2020年8月号

 

――覚者より
人間の本質的同胞愛
ベンジャミン・クレーム筆記

パンデミックとオーバートンの窓
スコット・チャンピオン

今月号の内容概説

グローバル・マーシャル・プランが再び議題に?
リュック・ギロリー

民衆の声
「息ができない」
―世界の不平等に向けられるゾッとするような合い言葉
ピユーシュ・コテチャ

パンデミック時代のUFO
ウィリアム・アレン

時代の徽

民衆の声
パレスチナ人の命は大切だ( Palestinian Lives Matter)
―ユダヤ人とアラブ人による大規模な併合反対集会
ホワン・コール

ルトガー・ブレグマン著
『ヒューマンカインド(種としての人類) —— 希望に満ちた歴史』
フィリス・クレームによる推薦図書

アリス・A・ベイリーの思い出
ラウル・ウィレムス氏へのインタビュー

エリザベス・ワーノンの著書におけるマイトレーヤ
クロード・シャボシュ

編集長への手紙
井戸の発見 他

読者質問欄
回答 ベンジャミン・クレーム

人間の本質的同胞愛

シェア・インターナショナル誌には創刊以来、ベンジャミン・クレームの師である覚者が提供してくださった記事が毎月掲載されてきた。それは、書かれた時のみならず、世界の状況に応じて適切と思われるときにはいつでも掲載してよいようにである。2011年に書かれたこの記事は、ウイルスによってすべてが露呈した全面的な不正義という現在の危機をわれわれに示している。何世紀にもわたってわれわれは他者の苦しみに目を背けて、人種差別から得をしてきた。今やついに、われわれには人類の一体性を受け入れる希望が出てきているのである。

人間の本質的同胞愛

──覚者より
ベンジャミン・クレーム筆記

 数え切れない長い間、人間は食物、利得、安全、平和を求めて地球を放浪してきた。部族として、あるいは国家としてでさえも、人間は惑星を何度も何度も縦横に彷徨いながら、長い間連続的に異種の民族と戦い、そして異族間の結婚で結ばれてきた。この尽きることのない放浪の結果が今日のひとつの人類なのである。皮膚の色や宗教や伝統や言語が何であろうとも、すべての人間は共通の先祖からの子孫であり、同じ方法で現在の状態にまで進化してきたのである。現在の状況が、確かにあるグループにとって他よりも有利なのは多くの歴史的要因の結果であり、知性や適応性における先天的な違いの結果ではない。歴史を通じて、様々なグループが長期間あるいは短期間、突出し、名声を上げ、そして、彼らの存在を後々の世代に思い出させるための彼らの創造性を残して、再び埋もれ消えていった。
 これはすべて本当であり、現代の人類は自分たち自身をひとつとして見なし、姿形の違いは、様々な人種タイプの出現を通じて、定期的に顕現してきた光線の影響であると共に、比較的最近の気候的条件の結果であると見なすことが非常に大切である。人類は、ひとつとしての意識を培うことにおいて、まだ共に進化しつつあるのである。
 共に進化成長しながら、各々の種族や亜種族が何らかの新しい特質を全体に寄与する。輪廻転生の過程は、徐々に各人が新しい知識と新しい時代についての認識を受け継いでいくことを保証する。もし人間が本当にこの過程の複雑さと美しさを理解するならば、今日の“人種差別”のような嫌悪感や不信感は永遠に消え去るだろう。本当に、人間は兄弟であり、終わることのないように思える自己発見の行路を共に歩んでいる仲間であることに気づくであろう。
 あなた方の兄であるわたしたちが、より公に働くとき、これが人間の特質と関係についてのわれわれの理解の中心的真理であることを知るだろう。人間家族はわれわれのいのちを養う基礎である。その中でわれわれは協力し、われわれの分かち合われたアイデンティティー(本体)の豊かな織物を形成しながら、共に創造するのである。
 ではいかにして、人間はこの本質的な理解に到達することができるのか。わたしたち同胞団(ブラザーフッド)が、この関係を、わたしたちが行うすべてにおいて実演するだろう。かくして人間は、彼ら自身をすべて同胞として見るようになるだろう。分かち合いが人間をこのうれしい峠に導き、真理についての彼らの新しい実演(デモンストレーション)が彼らに栄光を与えるであろう。そのようになるだろう。
 そうして人間は彼らの知識と経験を分かち合って、達成の高台を征服するだろう。人間はついにお互いを自分自身として認識することで、兄弟たちとの距離を置くために立ててきた偽りの障壁を永遠に消し去るだろう。
(2011年1月号)

パンデミックとオーバートンの窓

スコット・チャンピオン

「オーバートンの窓」とは、政府の受け入れ可能な政策範囲を定めるアイディアを描写する用語である。政治家が成功するためには、国民に受け入れられるこの範囲内に政策を留めなければならない。政治家が政策範囲を拡大するためには、既存のオーバートン内で新しい政治要綱を展開するか、国民が政治家に聞こえるほどの大きな声で新しい政策を求めることが必要である。

