今月号の内容概説

 世界と地球が私たちの誤った選択による衝撃に対処しようとしている折なので、今月号のシェア・インターナショナル誌は、私たちが自らつくり上げた諸問題に根拠を与えている根本的な要因と同時に、今私たちにとって実現可能な変容に向けて希望を呼び起こす機会に目を向ける。マイトレーヤの任務を描写した記事の中で、ベンジャミン・クレームの師は、紛れもないコメントを残している。「人間にとっては、彼らが自分たちの行動の結果を理解し、それに対処しようとするにつれて、それは最大限の努力を要求される困難な時期である。様々な出来事の理路が理解できずに……」
 このことを念頭に置いて、あり方や自分についての理解の仕方を模索する人間の真の必要を検討することにした。現在と将来の教育から始めるにあたり、グラハム・ピーブルズの多岐にわたる記事「教育:目的の拡大」を取り上げ、次に、教育へのアプローチに関するフィリス・クレームによる内省的な記事が続き、そして同じテーマに関する選集が添えられている。
 人間はこれまで自分の真の性質を本当に理解したことがなく、したがって教育的な必要も理解したことがなかったため、社会的な不正義、貪欲、不平等として露顕している深刻な過ちを犯してきた(グローバル経済システムに内在する不安定さに関するセバスチャン・ヴィルモットによる専門的な分析で検討されているように)。その過ちは私たちの惑星の破壊という形でも露顕しており、それはデビッド・コーテンの記事「気候変動対策の先延ばしの期間は終了した」で見事に描写されている。ここで特集されたすべての主題は、解決策を指し示し、新たな可能性にあふれる未来を提示している。
 今月号を貫く糸の一つは、私たちは皆、転生している魂だということである。これは論理的には、すべての社会構造が変化する必要があることと、地球に対してより大きな責任を負うことを意味するはずである。今月号にはマイトレーヤからのメッセージ第120信もすべて掲載されている。心に語りかけてくるそのメッセージは、優しいものであると同時に、同じくらい力強いものである。以下はそのメッセージの一部である。「わたしは世に仕えることを願う。わたしは正義を愛する。わたしは時間に間に合った。わたしは世界の均衡を正す。わたしは任務に専念する。わたしは自由を尚ぶ。わたしは、人間が用意の整っているのを感じる。わたしは何ごとをも偶然に任せない。わたしは新しいものを喚び起こす。わたしは過去の病を治す。わたしは古いものを変容させる。わたしはあなたのひたいに触る。わたしは天使の軍勢を指揮する。わたしは神の大計画に仕える。わたしは兄弟たちを抱擁する」

対立する教育観

フィリス・クレーム

 「私たちは皆、転生している魂です」
 端的に言えば、子供を教育することに関して、長期間にわたって対立してきた二つの態度がある。一つは、概して、子供が成長してから入っていく社会へと子供を適合させるために、徐々に知識と技能を刻み込んでいくための「空白のページ」あるいは「空の容器」と子供を見なすものである。これは古いビクトリア時代の考えだと思われているが、今日の教育へのアプローチの幾つかをいまだに支えている。
 これと対立しているのが、子供は初めから、潜在的にはすでに存在している人物になるために徐々に発達する可能性のある生来の特質を持っているという見方である。もちろん、教室での実践において、「知識と技能を培う」とか「潜在能力を開発する」と言うように、こうした二つの見方は重なり合っているかもしれない。また、教師たちはたぶん、混合したアプローチが必要だと主張するだろう。それでも、こうした二つのアプローチは、人間についての二つの根本的に異なった見方──物質主義的な見方と霊的な見方──を反映している。「発達(開発)」の支持者にとって、子供は肉体以上の何かであり、頭脳も、遺伝的性質も、環境も、全体を構成するには至らない。
 ベンジャミン・クレームが述べているように、「私たちは皆、転生している魂です」。また、グラハム・ピーブルズが今月号で強調しているように、すべてが一つの聖なる全体の一部である。輪廻転生について知っていれば、つまり、私たちは転生している魂であり、この生涯は多くの生涯の一つであり、霊性を完成させる道に沿って少しだけ前進する一つの機会にすぎないということを知っていれば、教育へのアプローチは大きく変わる可能性がある。一例を挙げると、私たちが皆、魂であるという考えは、他の人々への接し方に影響を与え、生徒を判断する──あるいはなるべくなら、判断しない──別の方法を教師たちに与える。生徒ができることや生徒の知識、技能だけというよりはむしろ、生徒のあるがままの姿を基本的に尊重するようになる。多くの教師は、その信条がどうであれ、生徒に対するこうした根本的な敬意を持っているが、持っていない教師もいる。さらに時には、敬意を持っているとしても、実際の場面でそれを維持することがいつも容易なわけではない。
 「発達(開発)としての教育」という考えは、よく引用される(アリス・ベイリーを通して書かれた)ジュワル・クール覚者による『新しい時代の教育』での陳述に照らせば、かなり違った光沢を帯びることになる。「何らかの形の発達──肉体的、情緒的、知的、直観的、社会的な発達──に向けて人間を駆り立てるすべての活動が、もしそれがその人を現在の状態より前進させるならば、本質的に霊的な性質のものであり、内なる神聖な存在が活発であることを示している」。これは、「潜在能力を発達させる」と通常はかなり漠然と表現される発達という考えよりも正確である。それに含まれるのは、例えば、スポーツ選手として達成しようという努力、物質的な状態を改善しようという努力、満足のいく愛情生活を持とうという努力、より多くの知識を得ようという努力、世の中で善を行おうという努力である。この陳述はまた、人々は進化の様々な段階におり、例えば、情緒により焦点を置いている者もいれば、メンタル界により焦点を置いている者もいることを考慮に入れている。「人間を駆り立てるすべての活動」は志向的であり、すべてが「内なる神聖な存在が活発であることを示している」。つまり、その人の魂が存在し、その人に影響力を及ぼしていることを示している。教育は、すべての人に内在する、志向を表現しようとするこうした意欲を促進すべきである。個々の教師はそうしようと努めるが、技能や試験、職業に焦点を置いた、しばしば懲罰的なシステムはそのように努めようとはしない。あるいは、少なくともかなり狭い形でそのように努めている。
 長年、アリス・ベイリーの内的グループの中で働いたロベルト・アサジオリ※は次のように書いている。「他の人々の自己向上を助けることにおいて本当に成功したいと思うなら、……対処したり規律に従わせたりする必要のある諸傾向に、その個人にとっての外的な力(例えば、教師自身の意志の力)で決して対立してはいけません。……むしろ、生徒の中に潜在している高位の力を目覚めさせなければなりません。……」
 「悲しいかな、親や教育者によってあまりに頻繁に採用される第一の選択肢は、個人の中に対立の感覚を喚起します。その人は、あたかも自分の決定的に重要な発達が阻害され抑圧されるかのように感じるからです。そのため、若者たちの中に、権利の拡大や自己主張、頑固な不服従、猛烈な反抗精神の必要性を強く感じる者がよく見られるのです」
 これは、若い人々の明らかに破壊的な傾向を恐れる人々にとって、多くを語る陳述である。こうした傾向は、より良い世界のために闘っていることを十分に自覚している他の若い人々の行動とは著しい対照をなしている。否定的もしくは破壊的である若者は、自分の志向や「拡大と自己主張の必要性」を表現することを許されてこなかったのであると、したがって懲罰的なアプローチは逆効果であると、考えてよいのかもしれない。
 1960年代と70年代のイギリスでは、主流の教育において、「子供中心」のアプローチ──生徒自身の観点や段階、自分の能力や知識、性格を「発達」させようという能力から始めること──に現在よりもはるかに大きな焦点が当てられていた。しかしそれ以降は、教育課程の狭小化、「就職」や「技能」や「説明責任」への焦点化が、多くの場合、創造的な科目の減少や学習への創造的なアプローチの減少につながった。一部の生徒にとって得るところはあったが、画一性が増し、生徒のストレスが増大するという代償を払うことになった。
 教育は再び、その目的に立ち返る必要がある。グラハム・ピーブルズが指摘するように、これは、この惑星の住民としての私たちの目的を再考することを意味する。学校の生徒たち自身が大挙して告げているように、それは、私たちの内的な一体性という認識、一人ひとりが他の人々と、そしてこの地球という惑星と一体であるという認識を取り戻すことを意味する。ジュワル・クール覚者は(先の引用のあとに)次のように続けている。「人間の霊は不滅である。それは永久に存続し、進化の道を点から点へと、段階から段階へと前進し、神聖な属性や様相を着実かつ連続的に展開させていく」

