが、その体験が希望、鼓舞、慰めを提供することで「それ自体が語る」ということがあり得る。これらの手紙は読者の考慮のために提供されている。

完璧なタイミング

編集長殿
2018年10月6日の、アトランタでのシェア・インターナショナル展示会は、情報を分かち合ったり、質問に答えたりした素晴らしい一日でした。私たちが展示パネルを片付けて、資料を荷造りし始めた時、中年のヒスパニック系の女性が、美しい微笑みを浮かべてやって来ました。彼女は肩の長さのグレーの髪で素敵なロングドレスを着ていました。彼女は「あらいやだ、遅すぎたのね! 車の中でカバノーの公聴会を聴いていたものだから。展示会をもう一度することはありますか?」と言いました。私が予定はありますと答え、情報についてのパネルや資料の展示は、すべての図書館でのイベントで行っていることも伝えました。私は『世界教師』の冊子を最後の荷物の箱から取り出して、これが情報の十分な要約になっていることを伝えて彼女に手渡しました。彼女はタイトルの『世界教師』を見て、世界教師の名前は何かを尋ねてきました。私がマイトレーヤと答えると、彼女から彼はまだテレビインタビューをしているか尋ねられました。彼女は続けて「テレビで彼を見て、話を聞いてきましたから、私のハートは彼のことがわかったのです!」と言ったのです。彼女は片手をハートにおいて、さらに「彼は今では政治の分野で話をしていますけど、それはこの国で起こっていることのためです。マイトレーヤはキリストですよね?」と言いました。私は「そうです、絶対にそうです!」と答えました。それから彼女は温かな笑みを浮かべると、「彼は私たちと共にいる、彼は私たちと共にいるのよ!」と言いながら、ハグをしようと両腕をさっと広げました。私はこの話をグループと分かち合うために駐車場に向かい、メンバーたちはその遅れた訪問者の話を知ってとても喜んだのです!
アン・ドハティ
米国、ジョージア州マリエッタ

上機嫌で

編集長殿
2003年5月24日の土曜日の朝、私がいつもの犬の散歩をしていた時、突然二人の女性が近づいてきたのです。一人は大変な大声で私の犬に話しかけてきて、「あなたは何てきれいなの!」と言いました。もう一人の女性はとても背が高く、「彼(私の犬)は誰かがやって来るとは思ってもいなかったようね」と言いました。私たちはほんのわずか目が合い、一緒に笑いました。私は通り過ぎてから、お酒の匂いに気づきました。4歩か5歩歩いて振り返ったのは、お酒の匂いをさせるには早過ぎる時間だったからでしたが、二人はいなくなっていました。私はあちこち見回してみましたが、二人はいませんでした。二人の女性はマイトレーヤとイエス覚者でしたか。
ダニエラ・カントン
ドイツ、ベルリン
【ベンジャミン・クレームの師は、実際にその『二人の女性』がマイトレーヤとイエス覚者であったことを確認した】

根気強い助っ人

編集長殿
2003年4月、ニューヨーク州ブアヒーズビル郊外の郵便局で、とてもほっそりとした背の高い黒人の若い男性に気づきました。その地域では黒人の人たちを見かけることはめったにありませんので、その男性が一般のアメリカの黒人よりも色黒だと思ったのを覚えています。彼は私にニッコリと笑いかけてきたので、私も笑みを返しました。それから私はコンビニエンスストアでガソリンを入れるために車で向かっていて、そこは1ブロック先の鉄道線路を渡った所にありました。そこにもあの陽気な黒人の男性がいました。その時には彼が私の車の方へ歩いてきて、話したいことがあるという身振りをしました。私がドアを開けると、彼は右側の後ろのタイヤの空気圧がとても下がっていると言いました。私は車を降りてタイヤを見に行きました。確かに空気圧が下がっていました。今そうなったばかりに違いないと思いました。彼が身振りで建物の脇にあったエアポンプの方を指して、給油する前にまずタイヤの空気を入れた方が良いと言いました。なぜならさらに重さが加わるとタイヤとホイールに良くないからということでした。私は彼にそれをやってもらえるかどうか尋ねましたが、そのような作業が大変に苦手だったからでした。彼はすぐに承知して作業に取り掛かりました。それをやりながら、彼は私にホースの計器がどのように空気圧を示すかを教えてくれて、計測すると私のタイヤは35ポンド(約245kpa)必要とわかりました。空気を入れている時に、私はうれしい気持ちで彼にお礼を言って、給油したらすぐに近くの修理店に車を持っていくべきだと決心しました。タイヤにかなり大きな穴が開いていただけでなく、ホイールも曲がっていることがわかったのです。疑いもなく、それは毎年雪が無くなった後で現れる、相当な数の道路の穴の一つのせいでした。この見知らぬ人がタイヤのパンクに気づくほどよく見てくれて、私にそれを気づかせてエアポンプでの作業を助けてくれるほど、親切で辛抱強かったことに心から感謝しています。この人は普通の良き隣人だったのか、それとも特別な方でしたか。
イルゼ・ベイカー
米国、ニューヨーク州ブアヒーズビル
【ベンジャミン・クレームの師は、その男性がマイトレーヤであったことを確認した】

 

聖なる振る舞い

シェア・インターナショナル誌には、手紙の保留分が非常に多数あり、それらはベンジャミン・クレームの師によって、覚者方あるいは「代弁者」との本物の出会いであると確認されたが、いまだ「編集長への手紙」に掲載されていない。他の手紙は新しいものである。覚者が関わっていたかどうかを確認すること、もしくは示唆することもできないが、その体験が希望、鼓舞、慰めを提供することで「それ自体が語る」ということがあり得る。