 ベンジャミン・クレームは著書の中で、人類はいつの日かかなり深い衝撃をもって深遠な荒野の体験と向き合わざるを得なくなるだろうと主張していた。「荒野の体験とは、特に西洋人にとっては、至るところのすべての人々が生活できるように、よりシンプルな生き方を受け入れることである」とクレーム氏は語った。
 この体験の結果として、世界の諸政府は国民の真のニーズを優先し、それを満たす試練にさらされるだろう。この荒野の体験を引き起こす要因としてパンデミックを予想した人はほとんどいなかったが、パンデミックから生じた経済崩壊と、これまでこの危機の後を追ってきた世界の諸政府の対応は、クレーム氏の著書や講演と一致している。
 2020年4月、米国下院の民主党議長であるナンシー・ペロシ氏は、ユニバーサル・ベーシック・インカム(全国民への基本所得補償)は現在の経済環境において検討する価値があるかもしれないと述べ、米国国民のためのより公正な経済モデルの一端を示した。ペロシ議長は、米国の経済モデルにおけるこのような革命的な変化を公に表明したこれまで最も高位の米国政治家である。これに先立ち、米国大統領候補のバーニー・サンダース上院議員は、多くの進歩的・社会主義的なアイディアをアメリカの有権者の思考に印象付けた。これらの米国を中心とするアイディアは、被雇用者賃金の80%をかなりの限度までカバーするために企業に早急に資金を給付しようとする英国の保守政権に相通じるものであり、労働党政府でさえ数カ月前には想像だにできなかった対策である。
 こうした前例のない提案と社会主義へのステップは、もちろんのことながら、新型コロナウイルスのパンデミックによって引き起こされた経済的苦難によるものである。これは、非常に短期間(10週間)に世界経済に構造上の深い損傷をもたらし、1930年代の大恐慌のときに10年間にわたって発生した雇用喪失と経済活動低下に匹敵するものとなった。ラボバンク社の洞察力に富む経済アナリスト、マイケル・エブリィ氏によると、「経済的損害の深みと速さはまだ始まったばかりであり、それは恐るべきものである」と語っている。
 危機のときに資本家に損失を与えないように諸政府が協調して講じた対策は、先進諸国で特筆すべき歴史を持っている。経済危機の際には、国民よりも株式と債券と不動産市場を最優先する世界の中央銀行が調整する流動性計画案を通して、株式保有者は、繰り返し救済されている。今世紀だけでも、米国、EU、日本、そして先進国全体の資産市場を支援するために、数兆ドルが提供されてきた。
 近年では、中国もこの資産の引き上げに参加している。危機が、住宅ローン、自動車ローン、クレジットカードの不履行につながり、資産保有者の資金繰りを奪うような重大な形で雇用に影響を与えると見られる場合、これらの国々は時として国民に限られた資金を提供する。多くのコメンテーターが述べているように、それは、損失が社会化され、利益は私有化される世界的なシステムである。
 危機の間は、株式の賭け全体が、納税者、欠損、将来の通貨価値を犠牲にして中央銀行によって大幅に埋め合わされるため、2007年から2009年の大金融危機以来、資本市場は時として「カジノ」システムであることをやめたこともあった。個々の企業の成功には依然としてカジノ的な賭けの要素があるかもしれないが、危機的な状況下では、適切に管理された企業と管理が不十分な企業は共に経営業績や資産に関係なく救済される傾向がある。過去10年間に自社株買戻のために多額の借入を行った経営陣は、企業に大きなリスクを負わせた。このように振る舞ったボーイング社のような企業は、貪欲で無能な自己中心的な経営を納税者の金銭を使って救済するという考えに対して国民からの相当な抵抗を受けている。
 株主価値を最大化することに専念し、同時に自社のストックオプションの価値を最大化する上で、経営陣は収益報告に最後の1ドルを詰め込むために、可能な経費と資産をすべて海外移管した。医療検査、化学試薬、マスク、ガウン、手袋、眼の保護、手指消毒剤などの重要な物資が国内生産のどこにも見当たらなかったのは、企業全体に及ぶこの経費削減の結果であった。ほとんどの先進国では、わずかな経費──数百万アイテムに及ぶわずかな経費──を節約するため、実質的にはすべてが最低コストの生産者に外注されてきた。
 2カ月という短い期間に、政府、雇用主、労働者にとって何が必要不可欠かということが全く新しい意味を帯びた。新型コロナウイルス感染者に対処する医療従事者は、突然最も重要になったこと──つまり、生き延びるということ──の比類のない世界的な実現において、世界で最も重大な前線に立つことになった。食料品店のレジ係もこの新しい戦いに送り込まれ、一夜にして不可欠な地位に押し上げられたが、感染している可能性のある顧客や同僚と必要な防護策なしで対面しなければならなくなった。これらの労働者は、有給の病気休暇なしで最低賃金に近い収入しか受け取っておらず、最良の場合でも、加入している健康保険は不確かで高額なものである。
 最前線の医療従事者を含む必要不可欠な労働者が新型コロナウイルスの検査を受けることができないにもかかわらず、プロのスポーツチームは検査を受け、エンターテインメントのスターたちはオンライン・ニュースやソーシャル・メディアに検査結果を投稿し、裕福な人々とその近隣の人々はプライベート・コンシェルジュ・メディカル・サービスを通じて問題なく検査を受けていることがニュースで多く報じられている。重大なのは、新たに評価された必要不可欠な労働者がこの状態を見過ごしていないということである。2020年5月5日、労働者の正義を求める声が上がり、アマゾン、インスタカート、ホール・フーズ(アマゾンが所有)、ウォルマート、ターゲット、シプト、フェデックスの必須労働者の連合が、賃金の上乗せ、有給病気休暇、安全な労働条件を要求するストライキを行った。
 パンデミックの前線に送り込まれた結果、米国の必須労働者は、うまくいく経済制度はどのように機能すべきかという考えも含めて、市場の力は不可侵だと考える人生全般の条件づけを打開することよりも、資本主義の不公平さを即座に理解することのほうがおそらく容易だったのだろう。パンデミックの結果として、多くの人々が新しい現実に目覚めている。彼らは状況のより明確な見方を発達させつつあり、彼らが経験し、家族を危険にさらしている明らかな不公平さに立ち向かい始めている。
 彼らがこの自己尊厳の感覚に新たに気づくようになったのは、直接的で、あからさまで、冷酷なパンデミックが、以前の経験や条件づけの範囲を越えていたため、過去の条件づけから解放されたからである。彼らは公平ではないことを理解している。彼らには、それが自分のせいだと認める理由も、文句を言わずにそのまま受け入れる理由もない。彼らは、同じ労働者の生命が実際のリスクにさらされているにもかかわらず、富裕層が彼らの犠牲によってどれほど利益を得ているかをより明確に見ている。メンタル的な条件づけは、存在の脅威──死ぬ可能性──に直面したときにより簡単に克服できるようである。
 今後、必須労働者は、自分たちが重要であり、しかも非常に重要であることを直接経験しているため、十分に再考することなく自らの運命を受け入れることはないだろう。同じことが、より大勢の人々のために隔離を要求された人々にも言える。彼らはこれが自分のせいではなく、要求された必要なことに従って、立ち退かされたり、家や車を差し押さえられたり、破産を強いられたりされるべきではないことを知っている。このように考えるようになるにつれて、メンタル的な条件づけを打ち壊すことができる余地が生まれるだろう。「私は絶対必要なのです」「私は他の人たちが生きるために最高のことをした」「なぜ私の家族はそのために苦しまなければならないのか」
 現時点では、1987年の株式市場の崩壊、2000年のインターネット・バブルの崩壊、2007年から2009年の大金融危機の際に中央銀行が用いた紙幣印刷のテクニックが、深く相互関連し合い、大きな債務を抱えた今日の世界で再び見られるかどうかはまだ分からない。進行中の新型コロナウイルス・パンデミックは、パンデミック以前の生活の多くの側面が正常に戻るのに長い時間がかかる可能性があることを瞬く間に示している。世界経済を理解することに専心してきた多くの経済アナリストは、業種によっては、多くの産業が2年から8年未満で通常に戻れるとは期待できないと述べている。JPモルガン・アセット・マネジメント社の最高投資責任者は、雇用が最近の最高水準に戻るには少なくとも12年はかかると述べた。金融とヘッジファンドのリーダーである89歳のジョージ・ソロス氏は、これは彼の生涯の危機であると述べた。