※ ロベルト・アサジオリ(1988-1974)は「サイコシンセシス(統合心理学)」の創設者であり、トランスパーソナル心理学の分野で大きな影響力を持っていた。

アサジオリ「内的生活に関する覚書」、ビーコン誌、1926年と1995年

ベイリー『新しい時代の教育』(AABライブラリー、2004年)

 「第一に、教育が誰のために存在するのか、そして教育がその機能を果たしていく過程が理解されなければならない。これは見かけほど明白ではないかもしれない。なぜなら、人は長い間自分自身の本性と構成について無知であったし、部分にすぎないものを全体であるとして見、己自身の本質的存在を、大体において無視してきたのであるから。
 転生している魂としての人間は生まれつつある神である。そして『再生誕の法則』を通して、その神性をまばゆいばかりに実演するためにゆっくりと向上しつつある。教育の本当の意味は、個人が意識的な認識を徐々に拡大していくことを通して、その目的に適うようになり、また自分自身をそれに合わせるようにしていく手段である。この過程を助けるものは、その方法が公式だろうが非公式だろうが、すべて教育である。
 今日の感覚では、教育はまさに薄弱である。人間の環境を理解し、コントロールするための最小限の必要条件しか請け合わない。人生の意味と目的について初歩的なこと以上を学ぶ者はなく、ほとんどの人間が生存のための日常の闘いに気を取られている。……」
(ベンジャミン・クレームの師、「新しい教育」より、本誌1988年第1・2号)

教育──新しい次元(第1部)

 「教育」というテーマに関する引用文の選集を掲載する。これはマイトレーヤのメッセージ(『いのちの水を運ぶ者』と『いのちの法則』)、ベンジャミン・クレームの師の言葉(『覚者は語る』第Ⅰ巻と第Ⅱ巻)、およびベンジャミン・クレームの著書から抜粋したものである。(本誌2008年7月号の選集「新しい教育」も参照のこと)

 新しい次元──魂の次元──が子供の必要を満たすための基盤として、もっと受け入れられてくるであろう。このことが起こると、子供はこの与えられた生涯において、自分の潜在可能性の成就へ向けて進む、進化する魂として見られるようになるであろう。新しい科学、すなわち魂の科学は、あらゆる未来の教育努力の基礎となり、子供と教師両方の生活を変容させるものとなろう。
 学校や大学は制度的側面を失い、子供のいる社会ともっと融合したものとなるであろう。したがって、学校と仕事の間のより密接な関係が当たり前となって“壁のない学校”への道を開くであろう。
(『マイトレーヤの使命 第2巻』)

 子供たちは「三つのR」、すなわち読み(Reading)、書き(Writing)、算術(Arithmetic)を教えられる必要がある。しかしこれだけでは十分ではない。彼らは本来どんな存在であるかを教えられる必要がある。今日の子供たちは真我と、心(マインド)、生気(スピリット)、肉体との間の関係を、大人が想像するよりもずっと容易に理解するだろう。
(『いのちの法則』)

 最良の教え(唯一の真の教えだと私は思いますが)は、模範によって与えられます。あなたに与えることのできるアドバイスがあるとすれば、それは、あなたの子供を条件づけや教義、信条などの教え込みから完全に自由にしてあげなさい、ということです。子供があるがままの自分でいられるようにしてやりなさい。彼らを「信条」から遠ざけ、彼らの自発性を決して封じ込めないようにしなさい。そうすれば彼らの魂としてのユニークさが表現されるようになります。
(『光の勢力は集合する』)

 今日のすべての教育制度は、例外なく、程度の差こそあれ、移行状態にある。規律の問題が解決される前に、教育理論や実践において必要な調整が起こるのに相当の時間がかかるであろう。
 若者はどこでも彼らの自由を必要とし、要求する。そして調理済みの知識を追従的に吸収する者としてではなく、彼らの問題への解決や彼らの夢の実現を求める冒険者としての扱いを受ける権利を必要とし、また要求している。
(『マイトレーヤの使命 第2巻』)

 あなたがたは、意識しようがしまいが、心の中で、わたしの存在の事実に、わたしの呼びかけに応えたからこそ、今ここに集うているのである。それなら、この事実を人に伝え、人類を招いている単純な真理の道を指し示すことを、あなたがたの仕事としなさい。分かち合うことが神聖なることを、愛することが神の特性であることを、共に働くことが人の運命であることを、彼らに教えなさい。未来の光を見ることのできる唯一の壇上に立ちなさい。我が友よ、共にその壇上に立ちて、道を示しなさい。
(『いのちの水を運ぶ者』第19信より)

 今日、学校の教師は子供たちに読むこと、書くこと、計算をすることなどを教えるために訓練されています。教師が生徒の内に喚起することを求められているのは、非常に限られた範囲の概念です。大抵の場合それすらありません。教師たちが、反復記憶によって子供たちに教えるように指示されているのは限られた一連の概念です。私の考えでは、それは全く教育ではありません。
 教育は──物質的、情緒的、メンタル的、そして霊的のいずれの場合においても──個々の子供の潜在力を喚起すべきです。
(『光の勢力は集合する』)

 マイトレーヤは期待されるとおり、計画を巧みに敷かれた。それは様々なセンターや機関の設立をも含み、そこで必要な教育が与えられ、体験が得られ、レッスンが習得される。
のようにして、若くて機動性のある先駆者のグループは新しい生き方、関係の仕方を示していくだろう──彼らの人生に宝瓶宮の愛のこもった、ブレンド(混合)させていくエネルギーをしみ込ませることを絶えず求めながら。賢明な実験を通して、彼らは一歩一歩、存続可能な信頼のおける形態の創造へと進み、徐々にそれらはすべての者に採択されるだろう。
(『覚者は語る 1』─宝瓶宮〈ルビ:ほうへいきゅう〉の水─より)

 これからは学校や大学において、思考やアイディアがどこから来るかということを、われわれは皆全能なる神につながっていることを、そしてわれわれの本当の自己(真我)を経験するのに経典は要らないことを、人々は発見するようになるだろう。
(『いのちの法則』)

 世界には教育がほとんど、もしくは全く行われていない地域がありますから、現在教育を受けていないすべての人々が教育を受けなければなりません。世界中の教育水準は高められなければなりません。何の教育も受けていない人々は少なくとも基礎教育を受けなければなりません。基礎教育を受けた人々はより高度な教育を受けなければなりません。社会を変化させる可能性をつくり出すために、世界中で、金銭とエネルギーと努力が教育に注がれなければなりません。教育なしに変化は起こらないでしょう。
(『マイトレーヤの使命 第3巻』)

 教育的なアイディアや目標の革命的変化は世界中で徐々に展開するだろう。各国は進化しつつある子供たちをその思考の中心において、独自の背景や伝統の中から、それぞれアイディアや実験を提供するだろう。……
 教育の意味と目的についての理解の仕方に深遠な変化が生じ、その中で子供たちは進化しつつある魂として個人のユニークさにおいて考慮されるだろう。そしてすべての教育施設および教育技法が、子供の本質的な神性の開花に仕えるように計画されるだろう。
(『マイトレーヤの使命 第2巻』)

 家庭において、学校において、認識が天与の神聖なるものとして尊重されるだろう。認識は創造の母である。認識を分割することは決してできないし、強いることもできない。教科書でそれを描写することもできない。なぜならそれには、始まりもなく、終わりもないからである。認識は体験するのみである。
(『いのちの法則』)

 すべての家庭で子供たちに真の歴史を教えることのできるテレビ画面を想像してごらんなさい。それは全世界的な歴史です。その歴史は民族主義的、好戦的愛国主義的な歴史ではなく、あらゆる時代を通じての人類の歴史であり、子供たちはそれに自分自身を関連づけることができるのです。覚者方はテレビの画面上に、遠い、遠い昔のアトランティス時代の生活の光景と、そして未来に起こり得る未来像を投影することができます。テレビの画面には、覚者方によって投影される子供たちのための素晴らしいプログラムができるでしょう。
(『光の勢力は集合する』)

 媒体としてのテレビは国と国を、兄弟と兄弟を、そして人類をマイトレーヤと彼の一団につなげるのに非常に大きな可能性を持つ。それは情報伝達のための最良の手段であり、それが正しく扱われるならば、新しい教育における主要なカギである。その重要性は強調しすぎることはない。現在は、大きな前進への飛躍と世界中のコミュニケーションの連結の準備段階を歩んでいる時期である。
(『マイトレーヤの使命 第2巻』)

 多くの国々で争いがあるのは、異なった信仰の代表者が互いに同意できないからである。これが教育制度の中に危機をつくる。マイトレーヤはすべての母親と父親に向かって言われる。「あなたの庭を見てごらんなさい。美しい花々を賞賛しなさい。庭は多様性があるときにのみ美しいのである。創造(被造物)の中には七つの色がある。一色でも欠けるならば光はない。あなたは、信仰を受け入れるために、または拒絶するために、ここにいるのではない。七つの異なった色をすべて経験するためにいるのである。そのようにして、あなたの知識と智恵は増えるだろう」
(『いのちの法則』)