聖なる振る舞い

編集長殿
私は時々、どのように神聖さを表すのか、いかに人にオープンになれるのか、すべての人々との『一体』を感じながら本当にオープンであることについて考えています。
2018年11月の初めに、私はトラムに乗っていて、降りる駅が間近でした。出口近くのスペースに移動した時、出口の向かい側の席に座る男性に気づきました。私は彼が「ハロー」と言ったと思ったのですが、ともかく彼が私と握手するために手を伸ばしてきたので、私たちは握手しました。
彼の握手はしっかりとした心地良いものでした。それは1分ほどのことでした。その間にトラムが停車したので、私は急いで降りました。彼のことが心に残りました。彼からは素朴さが感じられ、まさしくオープンで親切な顔の人で、純粋で無垢な雰囲気がありました。彼はカジュアルな服装をしていました。私は驚きと幸福感を持ってトラムを降りたのです。
私たちはいつも伝導瞑想を始める時、テープのマイトレーヤからのメッセージを聴いています。その日の夜に流れたのはメッセージ第28信で、その始まりに私は驚いたのです、「あなた方に新しい生き方を見せてあげたい、人間に生来備わる同胞愛に基づく生き方を、愛し、分かち合う能力と、人間の本質的な神性に基づいた生き方を。聖なる人間になる過程は、単純で自然なものであり、すべての人間に開かれている。それは、あなた方の裡にはじめから宿るあの神を解き放つ過程である。わたしは約束しよう──もしあなた方が私に従いて新しい時代に前進するならば、あなた方の裡に宿る聖なる本質を解き放ってあげよう……」
匿名希望
オランダ、アムステルダム

岐路に立つ人類
編集長殿
2018年10月28日に、私たちが「岐路に立つ人類」と題されたベンジャミン・クレーム氏の講演ビデオ上映を開始しようとしていた時、二人の朗らかなスリナム人の女性たち、パールとステラが入ってきて、一人は手に私たちのチラシを持っていました。二人はその朝ペンテコステ教派の礼拝に参加して、その後アムステルダムのシェア・オランダ・インフォメーションセンターでのビデオ上映のチラシを見つけて、ここにやって来たと言っていました。二人が近所の教会での礼拝に参加したのか尋ねられると、それは定期的な教会の礼拝ではなく、教会に所属もしていなかったけれども、一緒に歌うために参加し、その内7曲だけを歌ったと答えていました。(私たちが注目に値する不思議なことだと思ったのは、相当に厳しいことで知られている信仰を持つ人たちが、インフォメーションセンターを訪ねてきたことでした。以前に二人のイスラム教徒の女性たちが訪ねてきた同様のケースがありましたが、それは本誌2016年4月号で、ベンジャミン・クレーム氏の師からイエス覚者の代弁者の女性たちであったと確認されました)私たちは上映が始まるので着席し、二人は前方の席に座るよう誘われましたが、すでに座っていた後ろの席の方を希望しました。二人のすぐ前に座っていたグループメンバーが振り返って、視界の邪魔になっていないか尋ねましたが、「私たちは首が長いから」問題ないと言っていました。それは奇妙な返事で、実際には首が長いということは全くなかったからでした。私たちはそれを象徴的なことと思いました。上映後に私たちはテーブルを囲んで座り、話し合いを始めました。パールがほとんどの発言をして、ステラは時々参加して、ある時にはテーブルにいた全員を非常に注意深く観察していました。パールは3歳の時スリナムからオランダにやって来たので、オランダの人たちのメンタリティをとても良く分かっていて、人々は互いの面倒を見ないと言いました。私たちは非常に物質主義的になって、もはやお互いを気にかけていないのです。通りでもトラムでもスマートフォンにだけかかりきりになっています。金持ちと貧しい人たちとの拡大する隔たりについても話し合われました。ステラが、ある少年は700ユーロ(約9万円)する靴を買っていて、その一方で少年の母親は苦労して生活をやりくりしていた話をして、彼女は彼らに自分の考えを伝えたと言っていました。貧しい人たちについて話していた時、パールの声の調子から彼女が貧しい人たちに関心を寄せて、援助していることがうかがえました。商業至上主義の話題は、特に健康管理と環境においてのことが取り上げられました。他の誰もが同時に話をしていた時、ステラが穏やかに「私たちが行うことや言うことが、私たちに帰ってくるのです」と言って、今彼女が言ったことを、円を描く動作で強調して、彼女の右手で右肩から始まって、身体の真正面に来たら左手が続いて左肩までの円を完成させるというものでした。それは円形で包み込むような仕草で、完璧にカルマの法則を表現していました。『民衆の力』が変化をもたらす重要な方法として述べられて、皆が心から賛同し、私たちは通りに出かけていって、私たちの声を聞かせるべきだと話しました。
ある時にパールが、グループメンバーの一人に「あなたは千里眼なの?」と尋ねました。返事は「いいえ」でした。次の質問は「でも、あなたはボスね?」。「いいえ」。「でもあなたはここの責任者ね?」。再び「いいえ、違います」と言って、「私たちは『ボス』のいない、一つのグループとして活動しようとしています」という、ベンジャミン・クレーム氏が例えば彼の著書の『協力の術』で説明しているように伝えました。するとパールは同じメンバーに少し二人だけで話せるか尋ねてきました。彼女らは台所へ引っ込みました。そこでパールはそのメンバーを真っ直ぐに見て、「あなたが私を見ると、何が見える?」と尋ねました。「お茶の中にたくさんの角砂糖を入れ過ぎている女性」という返事を、彼女は笑いながら聞いていました。女性たちは二人とも講演に感銘を受け、帰る時にその内一人が上映したDVDを買うために戻ってくると言いました。
オランダグループメンバー一同
シェア・オランダ・インフォメーションセンター
オランダ、アムステルダム