 政府の政策と事業運営計画は、供給連鎖の失敗と破壊を伴った純粋なグローバリゼーション・モデルが企業と国民を危険にさらすことを認識して、新しい現実に適応する必要がある。それは、利益を公共の安全、労働基準、生活賃金、市民の福祉と健康、環境基準、地球の健康よりも優先している。地球の健康は、澄んだ空と汚染されていない空気の写真を見ると理解できる。
 企業もまた、この新しい時代に生き残ろうと苦闘する時に、利益の最大化に彼らの将来の存続を危険にさらすだけの価値があるかどうかを再考する必要がある。政府の救済策が効果的でないかぎり、資本市場(株式および債券市場)で資金を調達する能力のない企業は極度の圧力にさらされることになるだろう。われわれがすべてを克服するまでに、この経済的困難はそれほど大したことはないと予想する市場アナリストはほとんどおらず、アナリストの多くは、この不況が1930年代の大恐慌で直面した困難に匹敵するか超えるだろうと予想している。多くの指標から見て、すでに新しい大恐慌に陥っているのである。
 グローバルな売買、利益、雇用、設備投資、税収は、今後も引き続き厳しい状況にあるだろう。航空機製造、航空会社、ホテル、宿泊施設、自動車メーカー、レンタカー、輸送機関、カジノ、レストランなどの以前は収益が高かった業種は、事業の縮小を余儀なくされるだろう。雇用は通常よりも遥かに長期にわたって困難が続き、世界的な景気後退と不況はより長い時間停滞が続くだろう。
 必要不可欠な業種は、より高い賃金、有給休暇、利用可能な健康管理を求める要求に直面するだろう。これは記録的な失業を背景に発生し、雇用者と労働者の対立の爆発につながる可能性がある。パンデミックの結果、事業利益率が圧迫され、供給プロセスは家庭により近くなり、中国などのような単一生産国への依存は少なくなるだろう。企業は、単一の供給源への依存を防ぐために、複数の供給先に供給リスクを分散させるだろう。現在のパンデミックでは、容易な解決策はなく、最初の経済開放がどれほど成功するかに関係なく、遠い未来に影響が及ぶほど生活は大きく変わるだろう。
 景気後退をすぐに和らげることができるものはあるのだろうか。広く利用可能で安全かつ効果的な治療計画、もしくはワクチンの広範な投与の成功は、長期にわたる世界的な不況を回避する最良の機会ではあるだろう。しかし、これら好ましい出来事の一方もしくは両方が当面の視野にあっても、経済的損失は依然として過去のすべての不況を超えるだろう。進行するインフレのために調整された世界のGDPの最近のピークは、世界経済全体の供給と需要の両方がかつてないほど破壊されているため、短期から中期での達成は難しいだろう。
 発展途上国の経済は、米ドルへの依存と、堅調で完全に機能しているユーロドル市場への依存のため、特に困難な時期にある(ユーロドルとは、米国の銀行システム外で保有されている米ドルである)。全体的な経済活動の急激な低下により、米ドルの供給は世界的に急激に減少し、商品価格の低迷と同時に、途上国の経済を強く圧迫している。
 この二重の打撃が、国際通貨基金が特別引出権利の拡大を望んで、途上国の支援のために貸付能力を1兆ドルに引き上げようとしている理由である。しかし、トランプ政権はこの計画に抵抗しており、これまでのところ反対している。これが継続する場合、世界的な崩壊を食い止めるために、外国政府および外国企業のほぼ無制限の額の米ドル債務、融資枠、銀行信用状の引き受けを米国連邦準備制度および米国財務省が引き受けなければならなくなる可能性がある。
 この不幸な状況によって、米国は現在の影響力を遥かに超えて世界の経済活動を支配できるようになり、資金を受ける国や企業を選択するようになるだろう。このシナリオでは、米国政府が国際的な勝者と敗者を選ぶことになる。中国やロシアなどの国々は、かなり大きな経済を抱えているため、イラン、ベネズエラ、北朝鮮と同じ船に乗ることを望まないだろう。すでに米国の制裁下にあるロシアにとって、この考えはそれほど魅力的なものではない。高度な軍事力を備えたこれら政治的および経済的に強力な国々にとって、それは耐え難い状況であり、この米国の支配力拡大が現実になった場合にロシアと中国が検討する可能性のある政策選択の範囲を想像することしかできない。要するに、過去数四半期にユーロドル市場で危機点に到達しようとしていた問題が、新たな世界的危機の種を蒔いているのである。
 しかし、世界の諸政府は依然としてパンデミックに直面しており、どのようにしたらよいのか分からない。政府は道を見失い、協力はどこにも見られない。経済の再開と救済への圧力は高く、新型コロナウイルスの発生に対応して、一連の開始と停止の繰り返しが長期化する可能性がある。社会的距離は、何百万もの大小のビジネス・モデルに悪影響を及ぼしている。この最初の開始のステップがどのように進むかに関係なく、生活は非常に長い間混乱する可能性がある。
 2020年4月の終わりに、JPモルガン・チェース社(JPM)はクライアントに株式市場が発するメッセージを無視するようにと、そして現在のパンデミック経済の状況は見た目通り悪いことを伝える報告書を発表した。米国最大の銀行であるJPMは、経済の最前線に位置しており、可能な限り信用取引を遮断し、他のほとんどの銀行を排斥して政府の支援を受ける信用貸しの発動に焦点を変更することで、自行を保護する重要な措置をすでに講じている。先進国の経済は信用貸しと債務で運営されているため、これは悪い兆候である。JPMは「これらのデータは不快なものであり、さらに悪化するはずである」と述べた。
 パンデミックが米国でニュースの大見出しを飾るようになったため、米国の様々な株式市場は当初、史上最高の高値をつけていた2020年初頭から30~40%下落した。3月中旬から2020年5月下旬までの10週間で、4,000万人以上の米国人労働者が公式に失業した。短期労働者と公式の失業統計に数えられない自営業者を加えると、この短い時間枠に6,000万人以上の米国人労働者が失業したと推定される。
 6,000万人のアメリカ人が失業したため、同じ10週の間に米国の主要な株式市場は30%以上高騰した。米国の最も裕福な人々は資産を4,740億ドル増やし、これがアメリカスタイルの資本主義の間違いのすべてであると多くの金融コメンテーターが発表するに至った。何かがひどく間違っているということを認識するコメンテーター、アナリスト、ビジネスマンが増えるにつれて、現代の資本主義がごく少数(億万長者階級)のみのために機能しているという認識が増大する傾向にある。資本主義の不公平さ、その不平等の急激な高まりを富裕層が認め、新たに見いだした自分たちの価値に労働者が気づいたことにより、効果的な変化に関心のある政治家には知的基盤が提供され、労働者は土地、労働、資本の間の既存の関係に対して新しいアプローチを要求する熱烈で強力な声を持つことになった。
 新型コロナウイルス・パンデミックは、オーバートンの窓に強烈かつ劇的な調整を提供した。2カ月足らずの間に、公の論説に影響を与える状況が根本的に変化した。これは歴史上、類のない瞬間であり、もし人々が実質的な変化を要求し、政治家に責任を負わせる意志があるならば、今日、窓が大きく開かれる可能性がある。国民が主導権を握れば、政治家はわずか数カ月前なら達成不可能と思われた政策を提案するだろう。
 米国の強力な政治家たちは、実施の機会がなかった極端で過激すぎると最近まで考えられてきた政策を明言している。しかし突然、これらの政策は民衆のマインドに受け入れられるようになっているだけでなく、必要なものとしてますます理解されるようになっている。新型コロナウイルスは世界に深く影響を与え、その結果、多くの人が政治、経済、社会の制度を調整する必要性を認識している。この必要性をアメリカほど如実に示している国はない。それはアメリカが自由市場のイデオロギーと、いかなる代償を払ってでも利益を最大化しようとする圧力に骨抜きにされ、パンデミックへの対処を誤って崩壊したからである。今、そうした代償によって急所を突かれているのである。
 オーバートンの窓は動いており、経済不況から抜け出す政策を形作る上で、人々の声が今ほど影響力を持ったことはない。その未来を描写し、それを主張し、それに投票し、思慮深さ、ビジョン、思いやり、良心に欠けている経済的なダーウィニズムにすぎないシステムを存続させるかどうかは、民衆次第である。
 シェア・インターナショナル誌の読者は、「荒野の体験」が世界教師マイトレーヤの出現への道を開くかもしれないと長い間期待してきた。誰も彼の出現の正確な時期を知ることはできないが、今や彼の声は多くの正義を求める様々な声を間違いなく強め、それらを団結させ、善への止めることのできない力を生み出し、日常生活のあらゆる側面に大きな変化をもたらしている。ベンジャミン・クレームの『世界教師と覚者方の降臨』が出版されて40年が経ったが、今後数カ月か数年の間にマイトレーヤが出現することに関して、これほどまでに人の心を動かさずにはおかない時はなかったように思われる。