 将来の教育においては、正規の学校の教室と、職場や地域社会一般との間に、より多くのより強い関係が築かれると思います。そして教育の一環として、子供たちを非常に幼い時から地域社会の活動に活発に参加させる必要があると思います。そうすれば、極めて初期のころから、家庭よりも幅広い、そして学校とも異なった地域社会の部分として自分自身を見るようになります。学校と置き換えるのではなく、学校が人生にもたらすものを増大させるためです。
(『光の勢力は集合する』)

 わたしが人類の前に姿を現すのも間近い。わたしのグループはすでに知られている。わたしの在所に通ずる径はたくさんある。軽く戸を叩きなさい、わたしは答える。わたしの教えの断片は明かされた。まだまだ多くのことが明かされていない。わたしの知恵の宝箱を開いて、神に関するすべてのことをあなたがたに教えることが、わたしの願いである。
(『いのちの水を運ぶ者』第139信より)

 教師と言うとき、私たちはクラスの中の教師を考えます。学校や学校制度の中で、より豊かな教育が子供たちに授けられるという理由が、私には全く理解できません。一人の教師の代わりに、外部にも教育者と言える教師がかなりいるはずです。彼らは、芸術家、科学者、警察官、医者であるかもしれません。彼らは生徒たちに生活体験という恩恵を与えるでしょう。それが生徒にとって必要なことなのです。
 生徒は、現在行われている一つの主題に沿った特定の授業だけを必要としません。もちろんそれも必要ですが。しかし、私たちは子供の意識を拡大することができるのです。大抵の子供は、彼らが受けた最高の教育は、人生における彼らの創造力に感化を与えた両親、おじさん、教師、および他の人々の鼓舞であったことに、後で気がつくのです。
(『光の勢力は集合する』)

 最初に単科大学(カレッジ)が設立され、最も有能な学生たちに、魂の科学を含めた新しい科学の初歩のレベルが教えられるだろう。この新しい科学は、目に見えるもの見えないもの、亜原子レベルのものからコズミック(宇宙)レベルのものまで、自然環境のすべての面を網羅するだろう。
 このようにして、見えざる世界の栄光についての新しいビジョンが人間に与えられるだろう。異なった分野の間に協力の精神が育てられ、新しい、より広い、より包括的な見解が現在の断片的なものに取って代わるだろう。このようにして覚者たちは働くだろう──人間のマインド(識心)を刺激し、強化し、さらに新しい高みの探求と達成へと鼓舞する。
(『覚者は語る 1』─覚者たちは世に在〈ルビ:あ〉る─より)

 教育においてまず最初に必要なことは、子供たちに自分たちを全体の一部として見るように、様々な国家、肌の色、背景、宗教すべてからなる大きな人間種族の一部として見るように教えることです。すべてが同じ神性を持ち、同じ道をたどり本源へと向かっているのです。
(『マイトレーヤの使命 第3巻』)

 我が友よ、あなたがたも生活の中で分かち合いを具現することができる。この聖なる原則が是非とも支配すべきである。あなたがたの子供たちに、幼き者たちに、分かち合うことを教え、善を啓発しなさい。わたしの任務は、すべての人を啓発し、無知を真の知識に変え、目で見えるすべてのものの背後に唯一なる実在があることを教えることである。そのようにして人間を神のもとに連れていく。
(『いのちの水を運ぶ者』第127信より)

編集長への手紙

 本号に掲載された手紙は、最近起きた出会いについて述べられており、したがってベンジャミン・クレームの師によって確認されていない。手紙の書き手たち自身の直観的反応に加えて、そのような体験を熟知していることから生まれる確信が、こうした出会いは個人的に、また一般的にも重要で意義があると判断できる自信を与えるのである。
 個人に関連していると特定されるような手紙もあれば、すべての人々に希望や鼓舞をもたらすことでそれ自体が語るものもある。これらの手紙は読者の考慮のために提供されている。

個人的訪問

編集長殿
 1982年にキリスト・マイトレーヤがご自身の『霊的体』に輝く白いローブをまとって私の家に現れられて、再び1987年にも、私がハンプシャーのホワイト・イーグル・ロッジを訪れた時、イエス・キリストが洋服を着た『肉体』を持ってその場におられました。
 1990年代後半に私がサイキック・ニュース誌を購入すると、そこに世界教師についての広告が出ていました。その広告を見たのは初めてのことで、その人は私に現れたのと同じ人物でした。その人についてのチラシを配ったのですが、地元で様々なトラブルになりました。トニー・ブレア首相にも世界教師について、また住宅、教育、保健や社会正義についても手紙を書きました。持久戦ですっかり神経が消耗してしまいましたが、世界教師がすべての人々のためのより良い世界に向けた使命を、間もなく開始されることを期待しています。世界教師と皆さんのご多幸をお祈りします。
リリアン・ラング
英国、チェシャー
【ベンジャミン・クレームの師は、『白いローブ姿の男性』がマイトレーヤで、『イエス・キリスト』がイエス覚者であったことを確認した】

船上の出会い

編集長殿
 2003年にフクファンホラント(オランダ)からハリッジ(英国)までのフェリーに乗っていて、自分と友人たちの席を探していました。大変混み合っていたので、明らかに一人旅をしている若い男性との相席になるテーブル席しかありませんでした。私は彼に相席で構わないかどうか尋ねてから、腰を下ろしました。
 私はその若い男性から目を離すことができませんでした。私には同じ年頃の息子がいますが、彼と以前に会ったことがあるかどうかを考え続けていて、船旅の間中ずっと、彼の姿を探している自分がいたのです。彼は多くの様々な人たちに話しかけていて、私たちがデッキから降りて車へ向かっていた時、私は彼の方を再び見て微笑むと、彼が微笑み返してくれて、その様子は私が自分の子供たち(私は里親です)に対してするような、ただ子供たちを気にかけて、大切に思っていることを知らせる仕草で、肩をすくめてにっこりとするというやり方でした。
 私は実際にはそのことについてあまり考えていませんでしたが、出会って目が離せなかった、その男性のことを娘に話していたら、彼女が即座にそれは覚者のお一人かもしれないと言ったのです。大変恐縮ですが、娘が正しいのかどうか教えていただけますでしょうか。もしそうなら、彼はママが『可愛がる男の子』としての役割を大いに楽しまれたように思います。
パット・フォレスター
英国、コルチェスター
【ベンジャミン・クレームの師は、その『若い男性』がイエス覚者であったことを確認した】

知らないまま

編集長殿
 2019年にスピリチュアル・フェアでの1日の活動を終えて、ちょうど片付け始めたところに、一人の女性がやって来て、私たちのブースのポスターのうちの1枚の前に立ちました。彼女はマイトレーヤの出現に関係のある、徴や奇跡の写真を吟味しているようだったので、私が彼女に近づいて、何か特に目を引いたものがあるか尋ねました。彼女はすぐに、「徴を求める者は、それを見つけるであろう。しかし、わたしの顕れ方は、もっと単純である」という引用文を指差しました。彼女はそれを大きな声で読み上げて、「これはどういう意味ですか?」と尋ねてきました。私は気落ちしてしまいました。まさにその日の朝、もし聞かれたら、どう答えたら良いのか自問してきたもので、いまだに答えは出ていないことを、彼女に伝えました。
 彼女は少しイライラとした様子で、私たちのテーブルへ移動していき、資料に向かって腕を広げて、「あら、わかりません。わかりません。何もわかりません。顕れ? どういう意味ですか? 奇術や錯覚がどこにでもたくさんあります。わかりません。わかりません」と言いました。
 彼女の注意を引く方法を何とか見つけようとして、彼女が仏教徒か尋ねました(そのような格好をしていると思いました)。「いいえ! 違います」と彼女はきっぱりと答えました。それから彼女はさらに「顕れ。顕れ。わかりません」と繰り返して、テーブルの反対側に展示してあった『いのちの水を運ぶ者』の本をさっと手に取りました。それを開くと、「ほらここに! 見て! 顕れ!」と勝ち誇って叫びました。それから彼女はまるですべての答えでもあるかのように、メッセージ第83信の終わりの文章を読み上げましたが、その時には私は要点が全くつかめませんでした。彼女は他の箇所を読み上げた時も、彼女の言っていることが理解できませんでした。彼女の熱意と確信のある様子がかえって障害になっていたようでした。けれども彼女が本の他の部分を眺め始めた時、私が納得できる、マイトレーヤの顕れ方についての質問への答えが、突然頭に浮かんだのです! どうしてそうなったかはわかりませんが、『愛』という言葉がパラパラとめくられるページから、飛び出してきたように見えたのです。私はとてもホッとしました。
 それからその訪問者はブースの他の所を見回り始め、ポスターに書かれた様々な引用文を、私にも聞き取れず、まして一緒に読んだりできないほどの速さで読み上げていました。彼女の言う『わかりません』の合間に、読み上げたすべての文章は、まるで言葉が『顕れ』の何か素晴らしい点を、証明するかのような権威の同じ雰囲気を持っていました。けれども私には効果はありませんでした。
 このことで圧倒されるような混乱した気持ちになりました。まるで私が訪問者で、提示された幅広い分野の資料から、一つの単純なつながりを何とか見つけ出そうと苦労している人のようでした。
 その女性は私を連れて、少なくとも20分間はブースにいましたが、それは知らないということの旅をしていたかのようでした。状況が変わったのは、彼女が帰ろうとしていて、彼女が私たちは皆もっと笑うべきだと言った時でした。私たちは心から賛同し、「何よりも、私たちが自分たち自身を笑う(冷静な目で見るの意)必要がありますね」と言いました。彼女はそれに本当にとても賛成だと言い、いきなり爆笑して、お別れの手を振ってくれました。
匿名希望