言葉の拡散
編集長殿
米国とカナダのシェア・インターナショナルの協働者たち12人のグループが、2018年11月1日から7日にかけてカナダのトロントで開催された2018年世界宗教議会に参加し、情報発信のためのブースを出展しました。最初の日の午前中、数人のメンバーが訪問者たちと会話をしていた時に、二人の魅力ある南アフリカ人の黒人男性が私たちのブースにやって来ました。一人の女性がインターネット上に載せるために、彼らとの会話を撮影していました。彼らがブースに入ってきた時、一人が大きな旗を指差して、もう一人に向かって「世界教師が帰還した……だからみんなに言うんだよ、『すべての人たちが教師だ。あなたに起こるすべてのことは、あなたに教えている』とね」と説明していました。その後彼はさらに「そして世界教師は私たちありとあらゆる人々の中に生きている」と言っていました。二人の男性の間の活気のある楽しい会話が続いていき、彼らが話していると、私たちに注がれる肯定的なエネルギーと愛の貨物列車のように感じられました。
その二人の男性がそれぞれの国で有名人であることは、後になってわかったことで、長年福音派の聖職者であり、それぞれ『覚醒』を体験している人たちでした。フェイスブックのページには、ジャクソン・コーサ主教が1977年のアフリカでの大規模な福音派キリスト教の集会で、覚醒を体験したと書かれています。コーサ氏と彼の長年の友人であるムツィ・シンディ氏は共に30年活動してきて、彼らの非常にオープンで全世界的な、あらゆる人々に宿るキリストの神秘主義的解釈で知られています。
以下は、彼らの鼓舞される会話の抜粋です。
MC(ムツィ・シンディ):質問をすればするほど、より目覚めて、一層答えを見い出せるものだ。
JK(ジャクソン・コーサ):私がこうしたあらゆる信仰の流派を統合して、気づいたことの一つがわかると思うけど、まるでそうしたすべてがいろいろな点で、やはりそれぞれの原理主義者の教えから出てきているように思われることだ。
MC:それは他の人々と交流することによって、他の人たちに耳を傾けることによってのみ現れることができるものだね、イエスがあなたの隣人を愛せと言う時、あなたの隣人はあなたと異なったように世界を見ている人で、それがイエスの言う、私たちが愛する必要のある人物なんだ。
JK:つまりこの全宗教の世界議会は私たちを変容させるものだね、過去には私たちのほとんど誰も彼もが、他の人たちを自分たちの方へ改心させようとしていたから……ここにあるあれを見た? 誰かが人を改心させようとしている秘密の計略とかがあると思うかい? それともただのメッセージなのか……。
MC:(クスクス笑いながら)基本的には、それは皆が君に言っていることだよ、「あなたの話をしてください! あなたの目覚めの話をしてください!」とね。なぜなら言葉は違っても体験は同じ(二人声を揃えて)だとわかるだろうからね。つまりここにいる私たちは皆一つの体験をしている、イスラム教徒であれ、ユダヤ教徒であれ、宗教が何であれ、体験は同じさ! 単なる言語にすぎないんだ……。
JK:彼ら皆が言うように、彼らの神は、その神が誰であれ、愛だというように思えるね……私たちは同じことについて話してきたと言ってもいいね?
MC:そうだ、私たちは同じことを話してきたよ! そしてそれは愛だ! それが私たちそのものだ! 私たちは私たち自身について話してきたんだ!
エリサ・グラーフ
ドイツ、シュタイヤーベルク

 