著者注:オーバートンの窓は、ジョージ・フロイド氏殺害に同情して発生した世界的な反人種差別のデモとブラック・ライヴズ・マター抗議運動にも同様に適用される。驚くほど短い時間枠で、オーバートンの窓は、地方、州、および国家の政治団体に対する激しい民衆の圧力の下で開かれようとしており、ますます攻撃的になり軍備化されてきた警察を抑制する法律を制定するように駆り立てている。

今月号の内容概説

 今月号(訳注:英文誌では7・8月合併号として発行された中の8月号部分)で発表された、深く掘り下げた記事やインタビューでも、様々な考え方、様々な声が取り上げられている。
 スコット・チャンピオンは「パンデミックとオーバートンの窓」で、経済システムへの、そして変化を求める一般大衆のますます強くなる決意への、ウイルスの影響を分析している。「変化を引き起こすためには、政治家は政策の範囲を拡大し、既存のオーバートン(国民が受容可能だと思う政策の幅を意味する言葉)内で新しい政治要綱を展開するか、国民が政治家に聞こえるほどの大きな声で新しい政策を求めることが必要である」
 ルトガー・ブレグマンは、コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)が明らかにしたように、人類はもともと親切で協力的であることを請け合っている。
 学者たちはあらゆる部門で変化を提唱している。例えば、それはユニバーサル・ベーシック・インカム(全国民向けの最低所得保障)であり、また、リュック・ギロリーの記事「グローバル・マーシャル・プランが再び議題に?」で取り上げられている債務免除である。
 パンデミックの衝撃と人種差別の不正義は、オーバートンの窓を開け放って人生を肯定する正義の空気を吸い込むために、私たちが一致した意志を見いだし、自分たちの声を活かし、賢明な行動をとる必要があることを明らかにしている。

アリス・A・ベイリーの思い出

 ラウル・ウィレムス氏はアリス・A・ベイリーと知り合いであった。彼は1936年にアントワープで彼女に会い、ベルギーでの彼女の最初の協働者になった。このインタビューが行われたとき、ラウル・ウィレムス氏は91歳で、国際企業の役員として多忙で波乱に富んだ生活を送っていた。優れた軍人としての戦時中の勇敢な行いに対する数々の勲章に輝いている彼は、死んでいても不思議ではない経験を少なくとも7回はくぐり抜けてきた。彼は自然科学、特に生物学と鳥類学に特別の興味を持ち、占星学にも興味を持っていた。ベルギーのブリュッセルに住んでいた故アレイン・イールヴォェトが彼から話を聞いていた。(このインタビューは、本誌の1988年7・8月号に初めて掲載された)