読者質問欄

「世界中のあらゆる講演において、そして生涯のほぼ毎日、ベンジャミン・クレームは広大な範囲に及ぶ大量の質問を受けました。この大量の記録から、過去の年月にベンジャミン・クレームと彼の師である覚者によって提供された回答を掲載したいと思います。そのいずれもこれまでシェア・インターナショナル誌に未掲載のものです」

Q (公の場で)話をすることはなぜ重要なのですか。(2001年5月、滋賀の伝導瞑想会議)

A 話をするときに何が起こるでしょうか。話をするとき、明らかに言葉は多かれ少なかれ、あなたの意味やアイディアを体現します。そして大半の人々はそれが話すときに起こることのすべてだと考えています。それは重要な一部ですが、それが公の場で外的な分野で人が誠実さと知識を持ってこれらの途方もない重要な啓示、ハイアラキーの存在とハイアラキーの出現について知らせるときに起こるすべてではありません。
 しかし、シェア・インターナショナル誌の手紙で報告されているような、後にマイトレーヤやイエス覚者や他の覚者と確認された方々に何らかの形で接触を受け、話しかけられ、道ですれ違うなどした体験の話について考えるならば、彼らがその話を手紙に書いて送った理由は何でしょうか。なぜ他の出来事ではなく、その出来事なのでしょうか。たとえ体験の中で何も起こっていないように思えたとしても(そしてしばしばそれは束の間で、ほとんど何も起こっていないように思えますが、マイトレーヤや覚者と手紙を書いた人との間で何かが伝わったために、それは真の体験であれば確認されます)、彼らの間では何かが起こったのです。それが話をするときに起こることです。彼らの間で体験の中で何かが伝わり、それは話の中でも伝わります。
 話をするときに人々が伝える最も重要なものは、それは話し手であれ聴衆としてであれ、彼らのオーラです。あなたは話を聞きに行き、それに関心を持ち、後で何の話だったかを尋ねられたとき、それが何なのかを伝えることはおそらく難しいでしょう。しかし、あなたはその「感じ」を知り、話をした人のオーラを感じ、話し手と聴衆の間の交流を感じ、それはおそらく忘れ難いものでしょう。肉体には誰もが気づきますが、エーテル体とそのエネルギー、エーテルを通して世界に流れたフォースに気づく人はほとんどいません。チャクラを通したそのエネルギーの過程はあなたがどこへ行くときにもその個人のオーラを形成します。そのオーラは、エーテル物質体、アストラル情緒体、四つのレベルのメンタル体、そして魂の三つのレベルのどれかで構成され、もしその人が十分に進化していれば、モナッドのエネルギーの何らかの様相、つまり霊の様相も関わるでしょう。人が話をするとき、そのすべてが明らかになります。それらのフォースはその磁力を聴衆に感じさせます。伝導瞑想をしている人々やハイアラキーの再臨のために働く人々は人類の中でより進化しています。彼らのオーラはどんどん磁力的になります。
 大衆に向けて話すとき、あなた自身のオーラは機能し、あなた自身の磁力が生き生きとします。あなたは鏡を見て、「私ですか? いいえ、私はあまりに臆病です」と言います。あなたが臆病に感じるのは、あなた自身を臆病にしているからです。人々は自分にはできない、話すことはできないと考えます。内気すぎて、話をすることを誰かに任せます。全体として、彼らは容易にできる話をしません。しかし、話せば話すほど、自信がつきます。自信が深まり、ますます容易になります。それはあなた自身のグラマーを克服するという問題だけではありません。それは最終的な「生産物」を見ることでもあります。それはあなたの外部にあるもの──あなた自身ではなく、仕事、大計画、あなたがそのために働いている大義──であるということを理解することです。自分がしていること(例えば本屋に本を持っていくこと)と同一認しているならば、あなたは自分自身を売っているような気になるでしょう。しかし、自分自身に集中することをやめて、仕事に集中するならば、あなたがしていることを単に大計画や大義に関連付けるならば、あなたは何でもできることに気づくでしょう。

Q どのようにグラマーを理解すべきですか。

A グラマーは、(通常私たちが定義するようなものとは)異なる方法で見れば、自由意志の誤用です。私たちは自由意志を持ちますが、その自由意志はそれが「神の意志」と呼ばれるものと一致しているときにのみ正しく用いることができます。つまり、それが惑星ロゴスの進化の大計画と一致しているということです。そして、それが私たちのレベルで理解できる大計画と調和していれば、あなたはあなたの自由意志で自分が言うべきと思うことを言ったり行ったりできます。自由意志とは権利でもありますが、責任でもあります。そしてグループにとっての責任は、あなた自身の自由意志と同じくらい重要です。
 グラマーの本質は、人間は非人格的、客観的にはなれないということです。非人格性あるいは客観性はグラマーの正反対であり、それは常に、何らかの程度で、人格的で非客観的です。グラマーの本質は無知です。書物や情報の無知ではなく、自分自身についての無知です。それはしたがって、客観性と主観性の違いが分からないということです。あなたの動機が、オープンで明瞭で非人格的か、完全に個人的なものであるかの違いが分からないことです。
 世界の人々の99%がアストラル偏極しているというのが事実です。それは彼らの注目がアストラル界にあることを意味します。それが人々の生きている世界です。彼らの意識はアストラル界に偏極しています。もちろん程度はあります。世界の伝導瞑想グループにいる人々の大半は、第1イニシエーションのあたりにいます。そして彼らの大部分は1から1.5の間にいます。つまり、ほとんどの人々は、大計画に沿って意識的に働こうとしている伝導瞑想グループの人々でさえ、比較的に言って、アストラル偏極しているということです。彼らは本を書くことができ、計画を立て、ロケットを月に飛ばすことなどはできるかもしれませんが、それでも1.5か1.6以下なのです。つまり彼らはある種の思考はできますが、秘教的な見地からは、本当には思考できないのです。それは真の思考というより推論です。思考のうちの最低の部分であり、(メンタル界の)最低のレベルにおける具体的思考です。
 要するに、アストラル偏極していれば、それがあなたの意識の座であり、したがってマインドのレベルであり、アストラル界より上位のマインドの魂のレベルは(あなたにとって)失われます。あなたはそれ以上のレベルには行けません。行けたとしても束の間です。それは継続性の問題です。
 簡潔に言えば、人々はあらゆる種類の刺激に反応し、その刺激についての「考え」を言葉にして反応しています。実際、それはまだ感覚の問題です。彼らが話している刺激に対する感情的、感覚的反応です。それは「思考」ではなく反応の感覚です。それが彼らを怒らせたり、不幸にしたりするのです。

2020年2月号目次

 

覚者より
新しい日
ベンジャミン・クレーム筆記

視点
価値観と理想のグローバルな闘い
グラハム・ピーブルズ

民衆の声が買い物に向かうとき
アレクサンドル・ギベール

プラスチックと食べ物を交換する

弟子
弟子の属性(第2部)
自由意志
アート・ユリアーンス

フェイクニュースにどのように対抗するか?その答えは:教育

ナオミ・クラインの
『オン・ファイヤーグリーン・ニューディールの差し迫った事例』
エリッサ・グラーフ

われわれの地球を救え!(S.O.P. Save Our Planet !)
——覚者より(ベンジャミン・クレーム筆記)