光栄な出会い

光栄な出会い
編集長殿
米国に戻る飛行機に乗るため、アムステルダムのスキポール空港へのタクシーに乗っていた時、運転手と長い会話を交わしました。私がなぜオランダにいるのか、つまりシェア・インターナショナルの伝導瞑想研修会に参加するためでしたが、それを説明したところから会話が始まりました。私はシェア・インターナショナルとは何か、伝導瞑想とは何かを説明し、マイトレーヤや知恵の覚者方、ブラヴァツキーやベイリー、クレーム氏のことまでの再臨のメッセージについて、世界資源の分かち合いなどについても伝えました。運転しながらも、そのタクシー運転手は会話を続けてくれて、質問やコメントをして、私が話していることに興味を示してくれました。
私たちは様々な時事問題も話し合いました。ある時、彼が社会的経済的不平等や、移民やマイノリティーの人たちへの対策などについて話をして、この辺りでも他の地域でも世界の変化への鍵となるのは米国であると言い、なぜなら世界の模範をつくることになるからということでした。彼は他の国々は米国がどうするか決定するのを注視していて、米国の行動を真似ると言いました。私は同意しましたが、正しいことを行うのは各国が決めることでもあると言いました。彼は再び繰り返して、他の国々が米国のリードに従うのだから、世界の模範を築くことにおいて米国がいかに重要かを語りました。
空港への道中で、彼がどこの出身か尋ねると、彼はカシミールだけれども、何年もオランダに住んでいると言いました。
分かち合いについて話していた時、ガンジーの言葉で「すべての必要を満たすのに十分なものがあるが、貪欲を満たす分はない」というのを思い出そうとして、代わりにそういう内容で言い換えて伝えました。彼は言い換えた言葉に賛同してくれて、その日(10月2日)がガンジーの誕生日だと教えてくれました。
私がタクシーを降りる前にもう少し伝導瞑想について話をして、世界の福利のために行われていると伝えました。彼が世界とは私たちを取り巻く人たちを包含するものであり、平和の感覚を持っている人は、花の香りのように他の人たちによって感知されるものだと言いました。
彼が興味を示してくれたので、私の持っていたオランダ語の伝導瞑想の冊子を渡しました。彼は快く受け取ってくれました。
私は彼の名前を尋ねました。「イムラン」と彼は答えました。「どういう意味ですか?」と私は尋ねました。「『村の王』という意味です」という答えでした。彼が私の名前を尋ねてきて、私の名前は私に似合っていると言いました。その時は彼が意味したことがよく分かっていませんでしたが、後でその言葉を考えた時、私の名前についての最近の会話に関係していると思えて、私は「小さな丘」を意味していると思っていたのに対して、誰かが本当の意味は「山」だと言ったのです。
タクシーを降りる時、私は幾分かしこまって、もしかして再び私がアムステルダムに来た時などに、いつかまた連絡を取れるだろうかと言いました。彼はその日の朝、私の携帯電話に(私を迎えに来ている途中だと伝えるために)電話をしたことをちゃんと覚えていて、そういう訳で私には彼の電話番号が分かっていたのです。つまり彼は、私が電話番号を知っていることを強調して、さらに繰り返してくれたのかもしれません。その言葉を後で考えた時、それは最近のシェア・インターナショナル研修会で、代弁者の方たちが実際に電話番号を教えてくれることがあるという話に関係があると思いました。
結局のところ、私は興味深い思いを感じながらタクシーを降りて、「村の王」イムランとの長い会話によって高揚した気持ちでした。
モンテ・リーチ
米国、サンフランシスコ

すべてはそのために

編集長殿
2018年9月に、私はヨーロッパ伝導瞑想研修会に三度目の参加をしました。ケルクラードの列車の駅を出た後、道に迷ってしまい、やっとのことで近くの森を抜けて修道院に行きつきました。私は道中を楽しんで歩き、できるだけ何度もこの森に戻ってこようと心に誓い、その後毎日そうしました。
2018年9月29日のミカエル祭の日に、私はこの森での散歩に出かけました。午前中の集会を終えてからで、議題は「オープンであること」でした。
太陽が輝き、雰囲気は平穏そのものでした。すぐに放浪者のような人物がいるのに気づいたのです。彼は50歳くらいで、ペットボトルの入ったビニール袋を積んだ自転車を押して歩いていました。彼は勇敢そうで、喜びに溢れ、見るからに活気があり、生きることに幸せそうで、地味な服装にキャップを被っていました。何か磁力的で素朴な感じが彼から放たれていました。
普通で当たり前の「ハロー」の後で、その男性は即座に私に向かって、完璧なフランス語で話しかけてきました。私が口に出したかどうかにかかわらず、彼についての質問に答えてくれて、その地域中を歩き回ってボトルを集めていて、リサイクル用に25セントのお金になると言っていました。また彼には他の収入源もあるので、世界の人々や文化を知るためにたくさん旅行できると言って、155ヵ国を旅したとも言っていました。また彼の妻は彼に丸1年出かけるように勧めてくれたそうです。彼は数本のビールを飲んでいたことをわびていました。
彼から私がそこで何をしているのか尋ねられて、研修会やマイトレーヤ、キリストなどについての私の短い説明に納得してくれたようでした。それから彼は私をじっくりと見つめて、私がポルトガル系であること(事実)や、様々な他の話もしましたが、事実なのか、何を意味するかは私にはわかりませんでした。
私の態度や外見からはそのような推測はできないはずだったので、私は彼にどうやってそのようなことすべてがわかったのか尋ねました。彼はそうしたことについて本を読んだと言い、「私たちは大地から来て、大地に帰るのだ」と言って、さらに「書かれているものを読むことが十分なので、空にあるものを読もうとする必要はない」(あるいはそれに似たこと)と言っていました。もし彼が自分を『クリスティアナス』と紹介しなければ、そして近くのオランダの町の『パレスチナ通り』に住んでいると言わなかったなら、これは普通の出会いのままだったのかもしれません。
私がもうすぐフランスに帰ることになると知って、次に再びこの研修会に私が来た時に会って、彼が南アフリカから戻っていたら一緒に過ごそうと言われました。
彼が私に電話番号を口伝えしてくれて、それを急いで書き留めたのはその時のことでした。それでこの日が私の記憶に刻み込まれているのです。この出会いは時を超えた資質を持つものです。研修会の他の二人の参加者も、ある時点で私たちの会話に加わって、この人物と一緒にいました。彼が何者なのかはミステリーのままですが、自分なりの考えは持っています。誰もが自分自身でそうすることでしょう。
ギヨーム・リバル
フランス、アンティーブ