シェア・インターナショナル(以下SI ):あなたは何をきっかけにアリス・A・ベイリーと知り合われたのですか。
ラウル・ウィレムス:1936年のことでした。フォスター・ベイリーと結婚して間もなくのことですが、彼女はニューヨークに事務所を設置すると、彼と一緒に生まれ故郷のイギリスヘ渡り、タンブリッチ・ウェルズ(ケント州)に居を構えました。彼らは、彼女の世界善意協会という組織に対する人々の興味を喚起すべく、ヨーロッパヘ数回旅行をしました。運良く、アントワープにある神智学協会のフランス語を話す支部で、ある晩二人に巡り会ったのです。その支部長である弁護士のウィッテマン氏からベイリー夫妻を紹介されました。彼らは私が流暢な英語を話しているのを聞いて、すぐグルーンプラッツのレストランでの食事に私を招待しました。話題は多岐にわたりました。アリスが神智学協会の本部のあるインドのマドラスでの出来事を話してくれたのを覚えています。そこには協会が運営する菜食レストランがあり、アリスと友人はその食堂で給仕を交替でやっていました。ある日、二人の紳士がやって来て、ステーキとフライドポテトを注文しました。アリスはどうしたらよいかを調理場へ行って尋ねましたが、答えはとても不親切なもので、客に帰ってもらうようにというものでした。しかしアリスは、失礼なことではないかと考え、「口に入るものは口から出る言葉よりも重要ではない」とエプロンを外して、店を辞めてしまったと話してくれました。これが、私がアリスと初めて会った時の様子です。

S I:その後も彼女に会う機会はおありでしたか。
ウィレムス:ええ、ありました。ベイリー夫妻は、もっとよく知り合えるようにと、イギリスの家に私を数日間招待してくれたので、私は伺いました。ベイリー夫人は自ら料理をしてくれ、7、8日の間、私は彼女の夫や、赤児を抱えた娘の一人、英国中を講演旅行している同僚、それに後日アントワープで私と働くことになるオランダ人と食卓を囲みました。その間、フォスター・ベイリーはオーストラリアにいる友人とテレパシー通信ができるよう努力していました。

S I:アリス・ベイリーを通して送られたDK(ジュワル・クール)覚者からのテレパシー通信に立ち会われたことがありますか。
ウィレムス:はい、幸運なことに、通信方法の重大な変化を目撃する恩恵にあずかりました。彼らと数日過ごした後、フォスター・ベイリーが妻の寝室に招き入れてくれたため、私は彼女が「チベット人」からメッセージを受ける様子を目の当たりにすることができました。彼女がベッドに真っ直ぐに座っているさまを、今でもありありと思い出すことができます。彼女は左手にノートを持ち、驚くほどの早さで書き込んでいました。彼女が書いている間、夫は彼女が朝の6時から書き通しであると私の耳元でささやきました。そして、10時になってやっと書きやめた時には、彼女は完全に疲れ果てていました。私が居合わせたある日、彼女はもう気絶寸前だから続けられないと訴えていました。

S I:覚者の反応はどうでしたか。
ウィレムス:そうですね、ベイリー夫人はちょっと耳を傾けている様子でしたが、私たちの方を向くと「DK覚者は、その点について考えてきたと答えておられます。彼は話すのではなく、自分の考えを文章にして壁に映し出してくれるそうです。私は、ただそれをマイクに向かって話せばよいのです。録音に必要な機材がそろい次第仕事にかかります」と言いました。その時から2日ほど、食卓で彼女と顔を合わせることは滅多にありませんでした。必要な機材を集めるために奔走していたからです。最初の試験的な伝達が始まろうとするとき、フォスターはこの新しい通信方法を見せるために私を呼びに来ました。アリスが話している間、録音用の円盤が一定の速度で回転し続けて、彼女の言葉を録音していきました。およそ20分毎にタイピストがやって来ては、その円盤を新しいものと交換していきました。
 今、突然思い出したのですが、ちょっとした逸話をお話ししましょう。それは面白い出来事でした。私がアリスと彼女の部屋で二人だけで話をしていた時のことです。風もないのに開いたり閉じたりしている奇妙なドアの様子に、私は注意を奪われました。アリスは私の目線を追うと、すぐ「いたずら者め、出て行きなさい」と声高に言いました。そして私のほうを向き、「小さなエレメンタルがドアのラッチにつかまって揺すって遊んでいたのです。私が邪魔をしたので、飛び下りて泣きながら走り去っていきました」と言いました。

S I:当時あなたは、アリスがベルギーで講演をした時に通訳をなさいませんでしたか。
ウィレムス:確かにしました。タンブリッジ・ウェルズの彼らの家に2週間ばかり滞在して、私はアントワープに戻りました。ベイリー夫人は、間もなくベルギーに話をしに行くのですが、通訳を引き受けてくれませんかと私に尋ねました。数週間後、実際に彼女はアントワープとブリュッセルに来ました。アントワープでは、フランダース支部がかなりうまくいき始めており、フランス語とオランダ語の両方の通訳を行うことになりました。しかし、これは成功しませんでした。英語の文章が間延びし過ぎてしまったのです。私は何とかフランス語新聞に彼女の訪問に興味を持たせることができ、多くの記事が掲載されました。私は14人の協力者を集めてグループをつくり、「新時代の建設者」という名前で、世界善意協会発行のチラシをフランス語とオランダ語に訳して配布しました。

S I:戦時中もその仕事は続けられましたか。
ウィレムス:私たちの活動は1942年の初頭まで続きました。メンバーの一人が、ドイツ軍が私を強制収容所に入れる決定を下したと忠告してくれました。そうなれば世界善意協会の役には立たなくなり、家内を不幸な未亡人にしてしまうことになりますから、決定を何とか考え直してもらえないかと問い合わせましたが、アメリカと連絡を取る組織や集会には絶対に出席してはならないという返事がきました。他に選択肢がなかったので、不本意ながら従いました。戦後、長年にわたり、月例の満月瞑想会を催しましたが、私が働いていた国際企業の立て直しにあまりにも忙しかったため、以前のように世界善意協会に傾倒することはできませんでした。