時代の徴
空の徴/テキサスのレストランでの聖母の奇跡

信念、信、直観 —選集
Belief, Faith and Intuition — a compilation
最高位からの贈り物

ボランティア活動  流動的な世界の解毒剤
オリヴィエ・アダム、アヒム・シュタイナー

パレスチナ領での戦争犯罪の疑い
ジェシカ・コーベット

世界情勢
人口知能プログラムが乳がんを見つけ出す。

編集長への手紙 増え続ける私たちへの祝福 他

読者質問欄 回答 ベンジャミン・クレーム

新しい日

シェア・インターナショナル誌は創刊以来、ベンジャミン・クレームの師である覚者が毎月記事を提供してくださった。それは、書かれた時のみならず、世界の状況に応じて適切と思われるときにはいつでも掲載してよいようにである。覚者によって書かれた記事は常に関連性を保ち時間を超越している。実際これらの記事の多くは、それらが最初に掲載された時よりも今の方がより時機を得ているように思われる。以下の記事は、2002年に書かれたものであるが、本誌の今月号の基調となるものであり、一層重要なことは、新しい10年が始まるときに当たって、人類の可能性を示唆していることである

新しい日

──覚者より
ベンジャミン・クレーム筆記

 人が世界の状況について検討するとき、困難や精神的衝撃、危険や危機のみを見て、恐怖で麻痺状態になり、絶望感が生み出す惰性を克服するためにはほとんど何もしない。そのようにして、人は彼らの最高の努力が進んでいることを見逃し、出来事の筋道をめったに理解しない。起こっている物事すべての底に横たわる法則についてほとんど理解せず、したがって、それらの結果をコントロールすることができない。もし彼らが目には見えないこれらの法則に沿って生きるなら、人間の生活は調和と秩序のうちに発展するだろう。
 そのような無知と恐怖心にもかかわらず、今日の人間は、彼らを駆り立てて道を前進させるフォース(霊的エネルギー)を感知する力が一段と高まっている。彼らは、自分たちがコントロールはもとより理解すらできないものが多くあることを、かすかにではあるが、感知する。しかし彼らは、ゆっくりと、彼らの裡にそして周りに、より大いなる意味と目的を、より大いなる和合と美を、思い描き始めている。
 見守っているわたしたちが、眺望のきく視座から、変化する世界をコントロールしようとする人間の努力を考慮するとき、人間の生活に影響を及ぼす、より高位のフォース(エネルギー)に対するより大きな感受性の発達の徴が見えることを歓迎する。わたしたちは、人間のこの反応がさらに強化され、そしてこれらのフォース(エネルギー)をさらに有益に活用するようになるのを喜んで待つ。
 わたしたちには、憎悪と残忍さ、野蛮な行為と戦争の増大もまた見えていることは確かである。しかしそれらは恐怖心の反応であり、終わりに近づきつつあり、やがて静まるだろう。
 この転換の時期は確かに困難な時である。多くの人間が未来に手を伸ばし、変化を願い、諸問題に対する新鮮な答えを切望する。またある者は古いやり方に頑強にしがみつき、新しいものの猛襲をせき止めようとする。わたしたちは、人間が正しい道を見つけるだろうと確信して、見守り、そして待つ。
 覚者たちの中の(最高の)覚者であるマイトレーヤは、人類の前で公に仕事をするために、彼の出現を始める態勢を整えて構えておられる。これは、舞台の背後における彼の仕事を完全にやめることを意味するのではない。彼の行っていることの多くが、今でさえもある人々の、さもなければ失敗するだろう仕事を、失敗しないように支えている。彼の助けと手引きが複数の賢明な指導者たちの手を導き、彼らを危害から守る。
 自分たちの力を証明するために世界に暴行を働く者は、マイトレーヤをもまた攻撃するのである。すべての善意の人々の背後に、マイトレーヤと彼のグループ(覚者たち)が立つ。彼らは楯を形成し、あらゆる攻撃の矢はその楯の上に空しく打ち当たる。
 マイトレーヤが公に出現するとき、速やかに彼の 側に来なさい。平和と正義と自由の旗印のもとに集合し、そして彼の巨大な仕事を援けなさい。人間の生活の中に新しい日が明けつつある。これまでに知られたことのないような日である。

『オン・ファイヤー ──グリーン・ニューディールの差し迫った事例』

ナオミ・クラインの
『オン・ファイヤー ──グリーン・ニューディールの差し迫った事例』
エリッサ・グラーフ

世界が燃えている。大規模な森林火災がオーストラリアの広大な未開地を焼き尽くしている。2020年1月現在、火災のシーズンは未だに峠を越えておらず、すでに1,200万エーカー(約48,563km2)以上が焼失し、一方で100以上の火元が依然として燃え続けている。毎日のニュースには黙示録的な規模の災害が映し出され、すべての希望を失うことはたやすい。しかしナオミ・クライン氏の新しい著書『On Fire:The burning case for a Green New Deal(オン・ファイヤー)』は、私たちは結局は運命づけられているという必然性の感覚を振り払うことを迫る。