フレンチ・コネクション

編集長殿
オランダのケルクラードでのヨーロッパ伝導瞑想研修会で、メンバーの一人と一緒に修道院の隣にある森で散歩していた時、二人連れに出会いました。男性の方が私を見て、「ハロー、パスカル」と言いました。彼は私と同じくフランス人でした。私はこれまで彼に会ったことはありませんでした。彼が私の名前を知っていたことにびっくりしました。
ありがとう。
パスカル・ブラシェット
フランス、トゥールーズ

 

編集長への手紙

シェア・インターナショナル誌には、手紙の保留分が多数あり、ベンジャミン・クレームの師によって、覚者方あるいは『代弁者』との本物の出会いであると確認されたが、いまだ『編集長への手紙』に掲載されていない。
ここで掲載された他の手紙は新しいものである。覚者が関わっていたかどうかを確認すること、もしくは示唆することもできないが、その体験が希望、鼓舞、慰めを提供することで『それ自体が語る』ということがあり得る。

黄金の玉座

編集長殿
2018年8月のある日、私はアムステルダムのシェア・オランダ・インフォメーションセンターで、書類の束などをゴミ箱に入れるものと、保存するものとを確認して仕分けしていました。
私はシェア・インターナショナル誌を手に取り、表紙の(『マイトレーヤの玉座』という)絵を眺めていて、玉座の左側数カ所に、金色の縁取りがあるのを見ました。それは椅子の部分の始まりと終わりにあって、とても分厚くなっていました。もっとよく見ると、絵の天辺の左側に、小さな金色の点々が見えました。私は驚いて、「他の号にも見えているか後から調べなくては。これまでずっと見落としていたのかしら?」と考えていました。
後になって他の号を調べても、金色の部分はありませんでした。もっとじっくりその美しい金色の絵を眺める時間を取らないで、その代わり目の前の仕事を続けてしまったことに、心底がっかりしました。物事をしっかり見る時間を取り、思考も見つめて、行動ばかりに突き進まないようにと、心に留めておかなければならないと思いました。
それはずっと昔にテレビでコンサートを見ていた時、指揮者の指から(今回見た)金色のエネルギーが流れ出ていたのを、目撃したことも思い出させてくれました。
ミエンケ・ラマイン
オランダ、ドリーベルゲン

知っている訪問者

編集長殿
2018年8月10日、アムステルダムのインフォメーションセンターで、写真展が正式にオープンしました。シェア・インターナショナルの活動や目的についての、短い講演を聞いた聴衆の中に、おおらかで物怖じしないスリナム出身の男性がいて、彼は溢れるようなエネルギーを発散していて、45歳くらいの人でした。彼は後方に座っていて、後になって彼の名前がロメオだとわかりました。マリーケの講演の間、彼は励まし支持する様子で微笑みながら、じっと彼女を見つめ続けていました。それは人から人へと伝わっていきました。その晩になっても、彼女はまだエネルギーを感じていました。
彼はグループメンバーの一人と瞑想について話をして、その人が時にはうまくいくけれども、うまくいかない時もあると言うと、彼は思考を手放して、それに邪魔されないようにすること、思考に注意を払わないことだとアドバイスしていました。
その後アンネリースが彼に、マイトレーヤについて聞いたことがあるか尋ねると、彼はすべての情報を知っていると答えました。
彼の主な関心事はアメリカでした。彼は市場のフォースと商業至上主義について話をして、まさにガンジーが言ったように、講演の中でもちょうど取り上げていましたが、「皆の必要を満たすには十分だが、貪欲を満たす分はない」と言っていました。彼はまたマリーケが話したことを取り上げて、人々は行動を起こすのに十分なだけ知っているが、『凍り付いた』ような状態だと言いました。けれどもひとたびマイトレーヤが話すのを聞けば、私たちは人類がひとつであること、すべての人がお互いに兄弟姉妹であることを、私たちのハートの内で知り、体験することになり、そのようにして一つの家族の中で行うように、あらゆるものを分かち合うでしょう。
彼はロンドンで財界の上層部の夕食会に参加した時のことを話して、そこでは非常に多額のお金が使われ、そのやり方で雇用主たちはシステムへのアクセサリーになるのです。誰もがシステムに組み込まれており、そのため何か批判を表明すれば、解雇されるかもしれないことを皆が恐れています。オランダで、彼は健康保険制度についての交渉に出席し、「この決定は人々に対して、どのように作用しますか?」と彼が尋ねた時、彼らは彼を見つめて、「どの人々ですか?」と聞き返したのです。彼はそれが決して人々についてのことではなく、常にお金についてのみなのだと言いました。健康保険制度は人々に関するものではなく、経営と効率性に関することなのです。
彼によると、トランプ氏が(本当の金持ちからは)真剣に受け取られたことがなかったのは、彼が投機家であり、本当の財産を持っていなかったためでしたが、あらゆるものが現在その価値を増してきたので、彼は真剣に受け取られ、人々は彼と一緒にいるところを見られることや、彼とビジネスをすることを欲しています。彼はまた戦争は兵器産業に利益になるだけだとも言っています。人々、そして特にメディアはトランプ氏のツイートや公式見解に集中していますが、彼らが気を取られている間に、トランプ氏は最も恐ろしい法案にサインすることに忙しく、それによって労働者が彼らの権利を失うことになるのです。「あなた方は、オランダが小さな国であるという事実にもかかわらず、オランダの声が世界において、いかに重要か忘れています。オランダの人々は実際に、あらゆる大きな企業や重要な組織に関わっているのです」。アンネリースが彼に今何の仕事をしているか尋ねると、彼はコーチをしていると言いました。マリーケが彼の名前を思い出せず、彼は彼女の名前を知っていたために、彼は名前を覚えることを学んでいたと言い、『メンタルの体操』をすることは非常に大切だとも言っていました。
彼はさようならと言って、話し合いの後で帰っていきました。
マリーケ&アンネリース・オプ・テン・ノール
オランダ
(この手紙の最初の説明については、本誌2018年9月号 編集長への手紙「民主主義の権利を守れ」を参照)