S I:キリストと知恵の覚者方の再臨に対する当時の期待はどのようなものでしたか。
ウィレムス:そうですね、そのことについて戦前戦後を通じて何かを聞いたという記憶はありません。アーケイン・スクールの教えにも、当時、それについての言及はありませんでした。すべては弟子道の準備に集中しており、『キリストの再臨』(1948年)の翻訳書を私たちが手にしたのは1950年代になってからでした。この本は一部では好意的に迎えられましたが、その信ぴょう性を疑問視する向きも少なくありませんでした。特に、敬虔なカトリック教徒であった私の友人の間ではそうでした。聖書に予言されている破滅的な「世の終わり」はまだ来ていないと彼らは確信しておりました。
 私自身は教会に縛られておりませんので、どんな宗教的礼拝へも自由に参加できます。私に関しては、祈り方が異なる唯一の神が存在するだけです。黙示録について言えば、私の印象では、私たちはある意味、今でもそれを体験しているように思います。
 現在の荒廃ぶりは信じ難いほどではないでしょうか。何百万という人々が困窮の極みにあり、さらに何百万もの人々が、あり余るほど食糧のある世界で飢え死にしているのですから。また、自然環境の汚染も忘れるわけにはいきません。その汚染は許し難い次元に達し、しかもそれは人間の利己心のために起こっているのです。テクノロジーは「すぐに金持ちになる」ことを動機とする競争制度の付属物になってしまっています。そのような劣悪で退廃的な状況にあって、キリストが第三次世界大戦を防ぐために──私の期待としてはできるだけ早く──戻って来られなければならないということは、私には当然のことと思われます。もちろん、仕事をするのは弟子や善意の人々でなければならないということは理解しています。なぜなら、キリストや覚者方は私たちに道を示し、助言を与え、励ますことしかできないからです。

S I:現在キリストがこの世におられるという情報に対して、あなたはどうお考えですか。
ウィレムス:マイトレーヤの存在によって世界が守られているということは大変うれしいことだと思います。また、サティヤ・サイババのような方が──この方が宇宙キリストである可能性を私は信じています──決して地球規模の核戦争は起こさせないと言っておられるのはとてもうれしいことです。私はブリュッセルでベンジャミン・クレーム指導の伝導瞑想に参加しましたが、彼と個人的に会って、キリストの存在の真実性を確信しました。その時の彼についての印象は、クレームはただの「説教者」ではないというものでした。聴衆の上に立つわけでもなく、追随者を得ようとしているわけでもありません。彼が教えているのはただ情報を伝えることだけです。私が特に評価しているのは、彼の闊達なユーモアのセンスです。しかし、時として変貌して見えることがあり、その時は彼の話す言葉も彼のものとは感じられません。そのような時は明らかにオーバーシャドウされているのです。『マイトレーヤの使命』に載っている多くの質問(中には実に馬鹿馬鹿しいものがありますが)に対する彼の答えは、並々ならぬものだと思います。あのような答えは、すべてを知っている知恵の覚者との接触があって初めて可能なものです。クレームが覚者と接触していることは私には間違いないことに思えます。私に言える限りでは、DK覚者がアリス・ベイリーを通して与えた情報とも矛盾していないということからも、それはいっそう確かなことに思えます。

S I:マイトレーヤが分かち合いの必要性を強調されていることについては、どうお考えですか。
ウィレムス:アクエリアス時代は間違いなく分かち合いの時代であり、したがって全世界的な同胞愛の時代です。ローマ教皇が最新の回勅である『社会政策要綱』の中で、地球の富のより良い分配への支持を明確に打ち出していることは、非常に肯定的な徴です。軍備に費やされる総収入のわずか1%もあれば、飢餓というスキャンダルを早急に一掃する緊急援助計画の組織化が可能であることは明白です。教皇の話に戻りますが、大宣言後、マイトレーヤはイエス覚者を世界に紹介し、彼がサン・ピエトロ大聖堂の主座に座るというクレームの筋書きは、12世紀のアイルランドの大司教であった聖マラキの予言にも相通ずるものです。彼はすべての教皇にラテン語の象徴的な名前をつけておりますが、それによると、次の教皇は111代にわたる歴代教皇の最後の教皇になるとのことです。この教皇に対して彼がつけた名前は『オリーブの誉れ』というもので、これはこの教皇が心からの和解と平和の時代の幕明けをするであろうことを示唆しています。多くのキリスト教徒の方々には少し行き過ぎた考えであるように思えるかもしれませんが、私はこの教皇とは、おそらくイエス覚者ご自身のことであろうと考えています。私はキリストの大宣言の日、生きている間にはとても体験できるとは夢にも思わなかった出来事が待ち遠しくてなりません。このことは私に多大な影響を与えました。「盗人が夜やって来るように」来られた方を、聖書の予言にあるとおり「すべての人の目が仰ぎ見る」ことになるように望みます。この惑星規模のペンテコステが善意の男女を刺激して、人類にふさわしい社会の建設へと共に立ち向かわせることを心から願っています。

編集長への手紙

 本誌に掲載される手紙は、最近起きた出会いについてのものもあり、したがってベンジャミン・クレームの師によって確認されていないものもある。手紙の書き手たち自身の直観的反応に加えて、そのような体験を熟知していることから生まれる確信が、こうした出会いは個人的に、また一般的にも重要で意義があると判断する自信を体験者に与えるのである。
 個人に関連していると特定されるような手紙もあれば、すべての人々に希望や鼓舞をもたらすことでそれ自体が語るものもある。これらの手紙は読者の考慮のために提供されている。

井戸の発見

編集長殿
 最近シェア・インターナショナル誌で、ダービーにある古い井戸がイエスによって『磁化』されたことを読んだので、2005年6月5日、友人数人と一緒にそれを見つけるために出かけました。ダービーでの紆余曲折を経て、私たちはついに住宅地区にある静かな通りに行き着きました。私たちは井戸の付近に座っていた二人の若い男性に、井戸通りの場所を尋ねて、道を上った所を教わりましたが、帰り道では彼らはいなくなっていました。
 私たちがやっとそれが本当に目当ての井戸だと確認した時、どこからともなく一人の若い女性が現れ、立ち止って井戸について話をしてくれました。二人の若い男性(兵士?)が通り過ぎていき、地元の男性が井戸について少し詳しく教えてくれました。
 それらの人々のうち誰かが、イエスかマイトレーヤでしたか。私は旅をする前に、どちらか、あるいは両方と会うことができますようにとお願いしていたのです。
ドリーン・エディン
英国、バーミンガム
【ベンジャミン・クレームの師は、その『若い女性』がイエス覚者であったことを確認した】

ここかしこと彼らは必死に探した、彼の姿を
(訳注:20世紀初頭の英国小説『紅はこべ』の一節)