 進行中の危機の最前線にいながら10年以上にわたって書かれたエッセイを集めた『オン・ファイヤー(On Fire)』は、伝統的な言説(政治家は短期的な選挙周期に囚われている、気候変動は解決するには縁遠く金が掛かり過ぎるなどの言説)を排しながら、私たちはどうしてそうなったのかをクライン氏自身が理解する過程を描き出している。その代わりに彼女は「一見異なる(経済的、社会的、生態学的、民主主義的)危機を文明の変容の一般的な物語に織り込むこと」の中に答えを見つけている。同時に『オン・ファイヤー』はグリーン・ニューディールへの呼びかけであり、関連する危機を解決するために緊急に必要な大胆な変革的アプローチであり、この惑星が許容し得る限度を尊重しながら私たちがどのように生きられるかに関するビジョンでもある。
 スウェーデンの女子学生、グレタ・トゥーンベリさんがストックホルムで抗議活動を始めたのはわずか1年前のことであり、この1年で今までにない数の人々が路上に出るきっかけとなり、私たちが緊急に行動を起こすように促されることになった。クライン氏によると、こうした若い活動家たちは危機について読んで知ったのではない。彼らの多くは、深刻な干ばつ、ハリケーン、洪水、産業による大気汚染の健康への影響、頻発する森林火災から立ちのぼる黒煙などを直接体験したのだと言う。彼女は次のように書いている。「世界のどこに住んでいても、この世代には共通するものがある。彼らは、地球規模での気候の混乱が未来の脅威ではなく生きた現実である最初の世代である。そして、少数の不運な場所ではなくあらゆる大陸で、ほとんどの科学的モデルで予測されたよりも相当速く、すべてが明らかになっている」
 ある意味で、世界で動員されている若者が増加していることにより、危機が正面から注目を浴びることになった。それは、私たちが一斉に起き上がり、自宅がまさに炎に包まれているのを見るように求めているのである。クライン氏は若者の気候運動の中に本当の力を見ており、次のように語る。「権威を持つ地位にある多くの大人たちとは異なり、若者たちは、官僚主義の言語や複雑さによって、理解し難い現代の利害関係を隠すような訓練をまだ受けていない。気象ストライキを行う13歳のアレクサンドリア・ヴィラセニョールさんが語ったように、若者たちは完全な人生を生きる基本的権利のために闘っていると理解している。彼らは完全な人生をまだ生きておらず、『大災害から逃げよう』としていないのである」
 同時にクライン氏は、流れを変える別のことが起こりつつあると気づかせてくれる。アメリカでは新しい世代の政治家が登場しつつあり、彼らは気候のストライキを行う若者たちよりも10歳年長であるにすぎない。その一人がアレクサンドリア・オカシオ=コルテス氏であり、彼女は2018年、29歳の時に最年少で国会議員に選出された。彼女の選挙綱領に不可欠だったのは、気候変動と経済的不平等に対処するためのアメリカの法律案のパッケージであるグリーン・ニューディールである。注目すべきことに、オカシオ=コルテス氏は、同じ年に当選した他の若い女性議員たちの一人にすぎない。彼女たちは全員が有色人種、50歳未満の女性で、他にはイルハン・オマル氏、アヤンナ・プレスリー氏、ラシダ・タリーブ氏がいる。彼女たちは「隊」と呼ばれ、若い政治的な世代の人口的な多様性を反映しており、グリーン・ニューディールなどの革新的政策を支持し、この大胆な取り組みを公式に支援してきた。
 選挙綱領の提案として始まったグリーン・ニューディールは、現在では公式な決議の形になってきた。これは、オカシオ=コルテス氏とエド・マーキー米国上院議員によって導入された米国法案パッケージである。クライン氏は、この法案は依然として変革の鍵となる政策の概要にすぎないと述べている。これは、アメリカでわずか10年でネット・ゼロエミッション(実質排出ゼロ)を達成しようとする脱炭素化のための「ムーンショット型アプローチ」であり、同時に全世界で今世紀半ばまでにこの同じ道標に到達するというものである。彼女の概説によると、この決議は再生可能エネルギー、エネルギー効率化、クリーンな交通機関への巨額の投資を求めており、高炭素な産業からグリーンな産業に移行しようとする労働者には給与水準と利益が保護される必要があると述べている。それは、労働意欲を持つすべての人に雇用を保障するものである。またグリーン・ニューディールは、有毒な産業の影響を受けてきたコミュニティー(多くは先住民族または有色人種のコミュニティー)がこの移行の恩恵を受けるだけではなく、新システムのローカルな設計に不可欠なものであると述べている。計画には、普遍的な医療、保育、無料の高等教育などが含まれている。
 全体的に見ると、グリーン・ニューディールは必然的に危機そのものの規模に合致していると、クライン氏は述べている。そのような包括的でホリスティックな計画が出現したことは、IPCCの目標を達成するための政治的枠組みという形でのロードマップを、そしてこの枠組みを法律に変える明確な道筋を私たちがついに持つことができたことを意味すると、クライン氏は述べている。可能な最良のシナリオは、法制の強力な支援者が2020年に大統領に選出されることだろうと彼女は言う。現在の多くの民主党候補者がその範疇に入っており、クライン氏によると、特にバーニー・サンダース氏とエリザベス・ウォーレン氏は公約を継続的に達成してきた素晴らしい実績を持ち、先進的で環境的な政策を支援しているという。
 その枠組みは、カナダ、イギリス、オーストラリア、そしてヨーロッパなど、世界中の国々で類似の提案の作成にすでに使用されており、クライン氏によると、それはまさに起こるべきことだという。彼女によると、過去1年間で出現したグリーン・ニューディールのそれぞれの変種には共通点があり、むしろ「システムに最小限の混乱しか起こさないように設計されたインセンティブ(誘因)の微調整ではなく……、グリーン・ニューディールのアプローチはオペレーティング・システムの主要な更新のようなものであり、袖をまくり仕事を完了させるようなプランである」。このビジョンにおいて、市場は役割を果たすが、この物語の主人公ではないと彼女は説明する。人々は「新しいインフラを建設する労働者、新しい空気を吸い、手ごろな価格の新しいグリーンな住宅に住み、低コスト(または無料)の公共交通機関の恩恵を受ける住人である」。そしてそれらのいずれも、資本主義の解体を意味しないと、クライン氏は言う。排出量を下げるために、市場を含むあらゆることを利用する必要がある。しかし、私たちに必要なIPCCの目標をシステム的、社会的な変化なしに達成することはできない。
 グリーン・ニューディールは、地球規模の気候正義運動にルーツがあると、クライン氏は言う。私たちの社会の他のあらゆることと同様に、気候危機は差別する。それは不平等である。世界の二酸化炭素の排出量のおよそ50%が世界の人口の最も豊かな10%から生み出されている。70%が最も豊かな20%から生じている。彼女が「気候バーバリズム(暴虐)」と呼ぶものは残酷である。危機をつくるために最も関与していない人々が最前線で最も影響を受ける。これらの排出の影響により、凶作、水不足、食糧不足のために移転を強いられる人々が増加している。2018年の世界銀行の研究では、2050年までに、気候のストレスが原因で、サハラ以南のアフリカ、南アジア、ラテンアメリカで1億4,000万人が移転するものと試算していると、クライン氏は指摘する。
 クライン氏は次のように書いている。公正な世界では、他者によってつくられた危機の犠牲者たちは、人権の原則に導かれ正義の貸しを持っているだろうし、それは富の公平な再分配、資源の分かち合い、賠償などの多くの形を取っていると、彼女は示唆している。
 また『オン・ファイヤー』は、「……化石燃料の時代は、人々と土地を盗むという二つの根本的な盗みにより暴力的な泥棒政治から始まり、一見終わりのない拡大の新時代を始動させた」ことを思い起こさせる。 クライン氏の言葉では、再生への道筋は「精算と復興によるもの、つまり……過去の精算と、初めての産業革命の高価な代償を支払った人々との関係を修復することにある」。集合的な「私たち」のすべての概念をあざ笑うこれらの困難な真実に直面することに失敗したのは私たちだと、彼女は言う。そして、そのことを精算したときに初めて私たちの社会は自由になり、集合的な目的を見つけられるのである。そしてクライン氏によると、おそらく、それがグリーン・ニューディールの最大の約束である。
 その代わりに、この重要な時期に、私たちは不確かな未来に煽られ、ヘイトの火を掻き回し、最も脆弱な人々に対して壁を築くような右派の政治家を選んでいる。このことが、クライン氏が私たちの現在の軌道に関して最も懸念することの中心にある。異常気象がそのようなイデオロギーと交わる時、私たちは互いに攻撃し合うと彼女は言う。これはまた、緊縮経済の効果と、社会のサービス(医療、心の健康のサポート、教育、より強固な社会のために必要なすべてのこと)の不足に反映されている。私たちはより脆く、思いやりがなくなった。それは、地中海沿岸の国境で見られる「彼らを溺れさせろ」という反移民の考え方や、何万人もの移民を投獄するアメリカの営利目的の国境拘留施設の拡大に表れている。
 これが、グリーン・ニューディールの現実化のために今動員を行うことがなぜ極めて重要であるかという理由である。幸いなことに、私たちは全く初めから開始しているのではない。彼女はこう説明する。「……真実は、何十年もわたってグリーン・ニューディールのような突破口に備えてきた何万人もの人々がいて、本当に多くの組織があるということである……彼らは地域モデルをひそかにつくり、私たちの気候への反応(森林保護、再生可能エネルギーの生成、公共交通機関の設計、などをどのように行うかという反応)の中心に正義を実現するための政策について試運転をしてきた」
 さらに良いニュースとしては、クライン氏によると、グリーン・ニューディールは、批判者が主張するように、ほとんど実現困難であったり非現実的なものではない。『オン・ファイヤー』の終章で、なぜそれが場合によっては現実となる可能性を持っているのか、彼女は理由を述べている。その理由には、グリーン・ニューディールに資金を投入すれば経済がより公平なものになるだろうという事実が含まれる。つまり、地球規模の法人税率、中央銀行が支援する公共投資、化石燃料への助成金(全世界で1年に7,750億ドル)を大幅に削減し、再生可能エネルギーと効率化への投資に移行させるということである。世界の軍事費の上位10カ国が軍事支出を25%削減すれば、1年に3,250億ドルが自由に使えるようになるだろうと、彼女は明記する。なぜグリーン・ニューディールが不況に強いのかという議論を、彼女は次のように組み立てる。「何百万もの雇用を生み出す力を持つ大規模な刺激は、人々の経済的な痛みに対処する最大の希望となるだろう」
 クライン氏は次のように警告する。「グリーン・ニューディールが描く根本的な変化への最大の障害は、何が提案されているかを人々が理解できないことではなく……多くの人が、人類がこの規模と速度で何かを達成することはあり得ないと思い込んでいることである。そして多くの人々が、ディストピア(暗黒郷)が当然の結論だと信じざるを得なくなった」。この途轍もない課題に共に対処することは、大規模で組織された地球規模の運動の一部としてのみ可能であると、彼女は忠告する。
 グレタ・トゥーンベリさんは、このことを次のようにまとめている。「一度宿題をやり終えると、新しい政治が必要であると分かります。すべてのことが急激に縮小する極めて限られたカーボンバジェット(炭素予算)に基づく中で、私たちには新しい経済が必要です。しかし、それだけでは十分ではありません。私たちには、全く新しい考え方が必要です。私たちは互いに競い合うことをやめなければなりません。私たちは協力し、地球の残された資源を公平に分かち合うことを始めなければなりません」

Klein, Naomi, 2019, On Fire The Burning Case for a Green New Deal, Great Britain, Allen Lane.
ISBN-13: 978-1982129910

われわれの惑星を救え! (S.O.P.──Save Our Planet!)
──覚者より
ベンジャミン・クレーム筆記(2012年9月8日)