特別の案内人

編集長殿
私の叔母が1996年にマイアミに行きました。最初の日に彼女は完全に道に迷い、方向がわからなくなって、袋小路に行きつきました。彼女はベネズエラを思い出しながら、泣き始めました。その瞬間に、金髪で若く白い服を着た男性が、彼女を立ち上がらせて、完璧なスペイン語で話しかけてきて、彼女を名前で呼んで、彼女が探している場所への道順を教えてくれたのです。このことすべては、彼女が一言も言葉を発しないうちに起こったのです!
匿名希望
ベネズエラ
【ベンジャミン・クレームの師は、彼女の『案内人』がイエス覚者であったことを確認した】

 

編集長への手紙

シェア・インターナショナル誌には、手紙の保留分が多数あり、ベンジャミン・クレームの師によって、覚者方あるいは『代弁者』との本物の出会いであると確認されたが、いまだ『編集長への手紙』に掲載されていない。ここで掲載された他の手紙は新しいものである。覚者が関わっていたかどうかを確認すること、もしくは示唆することもできないが、その体験が希望、鼓舞、慰めを提供することで『それ自体が語る』ということがあり得る。

自由なる彷徨

編集長殿2018年6月4日に列車でベルリンに向かう途中、尋常でない出会いがありました。その日は何となく何かが起こりそうな予感がしていました。何カ月も以前の11月に、私がマイトレーヤからの導きを求めて祈ったのは、外国で暮らすことになじめず、度々孤立していると感じる場所でいかに最善の奉仕をするかについて、うまくいかない感じがしていたからです。私は列車に乗って、二人掛けの席が向かい合う四人掛けの席が空いているのを見つけました。近づいてみると、窓側の二つの席には古びたカーディガンが置いてあり、それが座席の間に並んだビニール袋に被せられていました。これは不思議なことで、ドイツの列車内では誰も物を置きっ放しにはしないのが一般的だからです。袋はそれ自体が重なっていて、三重か四重に1枚ずつ内側に入れられた状態で、個人の持ち物が入っていると思いました。私は通路側の席の一つに腰を下ろして、誰がそれを取りに来るのか興味を持っていました。列車が出発し、私が携帯電話を見ると、娘の親友のウルスラの写真を母親がフェイスブックに載せているのが見えました。停車駅で窓の外を眺めていた時、大きな建物が見えて、側面の壁に大きな文字で「シュリューター」という名が書かれた機械の会社でしたが、もしかしてオーナーは私の知人で、同名のもう一人の機械工と関係があるのだろうかと思っていました。終点まで10分くらい前に、一人の年配の女性で優しい顔の人が、背後の通路からやって来て私の席の隣に立ちました。彼女を見ると、英国人の女優のジュディ・デンチ(彼女の歯はひどい状態で半分無くなっていたことを別にしてですが)を思い出しました。彼女は頭から足までセーターを重ね着していて、ピンクの長い丈のセーターを上に着て、粋なピンクのニットのベレー帽を頭に被っていました。温かい日だったので、彼女の格好には驚いていました。けれども最も驚かされたのは彼女の裸足でした。彼女が靴を履く習慣がないことは明らかで、彼女の足は擦れて汚れていました。彼女が自分の物を移動させたので、私は窓側に座れるようになり、彼女が私の隣に座りました。私たちが話していた時、彼女は私のドイツ語が母国語ではないと気づいて、何語を話すのか尋ねてくれて、やすやすと英語に切り替えてくれました。彼女の説明では、地方のドイツの列車に乗って、地域の実際の町や村を見る旅を5年間続けているそうです。彼女によると「世界や旅の何たるかを本当に見ることはできないのよ、家のことや面倒を見ないといけないことに責任があるうちわね」ということでした。私はこれが私自身のチャレンジに向けて直接言われたと感じました。私は家や物質的所有についての自分自身の愛着や先入観について考え、それがより一層意識的な奉仕者となり、もっと自由に移動して、より広範な聴衆と希望のメッセージを分かち合う時間を取ろうとする献身を、邪魔しているものだと思いました。彼女は元々荷物を持っていましたが、盗まれたか壊されたかして、そのことが彼女のライフスタイルに関して、一般大衆や列車での旅仲間たちからの態度を受け入れるというより、体験することを促したのです。けれども彼女はそのような体験に動じていないように見えました。彼女は自分を『ホームレス』と名乗ったりするような素振りもなく、むしろ彼女の態度からは、彼女のライフスタイルが意識して選択されたものであり、人々がどう思うかについて無執着だということがわかりました。気がかりだったので彼女に靴無しの足について尋ねた時、彼女は何年も前に靴を履いていた時、靴擦れができてしまったそうです。頭から足首までウール生地で覆えば、冬に裸足だとしても、温かいままでいられることを発見したと彼女は言っていました。列車から降りる準備をしていた時、私は彼女の名前を尋ねようと思いました。彼女の返事にびっくりしたのは、私の頭の中の考えから出てきたようだったからで、彼女は名前を「ウルスラ・シュリューター」と言ったのです。その出会いには非常に鼓舞され、結局私たちは皆人生において選択をするものであること、そしてより良い奉仕へ自分自身を解放する状態を、自分でつくらなければならないという気づきがありました。ベンジャミン・クレーム氏の、弟子として人は世界に属するというアドバイスが思い出されました。
エリッサ・グラーフ
ドイツ、シュタイアーベルク