編集長殿
 2005年4月14日、木曜日の午後7時頃、伝導瞑想グループのメンバーのヨーゼフと約束がありました。私たちの待ち合わせ場所は、ドイツのレーゲンスブルクにある石橋のたもとでした。少し遅れて彼が到着し、私の方へ歩いてきました。彼は赤いジャケットを着て、真面目な顔をして、いつも見慣れているように頭を少しかしげていました。彼がやって来るまであと数分という時に、彼の姿を見失ったのは、道が曲がっていたせいでした。もう間もなく角を曲がって彼がやって来ると思い込んでいました。けれども彼は現れませんでした。私はイライラしました。ヨーゼフの振る舞いがあまりにおかしかったからでした。それで私は彼を探しました。すると彼を見つけたのですが、彼は背中を向けて私の頭上の橋の上に立っていたのです。
 本当にびっくりして、この出来事について彼に尋ねました。ヨーゼフは待ち合わせ場所から動かなかったと請け合いました。私が数分前にとてもはっきりと彼を見たと伝えると、彼はただ一つの説明しかないだろうと言い、私が見かけた、その『ヨーゼフ』は覚者だったに違いないと言いました。彼が言うには、そこは彼が最初にマイトレーヤのファミリアとの出会いをした、全く同じ場所だったということでした(本誌1996年10月号参照)。
 あの『ヨーゼフ』に思いを集中させるといつでも、すぐに感知できる素晴らしいエネルギーを体験するのです。あの『ヨーゼフ』はどなたでしたか。
ヴァルトラウト・ニーダーマイヤー
ドイツ、レーゲンスブルク
【ベンジャミン・クレームの師は、その『ヨーゼフ』がマイトレーヤであったことを確認した】

無言のコミュニケーション

編集長殿
 2002年の4月か5月に私たちの伝導瞑想グループは、(オランダの)フィールハウテンでのパースベルグ・フリータイム・フェスティバルにブースを出しました。雨の降る嵐のような日で、午後にはブースを訪れる人もほとんどいませんでした。突然グレーの服を着た二人の紳士がどこからともなく現れました。あごひげの男性がブースの前に座り、UFOの写真をじっと眺めていました。
 もう一人の紳士は巻き毛で、テーブルに置かれた本やポスターに、大いに興味を示していました。
 私はこの男性に、マイトレーヤのことを聞いたことがあるかどうか尋ねました。彼はいきなり笑い始めたのです。何も言葉を発しませんでした。彼は『不朽の知恵の教え』というタイトルの本を買って、その後二人とも帰っていきました。
 私の直感では、その紳士たちはマイトレーヤとイエス覚者でした。正しいでしょうか。
ヴィルヘルミナ・ヴィラルト
オランダ、エーペ
【ベンジャミン・クレームの師は、マイトレーヤが笑った方の人であったことを確認した。もう一人はイエス覚者であった】

読者質問欄

世界中のあらゆる講演において、そして生涯のほぼ毎日、ベンジャミン・クレームは広大な範囲に及ぶ大量の質問を受けました。この大量の記録から、過去の年月にベンジャミン・クレームと彼の師である覚者によって提供された回答を掲載したいと思います。

今月は科学界が新型コロナウイルスに対するワクチンを研究している中、ワクチンの実施に関する質疑応答をここに再掲載します

Q ワクチンの実施に反対する行動が急速に高まっています──明らかにそれにはもっともな理由があります。製薬会社が巨大な利益を得るために仕組まれた大きな陰謀があるように思われます。他方、何千もの人々が死に、多くの人々が副作用のために障害を負っています。全体としてワクチンによって達成されたとされる業績はねつ造されており、統計は操作されています。それは危険で自然に反する方法であり、自然で健全な生活を送っていれば通常の人間には不要なものです。「シェア・インターナショナル」誌はなぜアフリカのワクチン・キャンペーンを「良いニュース」として伝え、完全にそれに同意しているのですか。

A ワクチンは(ホメオパシー的に製造されたものを除いて)病気を克服するための最良で最終的な解決法ではないかもしれませんが、大衆的な規模ではアフリカ、インド、そのほか多くの国々で多くの恩恵をもたらし、障害となる病気から人々を解放しています。質問のような無知で教条的な発言は危険なものだと思います。これは、覚者の見解です。
(2002年4月号)

Q (途上国の)子供たちはすでにやせ衰えてしまった体にけがらわしい薬品が必要ないことは確かです。彼らが必要としているのは純粋なきれいな水、公衆衛生(下水設備)、栄養であって、彼らは(ワクチンのような)他の異質な物質は必要ないのです。
シェア・インターナショナル誌1991年5月号での、途上国の子供たちのワクチンや予防接種についてのあなた方の情報に関して、あなた方は単に化学、医学、生体解剖のシンジケートによって宣伝された嘘をオウムのように繰り返しているだけではないですか。

A あなたの言うように、生活に第一に必要なのはきれいな飲み水、栄養のバランス、公衆衛生であることは間違いありません。シェア・インターナショナルはめったにそれを強調するチャンスを逃しはしません。しかし、何百万もの子供たちにはそれはまだまだ手の届くものではなく、それが届くようになるまでは、これより望ましくない、予防という手段が使われ続けなければなりません。このような予防接種などの予防的な手段の効果を完全に非難してしまうことは、私たちには赤ん坊を風呂の湯水ごと捨ててしまうようなものに思えます。それは開発援助の世界の人々で、(私たちのような)構造上の変化を主張するが、そのため食料や緊急援助は否定する、という立場を取るのにも似ています。またワクチンと一口に言っても様々なワクチンがあります。ホメオパシー療法で用意されたワクチンが様々な病気に対しての無害な医療を提供するのに全面的に効果的であると証明されたことは、あまり広く知られていません。世界中で使われると、現在の疫病を安全にコントロールする方法が利用されるようになるでしょう。
 ユニセフではその仕事として、世界中の何千人ものプロのワーカーやボランティアの人々が子供たちの人権のために働くという純粋な目的に支えられて喜んで働く用意があり、また実際に無数の子供たちの命を助けてきました。シェア・インターナショナルは救われた子供たちの数を数えてはいませんが、私たちは発展途上国におけるユニセフの数々の活動を見てきて、その組織の仕事に深い敬意を持つものです。
(1991年6月号の読者からの手紙への回答として)

2020年7月号目次

 

覚者より
人間の本質的同胞愛
ベンジャミン・クレーム筆記

視点
なぜ2020年は変革の年となる可能性があるのか
ゾーイ・ワイル

今月号の内容概説

責任に目覚める ―選集
Awakening to responsibility — a compilation

「ほぼ間違いの信念」
グレアム・マクストン

結核を根絶する使命
ジェイソン・フランシスによるサンディープ・アフジャ氏へのインタビュー
最悪な時期に助けてくれる友達

時代の徴
“徴を求める者たちは…… ”