 世界にある現在の状況を熟視するとき、特に重要なこととして二つの問題が目につく──戦争の危険と地球の生態系の不均衡の加速である。もちろん、他にも多くの問題がある──多くの国々、特に西洋諸国に影響する経済的大災害;食糧の価格、特に何千万の人々の主要食品の価格の高騰;富裕層と貧困層の間の生活水準の巨大な、そしてますます増大する格差。
 これらの問題はすべて重要であり、早期の解決を必要とする。最初に挙げた二つの問題はすべての分別ある人間と政府の注目を強要しなければならない、なぜならそれらは人間の福利に対する最大の脅威を提供するから。戦争は、大きかろうが小さかろうが、今や考えられないことであるべきなのだが、そうではないのだ。最も恐ろしい戦争の愚かさと無益さを経験してきた世界でさえ、まだあの忌まわしいものを完全に放棄していない。諸政府は、あの古いやり方で、結局、彼らの切望する褒美を取り戻せるだろうという考えに誘惑される。ゆえに、戦争の武器は必要不可欠であり、主要な取引きの資産である。武器が存在する限り、それは使用されるだろう。小さな戦争は、より多くの国々が巻き込まれるにつれて、大きな戦争を生む。大国は同盟国を通して代理によって戦い、重要でもない論争を戦争に引き延ばす。この大きな危険はすべての国によって放棄されなければならない。それは地球上における人間の生存そのものを脅かす。
 戦争とは別に、汚染ほどすべての人間の未来に非常に深遠な影響を与えるものはない。ある国々はこの事実を認めて、汚染と地球温暖化を制限するステップをいくらか取っている。他の国々は、ときには汚染の主要国が、地球温暖化の現実を、圧倒的な証拠があるにもかかわらず、否定する。今や、日ごとの気候の変動は、惑星が病んでおり、その均衡を取り戻すために即刻、熟練した看護が必要であることを、疑いの余地なく証明している。この惑星地球が毎日被っている変質を停止させるために残された時間は切れつつある。すべての男女が、子供が、この仕事に彼らの役割を果たさなければならない。まさに時間はない。S.O.P.* われわれの惑星を救え!

〔*編註= S.O.P. とは 英語のSave Our Planet(われわれの惑星を救え)の頭文字であり、これはやがて、われわれの惑星を救済するための行動をすべての人間に呼びかける国際的な合言葉になるだろうということを明記しておきたい〕

時代の徴

 2019年11月8日の晩、カリフォルニア州サンマルコス街の上空を低く漂う輝く星のような物体を目撃者が観察し写真に収めた。目撃者によると、物体はしばらく停止をしていたが、「上方向へ丘の上へと飛ぶと、視界から見えなくなり、そしてまた視界にポンと現れました。明るく白く光っていましたが、その後消えました」と言っている。(mufon.com )

テキサスにあるレストランでの聖母の奇跡

 テキサス州で財政難にあえぐレストランの女主人は、聖母の訪問を受けたと信じている。
 ガルベストンにあるミ・アブエリタス(Mi Abuelitas)レストランのサラ・アソカーさんは2019年に近場の工事の影響から客足が遠退き、経済的に厳しい状況を体験していた。毎週5,000ドルの赤字になっており、彼女はもうレストランを維持できないのではと心配をしていた。その時、彼女は徴を受けたと信じている。2019年11月13日の朝、アソカーさんはバラの花びらがなぜかレストランの椅子の上に置かれているのに気がついた。彼女はレストランのセキュリティーカメラで録画画像を見返した。午前3時頃、彼女は光輝く姿がビデオに現れたのに気がついた。アソカーさんはグアダルーペの聖母の像をレストランに置いていたので、バラの花びらを椅子に置いたのはその聖母だと考えた。彼女は、「ビデオでは白いベールがひらひらしながら発光し、聖母の手は輝いていました」と語った。グアダルーペの聖母像は、1531年に現在のメキシコシティー郊外で聖母が顕現したことによる。バラはグアダルーペの聖母に関係している。
 アソカーさんは、「ビデオを観た時、とても驚きました。そして涙が出ました。あなたがたは信じるべきです」と語った。
(coasttocoastam.com; abc13.com; Wikipedia.com; SaraAsocar)

信念、信、直観——選集

Belief, Faith and Intuition ──a compilation

 「信念、信、直観」というテーマに関する引用文の選集を掲載する。これはマイトレーヤのメッセージ(『いのちの水を運ぶ者』と『いのちの法則』)、ベンジャミン・クレームの師の言葉(『覚者は語る』第1巻と第2巻)、およびベンジャミン・クレームの著書から抜粋したものである。

 信なしには、永続するものは何も達成されない。ただこの特質を欠いたために、これまでに多くの有望な弟子たちが失敗した。時代を通じて、様々な教えが信の必要性を強調してきたのは、いわれがないわけではない。信は奉仕のまさにハート(中心)として考えられてきた。信とは、盲目的な受け入れや単に信じることを意味するのではない。それとは逆に、本当の信とは、直観が、魂の声が内的な認識を促すときにのみ生まれるのであり、あらゆる反論を乗り越えて、心(ハート)があなたに告げるのである──これは真実だ、と。その瞬間が訪れるとき、この新しく見いだした真実をしっかりと握りしめて、そして『そこに留まっていなさい』。
(『覚者は語る 1』─奉仕への召集─より)

 あなたがた、すべてを必要とする。人間に信と喜びを回復させ、地球上の貧しい人々に、必要な資源を解き放ち、均衡を取り戻すために、この世界を再建する仕事を、わたしと分かち合ってくれるすべての人々を必要とする。わたしの役割は、あなたがたに方法を示すことである。あなたがたの役割は、行動し、わたしの計画を実施することである。わたしはあなたがたを信頼することができることを、頼むことができることを知っている。わたしの愛がすべての者を包む。
(『いのちの水を運ぶ者』第76信より)

 信念(belief)はマインドの機能です。メンタル(知性)のレベルにおいて、真実で、磁力的で、魅力的で、価値があるように見えるもの──信じることができるイデオロギーをあなたに用意してくれる一連のアイディア──です。それは人生の問題に答えを与え、人生の意味や目的などに関するいろいろな疑問に回答を与えるように思われます。……
 希望とは、すべてのものと内的につながり合っているという自覚です。あなたの生命が、日々の活動が、宇宙の計画と内的に結合していることについての自覚です。自分が誰かについての認識、自分は真我であるという感覚──それがあなたに信(faith)とか希望を与えます。信や希望は、自分が誰なのか、どうしてここに居るのか、自分の目的は何かについての内的、直観的認識から出てくるものであり、地上の何ものもそれを揺るがすことはできません。
(『マイトレーヤの使命 第2巻』)

 直観の開花を通して、認識の膨大な広がりが人間の前方に横たわる。存在の状態についての認識であり、それはまだ全く人間に知られていないが、覚醒した心(マインド)によって知覚されるのを待っている。
 すべての意識の拡大の前には緊張がある。人間が今通過している争いと困難のこの時期の後に、平安と落ち着きの時が続き、直観が徐々に開花するための舞台が整えられるだろう。それが起こるとき、人間は、すべての論争を通り越して、神のイメージに似せて創られた魂としての自己の特性を直接知るだろう。
(『覚者は語る 1』─理性と直観─より)

 我が友よ、あなたがたも生活の中で分かち合いを具現することができる。この聖なる原則が是非とも支配すべきである。あなたがたの子供たちに、幼き者たちに、分かち合うことを教え、善を啓発しなさい。わたしの任務は、すべての人を啓発し、無知を真の知識に変え、目で見えるすべてのものの背後に唯一なる実在があることを教えることである。そのようにして人間を神のもとに連れていく。
(『いのちの水を運ぶ者』第127信より)

 誰もが信念を気にしています。しかしながら、神を信じるのと、神は存在しないと信じるのは、どちらも本質的には同じです。どちらもグラマー(自己幻惑)です。信念というものはグラマーです。大切なことは、われわれが聖なる存在として、その神性をわれわれの一息一息の中に、われわれの取るあらゆる行動の中に顕示することです。そしてもしわれわれがそうするならば、世界には何の問題もなくなるでしょう。そして信念もなくなるでしょう。
(『マイトレーヤの使命 第2巻』)

 多くの者にとって、キリストの臨在そのものが問題を提起するだろう。彼らが長い間持っていた信念がその根底から揺さぶられるだろう。彼らにとって、新しい啓示の意味を理解しようとするとき、己の心を探る期間が必然となるだろう。古くからの信念はなかなか死なず、その過程においてひどく傷つくだろう。にもかかわらず、何百万の人々はうれしい心(ハート)で反応し、彼らの直中にいる大教師を喜んで受け入れるだろう。時を経るにつれて、マイトレーヤという方に表されるキリストが再び地上を歩いておられるという一般の認識に対立する者は、ほとんどいなくなるだろう。
(『覚者は語る1』─新たなる奉仕─より)

 われわれが新しい時代に入るにつれて、外的世界と主観的(内的)世界を探求し、(神の)創造におけるこの二つの様相の間の関係を理解することに新しい緊急性が感じられている。世界中の多くの科学者が、すべてが相互に関連し合っていることについての彼らの直観を実際に証明する必要に促されて、彼らの探求をそちらの方向に曲げつつある。超人格なるエゴ、または魂(の存在)を受け入れるという姿勢が徐々に地盤を広げつつあり、それは人間の現実観の新しい統合につながりつつある。
(『覚者は語る1』─意識の成長─より)