民主主義の権利を守れ

新しい写真展が8月12日に、アムステルダムのシェア・オランダのシェア・インターナショナル・インフォメーションセンターで開かれました。一般の人々やグループメンバーたちも参加した、成功した一日でした。訪問者の中にスリナム出身の男性がいて、彼のエネルギーや言葉が大変印象に残ったので、それらを本号に含めなくてはと考えましたが、その手紙は原稿作成の終盤になって、やっと届いたところでした。彼は何人もの共働者たちと長い間話をしていました。以下は彼の示した最も重要なポイントや、世界中のグループメンバーにとって、特にアメリカのメンバーにとって価値があると考えたコメントのいくつかを、短く要約したものです。手紙全文は10月号に掲載される予定です。彼はマイトレーヤについてすべて知っていると言いました。彼は特にアメリカに関心を示していて、市場フォースと商業至上主義の否定的な影響について話をしました。彼はロンドンの金融界についても知っていて、巨額のボーナスや給与を通じて、従業員らがいかにシステムの中に結び付けられていて、批判などすれば仕事を失うことになるのを怖れているかを説明しました。それはすべてお金についてであり、決して人々についてではないのです。私たちの訪問者は、戦争がとりわけ兵器産業の利益になると言いました。さらに彼はトランプ大統領について注意するように言って、大衆やメディアが繰り返されるツイートに気を取られている間に、トランプは史上最低最悪の法案にサインすることにどれだけ忙しくしていることか、これによって必然的に労働者はその権利を失うことになると言いました。
シェア・オランダ共働者一同

貴重なものを見る目

編集長殿
私は5月(2018年)に目の手術を受けました。あまり期待をしておらず、マイトレーヤの『手』を通して助けをお願いしていました。片目の手術を終えて、夫と私がエレベーターを待っていた時、一人の男性がやって来て私たちの隣に立ちました。彼の外見が目立っていて、昔ながらの映画スターのように見えました。黒っぽいカーリーヘアでパーティー向きの格好をしていました。彼はまばゆいばかりの笑顔で、美しく白い歯をしていて、まるで光を放っているように見えました。夫が彼に「あなたはこの病院で有名なのですか?」と尋ねました。彼は笑い出して、自分を指差しながら「ここで有名なように見えますか?」と言いました。それから彼は私の手を取って、心配そうな顔で「大丈夫ですか?」と尋ねてくれました。私は手術やその特別な男性のこと全部にすっかり圧倒されていたので、後になってやっと、それが尋常でない出会いだと思いが至ったのです。私のもう一方の目はそれ以来手術を続けてきましたが、視力が再び回復したのをとても感謝しています。
ナンシー・デ・グラーフ
オランダ、アムステルダム

 

編集長への手紙

シェア・インターナショナル誌には、手紙の保留分が多数あり、ベンジャミン・クレームの師によって、覚者方あるいは『代弁者』との本物の出会いであると確認されたが、いまだ『編集長への手紙』に掲載されていない。ここで掲載された他の手紙は新しいものである。覚者が関わっていたかどうかを確認すること、もしくは示唆することもできないが、その体験が希望、鼓舞、慰めを提供することで『それ自体が語る』ということがあり得る。

やり続けなさい!

編集長殿
2018年5月12日に数万人もの抗議者たちは、緊縮政策が英国で始まって以来、最大の労働組合会議のデモに参加しました。雰囲気は陽気な感じでしたが、群衆は労働環境と人権のためのより良い変化を待ちわびて、切望していました。ハイドパークの入場口にいた時、並外れた人物がパークレーン通り入り口にある中央受付所にいて、身体がいくらか植込みに隠れていましたが、デモの人々の方を向いているのが見えました。彼(あるいは彼女)は白い縁取りの付いたノーム(先のとがった帽子を被った老人姿の伝説の小人)の帽子という感じのものを被り、とてもカラフルなカーディガンにクリーム色のタータンチェックのキルト(スカート状の衣装)を着ていました。彼は白髪のカーリーヘアで、満面の笑みを浮かべていました。彼には見覚えがありました。突然、彼は一方の腕を回し始め、それからもう一方の腕も(風車の羽根のように)回して、まるで群衆を激励して、「立ち上がれ! 立ち上がれ! やり続けろ! やり続けろ!」と言っているかのようでした。それはすぐに伝わってきて、私は自分のプラカードをお返しに振って、しばらく彼を見ていましたが、向き直ってジェレミー・コービンの元気が出る演説を聞くために、喜び勇んでハイドパークへ入っていきました。
スザンヌ・フィリップス 英国、ウェストサセックス州