民衆の声
「Black Lives Matter(黒人の命は大切)」の抗議運動は米国を変える
「Je ne peux pas respirer(ジュ ヌプ パレスピレール)」 —— 息ができない

この変化の時代にどのような 者でありたいか
ペラ・ティール氏へのインタビュー

「ひとりでに起こることは何もない。人は行動し、自分の意志を実行し なければならない」―世界教師マイトレーヤ
グラハム・ピーブルズ

ポスト・コロナへの計画:
根本的により持続可能で公正な世界を形成するための五つの提言

編集長への手紙
驚異的なエネルギー 他

読者質問欄
回答 ベンジャミン・クレーム

人間の本質的同胞愛

シェア・インターナショナル誌には創刊以来、ベンジャミン・クレームの師である覚者が提供してくださった記事が毎月掲載されてきた。それは、書かれた時のみならず、世界の状況に応じて適切と思われるときにはいつでも掲載してよいようにである。2011年に書かれたこの記事は、ウイルスによってすべてが露呈した全面的な不正義という現在の危機をわれわれに示している。何世紀にもわたってわれわれは他者の苦しみに目を背けて、人種差別から得をしてきた。今やついに、われわれには人類の一体性を受け入れる希望が出てきているのである。

人間の本質的同胞愛

──覚者より
ベンジャミン・クレーム筆記

 数え切れない長い間、人間は食物、利得、安全、平和を求めて地球を放浪してきた。部族として、あるいは国家としてでさえも、人間は惑星を何度も何度も縦横に彷徨いながら、長い間連続的に異種の民族と戦い、そして異族間の結婚で結ばれてきた。この尽きることのない放浪の結果が今日のひとつの人類なのである。皮膚の色や宗教や伝統や言語が何であろうとも、すべての人間は共通の先祖からの子孫であり、同じ方法で現在の状態にまで進化してきたのである。現在の状況が、確かにあるグループにとって他よりも有利なのは多くの歴史的要因の結果であり、知性や適応性における先天的な違いの結果ではない。歴史を通じて、様々なグループが長期間あるいは短期間、突出し、名声を上げ、そして、彼らの存在を後々の世代に思い出させるための彼らの創造性を残して、再び埋もれ消えていった。
 これはすべて本当であり、現代の人類は自分たち自身をひとつとして見なし、姿形の違いは、様々な人種タイプの出現を通じて、定期的に顕現してきた光線の影響であると共に、比較的最近の気候的条件の結果であると見なすことが非常に大切である。人類は、ひとつとしての意識を培うことにおいて、まだ共に進化しつつあるのである。
 共に進化成長しながら、各々の種族や亜種族が何らかの新しい特質を全体に寄与する。輪廻転生の過程は、徐々に各人が新しい知識と新しい時代についての認識を受け継いでいくことを保証する。もし人間が本当にこの過程の複雑さと美しさを理解するならば、今日の“人種差別”のような嫌悪感や不信感は永遠に消え去るだろう。本当に、人間は兄弟であり、終わることのないように思える自己発見の行路を共に歩んでいる仲間であることに気づくであろう。
 あなた方の兄であるわたしたちが、より公に働くとき、これが人間の特質と関係についてのわれわれの理解の中心的真理であることを知るだろう。人間家族はわれわれのいのちを養う基礎である。その中でわれわれは協力し、われわれの分かち合われたアイデンティティー(本体)の豊かな織物を形成しながら、共に創造するのである。
 ではいかにして、人間はこの本質的な理解に到達することができるのか。わたしたち同胞団(ブラザーフッド)が、この関係を、わたしたちが行うすべてにおいて実演するだろう。かくして人間は、彼ら自身をすべて同胞として見るようになるだろう。分かち合いが人間をこのうれしい峠に導き、真理についての彼らの新しい実演(デモンストレーション)が彼らに栄光を与えるであろう。そのようになるだろう。
 そうして人間は彼らの知識と経験を分かち合って、達成の高台を征服するだろう。人間はついにお互いを自分自身として認識することで、兄弟たちとの距離を置くために立ててきた偽りの障壁を永遠に消し去るだろう。
(2011年1月号)

今月号の内容概説

 今月号(訳注:英文誌では7・8月合併号として発行された中の7月号部分)で、深く掘り下げた記事やインタビューを発表する機会が提供され、様々な考え方だけでなく様々な声も取り上げられている。それは今月号の筆者たちの多様な声であり、また、正義を求める民衆の声である。現在の危機に対する人類の責任と反応を振り返ることにする。変化の必要性はシェア・インターナショナル誌で毎号、強調されている。今、こう問いかけたい。世界は変化に向けて用意を整えているのか。そして、誰が先導するのか──指導者だろうか。民衆だろうか。これまでのところ、特定の地域の人種差別に対する世界規模の反応から判断すれば、先導するのは、自分たちの意見や声を響かせている民衆である。民衆は連帯し、正義と一体性のためであれば命を、「呼吸そのもの」を失う危険を冒すこともいとわないようである。
 一方、覚者方がこのような状況をどう見るかは考慮に値する。「マイトレーヤが提唱されるのは、革命(レボリューション)ではなく、進化(エボリューション)である。革命は対決と大量殺戮をもたらし、一種類の問題を他の種類の問題に置き換えるだけであることを、マイトレーヤはよくご存知である」。(「偉大なる決断」本誌2012年1・2月号)
 「わたしたちの方法は平和的な進化の方法であり、世界をさらに危険にさらそうとする者たちにその方法を勧める。わたしたちの方法は単純であり、達成可能である。分かち合いの原則は人間の苦難に対する素晴らしい解答である」(「将来の一対の柱」本誌2013年9月号)
 「過去の最良のものを大切にし、古い道標を復元しなさい」(「未来への道」本誌1985年9月号)
 グレアム・マクストンは、ほとんど間違っているたくさんの考え方から私たちを解放してくれる一方、オランダの学者たちはすでに、コロナ後の世界のための計画を立てている。「学者として、私たちはこの政策ビジョンが、国際的連帯に基づいたより持続可能で、公正で多様な社会へと導き、将来的なショックや感染症の世界的大流行へのより良い予防と対処につながるものであると確信している。私たちにとって問題は、もはやこれらの戦略を実施することが必要かどうかではなく、どうやってそれを行うかである」