 親愛なる友よ、世界に起こっている出来事を見回して自分に問いなさい──「これは不思議なことではないか、この新しい光は何としたことだ」と。もしあなたが裡なる光に忠実であるならば、わたしの臨在がこの変化を呼び起こしたことに気がつくであろう。そのようにして、あなたはわたしがここに居ることを知るであろう。
(『いのちの水を運ぶ者』第87信より)

 霊的生活は信条や礼拝とは関係ありません。それは神性との一瞬一瞬のつながりの感覚、神や他者と分離していないことの感覚です。あなたの子供に、模範によってこのことを示しなさい。そうすれば、彼らはあなたの目の前で神性の模範として成長するでしょう。
(『光の勢力は集合する』)

 世界は人間存在の真理に目覚めつつある──人間は神聖なる存在であり、魂としての本当のリアリティ(実相)の外的な表現である。あらゆる栄枯盛衰を通して、人間の魂はその人を守りそして道を示してきた。神経がすり減っているときも、高邁な仕事をしているときも、いやいやながら努力をしているときも、魂がそこにいなかったときは決してない。人間(肉体人間)と魂はひとつである。
 それが、人間に発見されることを待っている真理である。魂はこの啓示の目覚めを待っている。人間は人生における見習い修行の終わりにきている。これからは、その魂がより高位のそしてより明確な道を示す。
(『覚者は語る 1』─ミッシング・リンク─より)

 宗教や哲学への信仰や信頼は、進化の梯子の横木(段)のようなものである。人が成長するにつれて、その信条も変わる。真我と神の間の関係は決して変わらない。『至高の存在』が宿るのはそこである。真我は、心(ハート)の中に、永遠なる至高の存在を経験する。
(『いのちの法則』)

 人々は狂信的になることを恐れています。実際に危険なのは狂信性ではなく、惰性です、不活動です。マイトレーヤを直接に経験したことのないグループが、何年間も出現に関連して集中度の高い活動を維持することは非常に難しいです。あまりにも多くが求められていると思います。伝導瞑想や個人の瞑想がその高度のレベルの決意を維持する助けとなることは本当です。しかし信が要求されます。もし信がなければ、それは単に、マイトレーヤはこの世にいるという単なる信念や希望だけならば、それに対立するあらゆるものに抵抗しながら働かねばなりませんので、維持していくことができません。この事実を認識しなければなりません。……
 ……もしこれがあなたにとって納得のいくメッセージなら、真理の響きがあるなら、(あなたは完全な確信をもってこれを知るわけではないけれども)、そしてあくまでも仮説として、その仮説に基づいて働いているけれど、世界に展開している出来事そのものが、経験そのものが、あなたにこれが本当であることを証明してくれます。マイトレーヤのエネルギーがあなたを通して流れることが分かります。それを否定することはできません。
(『マイトレーヤの使命 第2巻』)

 わたしは、もうすぐ、もっと広く、わたし自身を現す意図であるから、あなたの兄弟たちにわたしの存在を知らせる時間は残り少ない。我が友よ、志を持って行き、わたしの降臨についてあなたの信ずることを伝えなさい。そしてすべての者の心に真理の光を灯しなさい。
(『いのちの水を運ぶ者』第63信より)

 信とは、何かを信じることであると考えるために、信という観念を好まない人々が多いのです。信(faith)とは信じること(believing)とか信念(belief)とは全く関係ありません。信とは存在の状態です。信はあなたが本来のあなたであるときに生じます。あなたがこの物質界のレベルで魂として生活し、魂と絶えず接触を保つならば、あなたは信を持つでしょう。信を持たざるを得ないのです。なぜなら信は魂の特性ですから。
(『マイトレーヤの使命 第2巻』)

 あなたがたは、行動するのに、なぜわたしを見るまで待つのか、あなたがた自身が、信において多くを成すことができるのに。少しは信に基づいて行動しなさい、我が友よ、そして確認を得るまで待つのではなく、先導隊の中にあることを喜びながら、昔の武者のように、今、行動しなさい。すべての者に、わたしの臨在の事実を知らせ、喜んでわたしの側に来なさい。分かち合いと正義の必要を説き、自由のための鐘を鳴らしなさい。我が友よ兄弟よ、あなたが兄弟たちの味方であることを知らせなさい。あなたの兄弟の手を取って、わたしのところへ連れてきなさい。
(『いのちの水を運ぶ者』第109信より)

 疑いもなく、キリストの再臨の過程は新しい段階に入りつつあり、それはキリストが兄弟姉妹たちの中を再び公に歩くことができる時は遠い先ではないことを、多くの人々に確信させるだろう。
 一方、直観によってキリストの到来を信じてきた者たちは、自分たちの信が強められ、固められるのを知るだろう。彼らの希望は高められ、志向は活気づけられた。
(『覚者は語る1』─民衆の声─より)

 わたしの語調の簡潔さゆえに、わたしと知りなさい。わたしの心の愛ゆえに、救助の行為ゆえに、わたしと知りなさい。すべての人間に、分かち合いと平和な生活を呼びかけるゆえに、わたしと知りなさい。そのようにしてわたしを知りなさい、我が友よ、そしてあなたがたの力を貸してください。わたしが必要とするのは、あなたがたの信のみではなく、神の計画の遂行のために喜んで働くあなたがた自身である。あの聖なる計画をあなたがたに説明しよう。そして愛のなかに共にそれを成就していこう。
(『いのちの水を運ぶ者』第59信より)

 混乱と緊張の直中にあっても、恐れることはない。現在の状況の中に恐怖のための場はない。むしろそれを、あなたの信に対する挑戦と見なしなさい。
(『覚者は語る 1』─勝利は保証されている─より)

 奉仕するにつれて、あなたは奉仕の中で成長します。ますます成長することができるようになります。あなたが成長するにつれて、大計画のより多くが、直観的にそして実際の事実として、あなたに明らかにされます。あなたがやがて覚者とより密接な、意識的な関係で働くことができるようになるまでは、ただ信じて、信(faith)を持って、ついていかなければなりません。覚者はあなたを特定の線に沿って導いていくことができますが、あなたが想像するように教えを授けることによってではなく、あなたに対してより一層広がる奉仕の分野を提供することによって、導いていきます。
(『マイトレーヤの使命 第2巻』)

 マイトレーヤが世界の前に姿を現すとき、新しい時代の始まりを布告するであろう。来るべき時代に人間は、いま転生している者には夢見ることもできないような高みに上昇するだろう。新しい教えは新しい知識を生み、新しいインスピレーションは新しい啓発を生む。そしてすべてが秩序正しく、順を追って起こるだろう。希望は確かなものとなり、恐怖は信に、無知は智恵に道を譲るだろう。
(『覚者は語る1』─来るべき時─より)

 そうなると、人間にとって生きることは、愛することなのである。恐怖というあの横領者は退けられ、克服されねばならない。信頼が愛を育み、恐怖を滅ぼし、永遠に裡に宿る神を明かす。信頼と信はひとつであり、裡なる神性の反映である。その神性を信頼し、それを愛として輝き出させ、恐怖の終わりを知りなさい。
(『覚者は語る 1』─愛することの必要─より)

 あなたがたがわたしを見るまでの時間は残り少ない。この残り少ない時間を最も有効に使い、あなたの兄弟たちにわたしの臨在の事実を告げなさい。あなたがたが出来ることで、これよりも貴重な役割はないのである。希望は高まる、我が友よ。希望はあなたがたの直中にある。世界に新しい光が明ける、そして人類は喜びを知るであろう。
(『いのちの水を運ぶ者』第112信より)

最高位からの贈り物
──覚者より
ベンジャミン・クレーム筆記(2015年5月)
 人間は啓示を拝受する時点に立っており、間もなくそれが、一致しない様々な声や態度を押し流すだろう。人間は自分たちの存在の意味と目的をより一層はっきりと知り、その知識が彼らの認識の中にもたらされた手段を知るだろう。間もなく、非常に間もなく、人間はあたかも一夜にして、と思えるほど、急速に成長するだろう。
 この新しい知識は多くの者たちをこらしめ、驚かすだろう、しかし彼らの理解について完全な調整をもたらすように、彼らを刺激し、啓発するだろう。これが人生の意味と目的と彼らが呼ぶところのことについて、新しい価値を与えるだろう。より一層の真剣さとより大きな歓びが人間の信念と行動に浸透するだろう。そして徐々に彼らを全く新しい啓示に熱中させるだろう。その時は遠い先ではない。偉大なる主は、公に、認知される存在として世界に現れて、恩寵をもたらすことをしきりに願っておられる。
 恐れることはない。新しい世界がつくられつつあり、それが人間の信と勇気を同等の順序で回復させるだろう。