必死の訴え

編集長殿
2001年8月、シェア・インターナショナルの仲間がマイトレーヤに出会いましたが、ユーストン・ロードで車の行き交う危険な状態で、座り込んで食料を求めていた男性として現れたのでした。(本誌2001年9月号参照)2001年9月に、ユーストン・ロードを通って車で北へ向かっていた時、遠くに一人の男性が見えて、彼は速いスピードで走る車の二つの車線の真ん中を走っていたのです。彼は東ヨーロッパの人の風貌で、肩の長さの黒髪が汚れて固まり、あちこちにはねていて、ボロボロになった黒い服を着ていました。彼はフラフラとした足取りながらも、断固として前に進んでいました。後ろから来る車が近かったので、私はスピードを落とせなくて、彼をはねてしまわないかと心配でした。彼が開けた車の窓の近くに来た時、数秒間お互いを見つめました。彼は動揺して切羽詰った表情でした。片方の目が奇妙で、おそらく見えていなかったのが、彼を少し野蛮なふうに見せていました。彼は気も狂わんばかりに自分の口を指差して、「食べ物、食べ物!」と叫んでいました。停車することはとてもできなかったので、ショックを覚えながら運転を続けました。その時、仲間が見かけた人物を思い出して、彼は同じ人物、つまりマイトレーヤではないかと思ったのです。
ジル・フライ 英国、ロンドン【ベンジャミン・クレームの師は、その男性が実際にマイトレーヤであったことを確認した】

クローンで行こう
編集長殿2001年6月12日の火曜日、その晩のベンジャミン・クレーム氏講演会の準備のため、書籍やその他の備品を車一杯に詰め込んで、コンウェイ・ホールに向かって運転していました。キングスクロスに近づいていた時、巨大なガス工場近くの裏通りで、急なカーブを曲がって驚くべき光景を目撃したのです。二人のアジア人の男性が、反対側の道をこちらに向かって腕を組んで歩いてきたのですが、完全に瓜二つだったのです! 彼らの身体も顔も同じで、同じこげ茶のウールの帽子とジャケットとズボンに靴までお揃いで、まさにクローン人間のようでした。外側の肩から斜めがけにして、それぞれ身体の内側になるように提げた、大きくて重そうな鮮やかなオレンジ色の新聞配達用バッグも、ぴったり同じ分量で中身が一杯に詰まっていたのです! 彼らは笑ったり、話をしたり、前を見たりしていました。まさに子供が描く『蝶々』の絵そのものに見えました。私たちは彼らを眺めながら車で通り過ぎて、彼らが離れていくのを見ていました。車の中の一人が、「あれは私が思っている人たち?」と言ったので、私たちは噴き出してしまいました。それはあまりに面白くて、マイトレーヤとイエス覚者に違いなく、中でもすばらしく見事な変装でした! 私たちはコンウェイ・ホールまでの道のりを笑いっぱなしでした。あなたの師は、あの一卵性の双子が誰だったのか教えていただけますか。
アネット・ポンズフォード 英国、イースト・グリンステッド、ジル・フライ 英国、ロンドン
【ベンジャミン・クレームの師は、その二人の男性が実際にマイトレーヤとイエス覚者であったことを確認した】

 

編集長への手紙

シェア・インターナショナル誌には、手紙の保留分が多数あり、ベンジャミン・クレームの師によって、覚者方あるいは『代弁者』との本物の出会いであると確認されたが、いまだ『編集長への手紙』に掲載されていない。
ここで掲載された他の手紙は新しいものである。覚者が関わっていたかどうかを確認すること、もしくは示唆することもできないが、その体験が希望、鼓舞、慰めを提供することで『それ自体が語る』ということがあり得る。

路上の出会い

編集長殿
2018年5月初めのある日、グループメンバーと私はアムステルダムで、交差点の歩道を渡るのを待っていました。モロッコ人の風貌の男性がすでに道路を渡って、私たちの方へ近づいていたのですが、彼が通り過ぎる時に突然振り返り、私たちに話しかけてきたのです。私は少し驚きました。彼は陽気で上機嫌な様子でした。私たちは彼が言ったことを正確には覚えていませんが、大体の意味は、彼が寂しいと感じたことがないのは、人々に話しかけているからだということ、そして彼はどこにいる人たちでも、何が必要であっても助けるのは、私たちが皆ひとつであり、兄弟姉妹だからということでした。それから彼はそのまま歩き続けて、私たちは心が軽くなるのを感じながら、信号が青に変わってから道路を渡りました。
シェア・オランダ・
インフォメーションセンターのメンバー
オランダ、アムステルダム

光のスピード

編集長殿
2018年5月10日に、私たちはアムステルダムのスピリチュアルなセンターである、ザ・ローズ(デ・ルー)で、『存在の美と生命の法則』と題した講演会を催しました。
私たちが(急な階段を上った)3階にある講演会場に到着した直後のことですが、驚いたことに松葉杖の女性が入ってきたのです。私たちがなぜ驚いたかというと、彼女は私たちと同じ停留所でトラムを降りた人で、センターまで歩く距離もあり、その後階段まで上ってきていたからでした。彼女はセンターまでの道のりも階段も、ものすごいスピードでやって来たに違いありませんでした。
講演の終わりに私たちは大宣言の日について話し、マイトレーヤが人類に一体性の体験を与えてくださることを伝えました。その時にあの女性が霊的な体験について私たちに話してくれて、彼女自身と同じく画家であるモスクワの友人が描いた、美しいマイトレーヤの絵を見ていた時に、その瞳が美しく光のようで、まさに輝く光だったそうです。私たちが弟子を通して働く覚者方についても話をすると、覚者方が例えばベンジャミン・クレーム氏やレンブラントを通して働くのを知るのは、すばらしいことだと彼女は言いました。それから彼女は他の催しに参加したいので、帰らなければならないと言いました。
伝導瞑想グループメンバー
オランダ、アムステルダム